「ASIAN JAPANESE」などの著者、小林紀晴氏と「TOKYO KITCHEN」などの著者である小林キユウ(本名:小林紀雄)氏は、なにか関係があるのでしょうか。
両者とも写真家で文章も書き(またその文体まで似ているような気が・・・)、長野県茅野市出身で年もほぼ同じ。兄弟かとも思ったのですがどちらの文章にもそれらしき記述はないし。
どなたか二人の関係をご存じでしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://www.melma.com/mag/23/m00000123/a00000002. …


写真家の小林キユウ氏は、作家の小林紀晴氏とは双子で、兄です。

参考URL:http://www.melma.com/mag/23/m00000123/a00000002. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございます。
なるほど、ふたりは双子だったんですか。

お礼日時:2001/06/13 12:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和軽薄体またはABC文体

前に1回だけ「昭和軽薄体」について書かれたエッセイをみて、気になっています。
(そのエッセイはたぶん南しんぼうさんが書いたものだったと思います)
そういえば、昔読んでいた本は軽薄な文体で書かれていたような気がしますが、
具体的な書名が浮かびません。
「これぞ昭和軽薄体!」と呼べるようなものがあれば教えていただきたいと思います。
それと、原田宗典さんは一時期、かる~い文体で書かれていたと思いますが、
それも昭和軽薄体と呼ぶのでしょうか。

Aベストアンサー

手元の資料がどうしても見つからないので、記憶での回答になります。

たしか、椎名誠の著作の中において、自ら提唱していたのが「昭和軽薄体」です。
「さらば国分寺書店のオババ」「気分はだぼだぼソース」「かつをぶしの時代なのだ」「赤眼評論」が該当する作品であったはずです。
その後の作品でさらば昭和軽薄体、とこれまた自分で書いていました。

ちょっと繰り返しになりますが、昭和軽薄体は自称した概念ですので、この名に当てはまるのは上の4作品だけだと思います。
ただ、現象として、当時軽薄な文体が流行ったのも事実のようですね。
ご参考までに。

Q野ブタ。をプロデュースの著者

僕は昔ドラマで野ブタ。をプロデュースを観て
小説を買って読んで好きになって
著者の白岩玄さんの他の小説も読んで見たいと思ったのですが
Wikipediaで調べてみたら野ブタ。をプロデュースを出してから
何年か何も作品を出していないようなのですか
白岩玄さんは今何か作品を書いているのでしょうか?
それとも
もう小説は書いていないのでしょうか?
何でもいいので白岩玄さんについてのその後を教えて欲しいです。

Aベストアンサー

「文藝」2008年冬季号に掲載された「空に唄う」という作品が、2月に発売予定です。

空に唄う
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309019116

Q「タイトル」「著者」ともにわかりません・・・

とても無理難題な質問だと思いますが・・・

先日本屋で文庫本を買おうと色々見ていたのですが
あらすじだけ読んで「後でまた見よう・・・」と思ったまま
別の本を見て回っていたんです。
で、一通り一周し終えると、すっかり誰の何という本か
忘れてしまっていて。。。(-_-;)

憶えているあらすじは
「僕の働いているコンビニでよくm&mを万引きしていく女性がいて、その人を勝手にM子さんと呼んでいて・・・」
みたいな感じでした。。

こんなヒントですが、わかる方がいらしたらお答えお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。

これでは?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043743017/249-6064071-2826727

Q著者・出版社を教えて下さい

小説「おおいなる野望」の著者・出版社など教えて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

これでしょうか。
>大いなる野望 / 豊田行二/著
>青樹社


http://search.shopping.yahoo.co.jp/books_search?r=books&p=%C2%E7%A4%A4%A4%CA%A4%EB%CC%EE%CB%BE&f=0

Q本の題名・著者を教えてください

昔どこかの国語の入試の過去問題か問題集か何かでみた記憶があるんですが、本からの出題だったと思います。題名・著者名を知っている方がいたら教えていただきたいです。

内容は、手の奇形か何かで指のない娘(?)が生まれた話で、そのお父さんが書いたものだったと思います。娘が大きくなって指のことを聞かれたら、「子どもが生まれるときに神様が頑張ってねって順番に握手するんだけど、神様はあなたのことがお気に入りだったから、他の子より強く長く握手しちゃったんだよ。」と言おうと思う。とかいう感じの文だった気がします。何年も前に読んだものなので、記憶があいまいなんですが、ご存知の方がいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

男性の著者ですか?
野辺 明子さんの「さっちゃんの魔法の手」
か、「魔法の手の子供たち(先天異常)を生きる」
ならあるんですけど・・・・


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報