日本語を勉強中の中国人です。知人がすい臓がんにかかりました。すい臓がんの原因をネットで調べてみたところ「すい臓がんの原因として現在考えられている原因の一つが、食生活の欧米化、高たんぱく・高脂肪食です」が挙げられました。

お伺いしたいのですが、その「食生活の欧米化、高たんぱく・高脂肪食」とは具体的に言えば、どのようなものでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたらそれも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本では、昔は、米飯を主食とし、動物性タンパク質は、魚介類が中心。

それに、野菜類、海藻類、きのこ類、豆腐などの大豆製品を中心とした、伝統的な日本食が食卓に上がっていました。
 それが、動物性タンパク質は、魚介類から肉類が中心となり、バターや生クリームなどの乳製品などの摂取量も増え、また調理法も、和風の煮物など、かつお節や昆布などから取った出し汁と、醤油の味付けで、油脂類は一切使わないものでしたが、これが、バターなどを使って焼いたり、炒めたりといった、油脂類を多く使う調理法に変わってきました。
 主食も、米飯から、パン食が普及し、トーストにバターを塗って食べるようになり、また、スイーツも、以前は、小豆のあん、きなこ、寒天、もち粉やだんご粉などを主材料とした、低脂肪の和菓子類が中心でしたが、これが、ケーキ、クッキー、パイ、シュークリームなどといった、高脂肪の洋菓子類が、好まれるようになってきました。
 こうした食生活の欧米化により、日本ではそれまで少なかった高脂血症、またガンでも、高脂肪食が原因の一つとされている大腸ガンが増え、逆にこれまで日本では多かった、胃ガンが減少傾向にあるとされています。
 最近では、伝統的な日本食を見直す動きが盛んで、特に欧米人の間にも、日本食ブームが広まったとされています。
 ただ、日本食の唯一の欠点は、塩分の使用量が多いこと。そのため、日本では、高血圧の方が、大変多くなっています。
http://care-ac.com/syoku.htm
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご丁寧に教えていただきありがとうございます。いろいろとても参考になりました。

お礼日時:2015/03/14 14:47

極端にいうとカロリーが高いものばかりを食べてる、みたいな感じでしょうか。


ステーキとかハンバーグとか…でも、それだけが原因とは言えませんけどね!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/03/14 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脂質異常症・高脂血症・脂質代謝異常のまとめページ

    脂質異常症(高脂血症)とはどんな病気か  血液中の総コレステロールやLDLコレステロール、中性脂肪が増加したり、HDLコレステロールが低下した状態をいいます。将来動脈硬化(どうみゃくこうか)を引き起こす状態です。 原因は何か  遺伝による原発性高脂血症(げんぱつせいこうしけっしょう)と、肥満症や糖尿病等の疾患に伴う二次性高脂血症(にじせいこうしけっしょう)があります。腎(じん)疾患や甲状腺(こうじょうせん)疾患などでも脂質異常症を伴います。原発性高脂血症の主なものは、家族性高コレステロール血症と家族性複合型高脂血症です。 症状の現れ方  一般に無症状で、検査で発見されます。したがって、小児期の脂質検査は重...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「痩せる」「脂肪を落とす」「引き締める」の違い

最近こちらのカテを非常に参考にさせて頂いています。
充実具合に関心してしまいました。

いくつもの質問を見ていて疑問に思ったのですが、
「痩せる」「脂肪を落とす」「引き締める」に違いはありますか?
「痩せる」→体重、体脂肪率を落とす
「脂肪を落とす」→体脂肪率を落とす
「引き締める」→筋肉を付けて脂肪を落とす
・・・という感じなのかな、と私自身は思っています。

そして、それぞれの意味合いが違った場合は
運動方法も違うのではないかと思いました。
「痩せる」→食事制限、有酸素運動
「脂肪を落とす」→簡単な食事制限、有酸素運動
「引き締める」→筋肉系のサプリ摂取、筋トレ、運動
・・・といったイメージがあります。

実際のところはどうなんでしょう?違いあるんでしょうか?
特に運動については気になります。

Aベストアンサー

フィットネス雑誌・広告では引き締まった体とか、しなやかな体とか、使える筋肉など、人によって与えるイメージが若干違う、けどなんとなく良いイメージの言葉がしばしば使われていますね。
ジムインストラクターをやってたんですが、そうゆう抽象的な言葉は嫌なので使わないようにしてました
「引き締める」は国語辞典では、「ゆるんだ所をなくす」とでてるので体脂肪率を落として、かつ老いによるたるみを筋トレでなんとかするって感じでしょうか。
「痩せる」は腕、脚とかサイズが縮むことかな。体重が落ちても痩せるという意味になるとは思いますが。
「脂肪を落とす」はそのまんまです。
はっきり言って、意味も運動方法も大差はないです、単純なシェイプアップの話なんで。トレーニング経験がないと色々気になっちゃいますよね。ditditdit様も知識が増えていくと、こういう違いは気にならなくなりますよ。
で、実際の運動ですが、普通の人なら筋トレ中心でいいと思います。
シェイプアップの本なんか山ほど出てるんで選ぶのは難しいですね、殆どはよくこれで金とれるなってものばかりですのでネットで「筋トレ」を検索したほうが金も掛からずいいですよ。そこら辺のフィットネスクラブのスタッフより役に立つサイトも沢山ありますし。ダイエットやシェイプアップで検索すると素人のサイト率が増えると思うので「筋トレ」のサイト探したほうがいいと思います。 
それとエアロビ(有酸素)インストラクターにモデルのような人はどこいってもあまりいないですよ、大概ちょっとポッチャリです。

参考URL:http://kihachin.net/link.html#bp

フィットネス雑誌・広告では引き締まった体とか、しなやかな体とか、使える筋肉など、人によって与えるイメージが若干違う、けどなんとなく良いイメージの言葉がしばしば使われていますね。
ジムインストラクターをやってたんですが、そうゆう抽象的な言葉は嫌なので使わないようにしてました
「引き締める」は国語辞典では、「ゆるんだ所をなくす」とでてるので体脂肪率を落として、かつ老いによるたるみを筋トレでなんとかするって感じでしょうか。
「痩せる」は腕、脚とかサイズが縮むことかな。体重が落ち...続きを読む

Q高カロリー、高たんぱく質な食品を教えて下さい

夫が精神疾患が原因で激痩せしてしまいました。
好き嫌いはないのですが、元々、あまり食に興味がなく
178cm/60kgと細身でしたが、
今はさらに痩せてしまい55Kgを切ってしまいました。
体脂肪も10%台です。
食欲は現在、普通にあるようです。
私はダイエット食(夫とは若干メニューは変えてあります)なので、
1〜2品、夫の食事に別メニューとしてプラスしたいと思っています。


高カロリーで高たんぱく質な食品、もしくは料理を教えていただけたらと思います。
もしくは食生活上でしたほうが良い習慣などがありましたら、そちらもお願いします。
皆さんのお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

心配ですね。若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。痩せ過ぎはよくありません。

タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。特に高負荷な筋トレが必須。
有酸素運動では筋肉は増えません。余剰タンパク質は体には蓄積されず体外に排出されます。

体重を維持したいなら"高糖質+高脂質のもの"を食べさせればいいです。大量の糖質を摂取すると血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管が痛むので、これを避けるためにインスリンというホルモンが追加分泌されて体中の細胞に血管中の糖を吸収させます。細胞に吸収された糖は脂肪に変換されて蓄積されます。

また大量の糖が含まれる料理中に併せて脂質が含まれている場合、消化吸収されて体内に取り込まれた脂肪は最初のうちは血液中を循環していますが、血糖値を下げるインスリンが分泌されて血糖が下がるときに血液中の脂肪も身体中の細胞に吸収されます。つまろ高糖質+高脂質の食事はインスリンの作用で太る効果が倍増します。

食事で言えばカレーライスは高糖質+高脂質の食事になります。カツカレーなら完璧ですね。丼ものならカツ丼、天丼、他にもラーメンも高糖質+高脂質の食事になります。チャーハンなんかはご飯という糖質にわざわざ油を混ぜて炒めてますから理想の高糖質+高脂質食です。

