ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

質問させていただきます。

当方個人事業主で確定申告の準備真っ最中ですが、
経理処理の仕方がわからない点があり困っています。

事業用のA口座とB口座を持っています。

A口座には事業による売り上げが入ってきます。
しかし事業で使っているクレジットカードの引き落とし口座にA口座が登録できなかったので、仕方なくB口座を登録しています。よって、毎月の引き落としはB口座で行われます。

当方は引き落としの度にA口座からB口座へ引き落とし額ちょうどを移動させていました。
こういった場合どういった経理処理をするのが正しいのでしょうか?

会計素人で独学で勉強しながらやっていますが、わからなくて困っています。

ご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

A口座もB口座も事業用の普通預金なのですね。

家事用の普通預金口座は別に持っているのですね。その前提で回答します。


会計ソフトの当座資産の区分に「普通預金」という勘定科目にがあるはずですが、質問者の場合は、その勘定科目を使ってはなりません。

質問者の場合は最初に、当座資産の区分に、「普通預金A」、「普通預金B」という科目を新規に設定して下さい。設定の仕方は会計ソフトのマニュアルに書いてあります。

そして、

A口座に売掛金が入金した日、
〔借方〕普通預金A ☆☆☆☆☆/〔貸方〕売掛金 ☆☆☆☆☆

A口座からB口座へ預金を移動させた日、
〔借方〕普通預金B ◎◎◎◎/〔貸方〕普通預金A ◎◎◎◎

B口座からクレジットの代金が引き落とされた日、
〔借方〕未 払 金 ◎◎◎◎/〔貸方〕普通預金B ◎◎◎◎

というように仕訳して下さい。これでOKです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答どうもありがとうございます。

よくわかりました。
とても参考になりました。

お礼日時:2015/03/08 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【個人事業主】口座間送金の仕訳と振込手数料

個人事業主で、これから青色申告します。

事業用の銀行口座を2つ使っています。

その口座同士で、例えば、A銀行からB銀行へ30,000円移動した場合、
仕訳はどのようになりますでしょうか?

また、そのお金の移動で発生した振込手数料は、
経費にできるのでしょうか?
この手数料の仕訳もお教えいただけると助かります。


ご教示、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

事業用の銀行口座を2つ持つ場合は、勘定科目の「普通預金」にサブ科目(枝科目、枝番)を付けて、例えば

・普通預金(A銀行
・普通預金(B銀行

というように科目を設定します。

仕訳は、

〔借方〕普通預金(B銀行30,000/〔貸方〕普通預金(A銀行30,000


>そのお金の移動で発生した振込手数料は、経費にできるのでしょうか?

事業に必要な資金移動であれば、振込手数料は必要経費になります。

〔借方〕支払手数料315/〔貸方〕普通預金(A銀行315

※(1)手数料をA銀行の普通預金から払った場合。
(2)税込経理方式の場合。

Q個人事業主の、銀行口座。個人的な入出金の区別は?

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口座から、事業用口座に100万円の入金をした。
次にその100万円を証券口座に振り替えた。

さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
そして出金は経費か、事業主貸(個人事業主への報酬)とみなされます。
ということはこの100万円の入金と出金は、仕訳として書くならば

普通預金
現金100万円 売上100万円

普通預金
事業主貸100万円 現金100万円

となってしまいます。個人事業主は自分のお金を動かすのにたまたま個人事業主用の口座を経由しただけなのに、(それもやむを得ない理由で)個人所得100万円、とみなされてしまうわけです。

さあ、このような場合、入出金をどのように仕訳記帳したら、
「事業としてのカネの出入りではなく、あくまでも個人事業主のポケットマネーが口座を素通りしただけ。
事業とは全く関係がない」
ということを明白に出来るでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口...続きを読む

Aベストアンサー

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借 貸方)普通預金など
逆に、個人的な入金や家事用口座から資金の入金をしたのであれば、
  借方)普通預金など 貸方)事業主借
で処理することになるでしょう。

>現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
個人事業の口座もそうでない口座もあなた個人の口座であり、どのような使い方をされてもあなたの自由です。しかし、事業用の口座については、会計帳簿を管理しなくてはならず、事業と関係ないものは家事用口座を利用されるべきです。そうしなければ、そのような取引も税務調査で必要以上にチェックされ、質疑応答などを求められてしまいますからね。

>さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
あなたにとっての普通が普通でない場合や勘違いもあると思います。
事業用の口座であっても、事業にかかる収入でない入金という場合もありますし、その逆もあり得ます。だって、事業用として開設した口座であっても、その利用方法に制限はなく、あなたの自由なのですからね。
したがって、事業用口座へ入金されても、売上などの収益勘定で処理する必要はありません。第三者からの融資であれば借入金という負債勘定で処理することでしょう。それと同様に会計処理上事業と家事を分けて処理するということで、事業主借や事業主貸の勘定科目を使うのが個人事業の会計処理です。これは法人の会計処理であれば、役員からの借入金として処理するものなのですからね。
事業主借や事業主貸などの勘定科目で処理すれば、損益計算書上の動きになりません。あくyまでも貸借対照表上の話となります。したがって、所得になるようなことはありません。

