『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

1985年前後ではないかと思いますが、火曜サスペンス劇場で、ファミコンをしている少年がいて、(スーパーマリオかドラゴンクエストのようなゲーム)、ゲームの世界になぜだか閉じ込められてしまい、ゲームのキャラクター同様、何度も死んでしまう苦痛を味わうという怖い話の回があったのですが、題名かなにかわかる方いらしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ファミコンを題材にしたドラマとは面白い、と思って調べてみました。


1986年に木曜ゴールデンドラマでそういった回があったそうです。
タイトルは「恐怖 子供たちが消えた!」。
登場したゲームは「ゼルダの伝説」だったとか。
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-22992

mixiの「ゼルダの伝説の実写ドラマ」というトピックにあらすじがありました。
子供たちがファミコンの世界に閉じ込められてしまい、
ゲームをしたこともない母親がクリアを目指して奮闘する…というものだったそうです。

曜日が違いますし、子供が何度も死ぬ恐怖を味わうかどうかはわからなかったので
違うドラマの可能性もありますが…参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

散々検索しても分からなかったですが、ここでお聞きして良かったです。まずこれだと思います。
幼い頃、眠る直前に見たこの怖いドラマがずっと気になっていました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2015/03/08 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング