肝臓のγ-GTP値が気になり、シジミのエキスであるオルニチンを摂取するといいと聞き、薬局でDHCの健康食品「オルニチン」を買いました。
しかし、パッケージには「燃焼系を目指す人に」「ダイエットしたい」ということは書かれていますが、肝臓への効果は書かれていません。
当商品、肝臓への効果はいかほどでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。このページは未チェックでした。

お礼日時:2015/03/03 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDHCの健康食品オルニチンについて

肝臓のγ-GTP値が気になり、シジミのエキスであるオルニチンを摂取するといいと聞き、薬局でDHCの健康食品「オルニチン」を買いました。
しかし、パッケージには「燃焼系を目指す人に」「ダイエットしたい」ということは書かれていますが、肝臓への効果は書かれていません。
当商品、肝臓への効果はいかほどでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肝臓にも効果あるみたいです☆
http://www.njhalloffame.com/presentation/dhc.html

http://www.leschichecapon.com/ornithine/supri01.php

Q秋ウコンを摂取するとγーGTPは下がるのですか?

私はお酒が大好きです。大好きなので辞めたくはありませんが、正直γーGTPが高いです。
秋ウコンはクルクミンを多く含んでおり、クルクミンは肝臓機能を高める効果が強いです。とネットに書いてありました。
秋ウコンを摂取するとγーGTPは下がるのですか?
わかる方 わかりやすく解答よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

「ウコンはγ-GTP値を下げる効果絶大と信じています」
はなから妙な言いようですが、冒頭に一言。
私は普通の社会人で、医学とは無関係です。
酒の害も言われますが、個人の健康の面と社気的迷惑が有ります。後者は排除するために酒飲みが責任を負わねばなりませんが、前者は家族の気持ちも斟酌した上で自分の責任と判断で決めればよいことです。他人が言うことでは有りません。
現代社会の実態として、仕事や近隣社会との付き合いで酒の席は避けるわけに参りません。酒がなければ食も味気ないし、歴史的文学作品も大方生まれなかったでしょう。体質的に酒を飲めない方もおられますが、多くの方が酒の効用と必要悪も含めて承知し、それなりの付き合い方をしていらっしゃいます。酒の害を以って声高に物言う人々も、日本人の生活の中で、取捨選択され定着してきた歴史的慣習と文化の中で存在するのです。無用の交際費や度の過ぎた酒宴を減らす必要は認めますが、飲酒の是非とは別のことです。好きな酒は、ウコンとともにこれからも適度に飲みましょう。

さて、「信じている」件です。
先ずは小生、血筋のせいか酒量は並以上。二日酔いは若い頃の経験が主、一人前になって以降はやむを得ぬ状況での大酒の後くらいでしょうか四十過ぎての経験はありません。ビールは乾杯の付き合い程度。バーでは洋酒類何でも付き合いますが、プライベート時はジンロックかドライマティーニ。中華では中国産白酒(43~60度)、なければ25度程度の焼酎。接待時は相手次第、私事での飲食時は日本酒冷酒のみ。在宅時は冷酒。熱燗は元旦の屠蘇代わりの銚子一本だけです。当然ですが家族の付き合いも含めて時にはワインも。数年前に健康診断でそろそろ糖尿に気をつけようと言われ、飲酒は構わないが蒸留酒のほうが良いとのご託宣、以降家では焼酎かウィスキー。
酒と密着した生活を◎十年してきました。

毎年人間ドック/健康診断併用で年2回の検査を続けて40年以上、γ-GTP(適正値40~50)はかつては70~90でした、接待が増える頃から160を超え、最高値は219に達し、その後も180程度が常態でした。元来健康食品は家内に与えられた場合義理で一時口にするくらいでした。ある時社内の売店の普段見かける薬屋の親父が言うには「毎日接待でしょう、肝臓は?」と。そこでウコンを勧められ、私も内心肝臓が気になっていたのでしょう、その日から飲み始めました。
時期の記憶は定かでないのですが、ウコンをはじめて1ヶ月以上3ヶ月未満でしたか、次回の健康診断の結果、γ-GTPは110を切っていました。効果と効き目の速さにまず唖然としたのはほかならぬ私です。その後も飲酒量は相変わらずでしたが、110がやがて90,80。ウコンの常用は3年程度でやめましたが、以降も値は徐々に低下傾向(接待が減った所為もあるかも)、摂取をやめて10年くらいになりますがこの3年ほどは50台~60台を行ったり来たりです。
同僚の大酒のみにも話したところ早速のみ始め、初回の健康診断後には効果を認め、その後も継続していました。

はじめに私の飲酒歴を敢えて書いたのは、これほど効果があったことの傍証になろうかと思った次第です。
私が使ったウコンですが、薬店の親父がすすめたもの。
・秋ウコン、春ウコンはこだわらない、時期により良いものを勧める。混用しても実質的に変わらない。きちんと続けることの方が大事。紫ウコンも含めてクルクミンを含むので学名は“クルクxxxx”。
・沖縄産を使用。亜細亜ものも良いが、沖縄産で十分。むしろ産地の状況が詳細に把握できるので安心して提供している。
・余計な混ぜ物や加工は無用。
・粉末はのみにくく携帯に不便なので三角の錠剤。
・400粒で定価1万円程度のもの(瓶でなくパウチ包装)を割引で買っていました。
・毎日5~10粒摂っていました。常識的範囲ならば摂り過ぎて害にならないので安心。

*大事なこと。私は血圧はじめγ-GTP以外は毎年の人間ドックでも全く正常、糖尿の指標は若年からぎりぎりですがずーっとセーフでした。他の病がないことも肝要だと思っています。
なお、これはウコンが効いた話しです、効かない話しもあるかもしれません。念のため。

現在も毎日焼酎25度グラス3杯、時には日本酒が続いています。
ウコン以外の薬類は風邪薬と歯痛止め、嫌いな食べ物は鶏肉と生の野菜。
なぜか最近は家内がウコンを始めました。今更とは思いながら、余計なことは言わぬが勝ち、何か婦人向けの効果があるのでしょうか。

以上体験談、信ずるも否も御身次第、健康第一です!
ご参考まで。

「ウコンはγ-GTP値を下げる効果絶大と信じています」
はなから妙な言いようですが、冒頭に一言。
私は普通の社会人で、医学とは無関係です。
酒の害も言われますが、個人の健康の面と社気的迷惑が有ります。後者は排除するために酒飲みが責任を負わねばなりませんが、前者は家族の気持ちも斟酌した上で自分の責任と判断で決めればよいことです。他人が言うことでは有りません。
現代社会の実態として、仕事や近隣社会との付き合いで酒の席は避けるわけに参りません。酒がなければ食も味気ないし、歴史的文学作品...続きを読む

Qオルニチンって一度で生涯持つの?

 大人のキリンレモンに

 オルニチンは使っても元に戻る。と書いているのですが

 これってつまり、一度摂取すれば生涯ループするのですか? 

Aベストアンサー

尿素回路(オルニチン回路とも呼ばれる)によって、体内の栄養素を取り込み
使われたオルニチンが再構成されるというのは事実です。

しかし摂取したものがすべて尿素回路に組み込まれウハウハという訳ではありません。
尿素回路をググってwikiをみてみましょう(参考URLに貼るには長いw)
様々な酵素で構成されていて、おそらくバランスが崩れ過剰に取り込まれた酵素は
不要物として排出されます。

なら、摂取する意味あるの?ということで言えば、必ずしも無意味ではないでしょう。
オルニチンは肝臓さんのお仕事を助ける酵素の一つ。

タウリンやらオルニチンを摂取するのは肝臓さんを休めたい時。
使い捨てであっても取らないより取った方が肝臓さんの為にはなるかと。

Qγ-GTPが少し高いです。正常値に戻すにはどうしたら良いでしょうか?

一年で、350㎜リットル缶のビールを2,3本と、
ほとんどアルコールを取っていない生活を10年近く続けているのですが、
5年前からγ‐GTPの数値が50~100の間です。
気にして、肝臓に良いと言われているウコンを飲む様になったのですが、
効果がありません。
どの様にすれば、元に戻るか教えて貰えませんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医師の意見は聞いてみましたか?
どこの医者に行っても、ウコンは肝臓に悪いからやめなさいと言われますよ。ウコンで肝機能の数値が低下する場合は多いので。

原因を特定せずにテキトウにサプリを選んで飲むと逆効果になる場合があります。特に肝臓に関しては何を食べても負担になるわけで、癒すには薬やサプリや食べ物を一切取らず、水だけ飲んで寝てるしかありません。それ以外の対策を講じる場合、逆効果にならないように本当に慎重に方法を選ぶ必要があると思います。
なんで酒も飲んでないのにγ-GTPの数値が悪いのか、どうしたらいいのか1回病院で聞いてみたほうが良いと思います。

Qオルニチンの選び方

オルニチンを摂取しようと思うのですがどこのメーカーがいいのでしょうか詳しい方教えてください、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこでも大差ないでしょう。
所詮はサプリですから過度な期待は禁物です。

それより、しじみを多く摂ったほうが健康的だと思いますけどね。

Qγ-GTPと肝エコーが正常なら酒量は多くても良い?

日本酒を毎日5合10年間飲み続けるとどんな人でも肝硬変になるとか、酒の適量は一日大瓶1~2本とか、いろいろ適性酒量に関して言われることがあります。

しかし、肝臓は検査ができます。

γ-GTP を定期的に検査して基準値内で、かつ、肝エコー検査を定期的にして脂肪肝などの所見も認められなければ、自分にとっては普段の飲酒量が適性範囲内だと考えても良いのでしょうか?(仮に1日5合飲んでいたとしても)

γ-GTP と 肝エコー が正常であっても、それでもなお、上記のような酒量の目安は気にするべきなのでしょうか?

アルコール性痴呆症や、糖尿病・痛風などは別にして、肝臓に絞った注意として、教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

γ-GTP と 肝エコー が正常なら、
肝臓に関しては酒量は関係ないです。


>日本酒を毎日5合10年間飲み続けるとどんな人でも肝硬変になるとか
  
 よく聞きますが、誰がそんなこと言ったんでしょうかね??
 厚労省でしょうか?
 
 日本人の場合、酒で肝硬変はまずなりません。
 日本人はアルコール分解能力が欧米人などより、
 低いので、肝臓が悪くなる前に、体が酒を受け付けなくなります。

 肝硬変の原因は、C型肝炎がほとんど、
 やがて肝臓がんになります。

 酒量の目安は自分が決めます。
 厚労省や医者でないです。
 
 酒量は体質で決まります。
 1日何合とか他人が決めるものでないです。

 私は1日3~4合飲みます、30年以上休肝日はなし。

 人間ドックと、定期検診は欠かせません。
 

 厚労省を信じてはいけません。
 野菜は1日350g食べましょうとか。
 糖尿病には、カロリー制限と運動とか、
 でたらめなことを繰り返しています。

 だから、ちっとも糖尿患者が減らない。

QDHCのオルニチンとゆうサプリメントと小林製薬のEPA.DHAのサプリメントとバージンココナッツオイ

DHCのオルニチンとゆうサプリメントと小林製薬のEPA.DHAのサプリメントとバージンココナッツオイルのサプリメントを今飲もうと考えていますがこの3種類のサプリメントは一緒に飲んだらダメなのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

薬ではないので、問題ありません。

QγーGTPが。。。

私は現在26歳の男です。

先日献血をして検査結果が送られてきたのですが、γーGTPが157とあり、医療機関への受診をお勧めしますと記載されていました。。。。。。。。。。。。。。汗。。。。。。。。。

ちなみに過去3回献血して
1回目(8年前)では53
2回目(6年前)では55
3回目(1年前)では98でした。

3回目の時にオヤジに相談したら「そんなもん大したことないよ。父さんなんて300越えてるし、親戚のあの人なんて〇〇〇以上でピンピンしてるんだし気にすることないぞ。」と言われ、そんなもんかとあまり気にしていませんでした。

それでも一応、基本的に毎日だった晩酌(1日500mmの缶ビールやサワーを2~3本+休みの日や調子がいい時は焼酎や日本酒など3・4杯)を週4・5日に減らしたり、ウコンのサプリを飲んだりシジミやレバーなどを積極的にとっていたのに今回の“157”という数値にショックを受けています。。。

そこでまずは、飲み会や友達などとの飲み以外では飲酒は止めようと思うのですが、それ以外に何か効果のあることはありますでしょうか?

ちなみに170cm、60kg、喫煙者(1日10本程を6年間、、、いや10年間)で、これまでこれといった病気にはかかったことはありません。

あと、「このままだとこうなるぞ!!!」という警告もあれば体質改善、健康改善の為のモチベーション維持の為にお願いします!!!

私は現在26歳の男です。

先日献血をして検査結果が送られてきたのですが、γーGTPが157とあり、医療機関への受診をお勧めしますと記載されていました。。。。。。。。。。。。。。汗。。。。。。。。。

ちなみに過去3回献血して
1回目(8年前)では53
2回目(6年前)では55
3回目(1年前)では98でした。

3回目の時にオヤジに相談したら「そんなもん大したことないよ。父さんなんて300越えてるし、親戚のあの人なんて〇〇〇以上でピンピンしてるんだし気にすることないぞ。」と言われ、そんなもんかと...続きを読む

Aベストアンサー

まず、オヤジ様の「γーGTPが300でも気にする事は無い」との素人判断は危険です。
日本でγーGTPの基準値は50以下となっていますが、欧米の基準値は30以下です。

γーGTPは慢性的な飲酒は勿論ですが、前日に高量の飲酒でも高くなる場合があります。
質問者様の場合、純粋なアルコール量に換算し、恐らく1日20~35mlと多量であり
慢性的な飲酒が問題だと思われます。
この量からウコン・サプリメントは焼け石に水です。
個人差もありますが26歳と若さでも、このペースで飲み続けると
後2~3年後に200~300に達する事が予想されます。
その値はアルコール依存症です。
アルコール依存症は前日のアルコールが体内に残っていても、
飲むのが義務のようになり、飲酒し続けます。
最終的には肝硬変となり死に至ります。
アルコール依存症の根本治療薬は無く禁酒が基本となりますが
(シアナマイド・ノックビン等の薬もあるが根本治療ではない)
重症化してからの禁酒はアルコールから離脱する時に2日程、幻覚・幻聴の症状が起きるので精神科などの隔離部屋に入る事もあります。
ここまで来ると一生お酒は飲めません。

質問者様は恐らくお酒が大好きと思われますが、まず3か月程、禁酒してください。
(1カ月もすればγーGTPはかなり改善され正常値になると思われます。)
“飲み会以外の飲酒は止める”これは大正解です。
今の状態なら健康な体(肝臓)を回復し維持する事は十分可能だと思われます。

一番危険なのは「あの人はγーGTPが500だからまだ、俺の方が低い」等、自分より高値の人と比較して自分を安心させる事や口実にする事は負のスパイラルに入ってしまい飲酒が止まらなくなりますので、くれぐれもご注意ください。

まず、オヤジ様の「γーGTPが300でも気にする事は無い」との素人判断は危険です。
日本でγーGTPの基準値は50以下となっていますが、欧米の基準値は30以下です。

γーGTPは慢性的な飲酒は勿論ですが、前日に高量の飲酒でも高くなる場合があります。
質問者様の場合、純粋なアルコール量に換算し、恐らく1日20~35mlと多量であり
慢性的な飲酒が問題だと思われます。
この量からウコン・サプリメントは焼け石に水です。
個人差もありますが26歳と若さでも、このペースで飲み続けると
後2~3年後に200~300に達する事...続きを読む

Qアルギニン、オルニチン、カルニチンについて

ジムでトレーニングしてるのですが、なかなか筋肉がつかず悩んでます。
今はトレーニング後にプロテイン(Chanpion NutritionのPure Whey)を飲んでいるのですが、
友人からアルギニン、オルニチンのサプリがいいと聞き、
興味を持ちました。
調べたところ、カルニチンも一緒に摂取した方が良いというのも分りました。

1. 楽天などで検索してもたくさんのメーカーがでてきて、
どこがいいのかわからないので、
おすすめのメーカーがあったら教えてください。

2. 錠剤と粉末のものがあるようですが、
それぞれのメリット/デメリットを教えてください。

3. プロテインは今まで通り、トレーニング後に摂取した方が良いのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たんぱく質は何のたんぱく質かによって消化吸収の早さが違います。吸収する際にはたんぱく質→ペプチド→アミノ酸というように徐々に吸収できる状態に消化して腸から吸収します。

アミノ酸には桶の理論というのがあって、何か足りないアミノ酸量に合わせてしか吸収できないというものです。何かの量を多く摂取するより全体のバランスが重要だと言えますね。

アミノ酸の消化吸収と筋肉への取り入れを考えるにはBCAAを知っておくと良いと思います。
http://www.otsuka.co.jp/a-v/bcaa/index.html

錠剤と粉末のメリットデメリット
錠剤:メリット=食べやすい、持ち運びしやすい
   デメリット=形を作るのに20%~30%添加物が必要(不必要な成分を食べなくてはいけない)
粉末:メリット=必要な成分を主に摂取できる
   デメリット=食べにくい場合がある(オブラートの使用またはドリンクに溶かすなど)

運動をすると筋肉繊維が切れるなど適度なストレスを得ることができます。そのストレスは新たな筋肉を作るキッカケになります。新陳代謝は主に寝ている時間(23:00~)といわれるので睡眠も大切です。

たんぱく質は何のたんぱく質かによって消化吸収の早さが違います。吸収する際にはたんぱく質→ペプチド→アミノ酸というように徐々に吸収できる状態に消化して腸から吸収します。

アミノ酸には桶の理論というのがあって、何か足りないアミノ酸量に合わせてしか吸収できないというものです。何かの量を多く摂取するより全体のバランスが重要だと言えますね。

アミノ酸の消化吸収と筋肉への取り入れを考えるにはBCAAを知っておくと良いと思います。
http://www.otsuka.co.jp/a-v/bcaa/index.html

錠剤と粉末...続きを読む

Q酒飲みのγ-GTPの数値

先日受けた血液検査で、γ-GTPの値だけ基準を上回って82ほどでした。
晩酌を毎晩しますが、検査前日も飲酒しました。
お医者さんは、お酒を飲む人はそれぐらいあっても
平気ですとおっしゃいましたが、もしかしたら前日に飲まないで
検査をするのと飲酒して検査するのとでは
結果に差が出るのでしょうか??
半年前にも大体同じ条件で検査したときは35位でした。

Aベストアンサー

出ますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報