社長が一時的にポケットマネーから経費を使った後、期をまたいで会社から返金があった場合は貸借対照表の現金がマイナスになってもおかしくはいでしょうか?
勘定科目は「未払金」で処理しています。


2/28日決算として、
2/28日に社長の財布から経費支出「未払金」、
3/1日に会社から返金といった具合です。

※28日時点で現金0と仮定した場合。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>勘定科目は「未払金」で処理しています。



いつの時点での「未払金」で、またどういう処理なのか不明ですが
一例として
2月14日 交際費 10,000 未払金 10,000

・上記未払金を社長が立て替えたときの仕訳を
  2月28日 未払金 10,000 現金 10,000

 としているようだと現金がマイナスになってもおかしくありません。しかし期中ならいざ知らず期末で現金のマイナスは全く不適切ですから、一案としては「未払金」を複数の補助科目で管理して

・お客さんとの飲み代をツケにした
2月14日 交際費 10,000 (会社の)未払金 10,000

・上記のツケを社長のポケットマネーで支払った
2月28日 (会社の)未払金 10,000 (社長への)未払金 10,000

・社長へ返金した
3月1日 (社長への)未払金 10,000 普通預金 10,000

などのように処理してください。期末で0の現金から社長へ現金で返金することは不可能なので「振り込み」か「現金を引き出す」ことが必要になります。それとも、「実際は現金はあるが帳簿上だけ0になっている」のであれば、その辺の見直しも必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に説明いただいてありがとうございました!とても参考になりました!

お礼日時:2015/03/09 00:29

マイナスというのはありえません。



社長のポケットマネーで支払うという行為は、法人から見ると社長に建て替えてもらった、または、社長から借り入れて支払ったと考えるべきです。

お財布の中身がマイナスということはありえませんからね。
社長が社長の現金で支払っても、会社の現金ではないのですからね。

後日その未払金等を生産するに当たり、法人の現金が減るのです。
    • good
    • 0

現金の残高がマイナス、というのは会計の原則に反します。



・2/28日、社長がポケットマネーからタクシー代2000円を建て替えた。

2/28日付の仕訳
〔借方〕旅費交通費 2,000/〔貸方〕未払金 2,000

・3/1日、会社の経理が現金を社長に渡した。

3/1日付の仕訳
〔借方〕未払金 2,000/〔貸方〕 現金 2,000

このようにすれば、2/28日付の貸借対照表の現金はゼロであり、マイナスにはならないはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラス×マイナスがマイナスになるという証明はできますか?

プラス×マイナスがマイナスになるという証明はできますか?

Aベストアンサー

出来ますよ

5かける2
5が2つイコール10

5かける−2
5が−2つ、、、、
ゴ かける マイナス ふたつ

この時数字ではなく国語になります
5 が マイナス 2つ
この時点で

5 という数字を マイナスして 2つ

もっと細かく言うと
お前を マイナスに して ふたつ

この時点でわかる通り
言葉で強制的にマイナスに持って言ってるんです


もし 数式がと言うのなら 図書館に行くと3秒で諦めつきますよ!

数字とはなにか 数とはなにか から 始まりますからw

Q貸借対照表の現金がマイナスに・・

恐れ入ります。
今年初めての青色申告で、調べてみても分からないのでどうぞ助けてください!

開業時、口座に80万円ほどあったのでそれを資本金として元入金で計上しました。

1/1 普通口座 / 元入金  800000

現金で20万円ほど持っていて、そこから会議費などの経費で使うこともありましたので
3/3 会議費 / 現金  300

と計上していました。

小額だと現金で払うことも多かったのですが
決算を終えた今、現金を資本金としていなかった為か
貸借対照表で【資産の部】の現金がマイナスになっています。
マイナス分の現金を、開業の際の記帳で資本金として
記載しなければならなかったのでしょうか?

またその際の仕訳も教えて下さい。
(決算時も必要であれば併せてお願いします。)

お手数ですが、どうぞご教授お願い致します!
本当に困っています。

Aベストアンサー

>自分の手持ち金はすべて事業用資金に計上しなければならなかったのでしょうか?