またパンは小麦粉にショートニングという油脂を混ぜ込んでいるので、それ自体が高糖質+高脂質の食材です。甘い物がお好きならば菓子パンを食べさせてあげるとよいでしょう。

意外に太れないのは肉、魚、チーズ、卵です。摂取するものが脂質とタンパク質だけだと太らないんですよ。糖質を取らなければ脂質はほとんど身体に蓄積されません。例えばマヨネーズも糖質と組み合わせなければ太りません。だから「糖質制限ダイエット」というものが成立します。これらを食べるときは、必ずご飯やパンとセットで食べることをお勧めします。

心配ですね。若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。痩せ過ぎはよくありません。

タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。特に高負荷な筋トレが必須。
有酸素運動では...続きを読む

Q1カ月に5kg脂肪を落とすのは、無謀なんでしょうか?水分や筋肉は別で。。 5kg脂肪がなくなると、

1カ月に5kg脂肪を落とすのは、無謀なんでしょうか?水分や筋肉は別で。。

5kg脂肪がなくなると、だいぶ変わりますよね?標準体重の場合。

Aベストアンサー

脂肪を5kg落とすのと体重を5kg落とすのでは全然話が違います。

体重を落とすときは脂肪と筋肉が両方落ちます。脂肪だけを落とす方法はありません。
一番うまく痩せても脂肪と筋肉の減少量はほぼ1:1です。下手すると脂肪よりも筋肉の方がたくさん落ちることだってある。

そうだとすると脂肪5kg落とすには筋肉も少なくとも5kg落ちることになります。
つまり体重としては10kg以上減らさないとだめってことですよ。
標準体重の人が1か月に10kg体重落とすって。。。まあやってみたらできるかどうかわかるでしょう。

Q低脂肪・高炭水化物食

低脂肪・高炭水化物食は血中脂質指標を悪化させると参考書に書かれていました.
どういう機構でこのような現象が起きるのか,わかる方,教えてください.

Aベストアンサー

#1です。

手持ちの資料で調べたところ、
「食事量はほぼ一定の範囲内なので、脂質摂取量が減るとその分炭水化物の摂取が増え、結果として食後血糖値と中性脂肪が増える」
ということだそうです。
(この手の資料をお持ちと言うことは、血糖値と中性脂肪の関連についてはおわかりだと思うので説明は割愛します)
私が持っている資料には詳しい作用機序はなかったのですが、追跡調査などのデータがあるとのことでした。

Q筋肉量をなるだけ落とさない、体脂肪を落とす食事について

筋肉量をなるだけ落とさない、体脂肪を落とす食事について

 筋肉をなるだけ落とさないで、脂肪を落とす食事について、巷では、高タンパク質の食事が、代表例で挙げられていますが、実際に一日の基礎代謝分の総摂取カロリーが2000キロカロリーの場合、どう食事の成分を考えて食事をすればいいのでしょうか?(たんぱく質、脂質、炭水化物など)
 筋肉をなるだけ落とさないダイエットの食事を教えて下さい

Aベストアンサー

タンパク質だけでも構わないと思います。脂肪は若干入るでしょうし、タンパク質もエネルギーに変えられると思いますので、でんぷん質無しで食事を取れると思います。

ただ、苦しい点は満腹感は、でん粉質から得られることでしょうか・・・。
そのため、多少なりとも摂取しないと、空腹感が紛れないかもしれません。

Qたんぱく質がグルコースとなって脂肪になるシステム

たんぱく質でも摂取しすぎると、それがグルコースとなって結局体脂肪として蓄積されるという話しを聞いたことがあります。

たんぱく質がアミノ酸に分解されるのは分かるのですが、それが糖質に変化するという過程について化学の知識が中学生並みの私にでも理解できるようにお教えいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

要するに、
血中の余分なアミノ酸は肝臓で分解され、
グルコースに再組成されて脂肪細胞に貯蓄されるのです。

http://hobab.fc2web.com/sub4-metabolism.htm

http://hobab.fc2web.com/sub4-gluconeogenesis.htm

アミノ酸は C H O N (炭素、水素、酸素、窒素)で作られている。
肝臓でアミノ酸が代謝(分解)され、窒素は → アンモニア → 尿素に再編成される。
この後、尿素はおしっこに。
残りの C H O がグルコースとして再組成される。

ということらしいです。

Q内臓脂肪を落とす

内臓脂肪を落とす効果的なトレーニングや方法はありますか?
やはり食事制限は必要でしょうか?

