日本語の文法には、自発動詞・可能動詞・受け身動詞、また自発・可能・受け身の意味の助動詞がありますが、それらの見分け方と使い方に混乱しています。
「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」という文の「考えられる」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。
また「その場面は、昨日のことのように思い出された」という文の「思い出された」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。

質問者からの補足コメント

  • 後日このスレを見る方のためにコメントします。
    十分には頭が整理できないままあのようなお礼を書いてしまいましたが、よく見るとNo.3では『受け身動詞』については述べられていませんでした。
    その後別のサイトでも質問してみましたが、そもそも外国人に対する日本語教育では文法用語も完全には統一されていないどころか、「助動詞」の概念を用いない方式(?)さえもあるのだそうです。『受け身動詞』とはその場合に使用される文法用語であって、国文法では使用しないものだとのことでした。ただしNo.4さんが述べておられる内容も、動詞の分析・種別という意味では有効なもののようです。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/14 01:30

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。


『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(「気が置けない」)
沸かす→沸く(「風呂が沸く」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_ …
『可能動詞』
⇒【現代日本語(共通語)において五段活用の動詞を下一段活用の動詞に変化させたもので、可能(行為をすることができること)の意味を表現する。「書く」に対する「書ける」、「打つ」に対する「打てる」の類をいう。】
例:
会う・買う・扱う→ 会える・買える・扱える
行く・書く・歩く→ 行ける・書ける・歩ける
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD% …
--------------------------------------------------------------------------

1.「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
:
上にお示ししたウィキの定義から考えるに、「考える」は五段動詞ではないので可能動詞ではない。
また、「主観的な考え・感覚などを示す動詞」と言えるから、下一段動詞の未然形「考え」+助動詞「られる」 の組み合わせと考えて良さそう。
むろん、五段活用動詞であれば 未然形+助動詞は「れる」。
以上は、動詞か助動詞かの見分け方のひとつに(とりあえずは)なるように思います。
次に問題になるのは使い方(用法)ですが、これは、シチュエーション次第ですべての可能性があると言わざるを得ません。
我々が実際に遭遇する頻度の高い(と私が思う)順にならべてみました。(厳密な区別ではありませんが())
・可能⇒「その問題に対しては、(可能性として)さまざまな答えがあると考えられる」
・自発⇒「(誰もが知っていることだが、)その問題に対しては、(自ずと)さまざまな答えがあると考えられる」
・受身⇒「その問題に対しては、(大勢の人々から)さまざまな答えがあると考えられる」
・尊敬⇒「(専務はひとつの答えしかないと考えるようですが、社長は、)その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
受身の場合は、「その問題は」とするほうが文として違和感がなくなるでしょう。
尊敬の場合は、「考えられている」「考えておられる」などとするほうが自然な文になるかと思います。

2.「その場面は、昨日のことのように思い出された」

こちらも助動詞で、理屈は1とほぼ同じです。
頻度の高い(と思う)順に並べてみます。
・自発⇒「その場面は、昨日のことのように(自然に)思い出された」
・受身⇒「その場面は、昨日のことのように(わたしの頭の中で)思い出された」
・可能⇒「その場面は、昨日のことのように思い出せた」と可能動詞を使うのが自然でしょう。
助動詞で可能を表わす場合、「その場面は、昨日のことのように思い出される」と現在形にする必要があると思います。むろん、「思い出せる」とすることもできる。
・尊敬⇒「あの場面はなかなか思い出せないようでしたが、その場面は、昨日のことのように思い出された」
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本格的で納得できるご回答、ありがとうございました。
確かにシチュエーション次第で意味が左右される場合がありますよね。
私の頭の中でも、そのあたりのことがひっかかっていましたが、問題が浮き彫りにされた感じです。
自発動詞・可能動詞・受け身動詞と自発・可能・受け身の意味の助動詞の、すべてについてご説明いただきましてありがとうございました。

お礼日時:2015/03/07 18:33

見分け方はありません。


日本語の感性の有無によります。
考えられる、考えることが可能=可能。
思いだされた、自発、可能、受け身、いずれでも解釈可能です。
場面は、された=受け身。
思い出す、された=可能、自発
思い出す=自発
思い出せる=可能
思い出される=自発および可能
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
やはりシチュエーションとか前後関係にも左右され得るようですね。

お礼日時:2015/03/08 18:44

「可能動詞」はほぼ共通認識としてその存在が認められています。

(ただし、「起きれる」「寝れる」「来れる」などは、いわゆる「ら抜き言葉」として否定する立場と、認めようとする立場に分かれます)すでに回答が出ているのでこれ以上触れません。
 「自発動詞」については「Wikipedia」に書かれているのをNo.3の方が紹介されていますが、この内容には、少し疑念を抱いています。言えるのは「日本文法大辞典」で紹介されている「自発的動詞」(自発の助動詞が付いたのと同じような意味を表す「中相動詞」)であり、具体的には「泣ける」「授かる」「……にあずかる」「教わる」「売れる」「くずれる」であるが、これも可能動詞の一部を取り込んでおり、やはり問題はありそうです。
 「受け身動詞」という語はあまり聞きませんが、そういう言葉が出て来る理由は、「生まれる」「恵まれる」というような動詞は、本来「生む+れる」すなわち誰かによって生まれる(産まれる)が言葉の由来であることは容易に分かります。他動詞の受け身形が「産まれる(生まれる)」と一語の動詞を造り、それを「受身動詞」と呼ぶ人があると言うことでしょう。似たような例に「恵まれる」があります。「恵む+れる」という構造は一致しています。このように常時受け身形しか使われない動詞を、特に「受け身動詞」と呼んだのかと思います。

 具体的な質問について書きます。「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」「その場面は、昨日のことのように思い出された」この二つの「られる」「れる」はNo.1の方がおっしゃるように、明らかに「自発」の助動詞です。
 「れる」「られる」は「受け身・自発・可能・尊敬」を表しますが、たとえば「言われる」が常に「受け身・自発・可能・尊敬」を表していると考えることは表現自体を常に曖昧な状態に置いている可能性があります。当然、発言の状況すなわち「場」を重要視しなければなりませんが、それでも時々どちらの意味で使われたのか分からぬ場合があります。
 しかし、だからといって、自発・尊敬・可能・受け身のいずれにも解釈可能ですましているわけにもいきません。その中で使用に限定的なのが「自発」です。「日本文法大辞典」に「自発」の助動詞が続きやすい動詞を三つのグループに分けているが、煩瑣になるので、代表的な動詞をあげておきましょう。
 「思い出される」「案じられる」「しのばれる」「夏の到来が待たれる」「前の失敗が悔やまれる」「残酷な仕打ちが恨まれる」「知られる」「想像される」「推定される」「と説明される」「思われる」「考えられる」「見られる」「判断される」「(故郷の山が)眺められる」「泣けてくる」
 以上がその例ですが、1、「感情がある事物に志向する」2、「ある事物についての認識をえる」3、「思考・判断を表す」などの傾向があります。
 多く、判断文の最後にくる「思われる」「見られる」「考えられる」はほぼ「自発」と考えてよさそうですが、「と言われる」の場合は受け身と考えるべきでしょう。なお、可能動詞の一部「思える」「泣ける」「笑える」などは自発の助動詞と関係なく「自発」を表すことがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
いろいろな人からのご回答を総合して考えると、各文の意味についてはシチュエーションによるところが大きいようですね。

お礼日時:2015/03/08 18:41

> 「考えられる」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。



動詞「考える」+可能の助動詞「られる」 ⇒ 考えることが可能。考えることが出来る。

> 「思い出された」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。

複合動詞「思い出す(思う+出す)」+自発の助動詞「れる」の過去形「れた」
                         ⇒ 無意識(勝手,自然)に思い出した。

助動詞「れる/られる」は、更に「尊敬」もあります(例:先生が来られる)が、これは主語が偉いさんですから、割と判りやすいです。
「受身」も割りと簡単で、動詞「○○する」を「される」「させられる」と言う構造です。

ややこしいのは、「自発」と「可能」の見分け方のみと言っても良いかと思いますが、これも上述の通り、「○○する」のが「可能/出来る」がしっくりくる場合が「可能」で、無意識的な感じが「自発」です。

尚、自発は「思われる」「感じられる」「偲ばれる」など、感覚的,感情的な表現が多いかな?とは思います。

一方で可能動詞は、概ねは助動詞「れる/られる」形とは異なり、「見える」「行ける」「打てる」など、「れ」以外のエ行の語尾になります。(例外もあるのでご注意を。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
#1さんが言われるように、自発とは自分ではそんなつもりが無かったのに、自然とそういう動きが起こることですが、
「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」については、やはり受動の意味だと思うべきでしょうね(#1さんは自発と言っているのが気になりますが)。意味的な面からの解釈も必要なようです。
自発動詞・可能動詞・受け身動詞については、さらに調査してから必要に応じて別の質問とさせていただくことにします。

お礼日時:2015/03/07 16:13

①「考えられる」


 
 「られる」は自発の助動詞です。「考える」は下一段動詞なので「れる」ではなく
 
 「られる」が付きます。

②「思い出された」

  話を分かりやすくするために、「思い出される」で見てみます。この場合の「れる」も

  自発の助動詞です。「思い出す」は五段活用動詞なので、「られる」ではなく「れる」が

  付きます。

自発とは、自分ではそんなつもりが無かったのに、自然とそういう動きがを起こることです。

「亡くなった人のことが、しのばれる」「春が待たれる」の「れる」も、自発の助動詞です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
> 自発とは、自分ではそんなつもりが無かったのに、自然とそういう動きがを起こることです。
改めて言われてみると、その通りですね。ここで自発動詞・可能動詞・受け身動詞(これらの存在、特に自発動詞の存在を否定する説もあるようですが)を考え合わせると、混乱してしまうのです。

お礼日時:2015/03/07 16:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自発変化の方向

圧力、温度が一定として、
ある変化が自発的⇒dG<0ですが、
dG<0⇒その変化は自発変化 というのは成り立つのでしょうか。
成り立たないなら、圧力と温度が一定のとき、ある変化がdG<0だと
その変化は自発的かもしれない、という程度なのでしょうか。

あと、自発変化は不可逆変化ですが、不可逆変化は自発変化といえるのでしょうか?

Aベストアンサー

等温等圧ですとギブスエネルギーが減少する、ということとクラウジウスの非補正熱が増加する(系内でエントロピーが生成する。)ということは同じですから、ギブスエネルギーの減少は自発的変化に対応します。ただし速度は保証しません。水素と酸素を25℃、1気圧で混ぜても水にはなりません。ただ自発的変化の行き着くべきところは圧倒的に水です。
T、P一定で不可逆変化がおこれば、つねにdG<0、つまりギブスエネルギーの減少を伴います。これは自発的に起こる変化です。

Q古文助動詞 自発・可能・受身等の判断の仕方

僕は国語の文法が大の苦手です。
今助動詞をやっていますが何が使役・可能・自発とかが分からなくて困っています。
今の文法の先生は小テストみたいなやつの点数をみんなの前で全員発表させる先生なのでいい加減まじめにやらないとまずいので、識別の仕方を分かりやすく書いてあるHPなどありましたら教えてください。
普通にここで答えてくれたら一番ありがたいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「る・らる」の基本は「受け身」です。「自発」「尊敬」「可能」はその派生義です。
「受身」=「受動態」は「能動態」に変換して解釈すると分かりやすいと思います。

◎受身
「我人に見られけり」(私「ガ」人ニ見ラレタ の意)
 →「人、我を見けり」
 →「誰カガ俺ヲ見タ」
 →「俺、誰カニ見ラレタヨ」

「親も時として子に教へらる」
 →「子も時として親を教ふ」
 →「時ニハ子供ガ親ヲ説教スルコトテダッテアルサ」

「舅にほめらるる婿」
 →「婿をほむる舅」

◎自発
「昔のこと思ひ出でらる」(昔のこと「ガ」(私ニヨッテ)思イ出サレル、の意)
 →「我、昔のことを思ひ出づ」

なお、「自然と~する」という解釈のしかたをすると、どんな動作でも自発に思われてきます。
「婿は好人物だったので誰からも自然とほめられて……」は「自発」ではありません。
「私はその時、(昔のことを思い出そうとしたわけではないのに)、昔の事が思い出されて……」
と( )を補って解釈できれば「自発」です。

