現在、TOEFLの勉強中の者です。語彙力不足につき、単語の暗記に力を入れている最中なのですが、なかなかスペルまできちんと記憶できずにいます。最近、友人に単語のスペルを書き殴って覚えるよりも、まずフォニックスを知ることが大事だといわれました。それにより、リスニングのも有益とのこと。自分自身フォニックスというものの存在は知っているのですが、はたしてTOEFLを勉強中の身としてどんなメリットがあるのか等よくわかりません。
どなたか、アドバイスいたたければ幸いです。また、おすすめの書籍などあれば併せてお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すみません、確かに品切れのようです。


新しい版が出ると良いのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ、ご返答いただきまして有り難うございます。

お礼日時:2001/06/24 06:33

英語のスペリングは例外が多いと言いますが、


例外が多いのは、基本的な単語、特に中学で習うような語彙によく見られます。
逆に言えば、難しい単語ほどルールどおりのスペリングになります。

ですから、大げさに言うと、フォニックスを学べば、
発音さえわかれば、書けるということになります。

お薦めの書籍は、
『英語のフォニックス』 ジャパンタイムズ 竹林滋著
です。日本人で英語音声学者と言えば、この人です。
研究社の「ライトハウス」系の英和辞典の発音には、
竹林氏が関わっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。
この「英語のフォニックス」という本はもう絶版なのでしょうか
手にいれることができません。
 とにかく、このルールの有用性はよくわかりました。

お礼日時:2001/06/21 15:07

友人の云ったことは急がば回れ、原点に帰ってやり直せという意味でしょう。

フォニックスについて下記URLに詳しく説明があります。ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報有り難うございます。
自分でも、もう少し勉強してみます。

お礼日時:2001/06/21 15:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