アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

社長が一時的にポケットマネーから経費を使った後、期をまたいで会社から返金があった場合は貸借対照表の現金がマイナスになってもおかしくはいでしょうか?
勘定科目は「未払金」で処理しています。


2/28日決算として、
2/28日に社長の財布から経費支出「未払金」、
3/1日に会社から返金といった具合です。

※28日時点で現金0と仮定した場合。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>勘定科目は「未払金」で処理しています。



いつの時点での「未払金」で、またどういう処理なのか不明ですが
一例として
2月14日 交際費 10,000 未払金 10,000

・上記未払金を社長が立て替えたときの仕訳を
  2月28日 未払金 10,000 現金 10,000

 としているようだと現金がマイナスになってもおかしくありません。しかし期中ならいざ知らず期末で現金のマイナスは全く不適切ですから、一案としては「未払金」を複数の補助科目で管理して

・お客さんとの飲み代をツケにした
2月14日 交際費 10,000 (会社の)未払金 10,000

・上記のツケを社長のポケットマネーで支払った
2月28日 (会社の)未払金 10,000 (社長への)未払金 10,000

・社長へ返金した
3月1日 (社長への)未払金 10,000 普通預金 10,000

などのように処理してください。期末で0の現金から社長へ現金で返金することは不可能なので「振り込み」か「現金を引き出す」ことが必要になります。それとも、「実際は現金はあるが帳簿上だけ0になっている」のであれば、その辺の見直しも必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に説明いただいてありがとうございました!とても参考になりました!

お礼日時:2015/03/09 00:29

マイナスというのはありえません。



社長のポケットマネーで支払うという行為は、法人から見ると社長に建て替えてもらった、または、社長から借り入れて支払ったと考えるべきです。

お財布の中身がマイナスということはありえませんからね。
社長が社長の現金で支払っても、会社の現金ではないのですからね。

後日その未払金等を生産するに当たり、法人の現金が減るのです。
    • good
    • 0

現金の残高がマイナス、というのは会計の原則に反します。



・2/28日、社長がポケットマネーからタクシー代2000円を建て替えた。

2/28日付の仕訳
〔借方〕旅費交通費 2,000/〔貸方〕未払金 2,000

・3/1日、会社の経理が現金を社長に渡した。

3/1日付の仕訳
〔借方〕未払金 2,000/〔貸方〕 現金 2,000

このようにすれば、2/28日付の貸借対照表の現金はゼロであり、マイナスにはならないはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸借対照表の現金がマイナスに・・

恐れ入ります。
今年初めての青色申告で、調べてみても分からないのでどうぞ助けてください!

開業時、口座に80万円ほどあったのでそれを資本金として元入金で計上しました。

1/1 普通口座 / 元入金  800000

現金で20万円ほど持っていて、そこから会議費などの経費で使うこともありましたので
3/3 会議費 / 現金  300

と計上していました。

小額だと現金で払うことも多かったのですが
決算を終えた今、現金を資本金としていなかった為か
貸借対照表で【資産の部】の現金がマイナスになっています。
マイナス分の現金を、開業の際の記帳で資本金として
記載しなければならなかったのでしょうか?

またその際の仕訳も教えて下さい。
(決算時も必要であれば併せてお願いします。)

お手数ですが、どうぞご教授お願い致します!
本当に困っています。

Aベストアンサー

>自分の手持ち金はすべて事業用資金に計上しなければならなかったのでしょうか?

全ての手元資金を資本金にする必要はありません。
補足していただいた中の現金/借入金の仕訳で処理していれば問題ありません。

おそらく、預金の払い出しをした時に、現金/預金の仕訳をすべきなのを行っていないために現金がマイナスになっているのだと思います。

Q預金はあるのに現金がマイナス

経理初心者ですので基礎が分かってないまま経理のお手伝いをしており、疑問が出てきたので質問させて頂きます。
自分の仕事とは別に知り合いの会計入力を頼まれており、入力をしております。
自分の仕事の会計入力もしているのですが、会社の預金通帳から現金でおろしてそれを経費として使用しており、
現金が不足の場合は役員借り入れという形で「現金」ではマイナスが出ないのですが、
今お手伝いさせてもらっている会社(有限一期目)は預金通帳からは少額ですが現金でおろしたりしてるのですが、
経費がおろしている以上にあり、ふくれあがっています。
これは会社のお金以外の所からでているという意味になってしまいますか?
現金で銀行からなどの借り入れがない限り「マイナス」の表示になるのはあり得ない事なのでしょうか。

どういう処理をすればよろしいでしょうか。

(マイナスの出た時点で未払金になるのでしょうか・・)
基本も分かっていないので、分かりずらい質問かもしれませんが分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

支払うべき経費は発生しているのに未払ということでしたら、
【借方:経費 貸方:未払金】という処理になります。

その経費を支払ったことになっていて、元帳の現金勘定残高が
マイナスになっているということでしょうか?
しかし、「現金」がマイナスになるということはあり得ませんので、
考えられる可能性としては、例えば社長が何らかの理由でご自身の
財布から会社経費の支払をして会社宛の領収書を受け取り、その
領収書に基づいて【借方:経費 貸方:現金】の記帳をしている
ために現金勘定がマイナスになってしまったということでしょうか。

もしそういうことでしたら、本来は

 現  金 1,000 / 借入金 1,000 (摘要:社長借入)
 ○○費 1,000 / 現  金 1,000

のように処理する必要があります。

会計ソフトでしたら入力取引ごとに残高が表示されるはずですので、
応急措置として「現金残高をマイナスにしてしまう(上記の経費支払)
仕訳」をピックアップしていって、その直前にその支出金額と同額の
社長借入仕訳を入れていくと「現金勘定残高がマイナス」という現象
は解消します。

これは一つの可能性に基づくものですから、根本的には社長などに事情
を説明して原因を突き止め、その原因を解消していくべきと考えます。
「マイナス」の原因が全て社長借入に帰するものとは限りませんので。

こんばんは。

支払うべき経費は発生しているのに未払ということでしたら、
【借方:経費 貸方:未払金】という処理になります。

その経費を支払ったことになっていて、元帳の現金勘定残高が
マイナスになっているということでしょうか?
しかし、「現金」がマイナスになるということはあり得ませんので、
考えられる可能性としては、例えば社長が何らかの理由でご自身の
財布から会社経費の支払をして会社宛の領収書を受け取り、その
領収書に基づいて【借方:経費 貸方:現金】の記帳をしている
...続きを読む

Q【青色申告】残高がマイナスになった現金出納帳

夫が2009年に独立し、個人事業主になりました(雇っている人はおらず、ひとりです)
妻である私は会社員の傍ら、夫の事務所の日々の記帳をやっており、今年2度目の確定申告(青色申告)を迎えます。経理の知識は全くなかったので、2009年度は税理士さんにお願いして全部やっていただきましたが2010年度は頼らず自分でやってみようと経理ソフトと奮闘しています。

しかし、日々の忙しさにかまけて現金出納帳の記帳を怠ってしまい、昨年6月以降は殆ど手をつけられない状態のままでした。年が明けて1月にやっとすべてのレシートや領収証を整理し、現金出納帳、預金出納帳をつけ終わりました。だいたいの入出金状況は把握していたつもりで、毎月給与として現金引き出しを行う際に「だいたいこんなもんだろう」とアバウトに経費用の現金も引き出していたのですが、日々の怠りのせいで、現金出納帳ですべての経費をつけ終わった時見てみると、残高がマイナスになってしまっていたのです…(約8万程です)
つまり、その足りない分は全て夫が個人で立て替えていたことになるのです。もちろん、事業用の預金にお金がないわけではなく、ただ単にさぼっていたせいで、結果的に経費用に引き出した現金が足りなかったのです。
この場合、どうしたらいいのでしょうか?経費用の現金は給与を出す時に、5万ずつとか、適当に出していました。経費は計6回くらい引き出しているのですが、2010年の途中経過でも、現金出納帳の残高はマイナスになっては普通預金から小口現金に移動してプラスになり、またマイナスになってはプラスに…ということを繰り返しています。そうして最終的にはマイナスになってしまったのですが、この場合、残高がマイナスになっているところは、主人が立て替えて払っていた=つまり「事業主借」という仕訳の処理をしないといけないのでしょうか?(旅費交通費など非常に細かく項目数が多いです。)
そうしなければいけない場合、どのように記帳したらよいのでしょうか?
どなたか、アドバイスいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