「風の音にぞ驚かれぬる」 (目を覚ます(おどろく)つもりはなかったのだけれど)風の音に目が覚めました。)

なお「自発」は受身文で、主語は人ではない事が多いので、敬語表現はおおげさになりません。
「思ひ出でられ給ふ」「思ひ出でさせられ給ふ」ではなくて
「おぼし出でらる」「おぼし召し出でらる」となります 

◎自発の否定表現
自発は
「私はその時、(PをQしようとしたわけではないのに)、PがQされて……」
という表現ですが、自発の否定表現は
「私はその時、(PをQしようとしたのに、結局)、PがQされることなく……」
となります。

「ものも言はれざりけり」(私は(言おうとしたのに結局)ものも言えませんでした)
「文字も書かれず」(私は(なんとか書こうとしたんですが)少しの文字も書けませんでした)

つまり自発の否定表現とは不可能表現のことです。
「る・らる」が否定を伴わないで「可能」の助動詞として使われるのは室町時代以後です。
「古文」の授業の時には「自発の肯定表現」を「自発」、
「自発の否定表現」を「(打消しをともなった)可能」
と答えておくのが「生徒の知恵」です。

◎尊敬
尊敬表現は動作主体を直接示さない表現から発達します。

「大納言、詠まれけり」は
 「大納言、歌を詠みけり」
→「(歌)、大納言(に)詠まれけり」
です。「る・らる」で表現される尊敬はさほど高い尊敬ではありません。

「参られけり」は「参る」が「身分低い者が身分の高い人のもとへ移動する」
という謙譲語で、「大将」よりはもっと身分の高い人がかかわっていて、
(しかも文面には現れない、)それで「大将」に対する敬語は「る・らる」程度に
とどまっています。

「仰せられし」は「おほす」が「高位者が低位者に命令を発して何かをさせる」
→「高位者が低位者に何かを言う」という意味なので「言う」の尊敬表現となっています。
それにさらに「る・らる」が加わっています。

◎まとめ
古文で「る・らる」が出てきたら、まずその動作表現(動詞未然形)を能動態にして、
その主語・目的語が何であるかを見極めてください。それが分かれば、その状況を
自分の言葉で表現出来ます(機械的な逐語訳をせずに)。

「る・らる」の基本は「受け身」です。「自発」「尊敬」「可能」はその派生義です。
「受身」=「受動態」は「能動態」に変換して解釈すると分かりやすいと思います。

◎受身
「我人に見られけり」(私「ガ」人ニ見ラレタ の意)
 →「人、我を見けり」
 →「誰カガ俺ヲ見タ」
 →「俺、誰カニ見ラレタヨ」

「親も時として子に教へらる」
 →「子も時として親を教ふ」
 →「時ニハ子供ガ親ヲ説教スルコトテダッテアルサ」

「舅にほめらるる婿」
 →「婿をほむる舅」

◎自発
「昔のこと思ひ出で...続きを読む

Qられるの使い方

よく、ら抜けとか言いますけど、られるの使い方がよくわからないので教えてください。

られるって、可能と受動がありますけど、同じられるをどうやって区別したらいいんですか?

例えば、「かにを食べられる」と言ったとき、食べる事が出来るのか、誰かに食べられてしまったのか?

文脈を見ればわかる事もありますが、単に「かにを食べられる」とだけ書いてあってどうやって判断するんですか?

