・アルコール=防腐剤、だから肌に優しいのはノンアルコール
・毛穴引き締めたいならアルコールじゃなくてセラミド入りの方が良い
・アルコールだと水分蒸発するし次の化粧品の浸透率も下がる
・テカってるからといってアルコール入りを使うと水分飛ばすから結局逆効果
・アクネ菌殺菌にはいいけどその他の良い菌も殺してしまう。殺菌スキンケアは基本辞めた方が良い

というふうにアルコール化粧水は総合的に悪い話しか聞きませんでした。
結局防腐剤としての役割しかない、のでしょうか。

ノンアルコールの化粧水を探すのも大変な時があったので、アルコールの有無を気にしないで探せたらなとは思いましたが。


>>アルコール入り化粧水のメリットはなんでしょうか。
これについて特に宜しくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • ちなみに自分は混合肌か脂性肌のようです。

    アルコール入りの化粧水を使って肌に刺激がきたことはないので、以前までハトムギ化粧水を愛用していたのですが、Tゾーン以外の乾燥が目立つようで粉ふいちゃって。(他のでもそんな結果でした。)
    でも油分系である乳液クリームのみで塗りたくって乾燥を防ぐのも混合肌脂性肌には合ってないようですし。

    相談したら「ノンアルコール化粧水を色々試してみ」と言われ。試してみたら今度は粉がふくまで乾燥することもなくなったので、「ああノンアル化粧水の方が合ってるのかな」と思ったのですが。
    (乳液クリームなどは変えてないです。)

    アルコールに刺激はないので、わざわざアルコールをよけるのもなと思って、メリットは具体的になんだろうと考えました。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/05 09:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あれ?私は、アルコールを配合する良い面も聞いたことがあるなあ…という程度のいち美容好きです。



私が聞いたアルコールを配合するメリットは、
・古典的な化粧水の処方だから。
・配合した方が利用者は「肌に浸透した感じがする」という実感を得やすく高い満足度につながりやすいので、売れる。
・成分を肌に浸透させるため。

上の2つは「化粧品会社にとって配合するメリット」ですねw
ですが一番上の理由は3番目とも関連があります。

アルコールを配合しないと化粧水はただの水、肌に弾かれてしまうんですよ。
アルコールは溶剤として水と油を混ぜ合わせる役割を果たします。
成分には水溶性成分、油溶性成分、水溶性と油溶性両方を持つ成分の3つがあります。
このうち、肌の一番奥まで浸透するのは3番目です。

肌の構造をご存じですよね。表皮-真皮です。
表皮は4つに分けられますが、水溶性成分だと表皮の一番上の角質層すら浸透しきりません。
当然ですが、より奥に到達しなければ効果を発揮しないような成分はもう少し工夫が必要になります。
その工夫で昔から知られてきた方法がアルコールを配合する、です。

面白く、詳しく書いてくれているコラムがあります、よろしければどうぞ。
「化粧品はお肌に浸透……しません!」
http://toyokeizai.net/articles/-/47838

こちらにも書いてありますが、空気中に何十億と漂っている細菌やウィルスの小ささを考えたら、皮膚がそう簡単にあんなものこんなもの通していたら生きていけないわけです。
で、より奥まで浸透させる条件は2つあると書いてありますが、条件1の分子量については成分によって異なります。
条件2の水にも油にも溶ける性質、アルコールはこのために配合されているのです。

アルコールを配合しない商品だと下のどちらかです。
・(角層の下に届かないと意味がない)成分を多数配合していますと謳って消費者を引きつけるが、配合されているだけで浸透しないので効果がない商品
・アルコール以外に「油と水を混じり合わせる」成分を使用して浸透させる

下の場合、アルコールの代わりに配合されているのは乳化剤(界面活性剤)です。
乳化剤に比べればアルコールは配合量が多いことが多いのでどちらが良い悪いは一概にはいえません。
それに化粧水だけ乳化剤を気にしたって意味がありません。
だってその後に乳液やクリームをつければ、それは必ず乳化剤が使われているんですから。
ですが、商品にも使う人にもよりますが、「ノンアルコールだから刺激がより軽い」とは言い切れないんです。


化粧品が化粧品であって薬ではない理由のひとつが、「あれこれ強い規制で縛らなくてはならないほど強い効き目があるわけじゃないから。」です。
なので、化粧品会社はどちらかというと使って楽しくなる使用感、快い見た目の容器、そういう化粧品を使ったメンタルサポートとでもいうかのような、
「化粧品を使うことで夢を見させてくれる」ことにすごーく注力してるのです。
すごく突き放した言い方ですね。
私も化粧品は好きですし、きれいな容器からいい香りのものを手にとって顔につけている時の気分が高揚する瞬間が好き。
それに化粧品は使い続ければ必ず効果を出してくれます。
ですが、女性の中には依存や強迫的な何かなのかと思うほど不相応な大金を支払う人もいますよね。
漫画「ヘルタースケルター」の台詞「「化粧品なんてヤクみたいなもんよ、使えば使うほどもっと強いやつがほしくなる」みたいに依存しきるのは危ういと思います。
割り切りが必要です。

ところで、ちょっと補足させてください。
・毛穴引き締めたいならアルコールじゃなくてセラミド入りの方が良い
セラミドは保湿剤ですよね。細胞間脂質。
私はセラミドを使うのは賛成ですが、毛穴の大きさは遺伝で決まる部分が大きいようですが、乾燥によって毛穴が広がる(いわゆるたるみ毛穴)には保湿は有効だと思います。
ただ瞬間的に引き締めるだけならウィッチへーゼル水、うんと根気よく続けるつもりがあるのなら、
グリシルグリシンを週3回ぐらいイオン導入する。
グリシルグリシンは上で書いた「必要なところにまで浸透しない」成分で、イオン導入で押し込む以外ではあまり効き目はないと言われています。
イオン導入機はビューリとかそれなりのお値段の方が効果はありますが、最高にいいわけじゃないけど1500円ぐらいのジャパンギャルズのでも効果はきちんとあります。

・アルコールだと水分蒸発するし次の化粧品の浸透率も下がる
アルコールだと水分蒸発が早い、速く蒸発すると余計に水分が奪われる、水分で肌が潤っていることで成分が「通る道」ができるので浸透率を上げるためには肌の水分が充分なほうが良い、は確かなように思います。
が、ノンアルコールでも水分はいずれ蒸発するものなので、アルコールアレルギーだとか、肌が荒れる人以外はあまり気にしなくてもいいのではというのが、最終的に私が思ったことです。
この回答への補足あり
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

うーんつまりアルコールのメリットは、「ノンアルコールより美容薬用成分が肌に入りやすい(その方がマシ)」ってことでしょうか?

ノンアルコールだから肌に入りにくいというのは聞いていて、だからこそ温かい手でじっくり押し込む方法をとっていました。

「水分量が低い」と言われているならば、水分蒸発が遅くてマシな方の「ノンアルコールの方が良い」というのも聞きまして・・・。

「美容薬用成分がちょっとでも欲しいならアルコール」
「水分保湿がちょっとでも欲しいならノンアルコール」
ってことでもあるのでしょうか?

お礼日時:2015/03/05 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化粧水、アルコールフリーかアルコール入りか?

化粧水。アルコールフリー とアルコールが入っているもの。
どっちがいいのでしょうか?
違いがわかりません。
私は29歳の女性です。現在アルコールフリーでセラミド入り、なる化粧水を使っています。メーカーは花王です。

また安いものと高いもの、違いはありますか?

Aベストアンサー

アルコールは保存料として入っているので
フリーのもののほうがお肌に優しいと思います
といっても使ってみて肌に合わないとかでなければ
アルコール入りでも問題はないですよ。
肌が弱い人はフリーのほうがいい、というくらいのものです
アルコールよりも鉱物油やパラベンが入っていないかどうかに
着目したほうがいいと思います。

安いものと高いもの、やはり差はあります。
でも化粧水は質より量!!です
高いものを少しだけより安いものをたっぷり使うほうが
肌にいいですよ。

Q化粧水→アルコールとノンアルコール

化粧水の“ノンアルコールタイプ”。
普通のものとどのように違うのでしょうか?

昔、アルコールはお肌に良くないと聞いた事がありますが、
日本酒系の成分は美白に良いとされていますよね。
エタノールが良くないのでしょうか?
しかし、どの化粧水を見ても、エタノールはほぼ入れられています。

母は、
「アルコールは“吸収力”と“殺菌効果”があがるのでは?
 注射の前に塗るけど、サッと乾くでしょ?」
 などと言っていました。

基礎化粧品とアルコールの関係を教えて下さい。

Aベストアンサー

>「アルコールは“吸収力”と“殺菌効果”があがるのでは?
> 注射の前に塗るけど、サッと乾くでしょ?」

これは、アルコールの揮発性が高いために起こります。
つまり、皮膚に吸収されているのではなく、空気中に蒸発しているわけです。
(もちろん、殺菌効果については正しいですが。)

アルコールタイプが良くないとされるのは、この揮発性の高さからでしょう。
さっぱり感があり、馴染みが良いように感じるので、好む人も多いですが、
実際に馴染んでいるか(肌に吸収されているか)は別です。
皮脂との馴染みはとても良いので、吸収もされますが、その分、揮発もします。
水分ごと揮発するので、人によっては肌の乾燥が進んだり、皮膚硬化に繋がるようです。
http://ohada.miraione.com/2006/05/post_29.html

私(どこに行っても、皮膚が薄いといわれる)の場合、
アルコールが入っていると刺激が強すぎて肌トラブルに
繋がったことがあるので、避けています。
(ピリピリ感、乾燥の悪化、赤みなど)

日本酒系の成分が良いのは、アルコールが良いわけではありません。

最後に。
私の文章では言葉不足な点がありますので、以下のサイトも参考にしてみてください。
http://jiten.cosme.net/question/Data/qid/1167

>「アルコールは“吸収力”と“殺菌効果”があがるのでは?
> 注射の前に塗るけど、サッと乾くでしょ?」

これは、アルコールの揮発性が高いために起こります。
つまり、皮膚に吸収されているのではなく、空気中に蒸発しているわけです。
(もちろん、殺菌効果については正しいですが。)

アルコールタイプが良くないとされるのは、この揮発性の高さからでしょう。
さっぱり感があり、馴染みが良いように感じるので、好む人も多いですが、
実際に馴染んでいるか(肌に吸収されているか)は別です。
...続きを読む

Qアルコール入りの化粧水

私は先天性の赤ら顔(温度に関係なく常に赤い)です。
今使っているアルコール入りの化粧水は肌に合っていると感じているのですが、アルコール入りの化粧水は長年使い続けると皮膚が薄くなるという話を聞いたのですが本当でしょうか?
せっかくいい化粧水に出会えたと思ったのですが、使い続けることが不安になってきています。どうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化粧品の組成開発に携わっていた者です。私はアルコール(エタノール)配合の化粧水によって皮膚が薄くなるという報告を聞いたことがありません。ただし、アルコールに弱い方の中には、アルコールが配合された化粧水で刺激を感じる方もいらっしゃいます。様々な化粧水をお試しになったことと思いますが、自分に合っていると感じる製品であれば、使い続けて問題ないものと思います。「あれっ?いつもと違うな」と感じたら使用を中止する事も大事です。

Qパラベン入りの化粧水と無添加化粧水

化粧水が合う合わないは、
もちろん人それぞれだとは思いますが
1%未満規制されているパラベンの入った化粧水と
BG、エタノール、グリセリンなどが入った無添加化粧水と(大抵20%くらい入ってるみたいです)
どっちが、肌に優しいのか(肌に悪い影響が少ないか)
気になって、とっても不安です。

Aベストアンサー

薬事法ではパラベンは配合1%以下という基準がありますが、1%配合することはまずありえません。通常0.01~0.1%で、十分です。むしろ配合しないと変質する恐れがあり、変質した化粧品を使ったときに起こる肌への悪影響のほうが怖いです。だから完全に防腐剤を使用していない化粧品はメーカーは作りません。無添加といわれる化粧品でもパラベン以外で何かしら防腐効果のある添加物を配合しています。エタノールも注射するときに肌を殺菌するために脱脂綿で塗布しますが、60%の溶液です。たまにかぶれる人もいます。だから、最近は注射前にエタノール以外の殺菌剤を使うことが多いです。でもオイリー肌にはすこしエタノールが配合されているほうがとても気持ちのいいものです。(エタノールが20%も配合されていることはまず、ありませんけど)。肌に合う、合わないは、添加物の有無ではなく、その化粧品を客観的に見たとき、自分の肌になじむか、異物と感じるか、です。女性の肌は生理やストレスや環境因子(紫外線や乾燥、出産など)によって日々変化しているので、長く使っていた化粧品が突然肌に合わなくなることもおおいにあるのです。大手のメーカーはむやみやたらに添加物を配合しているわけではなくきちんと処方を考えて、必要に応じて適当な量を配合していますから添加物に関してあまり神経質にならなくてもよいと思いますよ。もし、かゆみが出たり肌が赤くなったりしたらそれは肌がきちんと知らせてくれているわけですからすぐに、使用を中止してください。
ちなみに手作り化粧品でかぶれを起こす人が結構いますので、防腐剤のない手作り化粧品を使うときは、くれぐれも冷蔵庫に保存して早めに使い切ることをおすすめします。また、天然のヘチマ水やレモンパックなどは科学的に分析すると各種の微量成分が入っていて、結構刺激が強いですのでお気をつけください。

薬事法ではパラベンは配合1%以下という基準がありますが、1%配合することはまずありえません。通常0.01~0.1%で、十分です。むしろ配合しないと変質する恐れがあり、変質した化粧品を使ったときに起こる肌への悪影響のほうが怖いです。だから完全に防腐剤を使用していない化粧品はメーカーは作りません。無添加といわれる化粧品でもパラベン以外で何かしら防腐効果のある添加物を配合しています。エタノールも注射するときに肌を殺菌するために脱脂綿で塗布しますが、60%の溶液です。たまにかぶれる人...続きを読む

Q手作り化粧水の防腐について

最近は肌のことやお財布のことを考えて手作り化粧水に挑戦しています。穏やかな使い心地が気に入っています。ところで、普段は冷蔵庫に入れて保存しているのですが(1週間くらいで使い切ります)今度1週間ほど旅行へ行きます。そこで作った化粧水を持って行きたいのですが防腐はどうしたらよいでしょうか?友人宅に泊めてもらいますがさすがに化粧水を冷蔵庫に入れさせてくれとは言えません・・・(大家族の家ですし・・・)この時期ですから腐りやすそうですし・・・。アドバイス、お願いします。ちなみに使っている化粧水は精製水にカモミールをウォッカで抽出したエキス、グリセリンを混ぜたものです。(アトピー肌にもっとよさそうなのありますかね?)

Aベストアンサー

私も、手作り化粧水を愛用しています。

消毒用アルコール(約78%)1:精製水2の混合液でどくだみを抽出したエキスにグリセリンとスクワランを混ぜたものです。

グリセリンやスクワランは少量ですので、全体のアルコール濃度は約25%位ですね。これで、冷蔵庫に入れなくて平気です。

ウォッカというと4~50度、つまり4~50%ですね。精製水をどれ位入れているのでしょうか。全体のアルコール濃度を計算してみて下さい。25%以上でしたら、大丈夫ではないでしょうか。

念のため、清潔な小さな容器に、一日分ずつ分けて行けば、どうでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報