夫が2009年に独立し、個人事業主になりました(雇っている人はおらず、ひとりです)
妻である私は会社員の傍ら、夫の事務所の日々の記帳をやっており、今年2度目の確定申告(青色申告)を迎えます。経理の知識は全くなかったので、2009年度は税理士さんにお願いして全部やっていただきましたが2010年度は頼らず自分でやってみようと経理ソフトと奮闘しています。

しかし、日々の忙しさにかまけて現金出納帳の記帳を怠ってしまい、昨年6月以降は殆ど手をつけられない状態のままでした。年が明けて1...続きを読む

Aベストアンサー

>雇っている人はおらず、ひとりです…
>毎月給与として現金引き出しを行う際に…

従業員はいないというのに、誰に給与を払うのですか。

>妻である私は会社員の傍ら、夫の事務所の…

専従者給与も無理ですよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>現金出納帳ですべての経費をつけ終わった時見てみると、残高がマイナス…

現金出納帳とは、事業用の財布のことです。
現在高が 0、すなわち財布が空っぽということはあっても、財布の中身がマイナスと言うことはあり得ません。

>その足りない分は全て夫が個人で立て替えていたことになるのです…

「個人で立て替え」って、個人事業である限り、事業用のお金も個人のものであって、団体のものではありませんけど。

>主人が立て替えて払っていた=つまり「事業主借」という仕訳…

立替などでなく、個人事業の正当な処理法です。
【現金 ○○円/事業主借 ○○円】
あるいは
【消耗品費 (ほか適宜科目) ○○円/事業主借 ○○円】

>そうしなければいけない場合、どのように記帳したらよいのでしょうか…

青色申告は毎日記帳しなければなりません。
昨年分はあきらめて白色で申告しましょう。
そもそも「給与を払う」という感覚自体が青色申告失格です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>雇っている人はおらず、ひとりです…
>毎月給与として現金引き出しを行う際に…

従業員はいないというのに、誰に給与を払うのですか。

>妻である私は会社員の傍ら、夫の事務所の…

専従者給与も無理ですよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>現金出納帳ですべての経費をつけ終わった時見てみると、残高がマイナス…

現金出納帳とは、事業用の財布のことです。
現在高が 0、すなわち財布が空っぽということはあっても、財布の中身がマイナスと言うことはあり得ません。

>その足りない分...続きを読む

Q立替金勘定がマイナスに...。

経理初心者です。社員が立替えた経費を下記のように仕訳しました。

消耗品費 500 /  立替金 500

これにすると、総勘定元帳の残高がマイナス500になってしまうのですが
(立替金を社員に返したという仕訳を入れると、0になります。)
マイナスになってしまうとよくないと思うのですが、どうなのでしょうか?
立替金勘定ではなくて、他の勘定科目にするのでしょうか?
期首残高は¥0です。
このような質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

領収書をまとめて精算してお金を返すということは、お金を会社の金庫から
払った日が費用の発生した日とみなします。でも可能ならば領収書日付で未払金勘定で計上しておき支払いをした日に落とします。仕訳は次のとおりです。(これは教科書どおりのやり方です。決算の時はこうしないといけない場面もあります。)

領収書日付
消耗品費500/未払金500

精算日付
未払金500/現金500

ただそのようなケースの場合、かなり古い日付の領収書を出してくる人が
必ず一人くらいはいるんですよね。ひどいのは何年も前のを出してきたり
と、ですから金額が大きくなければ精算日付けで
消耗品費500/現金500
とするのがよいのではないでしょうか。この場合は領収書に経理の受付け日付印を押します。(期をまたがらない限りはこのやり方で十分かと)

Q貸借対照表の事業主借欄がマイナスは間違いですか?

宜しくお願い致します。

明日、初めて確定申告を提出するために、会計ソフトに諸経費の入力を済ませましたが、
貸借対照表の事業主借欄がマイナスになったのですが、これはどこかの入力が間違って
いるのでしょうか?

この欄がマイナスになることは場合によってはあることなのでしょうか?

