痔になりやすい生活習慣とは?

尖閣諸島の現時点の状況は、どうなのでしょうか?あれほど毎日、毎日領海侵犯を繰り替えされ、その都度ニュースになっていましたが、最近は当方も見落としているのかも知れませんが、話題にもなりません。一部には、今や尖閣諸島に近付けないとも聞きましたが、当方は対峙しているるの、一向に状況に変化無しと思ってましたが、"今や近付けない"とは、以前より悪化しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

昨日検索したニュースの結果です。



2014年は前年にくらべて、中国公船の日本領海侵犯が少なくなっている。
2015年は2月15日現在で6回、中国公船による領海侵犯があった。

ということです。

いろんな人がいろいろなことを書きますが、日本は海保、中国は海警などの公船であれば、こう着状態であるといえるでしょう。
中国の公船は、大体2時間ぐらい領海侵犯して帰っていくのが常であるようです。

南シナ海の動きをみると、中国人民軍が堂々と行動しているのが分かります。公船ではなく軍艦により行動であり、これは直接的な領土拡張行為ですし、戦争になってもおかしくない有事であるといえます。

しかし、日本の場合は中国側の軍艦がでてくることはなく、自衛隊機が尖閣周辺を監視していますので、今のところは日本有利であり、制海権も制空権も握っている、といえるでしょう。

このバランスを崩す動きが出れば、状況悪化と言えると思いますが、いまのところはそうではなさそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。わざわざ申し訳ありません。一進一退ですと、まだ安心ですね。今後、有利に展開していきそうですし。

お礼日時:2015/03/09 18:27

数年前の尖閣諸島の問題は、民主党政権を甘くみた中国の策謀だったのです。


自民党政権に戻ったら、中国は諦めたのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ナメられてましたしね。鳩山が、再三中国へ行くのは、謝罪しているのかも知れません。

お礼日時:2015/03/09 18:30

相変わらず中国の海洋監視船が貼り付いて居るでしょうね。


領海内侵入も繰り返しているでしょうが、コレと言って新しい動きが無いのでニュースにもならないだけでしょう。
強かな中国ですから、ニュースにもならなくなる程日常的な事となれば、見事に中国側の狙いに嵌っているとも言えます。
一歩進んではその状態をしばらく維持するの繰り返しで徐々に堀を埋めていく戦略。
それによって気付いた時には中国側の管理下に落とされてしまう。
南沙諸島や西沙諸島での周辺国の反応を学習していますから、尖閣諸島に関してはアメリカも考慮して慎重な作戦を
行っているかと思われます。
ただ、中国の軍部は中国共産党の私的軍隊ですし、昨今政治的発言も目立ってきているので中央の意図とは別に
業を煮やして暴走気味に尖閣諸島奪取に動く危険性は残って居ますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。どうやら進展はしていないようで、安心しました。

お礼日時:2015/03/09 18:31

状況に特段の変化はありませんね



ニュースになる様な目新しいのはなく、時々出たり入ったりするのが何隻か
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/09 18:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尖閣諸島は今どうなっているのですか?

あまりニュースで見なくなってきましたが、まだ中国船が入ったり入らなかったり状況は変わってないのでしょうか?

Aベストアンサー

相変わらず海洋監視船がウロウロしているみたいですね。
日本の領海内に入ろうが公船の場合は領海侵犯扱いされない様ですから、それをイイ事に挑発し続けている。
自分らの行為を正当化する為に、日本側の勇み足を待って居る状態でしょう。
次のステップは中国漁船を守ると言う理由を付けて、中国漁船と共に海洋監視船の数を増やして挑発してくるでしょうね。
その中国漁船も乗っているのが漁民なのか中国共産党軍兵士なのか中国マフィアなのか!?
このキッカケは売国党が政権を執っていた時に起きた海上保安庁の巡視船への中国漁船体当たり事件。
あっさり船長を帰してしまいましたしね。
その船長は帰国して英雄扱いでしょう。
世界の笑いものになる汚点の残る前例をクズ菅政権は作ってしまいましたから、これから大変ですよ。


人気Q&Aランキング