Aベストアンサー

男性でしょうか?

当方41歳男性。
体脂肪率30%からダイエット中。

有酸素運動が手っ取り早いです。
私は今回のダイエットだけでなく過去のダイエット全て水泳やっているのですが、
初めて4回目で腹周りが減ったと感じるようになります。
中でも今回は5回目だったかな、には3時間ずっと泳いだのですが
夜にいつものように腹の脂肪を摘まんでみようとしたところ、ぺったんこになってました。
へそ周りではないですが、陰毛のちょい上の辺りですね。

ただ、私は脂肪肝なのですが、
一般的に言われている、内臓脂肪は付きやすいが減りやすい、とは違う気がしています。
なかなか改善されていません。

Q米食と麦食に必要なたんぱく質

うろ覚えなのですが、以前米食と麦食はこれを補うたんぱく質に違いがある、という説を聞いたような気がします。

米食は大豆蛋白さえ補えば完全食になるのに対して、麦食は動物性蛋白が必要不可欠という説です。

世界の食料生産のことを考えると、莫大な飼料を必要とする肉食を減らして大豆(豆腐など)を大いに食べるようにすることが望ましいと思われますので、この説を宣伝しようと思うのですが、根拠の資料が見当たりません。

どなたか、本とかネット情報とか学者名とかを、ご存知の方は教えていただきたいとお願いします。

Aベストアンサー

>また世界には未だに莫大な飢餓人口が存在することを考えると、食生活を従来の習慣に任せないで、世界の穀物生産を効率的な米作に変換するのがのぞましいと考えます。

素晴らしいお考えだと思います。今の日本で世界に眼を向けている人は貴重な存在です。ただし、その考えを結実させる為には、しっかりと現状の課題を認識する必要があります。

米は小麦とは比較にならない世界最強の収穫量を誇ります。それが中国、インドが巨大な人口を支えられる理由なのです。ただし、その代わり米は贅沢な生育環境を求めます。肥沃な土壌、豊富な水利、温暖な気候、どれ一つ欠けても米は育たない。それが今なお、世界の限られた地域でしか米が生産されていない理由です。

ところが近年、地球温暖化によって小麦栽培地帯で大規模な干ばつ、不作が頻発するようになり、食糧不足に陥った小麦輸入国が米の輸入量を増やすことで補おうという動きが出ています。そのニーズに応えるようにタイは毎年、米の輸出量を増やしています。

にもかかわらず、日本は米余りといいながら、食文化の西洋化にともなって、パスタだパンだケーキだスイーツだと逆に小麦の輸入量を増やしている。日本の米が高すぎるので、輸入小麦にどれだけ関税をかけても米に対して競争力があります。世界食料価格指数が未曾有の高騰を続けている事実を知る日本人は余りにも少ない。日本人は余りにも世界に無知無関心で国内のことにしか関心を持とうとしない。質問者さんのような視野を持つ人は本当に少ない。

FAO世界食料価格指数 2ヵ月連続で史上最高記録更新 今世紀前半は高値が続くとの予想も
http://www.juno.dti.ne.jp/tkitaba/agrifood/foodsecurity/news/11030401.htm

日本が円高にものを言わせて、高値に釣り上げて、世界の貧しい人々の食料を奪って、やみくもにかき集めているといった現実があるのです。世界ではどうやって食料を増産しようかと無い知恵を振り絞っているのに日本だけが逆行して、逆に減反政策で米の生産を制限している。なんということでしょうか。さらに、日本は無理して輸入した食料も賞味期限が切れたとしてぱっぱかぱっぱかゴミ箱に捨てているのです。

5分でわかる食糧問題|環境問題を知ろう|NPO法人ネットワーク『地球村』
http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/food_crisis.html