簿記などに疎い為、お伺いできますと有難いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「40%分は借方に事業主借で貸方に当座預金」これがマイナスになる原因でしょう。

正「40%分を借方で事業主貸」です。

事業主勘定が登場する仕訳は、
とにかく「左側には事業主貸しかでない」「右側には事業主借しかでない」と覚えましょう(※)。

唯一の例外は「仕訳の取消をするための仕訳」のときです。
例 事業現金を子どもがパクッてしまった。事業主貸で処理しておいたが、翌日現金が出てきたのでこの処理を取り消し、子どもに謝罪した。

事業主貸  999  / 現金  999
この仕訳を取り消すための反対仕訳
現金  999 / 事業主貸 999

現実の会計ソフトでは「仕訳の取消」ができるので上記のような反対仕訳はまずしません。
反対仕訳は既に簿記の教科書上の存在になってますね。


借方は左側、貸方は右側というのはわかっておりますが、事業主勘定を使うさいには「借」「貸」の字が逆に使われるので、混乱しますので、あえて「左」「右」としてます。

仕訳で借方に「事業主借」があったら、99%の確率で「誤まった仕訳」です。
これを見逃してると、今回のような「事業主借勘定がマイナスになってしまう」現象が起きます。
実は翌年に繰越する際に精算されますので「どおってこたぁない」のが本音ですが、知ってる人がみると「おお!仕訳をまちがえてるぞ」とわかるので格好悪いです。
税務署員も「あらら、間違って入力しちゃってるよ」と思う程度でしょう。
ズボンを前後ろに履いてる程度の「恥ずかしい」間違いです。

「40%分は借方に事業主借で貸方に当座預金」これがマイナスになる原因でしょう。

正「40%分を借方で事業主貸」です。

事業主勘定が登場する仕訳は、
とにかく「左側には事業主貸しかでない」「右側には事業主借しかでない」と覚えましょう(※)。

唯一の例外は「仕訳の取消をするための仕訳」のときです。
例 事業現金を子どもがパクッてしまった。事業主貸で処理しておいたが、翌日現金が出てきたのでこの処理を取り消し、子どもに謝罪した。

事業主貸  999  / 現金  999
この仕訳を取...続きを読む

Q個人事業の労災費・組合費

建設業で個人事業主です。
先日、土建組合なるものに加入しました。
それにあたり、
健康保険料・組合費・組合加入事務費
労災保険料(特別加入)・労災加入事務費
を支払いました。

健康保険料は、家計より負担するのはわかるのですが
そのほかの組合費・労災費等は事業費(経費)となるのでしょうか?なる場合の仕訳は、どのようになるのでしょうか?教えてください。よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

 こんにちは、遅くなりした。♯1の者です。
 帳簿で考えるのでしたら、保険は事業費でいいのではないですか。確定申告で経費又は控除の対象になる物をすべて事業費とみなしておくと、正確な損益が常に帳簿で確認出来ますよ。

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

Q代理で物品を購入する場合の仕訳は?

他社の代理で物品を購入する場合の仕訳について教えて下さい。

この場合、以下の様な仕訳で問題ないのでしょうか?
他に妥当な仕訳の例をご存知でしたら教えて下さい。

・物品の購入をする際の仕訳

 未払金 / 仮払金

・物品を他社に引き渡す際の仕訳、

 仮払金 / 未収金


よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

相殺するときは立替金を使っていますので、
質問者様の仮払金の部分を立替金にしています。

又、支払・入金はどの時期に噛んでくるのでしょうか?

未払金が借方にくるとき、
未収金が貸方に来るとき、
がその時期だと思うんです。

従って、貸借に問題がある訳ではないのですが、
しっくりこないんですね。

未収金/未払金

として、精算されるのでしょうか?


・物品の購入をする際の仕訳

立替金/未払金


・支払時

未払金/現預金


・物品を他社に引き渡す際の仕訳、

未収金/立替金


・入金時

現預金/未収金


で、立替金は相殺されます。

どうでしょう?

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。

Q決算時、立替金(弁当代)がマイナスになってしまいました。

決算時に立替金(従業員弁当代)がマイナスになってしまいました。立替金は決算時には相殺されて0円にならなければいけないものと思いますが、どう仕分すればよいでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.考えられる原因は
 (1)立替金の過少計上
 (2)従業員からの過大控除が考えられます。
2.時間的余裕があれば、上記(1)(2)等の原因を調査の上対応するのがベターと考えます。
3.余裕がなければ、一旦貸方仮勘定に計上するのも(仮受金や預り金)ひとつの方法です。(立替金/仮受金)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報