>事業とは全く関係がない」
>ということを明白に出来るでしょうか?
すでに説明した通り、そのような場合のための勘定科目も会計ルールもあります。また説明が必要であれば、証券会社の契約書類等で事業用口座が届け出ていること、家事用口座と事業用口座の通帳と証券会社の取引履歴をみれば、その動きは明白であり、損取引が金融機関や証券会社との取引であることで第三者が証明するのと変わらないことでしょう。
事業用口座でそのようなことをしなければ、説明責任はなかったかもしれません。しかし臨時でもそのような使い方をすれば、説明責任が出てくることでしょうね。コピーでも領収証や伝票などと一緒に保管すればよいでしょう。

質問を読む限り、複式簿記や個人事業の会計処理方法の基礎もままならない状態のようです。そのような会計処理の知識のままでは、不必要な税金を納めているようなこともあることでしょうね。
私が以前知人の相談を受けた際には、知人の友人に頼んで何年も会計処理と申告をしている。その知人の友人は知識が高いということでした。しかし、私がぱっと見ただけでも、年間数十万円余計に税金を払っている様にも思いましたね。会計処理も申告の考え方も、答えは一つではありません。そのために税理士という難しい国家試験などで認められた税理士が専門家として活動され、認知されているのです。簡単にそれに代わる処理が素人に出来るのであれば、税理士が先生などと呼ばれないのです。
頑張って勉強するか、税理士に依頼されたほうが良いと思いますね。

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借...続きを読む

Q事業用口座から現金を引き出した際の仕訳

商品発送時の送料や消耗品の購入などは現金で支払っています。
手元にある事業用の現金が少なくなってきたので、事業用口座から新たに現金を引き出しました。

このような場合、どのように仕訳すれば良いでしょうか。
初心者のため可能な限り詳しく教えていただけますと大変助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>事業用口座から新たに現金を引き出しました…

【現金 100円/普通預金 (or 当座預金) 100円】

>商品発送時の送料…

【荷造運賃 20円/現金 20円】

>消耗品の購入…

【消耗品費 30円/現金 30円】

Q個人口座と事業用口座のお金の移動

弥生の青色申告を使っています。

個人口座にA社から売掛金が30万円振り込まれましたので仕訳日記帳には

借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目 貸方金額
事業主貸     300,000    売掛金     300,000  掛代金回収

と記帳しました。


事業用口座から今月支払いをしなければならないのにお金が足りないので、上記の個人口座にあるお金を事業用口座に移したいです。この場合、どのように記帳したらよろしいのでしょうか?

似たような質問に振替伝票から記帳するというアドバイスもあったのですが、その書き方もわかりません。全くの初心者ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人口座にあるお金を事業用口座に移す場合の仕訳はつぎのとおりです。

借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目 貸方金額
普通預金     300,000    事業主借     300,000  

なお、上記の仕訳を仕訳日記帳から入力すればそれで終わりです。仕訳日記帳から入力した仕訳は振替伝票から入力してはいけません。入力がダブルことになります。
弥生の青色申告の場合、上記仕訳は仕訳日記帳、振替伝票の外、預金出納帳からも入力でますが、その内いずれか一つからしか入力してはいけません。

Q個人用口座からの経費支払い時の仕訳がわかりません

今年、個人事業主として初めて確定申告をします。&初めて質問します。

個人用口座と事業用口座があり、個人用口座からの支払いもあります。
その際、
「(1)事業用口座から出金」
「(2)個人用口座へ入金」
「(3)個人用口座から経費引落し」
と3つの工程が発生しています。

この場合の仕訳がわかりません。

例えば、10万円出金、入金、引落しの場合は・・・
(1)事業主貸 10万 / 普通預金(事業用) 10万
(2)普通預金(個人用) 10万 / 事業主貸 10万
(3)経費科目 10万 / 普通預金(個人用) 10万

上記のような仕訳は正しいのでしょうか。
もし、参考になるサイト等あれば教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業用口座から10万円を出金して個人用口座へ入金した日:
〔借方〕事業主貸100,000/〔貸方〕普通預金100,000

個人用口座から事業の経費10万円が引落された日:
〔借方〕経費科目100,000/〔貸方〕事業主借100,000

です。


〔参考Web〕
http://boki.popnavi.net/
http://boki.popnavi.net/category/016qa
http://www.ssdesign.co.jp/kaiA/kaiA03/kaiA03.htm