私が近年、注目している技術に米粉パンがあります。

三洋、“世界初”米から米粉パンが作れるホームベーカリー「GOPAN(ゴパン)」 - 家電Watch
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20100713_380367.html

近年、様々な研究所やメーカーが一斉に米粉パンの技術開発を推進しています。

米粉パンが大豆加工食品とリンクできるようになれば、質問者さんの問題意識の解になるはずです。

食事バランスガイド-大丸の「食育宣言」| 福岡・天神大丸
http://www.daimaru.co.jp/fukuoka/shokuiku/recipe/recipe01.html

今の日本には景気回復を叫ぶ人はいても具体的なアイデアを考える人は余りにも少ない。もっと世界に眼を向ければ、日本の食文化を世界に発信することが、世界の問題解決につながり、ひいては景気回復につながる可能性もあることに気がつくのではありますまいか。

>また世界には未だに莫大な飢餓人口が存在することを考えると、食生活を従来の習慣に任せないで、世界の穀物生産を効率的な米作に変換するのがのぞましいと考えます。

素晴らしいお考えだと思います。今の日本で世界に眼を向けている人は貴重な存在です。ただし、その考えを結実させる為には、しっかりと現状の課題を認識する必要があります。

米は小麦とは比較にならない世界最強の収穫量を誇ります。それが中国、インドが巨大な人口を支えられる理由なのです。ただし、その代わり米は贅沢な生育環境を求めます...続きを読む

Q筋肉を落とさず脂肪を落とす食事メニュー

週3~4トレーニングをしています。
もともと、ぽっちゃり体型でしたが、トレーニングのおかげで筋肉もつき始めました。
ここで、脂肪を落とすためにダイエットをしようと食事制限(朝食をババナナだけ、炭水化物を全体的に減らす)をしましたが、筋肉も一緒にやせてしまうと聞きました。

なるべく筋肉を落とさず、脂肪だけを減らすような食事方法があれば
お願いいたします。

Aベストアンサー

世間のイメージと違ってダイエット時の食事内容て
そんなに特殊な食事にしなくて良いですよ。
普段食べてるものを2~3割カットすれば良いです。
(タンパク質多めの食事なら、もちろんその方が良いんですが…)

逆に言うと日本人の一般的というか平均的なPFCバランス(Protein:Fat:Carb)15:25:60から
脂質を極端に削って25:5:70にしたりしても
総カロリーが変わらないなら減量結果も案外変わらないです。
(脂質の多い食事は高カロリーなので、脂っこい食事を
避けることがカロリー摂取量を下げることにはなり得ます)

なので
>筋肉を落とさず、脂肪だけを減らす
に関しては、「食事内容」よりも
しっかり「筋トレを行うこと」の方が重要度は高いです。

Q動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の比較を高齢者に

はじまして。低栄養気味の高齢者に栄養の話をする場合のアドバイスをお願いいたします。植物性たんぱく質に偏りがちな高齢者に動物性たんぱく質の大切さ、優れていることなどを簡単に分かりやすく伝えるにはどうしたらいいか、悩んでいます。どうしても掘り下げてしまい、アミノ酸価のところまでちらちらしてしまいます。栄養について???のお年寄りに、インパクトのある説明のしかたというのはどんなものでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高齢者はどうしても低栄養状態になりがちですね。
植物性食品の方を好みます。

アミノ酸スコアは、体では作ることの出来ない必須アミノ酸のバランスなので
動物性食品の方が優れています。

戦前、戦後の食糧事情の悪い頃に低脂肪食だったにもかかわらず、
高血圧や脳出血が多かったのは、低コレステロールゆえに血管がもろくなってしまったからです。
動物性食品は摂りすぎても生活習慣病のリスクが高くなりますが、少なすぎても良くないこと。
同時に鉄分なども摂取不足になってしまうこと。
バランスが大切なことを理解してもらえるといいですね。

タンパク質だけではなく脂肪をみれば、植物油に多く含まれる
不飽和脂肪酸は体に良いとされていますが、
摂りすぎても酸化されやすく過酸化脂質になりやすいです。
食事摂取基準では、高齢者でも肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸の上限値とともに
下限値も設定されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報