可能の時だけ、れるにした方がわかりやすいような気がするんですが、どうなんでしょう。

Aベストアンサー

日本語教師をしていますが、今のところ標準日本語では、ら抜きの可能形を認めていないので、可能か受身か尊敬かは、文脈次第であるという教えかたをしますが、実際、どれか判断できない学習者はめったにいないようです。外国人でもそうですから、まして日本人同士の会話では大抵、判断がつくのではないでしょうか。もちろん、ケースとしては少ないにせよ、紛らわしい場合もありますから、上一段・下一段動詞も、五段活用動詞が既にそうであるように、可能だけが他と異なる形式になっていくのが大きな趨勢だろうと思います。
なお、3番の方は「受身の解釈はありえない」とお考えのようですけれども、質問者のおっしゃるように「(大事な)かにを(誰かに)食べられる」という解釈もありえますね。
余談ですが、ジャーナリストの本多勝一氏が「(本多氏の出身地の)伊那地方方言では、もともと可能の意味では『かにを食べれる』としか言わない」とし、ら抜き論争そのものへの違和感を述べています。

Q【古典文法】 動詞+使役の助動詞/使役動詞

表題の通り、古典文法の品詞分解の問題で、
動詞+使役の助動詞の場合と、1単語の使役動詞である場合の区別についての質問です。

学校で学ぶ古典文法の範囲では、
使役の助動詞「す」は、四段ナ変ラ変動詞の未然形に接続し、
「さす」は、それ以外の動詞の未然形に接続するというルールがあります。

したがって、
「見す」「着す」の場合は、「見/さす」「着/さす」との比較で、前者は1単語の動詞、後者は動詞+助動詞と判断しなければならないのはわかります。

しかし、
「驚かす」「騒がす」「散らす」「悩ます」の場合は、
上記接続のルールだけ考えれば、四段活用の未然形+助動詞と考えて不都合は生じません。
それなのに、
辞書ではそれぞれ1単語の動詞と説明されています。

それならば、
「養は/す」「泣か/す」などの場合も、1単語の動詞と判断しない根拠はどういうことなのでしょうか?

意味の面に踏み込んで考えるべき問題だろうと思いはするのですが、
考えがまとまりません。

ご存じの方、推測でもよいのでアイデアのある方、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

納得いかない類のものは、元々存在した言葉で、規則正しいものは~させるといった形で言うために(「規則」に則って)作った言葉なのでは?つまり当て字が読めないのと同じ悩みではないでしょうか?

Q自発的対称性の破れについて。

 ずっと思ってたんですけど『自発的対称性の破れ』って日本語的の文法的におかしいですよね。

 これを直訳したら〝自発的対称性が破れた〟って意味になってしまいますけど、実際には〝自発的に対称性が破れた〟わけですよね?

 何でこんな書き方なんですか?
〝自発的対称性破れ〟ならまだ分かるんですけど……。

 まさか英語をそのまま直訳したらこうなった――とか我らがゆとり世代みたいな理由のはずはないだろうし……。

 詳しい方がおられましたら、ぜひ教えて下さい。よろしくお願いします!

 

 

Aベストアンサー

 すいません・・・、読んでみたら、すごく面白かったです。

 自分は#3さんと同意見なんですが、「自発的対称性の破れ」を、定義を曖昧にして広く考えてみると、じつは降雨や降雪もそうなんですよ。

 雨雲や雪雲は、水蒸気が凝結した水滴の粒つぶや、水滴が氷結した雪結晶の粒つぶが、互いの微妙な分子間力のバランスで散在しながら、上昇気流の圧力も受けて、微妙にバランスを保ちながらフワフワと浮いている状態です。この「微妙にバランスを保ちながら」が、対称性です。

 ところが雨雲や雪雲の中に、塵芥の類が一粒でもあると(自動車の排気ガスの欠片?)、欠片に水滴や雪結晶は「吸着されて重くなりバランスが崩れて」、雨や雪となって地上に降り注ぎます。これを「自発的な、対称性の破れ」といい、別名「相転移」とも言います(←ほんとか?・・・(^^;))。

 自発的というのは、「人間が手を加えてないよ」という意味です。


>確かにこういう呼び方もありますよね。でも主流は自発的対称性の破れなんですよねぇ……結局は格好良いからからかな?

