酸化マグネシウムの融点は2852℃ですが、これはどうしてこんなに融点が高いのでしょうか。イオン結晶だと思うのですが、よりイオン結合の強そうな弗化マグネシウムよりも高い融点を持つ意味がわかりません。恐らく結晶構造が関係してるのではないかと思うのですが、岩塩型は安定、ルチル型は不安定などの決まりがあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Fajansの規則というものによるとイオン化合物中で


電荷の増加は共有結合性の増加をもたらすそうです。

もしも、共有結合が融解したあとも液体状態で保たれるなら、
比較的低い融点を示すそうです。ハロゲン化カリウム(融点約800℃)と
ハロゲン化銀(同450℃)の比較が、例としてあげられます。

理論上もっとも高融点のものは・・・

・イオンの価数が大きい。
・共有結合性が小さい。

このような性質をもつものだと思いますが、
この二つは Fajansの規則によると相反する
可能性がありますので、一概に決定することが
難しいと思います。

以上、簡単に教科書から抜粋してみましたが、
「自信なし」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんとなく分かったような気がします。わざわざ、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/17 23:48

酸化マグネシウム


(-II)-(+II)

フッ化マグネシウム
(-I)-(+II)

陰イオンの価数の違いが一番影響していると思います。
「イオン結合の強い」という表現でなにをおっしゃりたいのかが
はっきりしませんが、一般に静電相互作用はイオンの
電荷の絶対値が大きいほど強く働きます。

結晶構造による違いは、ルチル型と岩塩型を両方とる
化合物が存在する可能性がないので、比較できないと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。
>「イオン結合の強い」という表現でなにをおっしゃりたいのかが
>はっきりしませんが、

フッ素は電気陰性度が強いので分子間でもっとも強く結合するのではないかと思ってました。
>一般に静電相互作用はイオンの
>電荷の絶対値が大きいほど強く働きます。
大変申し訳ありませんが、理論上もっとも融点の高くなる組み合わせはどんな物なのか、ご教授くださいませんか。
かつて、教養の無機化学で習ったことなのかもしれないのですが・・・。

補足日時:2001/06/13 23:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学基礎】 イオン結晶の性質で、 融点が高いものが多い・水に溶けやすいものが多い とあるんですが、

【化学基礎】
イオン結晶の性質で、 融点が高いものが多い・水に溶けやすいものが多い とあるんですが、融点が高いのに水に溶けやすいのですか?

教えて下さい!!

Aベストアンサー

>融点が高いのに水に溶けやすいのですか?
という疑問が生まれると言うことは、融点が高ければ水に溶けにくいのではないか、と思っているのですね。
しかし、融点の高さと水への溶けやすさはほとんど関係がありません。

Q分子結晶とイオン結晶の区別について

高校化学です。

固体状態において以下の物質についてイオン結晶・分子結晶の分類をお願いします。
もし、高校生にわかる解説があるようでしたら、よろしくお願いいたします。

塩化水素
硫化水素
フッ化水素

価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶だと習ったのですが、上記の物質についても固体にした場合はイオン結晶でよいのでしょうか。たとえば、塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすいのですが、上記の物質についてはどのように考えればよいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになるので、水素の原子核が剥き出しになるからです。電子殻に包まれていない剥き出しの原子核、というものは非常に不安定なので、(高校化学の範囲内では)固体中に水素の陽イオンH+を含むものは、ありません。

水溶液中で水素イオンH+と呼ばれているものは、剥き出しの原子核ではなく、じつはH3O+(あるいはH3O+にH2Oが配位したもの)である、ということを高校化学で習うと思います。それと同じ理屈です。

> 塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすい

高校化学の範囲内では、常温常圧で気体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、どれも分子結晶になると考えていいです。

高校化学の範囲内では、常温常圧で液体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、たいていの場合、分子結晶になると考えていいはずです。こちらはちょっと自信がないので、学校や塾などで先生に確認してください。なお常温常圧で液体の単体には、常圧下で冷却して結晶にすると金属結晶になるものがあるので、注意してください。

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになる...続きを読む

Qマグネシウム合金(AZ31)の融点図

マグネシウム合金(AZ31)の融点図を確認できるサイトを探しています。
ご存知の方がいれば、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この付近が参考になりませんでしょうか。

        ↓

参考URL:http://www.aist.go.jp/NIRIN/Dept/zai-pro/kinouzairyou/index.html#300

Qマグネシウム合金(AZ31)の融点と蒸気圧

マグネシウム合金(AZ31)の融点と蒸気圧を
教えてください。
純マグネシウムは融点650℃、蒸気圧367Pa
のようですが、AZ31はどのぐらいになるのか
教えて欲しいのです。
真空中での焼結を考えています。

Aベストアンサー

蒸気圧はよくわかんないんですが、実験ノートを見る限り、融点は532℃ですね。
合金だと蒸気圧は下がるから…350くらいなのかなぁ?
JIS規格見たほうがいいかもしれないですね。

Qイオン結合と共有結合の融点

NaFとSiF4とClFのうち融点が最も高いものを教えてください。
またその理由を教えてください。
融点は原子同士の結合の強さで決まり、一般的に、共有結合の強さ>イオン結合の強さなので、SiF4かClFかと思ったのですが、答えはNaFでした。

Aベストアンサー

>融点は原子同士の結合の強さで決まり、

違います。物質を(直接)作る粒子同士の結合の強さというところでしょうか。

>一般的に、共有結合の強さ>イオン結合の強さなので、SiF4かClFかと思ったのですが、答えはNaFでした。

SiF4、ClFは分子性物質です。イオン結合の強さ>分子間力の強さですね。

SiO2と一緒にしてませんか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報