全ての手元資金を資本金にする必要はありません。
補足していただいた中の現金/借入金の仕訳で処理していれば問題ありません。

おそらく、預金の払い出しをした時に、現金/預金の仕訳をすべきなのを行っていないために現金がマイナスになっているのだと思います。

Qマイナス×マイナス

マイナス×マイナス=プラス になることを、かんたんな事例で子どもに説明したいのですが。具体的に教えてください。

Aベストアンサー

中学では以下のように教えています。
 東西に通じる道路を、時速5kmで東の方向へ進み、ある時刻に地点O(基準点)を通過した。
 1)その3時間後には、どこにいるだろうか。
 2)その3時間前には、どこにいただろうか。
 ここで、地点Oから東の方向を「+」、西の方向を「-」
     未来(何時間後)を「+」、過去(何時間前)を「-」とします。
道のりは速度×時間ですから3時間後から1時間ずつさかのぼると
 (+5)×(+3)=+15:Oから東へ15kmの地点
 (+5)×(+2)=+10:Oから東へ10kmの地点
 (+5)×(+1)=+5 :Oから東へ5kmの地点
 (+5)×0=0     :地点O
 (+5)×(-1)=-5 :Oから西へ5kmの地点
 (+5)×(-2)=-10:Oから西へ10kmの地点
 (+5)×(-3)=-15:Oから西へ15kmの地点
で、「+」×「-」が「-」になることを理解させます。
 次に同問で、時速5kmで西へ進む場合を考えます。
同様にして
 (-5)×(+3)=-15:Oから西へ15kmの地点
 (-5)×(+2)=-10:Oから西へ10kmの地点
 (-5)×(+1)=-5 :Oから西へ5kmの地点
 (-5)×0=0     :地点O
 (-5)×(-1)=+5 :Oから東へ5kmの地点
 (-5)×(-2)=+10:Oから東へ10kmの地点
 (-5)×(-3)=+15:Oから東へ15kmの地点
というように正の数負の数の乗法の最初の説明となります。
ここで、「+」×「+」、「+」×「-」、「-」×「+」、「-」×「-」のまとめをします。
 中学1年の5月ごろの学習内容です。参考になればよいのですが

中学では以下のように教えています。
 東西に通じる道路を、時速5kmで東の方向へ進み、ある時刻に地点O(基準点)を通過した。
 1)その3時間後には、どこにいるだろうか。
 2)その3時間前には、どこにいただろうか。
 ここで、地点Oから東の方向を「+」、西の方向を「-」
     未来(何時間後)を「+」、過去(何時間前)を「-」とします。
道のりは速度×時間ですから3時間後から1時間ずつさかのぼると
 (+5)×(+3)=+15:Oから東へ15kmの地点
 (+5)×(+...続きを読む

Q貸借対照表決算現金残高マイナスのままでもいいですか?

商店と小さなマンションを経営しています。確定申告の準備をしていたら、貸借対照表で年度末商品棚卸と不動産減価償却で年度末現金がマイナスになりました。このまま青色申告をしても問題ないでしょうか?白色申告では税金が発生するので、青色申告控除65万円の利用を考えています。お分かりの方ご指導よろしくお願いします。
期首商品棚卸残高の約倍は年度末で増えましたし、マンション関係の減価償却費用も結構あります。決算自体は黒字でした。

Aベストアンサー

>白色申告では税金が発生するので、青色申告控除65万円の利用を考えています。
青色申告には事前の手続きが必要です。単に複式簿記で貸借対照表を作成すればよいというものではありません。平成20年分の申告を青色で行うためには平成20年3月15日までに税務署に承認申請書を提出していることが必要です。
http://www.riocompany.jp/yaruzo/portal/p06.html

申告の種類はともあれ、会計上、勘定科目にマイナスはありません(貸倒引当金のような一部の評価勘定は除く)。現金がマイナスと言うこともありません。貸借対照表は資産・負債の現状を表すものですから、それぞれ0が最低です。マイナスが生じていると言うことはどこかに仕訳の誤りがあると言うことです。
ただ、質問の「年度末商品棚卸と不動産減価償却で年度末現金がマイナスになりました」という記載が意味不明です。現金と商品と減価償却資産はそれぞれ別勘定です。
仮に「年度末現金」というのが「残高」の意味だとすれば、
(1)年度末商品棚卸がマイナスになるのは正常です。これはマイナスで表示される例外的評価勘定のひとつです。なお、年度末商品棚卸は決算作業において一回だけ計上するものです。間違っているならすぐにわかるはずです。
(2)「不動産減価償却」という科目は通常使わないので良くわかりませんが、仮に「減価償却資産」のことだとすれば、減価償却費を過大に計上したことが原因と考えられます。減価償却費は毎年発生し続けるものではなく、耐用年数が経過したら発生しなくなる経費です。前年の未償却残高以上の減価償却費を計上することはできません。余計に計上しているのではありませんか?なお、平成18年に減価償却計算の方法についての税制改正があり、現在、経過措置中なので、耐用年数に達した資産の減価償却の方法はかなり面倒です。税理士に依頼していないのなら、税務署に確認すべきです。

単純な仕訳誤りの可能性もありますが、それを調べるには簿記会計の知識が必要です。経理実務に携わっている人間として言わせてもらえば、経理にヒューマンエラーはつきものであり、それを如何に少なくし、また発見して補正するかが経理担当者の腕と言うことになります。専門家でなくとも、経理に詳しい第三者に見直してもらうのが望ましいです。

>白色申告では税金が発生するので、青色申告控除65万円の利用を考えています。
青色申告には事前の手続きが必要です。単に複式簿記で貸借対照表を作成すればよいというものではありません。平成20年分の申告を青色で行うためには平成20年3月15日までに税務署に承認申請書を提出していることが必要です。
http://www.riocompany.jp/yaruzo/portal/p06.html

申告の種類はともあれ、会計上、勘定科目にマイナスはありません(貸倒引当金のような一部の評価勘定は除く)。現金がマイナスと言うこともあり...続きを読む

Q-(マイナス)×-(マイナス)が、+(プラス)になる日常

中一の子から聞かれました。
たとえば、-2×-2=4になるようなことって、普段の生活にあるのでしょうか?思いつかず、困ってます。
マイナス×マイナスがプラスになることさえ、普段使わないのであやふやで、そうだったのか?と思う今日この頃です。

Aベストアンサー

後ろ向きに秒速2mで歩いている人がいる。
2秒前は前後どっちの方向に何m先にいたか。
→-2*-2=4

Q連結貸借対照表と単独貸借対照表どっち?

貸借対照表でソニー、松下、シャープを比較したいんですが、
連結貸借対照表と単独貸借対照表どちらで比較すればいいですか?

Aベストアンサー

近年の比較なら、連結です。

Qマイナス×マイナスがプラスになる説明

「なんで?」聞かれてう~ん、と
唸ってしまった質問をします。

どなたもご存知だと思いますが、

-3×-1=+3
-3÷-1=+3

になりますね。

-3÷-1=+3
これは-3の中に-1はいくつありますか?
答え…3つ だから+3となる。
と答えました。

しかし
マイナス×マイナスがなぜプラスになるのかが
うまく説明できませんでした。

-3×-3=+9
・・・-3を-3倍したら9になる。
このあたりがしっくりこないのです。

難解な数学的説明ではなく、
小学校高学年の子にうまく説明できる良い方法は
ないでしょうか?

Aベストアンサー

反対の反対は賛成なのだ(バカボン)

マイナスのマイナスはプラスなのだ。
マイナス方向のそのまたマイナス方向はプラス方向になる。

Q貸借対照表の機械設備欄がマイナスなのですが…。

弥生会計を使って決算をしています。決算前にバランスシートの確認をしていたのですが、期末の機械設備が、-550,000円となっていました。この55万円というのは、今年度購入した固定資産(三台の機械設備)の合計額と一致しました。数字の前に(-)がつくのですが、いいのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

#1です
償却費でなく、資産の価格そっくりそのままマイナスならば#2さんの回答の可能性が高いですね。もしくは振替仕訳が違うかのどちらかでしょうね
大変失礼しました。

Qある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗) であった。この元素に同位体が存在しないと仮定し

ある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗)
であった。この元素に同位体が存在しないと仮定した時この元素の原子量を求めなさい。という問題を解説してほしいです。お願いします┏●

Aベストアンサー

>ある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗)
であった。

単位は何ですか? kg ですか? 単位が不明確では解けません。

単位が「グラム(g)」であれば、これは「 1 mol の重さが約 12g」ということと同じですから、原子量は「12」です。

原子1個の質量が 2×10^(-23) g であれば、これが「アボガドロ定数」に相当する 6.02*10^23 個あれば、その質量は
  2×10^(-23) (g) * 6.02*10^23 = 12.04 (g)
になります。これが「モル質量」に相当します。
モル質量が 12 g の物質の原子量(分子の場合は分子量)は「12」です。

解説が必要なら、「モル」「モル質量」「アボガドロ定数」を調べてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AB
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AB%E8%B3%AA%E9%87%8F
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AC%E3%83%89%E3%83%AD%E5%AE%9A%E6%95%B0

>ある原子1個の質量が2×10-23(マイナス23乗)
であった。

単位は何ですか? kg ですか? 単位が不明確では解けません。

単位が「グラム(g)」であれば、これは「 1 mol の重さが約 12g」ということと同じですから、原子量は「12」です。

原子1個の質量が 2×10^(-23) g であれば、これが「アボガドロ定数」に相当する 6.02*10^23 個あれば、その質量は
  2×10^(-23) (g) * 6.02*10^23 = 12.04 (g)
になります。これが「モル質量」に相当します。
モル質量が 12 g の物質の原子量(分子の場合は分子量)は「1...続きを読む

Q個人事業で貸借対照表の「現金」が増えていくことについて

個人事業をしているのですが、帳簿上自分の給料を毎月差し引いているわけではないので(←給料としてひいてはだめなんですよね?)、貸借対照表の資産が毎年増えていっています。
事業口座から現金をおろす時は、「借方:現金」として引き落として、生活費に使ってしまっているので本当は貸借対照表に記載されている程の現金資産が手元にあるわけでは全くありません。
何か考え方が間違っているでしょうか。「事業主貸」として引き落とすべきだったでしょうか。
この「現金」の資産額をこれからはどうにか減らしていきたいのですが、今後どういう風に処理すればよいかアドバイス頂けると助かります。

Aベストアンサー

>「事業主貸」として引き落とすべきだったでしょうか。

その通りですね。もしくは、現金の一部を個人用に使ったときには、使った分だけ

事業主貸し/現金

として振分ければ良いのです。

資産が増え続けているというのは、現金が増え続けているんですね?ここでいう「現金」とは、事業用の財布や金庫に入っている現金という意味ですから、個人として使った分や生活費として移動した分は、事業主貸しとして仕分けなければならなかった訳です。そうしないと、虚偽の現金出納になってしまうし、資産としても虚偽になっちゃいますね。

どうするかについては、昨年末日に手元に残っていた事業用現金と帳簿上の現金額との差額を全て「事業主貸し」として振分けてしまい、今年度当初に事業主貸し(事業主借りがあればそれも)をチャラ(ゼロです)にしちゃえば良いでしょう。

今年度が始まって既に2ヶ月経ってますから、昨年度末の手許現金額が正確に不明だったり、帳尻合わせが上手くいかないかもしれませんね。そういうときはやむを得ないので、適当に昨年度末及び今年度の適当な時期に事業主貸しの金額を設定して振り分けし、手元の現金額と一致するようにさせるしかないでしょう。そして明日から漏れなく、きちんと記帳していけば良いでしょう。

>「事業主貸」として引き落とすべきだったでしょうか。

その通りですね。もしくは、現金の一部を個人用に使ったときには、使った分だけ

事業主貸し/現金

として振分ければ良いのです。

資産が増え続けているというのは、現金が増え続けているんですね?ここでいう「現金」とは、事業用の財布や金庫に入っている現金という意味ですから、個人として使った分や生活費として移動した分は、事業主貸しとして仕分けなければならなかった訳です。そうしないと、虚偽の現金出納になってしまうし、資産とし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報