 ・・・激しく同意します!(^^)。

>それとも語感がいいからなのですかね……

 ・・・激しく激しく同意します!(^^)。


 結局、物理屋も数学屋も工学屋も(理数系は)、あんまり国語の事など考慮してないんですよ・・・(^^;)。

 どうか、怒られませんように・・・(^^;)。

 すいません・・・、読んでみたら、すごく面白かったです。

 自分は#3さんと同意見なんですが、「自発的対称性の破れ」を、定義を曖昧にして広く考えてみると、じつは降雨や降雪もそうなんですよ。

 雨雲や雪雲は、水蒸気が凝結した水滴の粒つぶや、水滴が氷結した雪結晶の粒つぶが、互いの微妙な分子間力のバランスで散在しながら、上昇気流の圧力も受けて、微妙にバランスを保ちながらフワフワと浮いている状態です。この「微妙にバランスを保ちながら」が、対称性です。

 ところが雨雲や雪雲の中に、塵...続きを読む

Q【日本語】日本語の「語彙」とはどういう意味でしょう? 語彙動詞は何ですか?

【日本語】日本語の「語彙」とはどういう意味でしょう?

語彙動詞は何ですか?

Aベストアンサー

「語彙」で検索すればいくらでも説明が出てきますが、「ある一つの言語体系で用いられる単語の総体」です。 「語彙動詞」も同じく検索すればすぐわかりますが、「自動詞と他動詞の総称」です。

Q彼女は若く見られる。の「られる」

この「られる」は受け身を表わしているものなのでしょうか? それならば、この文の受け身ではない形、能動はどう言えばいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もともと「彼女は(誰かから)若く見られる」という意味なので
能動は()内の省略部分を適当に補って
「みんなは彼女を(実年齢より)若く見る」などとすればよいでしょう。

受身かどうか?
助動詞の「られる」には受身・可能・自発・尊敬とありますね。

それぞれ極端に意訳してみると
可能ならば「彼女は誰かを若く見ることが出来る」文意が違いますね×。
自発ならば「彼女は自然と若く見えてきてしまう状態になる」ありえません×。
尊敬ならば「彼女は何かを若くご覧になる」文意が違いますね×。

消去法でも受身です。

受身かどうか考える時は「~することをされる」と
意訳して考えると良いでしょう。
この場合「見ることをされる」で、意味が通じます。

Q日本語の文法「しかない」の前に、動詞の否定を使うことができますか?

日本語を勉強している外国人です。
学校の先生は「しかないの前に、動詞の否定を使うのは間違いだ」と言いました。
でも日本のサイトで見ました。
「食べないしかない」とか、「見ないしかない」とか、いったいどういうことでしょうか。

Aベストアンサー

「しかない」の前に、動詞の否定形を使うのもあります。
ただし、ここに、隠れている言葉があります。
たとえば、
「食べないしかない。」
は、厳密に言うと、
「食べない(方法、または、やり方)しかない。」
と、( )の部分が隠されているのです。
つまり、正しくは、
「食べない方法しかない。」「食べないという方法しかない。」
「食べないやり方しかない。」「食べないというやり方しかない。」
です。
会話の中で、何の話をしているのか、お互いが了承済みの場合は、( )の部分を抜かし、
「食べないしかない。」
と、なる訳です。
学校の先生は、正しい日本語として基本的には、という事で、「間違い」と言ったのでしょう。

Q自発動詞・可能動詞・受け身動詞と自発・可能・受け身の意味の助動詞

日本語の文法には、自発動詞・可能動詞・受け身動詞、また自発・可能・受け身の意味の助動詞がありますが、それらの見分け方と使い方に混乱しています。
「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」という文の「考えられる」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。
また「その場面は、昨日のことのように思い出された」という文の「思い出された」は、どんな文法でどんな意味でしょうか。

Aベストアンサー

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(「気が置けない」)
沸かす→沸く(「風呂が沸く」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_%28%E6%96%87%E6%B3%95%29
『可能動詞』
⇒【現代日本語(共通語)において五段活用の動詞を下一段活用の動詞に変化させたもので、可能(行為をすることができること)の意味を表現する。「書く」に対する「書ける」、「打つ」に対する「打てる」の類をいう。】
例:
会う・買う・扱う→ 会える・買える・扱える
行く・書く・歩く→ 行ける・書ける・歩ける
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%83%BD%E5%8B%95%E8%A9%9E
--------------------------------------------------------------------------

