新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

頭骨標本や魚などの全身骨格標本をつくっています。
その際、脱脂にCPアセトンをしています。
何回か使い回しをしているのですが、
アセトンが油で黄色くなってきたりしてます。
こうなってくると脱脂具合が落ちたりしますか?
廃棄する頃合いがよくわからなく
そろそろ捨てるべきなのか、アセトン臭がしているうちは大丈夫なのか判断がつきません。
脱脂にアセトンを使用している方々は
どれくらいで廃棄しているのかご意見をいただけるととても助かります。

画像のアセトンは酷く黄ばんだ魚のホネを入れてしまったため黄色くなっていますが
これは太刀魚の頭骨の脱脂の5体目です。
黄色いアセトンにつけていたりしたら頭骨も黄色くなってしまったりしますか?

「頭骨標本の脱脂用に使っているアセトンにつ」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず最初にアセトンは特殊引火物にカテゴライズされています、気を付けましょう。


私は(元)研究者で専門は有機化学ですからアセトン無しに仕事など出来ません、あなた様もアセトン無しに仕事は出来ないのはよく分かります。それでご質問ですが「洗浄用」アセトンはいわゆる「一斗缶」の物を使います、蛇足ですがこいつは試薬一級です、だが純度は高い。専門分野が異なるので「常識」も違います、だから私の意見に左右される必要はありません。だがこの方法はあまり「嬉しく無い」特にあなた様が「生物標本」を作られる時に、アセトンに漬ける前の「検体」は徹底的に脱水した方が良い、と言っても真空デシケータ中で加熱する必要は無く「室温放置」で構いません、ご存知の通りアセトンは水と全ての割合で混合可能です、これがアセトンを最上の洗浄溶媒としている理由でもあります。だが上記したように乾燥した検体を使わないとアセトンは水を吸い、油性の「ゴミ」共が次第に溶けにくくなります。さらに同じアセトンを複数回使用するのはやめた方が良い、もちろん捨てません、化学屋は「餓鬼」(卒研生)の時から「蒸留」ばっかり、化学から蒸留を外したら一歩も進めない、だって原料や中間生成物は通常液体で固体は非常に嫌われます、理由は既に書きました蒸留が出来ないと純度が上がらない。アセトンが水を含むと「共沸混合物」になり「純アセトン」のメリットが失われるし、あなた様の場合前の検体の不純物が次の検体に移ってしまう、アセトンが写真の様な色になったら卒研生は院生に罵られ、運が悪いと尻を蹴飛ばされる。だからよごれたアセトンがたまったら大きなフラスコに沸石を入れ常圧蒸留します、この時沸点は精留塔の頂点にある温度計が濡れたり乾いたりを頻繁に繰り返す状態が「平衡」ですので、その温度計が純アセトンの1℃下より下がっていたら、もうアウト、蒸留装置をバラして純アセトンで洗い、水洗乾燥。アセトンの方も乾燥ゼオライトなどで乾燥してから再度精留です。これをやると不純物が「釜残」として残ります、当たり前。この時残った「汚いアセトン」は「廃溶媒」行き。釜残にタール分が残ったら濃硫酸を加え「直火」で加熱して溶かします、この「熱濃硫酸」は驚異的な溶媒です、流しにじゃんじゃん水を流しながらこのおぞましい奴を流してしまいます、それでも多少残るから再度濃硫酸を加え加熱します、私が卒研生の時「それは恐いです」と言ったら学会の泰斗でもある最初の恩師が「エーテルを直火で蒸留することを考えたらチョロい」とおっしゃいました、確かにその通りです。最後に重大な注意を一つ、アセトンは非常に酸素分子で酸化され易く過酸化物が容易に生じます、あなた様のアセトンの色ははっきりアセトン過酸化物が分解した時の色で非常に恐い、だから化学屋はアセトンを頻繁に蒸留するのです、釜残アセトンには過酸化物が非常に濃い、運が悪いと激甚な爆発を起こします。これを防ぐには蒸留時予め、ピロリン酸塩、もしくはトリポリリン酸塩を加えておきます、こいつらは金属封止能が高いので金属イオンが関与する分解を完全に抑え込みます。以上です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
研究者だった方にアドバイスいただきありがとうございます。
当方はまったくの素人でして
アセトンの揮発性の高さなどから火気や混合してはいけない薬品には素人なりに気をつけていましたが
アセトンの詳しい仕様について教えていただきありがとうございます。
骨格標本の方は助肉したあとしっかり乾燥させてからアセトンにつけてはおりました。
使い回しにより脱脂力の低下
黄ばんだ状態が次の骨にも影響がでるとのこと詳しく教えていただきありがとうございます。
蒸留に関してですが、火を使うことと素人ゆえ私にはとても難易度が高く感じ
危険性も非常に高く感じられましたので
廃棄しようと思います。

この度はとても詳しいご助言ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/04 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨格標本の作り方

 今、骨格標本を作っているのですが、どうしても骨と骨の間に肉が残ってしまします。その肉はどうしたら取り除けるのでしょうか??やはり骨同士を一度とりはずさなければダメなのでしょうか?元に戻す自信があまりないので、それ以外で肉を取り除く方法を教えてほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「かつおぶし虫」という虫が肉だけをきれいに食べてくれるという話を聞いたことがあります。洋服を食べて穴をあける虫がその「かつおぶし虫」のようです。でもどうやって手に入れるかは謎です・・。

Q昆虫標本から異臭が!

この夏、子供の夏休みの宿題に初めて昆虫標本を作って見ました。しかし、この雨続きのためで乾燥が十分でなかったのか、最近になって異臭が漂う様になり中にはカビが発生しているものもあります。せっかく子供もがんばって作ったのでなんとか良い状態に戻してやりたいのですが何か良い方法は無いものでしょうか?詳しい方のアドバイスをぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

<作った標本はカブトムシ・クワガタ・トンボ・蝶・カミキリ、と、それぞれ少しずつですが、特にカブトムシとクワガタ(甲虫類)が臭いがひどく腹側にカビの生えているものがありました。

研究室で、乾燥がたりなくカビや腐敗臭がでた場合、以下の様な処理をしています。
バッタや蝶では使えませんが、甲虫類には、アセトンを使用して処理します。
エタノール(70%)で一度、カビをふき取りエタノールが乾いてから、さらにアセトンにつけてしまいます。(密封できるガラス瓶に1/3ぐらいアセトンを入れる)アセトン無いときは、ベンジンでやっている人もいたようです。

エタノール70%は無水アルコール(99%)を薬局で買って、精製水で70%になるように割ります。消毒用のアルコールだと少し薄めすぎです。

こうすると、甲虫の表面の油じみの様なものも消えます。5~6時間程度つけ込み、出した後は、再度「たとう」に入れて再乾燥し、展足し直します。
乾燥は、密閉容器(プラスチックの米びつなど深さ30cm程度)に「水取ぞうさん」を1個いれ、1ヶ月ぐらい再乾燥させています。時々、中に入っている「たとう」を上下いれかえて乾燥にむらがないようにします。
標本箱に戻し、防カビ剤と防虫剤を入れます。

以上の方法では、すごく古い標本や、状態のすごく悪い標本では、分解する場合もありますが、ある程度のカビはおさえられます。

もともと、甲虫類は処理が悪いと独特のにおいがします。採集してから、展足する前に一度水洗いしてから標本にするための一連の作業をします。

トンボは腹部がやわらかく腐りやすいので、最初からアセトンで処理してから乾燥させ、腹部の形をよくするため中に麦わら状のものをいれて形を整えます。トンボの場合はベンジンでなくアセトンです。
アセトンは薬局にいって注文すれば、500mlが手に入ります。たしか、印鑑がいったような気がします。

昆虫の標本はどんなによく乾燥させても独特のにおいが残るようです。(博物館臭というか・・・・・)
いっぱい作っていると、鼻がなれて気がつかなくなりますが、たまに研究室にきた人に臭うといわれます。

<作った標本はカブトムシ・クワガタ・トンボ・蝶・カミキリ、と、それぞれ少しずつですが、特にカブトムシとクワガタ(甲虫類)が臭いがひどく腹側にカビの生えているものがありました。

研究室で、乾燥がたりなくカビや腐敗臭がでた場合、以下の様な処理をしています。
バッタや蝶では使えませんが、甲虫類には、アセトンを使用して処理します。
エタノール(70%)で一度、カビをふき取りエタノールが乾いてから、さらにアセトンにつけてしまいます。(密封できるガラス瓶に1/3ぐらいアセトンを入れる)...続きを読む

Q透明標本を作成する際の固定方法について

アリザリン染色透明標本をつくろうと思います。
Webで情報を集めたのですが、固定の際に10%ホルマリンを使うとしているサイトが多い一方で、70%アルコールを使うという情報もあり、固定せずそのまま作業に入って良いという話もあります。
ホルマリンはできれば使いたくないと思っているのですが、透明標本を作製する際において、ホルマリンはどのような役割を果たしているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的にはホルマリンで固定するのがよいと思います。どうしてもホルマリンが使えない状況なら、アルコールで固定してください。固定液としてはホルマリンの方が優れています。

透明骨格標本は、骨格を支えている周りの筋肉や関節の組織がある程度しっかりしていないとくずれて形が保てなくなってしまいます。軟組織は腐敗・分解しやすいですし、透明化するアルカリ液も筋肉等を軟らかくします。ある程度の大きさの標本は染色・透明化には何日もかかりますので、きちんと固定したものを染色・透明化した方が安心です。

Qアセトンに水を足して濃度を薄めるんですが

86%1500リットルのアセトンを水を足して65%にしなければいけないのですが式等が分からずまったく解けません。
どなたか式とか知っている方がいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

ふつう溶液の%といえば、質量%でしょう。だとしたら密度がわからなければ解けません。仮に体積%だとしても「体積の保存則」なんてないから、#1さんの計算は成立しません。

質量%として計算してみます。
アセトン水溶液の密度は、25℃で、86%で0.828kg/L、65%で0.883kg/Lほどです。水の密度は1.0kg/Lとします。

足す水の質量をWkgとします。

(1500L×0.828kg/L×86/100)/(1500L×0.828kg/L+W)×100=65
という式で、Wを求めれはいい。

W=1500L×0.828×(0.86-0.65)/0.65=401kg
です。
水の密度は1.0kg/Lだから、これは401Lですね。

ちなみに、アセトン水溶液1500Lに水401L足しても、1901Lにはなりません。1860Lほどですね。

Qウニの殻や動物の骨を漂白するには?

 拾った殻や骨をきれいに(白く)したいのですが、どうすればいいのでしょうか?
 塩素系はだめだとか、キッチンハイターがいいとか、オキシドールがいいとか色々説があるのですが、実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

漂白はあまりやりすぎるともろくなり細かい部分が壊れてしまいます。ですから、対象の性質(汚れ具合、大きさなど)によって薬剤や時間を加減する必要があります。

一般的には、過酸化水素水がよいと思います。オキシドールは3%過酸化水素水なので、まずこれを試してみてはどうでしょうか。すでにきれいに肉などがとれているものであれば、小さなものなら数時間程度で白くできます。しかし、ものによってはこれでは不十分だと思います。その場合、もっと濃い10%くらいの過酸化水素水がよいと思います。30%過酸化水素水が薬局で買えますが、6%以上のものは劇物となります。

Qポリデントの成分って?

カテゴリー違いでしたらスイマセン。私の親父はポリデントに御世話になることになったのですが、ポリデントの成分表示や構成されている物質というのでしょうかそこらへんを詳しく知っているかたがいらしたら是非お願いいたします。お手数お掛けしますが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

入れ歯洗浄剤各メーカありますが、漂白剤と発泡剤がメインではないでしょうか?先日のNHK教育の番組ご覧になりましたか?今日の健康だと思いますが、入れ歯のお手入れを分り易く説明していました。基本は歯ブラシでお手入れをして下さい。入れ歯洗浄剤はあくまで補助的な存在のものと理解して下さい。それだけでは入れ歯は清潔に保てません。歯ブラシで擦って落とすものが泡だけで落ちる訳ありません。商売ですからね!

Qアセトンの使い方について教えて下さい。

私は仕事で板ガラスの接着をしています。
接着前のガラス表面の汚れ取りにアセトンを使用しています。
そこで質問ですが、
アセトンってマスク無しでは中毒になりますか?素手では危険ですか?
説明書きには、「必要に応じて」と書かれています。
もう、4~5年使っていますが、今更ちょっと不安になってきました。
うちの親分は、たまに根拠も無いのに自信たっぷりに「大丈夫!」
と言うので不安でなりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

長年、有機化学関係の仕事をしております。
仕事柄、いろいろな有機溶媒を使っていますが、アセトンは比較的毒性の低い有機溶媒です。ベンゼンやメタノールに比べればあまり気を使わないで使っています。多少手に付いてもほとんど気にしていません。

ただし、私の使い方は短時間、少量の使用を繰り返す、という感じです。長時間触れていたり、高濃度の蒸気を吸入するようなことは避けるべきでしょう。

おそらく、ご質問の文章から察するに、itononさんの場合、それほど高濃度ではないにしても、長時間蒸気を吸入する可能性がありそうですね。
 MSDS(参考URL)をご参照ください。安全性、危険性情報が記載されています。中枢抑制作用と、眼への刺激性が記載されているようです。印刷して仕事仲間の方にも見せてあげても良いのでは?

気になるようでしたら有機溶媒用のマスクが市販されています。私達もタンクの中に入って内面をアセトンで洗浄する場合などではマスクを使います。

あとアセトンの場合、引火点が非常に低く、アセトン蒸気と酸素が適当な濃度になると爆発する可能性があるので、中毒防止の観点以上に引火、爆発防止の観点から換気を良くすることが必要です。

参考URL:http://www.jpca.or.jp/61msds/j7cb15.htm

長年、有機化学関係の仕事をしております。
仕事柄、いろいろな有機溶媒を使っていますが、アセトンは比較的毒性の低い有機溶媒です。ベンゼンやメタノールに比べればあまり気を使わないで使っています。多少手に付いてもほとんど気にしていません。

ただし、私の使い方は短時間、少量の使用を繰り返す、という感じです。長時間触れていたり、高濃度の蒸気を吸入するようなことは避けるべきでしょう。

おそらく、ご質問の文章から察するに、itononさんの場合、それほど高濃度ではないにしても、長時間蒸気...続きを読む

Q生のミョウバンはどこで買えますか

理科の自由研究で生のミョウバンが必要なのですが、どこで買えますか?薬局では焼きミョウバンしか売ってくれませんでした。

Aベストアンサー

焼きミョウバンから作ることができると思い、検索してみました。(薬局で取り寄せてくれるみたいですし、卸問屋でも売ってくれるだろうし、試薬を扱うお店ではまずおいてあるだろうし、東急ハンズにもあるんじゃないかと思いますけど)

やはり思った通りで、参考URLに検索結果を示しましたが、例えば一番上のサイト(http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html)には、次のように書いてあります。

引用
「---焼きミョウバンから生ミョウバンを作る --- ・焼きミョウバン100gに対して水をコップ1杯入れ、鍋でコンロにかけ、透明になるまで良く溶かす。これを耐熱性の容器に入れ、1昼夜そのまま置くと結晶ができます。上の液は飽和溶液として使えます・」

この理由は次のようになります。
ミョウバン水から、再結晶させてミョウバンを取り出します。
よく乾燥させても、このミョウバンには、一定の割合で水が含まれていて、これが生ミョウバンでしょう。

含まれている水は、加熱(=焼く)しないと、抜けません。
加熱して完全に水を抜いたものが、焼きミョウバンでしょうね。

ちなみに、焼きミョウバンを水に溶かすと、熱が出てかなりあつくなります。気をつけてくださいね。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=mozclient&ie=utf-8&oe=utf-8&q=%E7%94%9F%E3%80%80%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%8

焼きミョウバンから作ることができると思い、検索してみました。(薬局で取り寄せてくれるみたいですし、卸問屋でも売ってくれるだろうし、試薬を扱うお店ではまずおいてあるだろうし、東急ハンズにもあるんじゃないかと思いますけど)

やはり思った通りで、参考URLに検索結果を示しましたが、例えば一番上のサイト(http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html)には、次のように書いてあります。

引用
「---焼きミョウバンから生ミョウバンを作る --- ・焼きミョウバン100gに対し...続きを読む

Q環境部門の技術士第一次試験(技術士補)のかた

 環境部門の技術士又技術士補の方に質問があります。
私は今年の技術士第一次試験を環境部門で受けようと思っております。しかしながら、環境部門の専門科目の為の
試験対策の仕方がよくわかりません。本屋に書籍を探しにいっても、建設部門の参考書は多いのですが、環境部門のはあまりありません。一応、環境アセスメントとか環境システム工学又、環境白書等には目を通して行くつもりですが、どのような勉強方法又、参考書は有るのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

環境部門ではないですがコメントします。

工学部卒であれば基礎は免除かもしれません。
適性(全部門共通)と専門に集中すればよいでしょう。

テクノから過去問題集が発売されていますので、まずそれを買い求めてください。(10年分くらい必要です)
出来れば受験しようとする部門の1次試験問題だけでなく2次試験問題も入手し、さらに他の部門まで幅広く問題を研究してみてから部門、科目を決定されることをお勧めします。自分が環境が専門だと考えていても、2次試験問題を見ると建設環境とか衛生部門のほうが解きやすいことがあるかもしれません。
最終的には2次試験に合格しなければ意味がありませんが、2次は部門のみならず選択科目の選択次第で合否が大きく異なります。
環境調査なのか、調査結果の分析・評価なのか、設計に際しての環境対策なのか、施工に際しての配慮なのかで部門が異なると思います

1次試験は過去問題を研究し、キーワードを抽出し、キーワードから派生する話題5つくらいを見出します。たとえば火力発電所の環境アセス手続きであれば発電所の形式によってNoxのみかSoxまで対象とするのかなどの知識が要るかもしれません。そこで発電所の構造や環境への影響などをまとめておく必要があるでしょう。

2次試験は記述式であり、短時間に要点をまとめて記述するトレーニングを必要とします。また知識問題の範囲も広いためにキーワードの抽出やまとめには時間がかかりさらにそれを覚える時間も必要です。独学ですと準備に3-5年はかかります。(その部門の学会誌、技術専門誌などを丹念に10年分くらいさかのぼってキーワードを抽出し、現時点での技術と比較して見解を述べるように整理しておく必要があるためです)

基礎的な知識は他の資格の取得を通じて得ておくのが早道と思います(技術検定、公害防止、環境計量士など)その知識的バックグラウンドのうえでキーワードを整理し答案練習をすることにより合格できます。さらに2次試験は実務経験を記述するので(「OO対策についてあなたが体験した課題のうち、技術士としてふさわしいものをのべよ」)テーマの選定、記述の仕方がまずいと合格できません。
能率協会はじめ受験指導機関の講座は高価ですが、過去問題から分析したキーワード集などのテキストが入手できますのでお勧めします。(2次試験は基本的に技術士からマンツーマンで指導を受けないと合格答案にならず、何度も挑戦することになります)

その他の参考書を示します。(1次試験むけ)

合格の法則 技術士一次試験―基礎・適性・共通・専門(建設部門/環境部門) なるほどナットク!
青山 芳之 (著), 中田 光治 (著) 価格: ¥2,625 (税込)

完全突破!技術士一次試験 建設部門編 なるほどナットク!オーム社 (編集)価格: ¥2,940 (税込)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274166708/qid=1107308791/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/249-1331698-2034712

環境部門ではないですがコメントします。

工学部卒であれば基礎は免除かもしれません。
適性(全部門共通)と専門に集中すればよいでしょう。

テクノから過去問題集が発売されていますので、まずそれを買い求めてください。(10年分くらい必要です)
出来れば受験しようとする部門の1次試験問題だけでなく2次試験問題も入手し、さらに他の部門まで幅広く問題を研究してみてから部門、科目を決定されることをお勧めします。自分が環境が専門だと考えていても、2次試験問題を見ると建設環境とか衛生部門の...続きを読む

Q郵便(手紙など)の家への配達時間帯

手紙やセールスなどの郵便が家に配達される時間帯ってあるじゃないですか?
その時間帯はいつごろなのでしょうか?いつも正午ぐらいに家に帰ってくると、郵便が届いているんですよ。
なので、午前中は郵便が送られるっていうのはわかっているんですが、
午後は配達されるかイマイチわかりません。
誰か知っている方がいれば教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

郵便局で配達のバイトをしたことがあります。本来公務員にバイトはありませんから非常勤職員という扱いですが。

局、地域、住居が多いor会社が多い、その日の郵便物の量などで違います。
例えば、住居の多い地域では普通は1回でも、正月なんかは日に3回は配達します。ですから一概には言えません。

近所に会社が多ければ1日2回は配達してると思いますが、住宅ばかりだと仮に郵便物が何通かあったとしても翌日に回してしまうこともあります。勿論、速達や書留などは別ですが。


人気Q&Aランキング