Q個人事業主・口座間送金の帳簿の付け方

個人事業主で青色申告申請を行おうと思っています。
事業用の口座を複数所有しているのですが、
事業用口座Aから事業用口座Bに資金の一部(例:5万円)を移し替える場合、帳簿の適用などはどのように記載すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

口座が複数あるということは、預金帳も複数あるのでしょう。
口座ごとの預金帳があるわけですから、口座を補助勘定科目として仕訳を作成すればよいでしょう。

借方 普通預金(B)50000 貸方 普通預金(A)50000
()書きが補助勘定科目です。

または、普通預金の勘定科目を使わず、普通預金Aや普通預金Bという勘定科目を使えば良いでしょう。

勘定科目は必要に応じて、作るものです。
わかりづらいものをあえて作れば、問題となるでしょうが、わかりやすく管理するために勘定科目を作るのは、正しい方法です。

所得税などの規定では、勘定科目の規定はないでしょう。ただ、申告時の決算書には印刷済みの勘定科目がありますので、普通預金(A)や普通預金(B)は合算して記載すればよいでしょう。

会計ソフトを利用されているのであれば、マニュアルを参考に勘定科目や補助勘定科目を追加しましょう。

Q個人事業用の銀行口座開設について

この度、フリーランスとして活動を始めました。
そこで事業専用の銀行口座を開設したいと思っているのですが、
ここで分からない点があります。

個人事業や開業のノウハウを公開しているサイトを色々と閲覧したのですが、
個人用口座でも構わないけど、帳簿が大変だとか、
生活用の口座と事業用の口座を分けましょうとか記載されています。
そもそも個人事業主が個人用(プライベート)口座を事業用に使ってもよいのでしょうか?

口座の使い方としては、
銀行口座は屋号ではなく、私の本名のみで開設したいと思っています。
お金のやり取りも、月に企業2社程度(同じ会社)からの入金(仕事の報酬)を受け取る予定です。
個人の方など不特定多数の方からの入金の予定はありません。
受け取る金額は多くても10万円程度の見込みです。

現在、口座開設はジャパンネット銀行か住信SBIネット銀行のどちらかを検討しています。

どなたかご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

個人用口座を事業用口座と兼ねるような場合には、プライベートでの入出金も帳簿に記載することとなります。そうしなければ残高が合わなくなりますからね。もちろん事業上の経費や収入でなければ、帳簿に詳細な記載は不要でしょう。

ただ、個人事業とプライベートをしっかりと分けようと思っても、なかなか出来ません。毎日帳簿をつけるのであればまだよいかもしれませんが、多くの事業主はまとめて処理することでしょう。そうなれば、最大1年前のことを思い出す必要があることでしょう。そのような中にプライベートなものがあるほど、面倒になることでしょうね。

勘違いされる方もいますが、個人事業で会計帳簿を作成するのは、あくまでも事業上のものだけです。ですので、プライベートが分かれているほど、会計帳簿は事業のみの内容となり、作成が容易となります。
これを税理士などに依頼すれば、処理の量や複雑さで費用が変わるため、明確に分けてあるほどよいでしょう。

さらに、個人事業での税務申告を行うと、税務調査を受ける可能性が出てきます。税務調査では、申告書などに添付しない会計帳簿の内容確認やその根拠である領収書や契約書などを見ることになります。
その場合、申告に関係ないものは、見せる必要はありません。ただ、事業上のものとプライベートのものが混在するような預金などは、すべてチェックされることとなるでしょう。その際に見られたくないものもみられることになりますし、あなた自身にとってはなにも不利益がないと思っていることでも、税務署の人間は怪しむかもしれません。事業用口座を兼ねる通帳であれば、怪しまれればすべてこたえられないと、税務調査で信用を失い、長い調査になるかもしれません。

極力口座の利用を分け、どうしても事業用口座でプライベートな動きが出た場合のみ、個人事業主借勘定や個人事業主貸勘定を利用することをお勧めしますね。

ちなみに、私は小さい法人2社と個人事業主の3つの看板で経営しています。収入は一人分に満たない程度です。税金対策やいろいろな面を考えてこのようにしているため、複数の金融機関の利用も含めると、普段使う通帳だけでも10冊近く、それを持ち歩いていますね。

頑張ってください。

個人用口座を事業用口座と兼ねるような場合には、プライベートでの入出金も帳簿に記載することとなります。そうしなければ残高が合わなくなりますからね。もちろん事業上の経費や収入でなければ、帳簿に詳細な記載は不要でしょう。

ただ、個人事業とプライベートをしっかりと分けようと思っても、なかなか出来ません。毎日帳簿をつけるのであればまだよいかもしれませんが、多くの事業主はまとめて処理することでしょう。そうなれば、最大1年前のことを思い出す必要があることでしょう。そのような中にプライベ...続きを読む

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報