1.「その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
:
上にお示ししたウィキの定義から考えるに、「考える」は五段動詞ではないので可能動詞ではない。
また、「主観的な考え・感覚などを示す動詞」と言えるから、下一段動詞の未然形「考え」+助動詞「られる」 の組み合わせと考えて良さそう。
むろん、五段活用動詞であれば 未然形+助動詞は「れる」。
以上は、動詞か助動詞かの見分け方のひとつに(とりあえずは)なるように思います。
次に問題になるのは使い方(用法)ですが、これは、シチュエーション次第ですべての可能性があると言わざるを得ません。
我々が実際に遭遇する頻度の高い(と私が思う)順にならべてみました。(厳密な区別ではありませんが())
・可能⇒「その問題に対しては、(可能性として)さまざまな答えがあると考えられる」
・自発⇒「(誰もが知っていることだが、)その問題に対しては、(自ずと)さまざまな答えがあると考えられる」
・受身⇒「その問題に対しては、(大勢の人々から)さまざまな答えがあると考えられる」
・尊敬⇒「(専務はひとつの答えしかないと考えるようですが、社長は、)その問題に対しては、さまざまな答えがあると考えられる」
受身の場合は、「その問題は」とするほうが文として違和感がなくなるでしょう。
尊敬の場合は、「考えられている」「考えておられる」などとするほうが自然な文になるかと思います。

2.「その場面は、昨日のことのように思い出された」

こちらも助動詞で、理屈は1とほぼ同じです。
頻度の高い(と思う)順に並べてみます。
・自発⇒「その場面は、昨日のことのように(自然に)思い出された」
・受身⇒「その場面は、昨日のことのように(わたしの頭の中で)思い出された」
・可能⇒「その場面は、昨日のことのように思い出せた」と可能動詞を使うのが自然でしょう。
助動詞で可能を表わす場合、「その場面は、昨日のことのように思い出される」と現在形にする必要があると思います。むろん、「思い出せる」とすることもできる。
・尊敬⇒「あの場面はなかなか思い出せないようでしたが、その場面は、昨日のことのように思い出された」

最初に、ウィキより要点のみ抜粋してみます。
『自発の助動詞』
⇒【動詞の未然形に助動詞「(ら)れる」をつける方法は、特に主観的な考え・感覚などを示す動詞に用いられる。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%99%BA_(%E6%96%87%E6%B3%95)#.E8.87.AA.E7.99.BA.E5.8B.95.E8.A9.9E
『自発動詞』
⇒【動作主は重要でなく(もしくは不明で)、それよりも被動者を強調したい場合に、活用形式を変えて自動詞化(脱使役化)したものが用いられる。】
例:
建てる→建つ
掛ける→掛かる
置く→置ける(...続きを読む

Q可能動詞に助動詞の可能「れる」はつけれますか?

「解ける」は「解く」の可能動詞ですよね。そしてこれに可能の助動詞を付けて、「解けられる」や「解けれる」という事は出来ますか?

Aベストアンサー

ちょっとわかりにくい話になりますので、もう一度説明します。
A.ネクタイの結び目が解ける。(結んでいた髪が解けてしまって垂れさがる)
 この場合は自動詞の「解ける」です。自然に解けるの意味。
B.難しい問題が、やっと解けた。(このクイズが解けるか)
 この場合は「解く」という他動詞の可能動詞です。解くことが出来るの意味。
このA.B.とも、「が」に続くため余計混同しやすくなります。Aの「が」は「解ける」の主格を表します。B.の場合の「が」は「解ける」(可能動詞)の対象を表します。

 「可能動詞」に更に「可能の助動詞」(「れる」「られる」)を重ねてつけることはまずあり得ません。
 一方の自動詞の「解ける」という自動詞に「可能の助動詞」がつくこともあり得ません。「自動詞」でも「歩く」のようなものには「れる」がつくことはあります。(例「歩かれる」、ただし「歩ける」と可能動詞にするのが普通)
 説明しながらも、「ややこしいなあ」と思っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング