◆現状の課題
・現在、夫婦いずれも個人事業主です。
・国保と年金、住民税とダブルで支払い発生するため家計を圧迫しています。

◆検討事項
・そこで夫婦での「合同会社」設立を考えています。
→夫が代表社員、妻を役員にすべきか従業員にすべきか悩んでいます。
→妻は現在アルバイト(社保等なし)をしており、会社設立後も継続予定です。

◆たずねたいこと
①世帯支出を抑えるには、妻を役員にすべきか?従業員にすべきか?
②妻を夫の扶養に入るようにしたいが、妻の収入年間130万円(バイト+会社給与)を超えなければ可能か?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

役員にするかどうかは、あまり関係ありません。


実態的に代表者の妻は役員と同じように見えるため、みなし役員とされることになるでしょうからね。

実際の金額が変わらないため何とも言えません。
ただ、法人の役員報酬(みなし役員への給与を含む)では、定期定額給与または事前確定給与の二通りで考える必要があります。事前確定給与は検討が難しい点もあろうかと思います。定期定額給与であれば、バイト収入と合わせて余裕をもって役員報酬(給与)の設定が必要でしょう。

バイトと合同会社からの給与の合計で扶養の判断をするわけですが、扶養を理解されていますでしょうか?
130万円というのは、一般的に社会保険での扶養の条件だと思います。
所得税や住民税などの扶養、配偶者の場合には配偶者控除や配偶者特別控除の要件では、103万円と異なります。

130万円の基準は、判定日以降の見込み年収であり、期間の定めがありません。この意味を理解しないと勧めないと思います。

130万円の要件を満たし、さらに、あなたが倍以上の収入となっていれば、あなたの社会保険上の扶養とすることができることでしょう。社会保険上の扶養となった場合には、あなたの収入のみで算定した健康保険料で済みます。扶養されている人の収入や人数は保険料に影響を及ぼしませんからね。さらに扶養となっている配偶者の場合には、国民年金の保険料負担がいらなくなる第3号被保険者になることができます。現在毎月一人1万5千円程度?払っている国民年金が一人分扶養となるのです。当然健康保険と同様に扶養する側の厚生年金保険料も変わりません。ただ、国民年金よりも高い厚生年金となります。ただ、二人分の国民年金と一人分の上乗せである厚生年金加入により、将来得られる年金は増えるかもしれません。

節税できる金額が7万円に満たない場合などでは意味がないかもしれません。個人の住民税の均等割は数千円程度かもしれませんが、法人も別に法人住民税がかかります。法人での均等割は最低でも7万円かかりますからね。

最後に個人の申告は、少し勉強したり教わればできる場合が多いかもしれません。しかし、法人の申告は結構難しいものです。税理士事務所勤務経験がある人や税理士などでない限り、素人だけで申告できている人を見たことがありません。税理士への依頼となれば、それ相応の費用が掛かります。現在個人で依頼している場合でも、法人化により税理士費用の値上げになると思われます。

検討するのは結構大変だと思いますが、頑張ってください。
    • good
    • 0

http://www.goudou-kaisha.com/llc-tax/173/index.h …
上記の参考にもあるとおり、合同会社にした場合、奥様はみなし役員として扱われます。
この場合、勘定項目の扱いとしてはかなり厳しくはなりますが、現在の質問者さんの世帯年収と、
節税できる額等、サイトを参考に照らし合わせてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業引き継ぎ  素人はまず何を勉強すべき?

お世話になります。

他のカテでも質問させていただきましたが 質問させてください


父が零細工場を営んでいます。 従業員は10人ほどです。
父の年齢も60を過ぎ、一人暮らしをしています。


会社は赤字でも黒字でもなくトントンの状態です。

父には現役社長で働いてほしいのですが、万一を考え、父が突然倒れた時に、
家族が(私が)あたふたせずに済むように会社の経理もろもろを把握したいのですが、
父にはその気がありません。  



そのため、会社の内情を知るのは社長の父一人です。
父の方針なのでそれは致し方ないとして、万一の場合に備え、自分で経理やキャッシュフロー、
銀行とのやり取り、小切手に関してなど、ある程度の知識を習得しておきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・私は中途採用でこれまで現場を手伝い、金回りなど、経営にはノータッチでした、経営するうえでの常識的な知識が全くないんです。

そのため、父が急死した場合には、何もわからず、遺産放棄するか、うまくできても、
会社を閉鎖するしかないと考えています。

従業員の人生もあるので、最悪それだけは避けたいと思っています。

そこで下記お教えください。

①上記のような現社長が事業継承の準備をせず、しかも継承者が経営のイロハの何もわからないとき、
 習得すべき分野として、どこから手を付ければよろしいでしょうか?
 優先順位などありますか?   経理を勉強したらよろしいでしょうか? 銀行や小切手に関して調べればいいでしょうか? ・・・・・・・・・全くの見当違いの事を私は考えているでしょうか?

② 同じような経験をされた方がおられましたら、どのように乗り切られたか、お教えください。


何から手を付けてよいかわからず不安です。
このままだと、社長の突然死=会社倒産となります。

(事情があり 現社長よりスムーズな引き継ぎが難しい状態で
さらに 親族の誰も 会社経営を引き継ぐ気持ちはありません

私以外の親族が引き継いだ場合  会社は閉鎖することになっています。
私しは中途採用で 父の経営する会社に入社しました、
私も経営を引き継ぎたくなく、逃げていましたが、40歳を機に
仕方なく、現会社に勤め始めました。
事情が複雑でうまく説明できず申し訳ありません
ですので、社長を説得するとかのご意見ではなく、 経営をするうえで、素人の私が
まず何を勉強すべきか お教えいただければ幸いです)


以上 こうした分野に詳しい方がおられましたらお教えください。

お世話になります。

他のカテでも質問させていただきましたが 質問させてください


父が零細工場を営んでいます。 従業員は10人ほどです。
父の年齢も60を過ぎ、一人暮らしをしています。


会社は赤字でも黒字でもなくトントンの状態です。

父には現役社長で働いてほしいのですが、万一を考え、父が突然倒れた時に、
家族が(私が)あたふたせずに済むように会社の経理もろもろを把握したいのですが、
父にはその気がありません。  



そのため、会社の内情を知るのは社長の父一人です...続きを読む

Aベストアンサー

すでにお二人から詳しい回答もありますが、まず何から、と考える間に思いつくところからスタートすることをお勧めします。60才を過ぎているとなると、技術の伝承、経営のノウハウなどの伝承、そして、モノ・カネの有利な承継にはある程度時間がかかるために、すでに忙しい段階に入っていると思われます。

とはいえ、全体像が見えないと着手しづらいかと思います。中小零細工場の事業引き継ぎは、国の施策としても重要課題ですから、ちょっと気にしてみてみると、体系的に学べる講座などを、民間の少々お値段のはるものから、中小機構や商工会議所や商工会のような支援機関などで実施しています。このようなものに気にとめて探してみてください。

モノヒトカネ、が承継すべき「もの」ですが、No.2 の方の回答の後半にも見られるように、それを支えている理念、ノウハウや会社の雰囲気、とくにこの規模ですと、従業員同士、経営者と従業員の人間関係というのも、貴重な財産で、この支えがなくなると、モノヒトカネを承継しても維持できないケースは多々有ります。それを整理するのが私の専門分野ではありますが、個別具体的なので、一般論として回答はむずかしいところです。

あとは、先輩経営者の声は少なからず役立つと思いますので、そのような人の集まるところで情報交換も有効な方法ではないかと思います。

日本を支えているのは質問者さんのお父様の会社のようなところです。頑張ってください。

すでにお二人から詳しい回答もありますが、まず何から、と考える間に思いつくところからスタートすることをお勧めします。60才を過ぎているとなると、技術の伝承、経営のノウハウなどの伝承、そして、モノ・カネの有利な承継にはある程度時間がかかるために、すでに忙しい段階に入っていると思われます。

とはいえ、全体像が見えないと着手しづらいかと思います。中小零細工場の事業引き継ぎは、国の施策としても重要課題ですから、ちょっと気にしてみてみると、体系的に学べる講座などを、民間の少々お値段の...続きを読む

Qハゲ社長です。どうすべきか

ハゲで引きこもってPCばかりやっていて、ビジネスを思いつき現在社長をやっています。取引も電話、メールで済む場合が多く、人と実際に接する機会があまり無かったのでスーツも、持っていない22歳です。
ハゲが醜いのでぼうずにしていますが、それでもやはり、ハゲです。
現在お世話になっている税理士さんの事務所でセミナーが開かれるので是非いらしてください!と言われています。
僕は勉強したいので行きたいのですが、
スーツで坊主で22歳で、行ってもいいものでしょうか?
私服で坊主はありなのですが、その格好でセミナーにはとてもいけないので困っています。アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

大丈夫です。
昨日も、坊主頭でスーツ姿の就職活動中の大学生、をテレビで見ました。

さっき夫に聞いたのですが、セミナーはスーツ姿の人が大多数だけれども、私服の人も時々いる、との事です。
とりあえず、1回目はスーツで行って、2回目からは私服、というのもありかもしれません。

確かに少々目立つかもしれませんが、他の方に覚えてもらえるチャームポイント、ぐらいに思ってもよいのではないでしょうか?

そのセミナーというのは、どんな方が集まるのでしょう?
もし個人営業主みたいな方が多ければ、もっと気が楽だと思います。
一人で起業している人というのは、個性豊かな人が多いですから、少々のことでは驚きません。

お仕事、がんばってください!

Q会社の設立時に親を役員に

会社の設立をしようと思っています。

ほとんど知識がないので的ハズレな質問をお許しください。

まず、資本金を用意できないので、確認会社での設立を考えています。
司法書士に依頼をしてやろうと思っています。
自分でやっても大きな差はないですよね?

業務内容は、防犯機器の販売です。
機器は無償で配布します。
毎月の利用料として、3千円をお客様から頂戴する予定です。

そこで質問なのですが、

私独りが会社をやるとなると、もし万が一、私が交通事故などで死亡した
とします。
その時点で法人は消滅になりますか?

また、お客様が毎月支払う3千円はどうなりますか?
機器自体は使い続けることができると思うのですけど。

じゃあ、その回避策として、
両親などを形だけでも役員として名前を連ねておいたほうがいいのですか?
とはいえ、両親は70歳を越える高齢者で、具体的に何か仕事が出来るわけでは
ないです。
両親とも年金暮らしです。
私は47歳の独身なんです。

少し余談なのですが、
親を役員にしておくメリットって他にも何かありますか?
電話番を仕事の名目にして、役員報酬がもらえるとか?
まあ、会社運営がうまくいくことが大前提ですけど。

お手数ですがよろしくお願いします。

会社の設立をしようと思っています。

ほとんど知識がないので的ハズレな質問をお許しください。

まず、資本金を用意できないので、確認会社での設立を考えています。
司法書士に依頼をしてやろうと思っています。
自分でやっても大きな差はないですよね?

業務内容は、防犯機器の販売です。
機器は無償で配布します。
毎月の利用料として、3千円をお客様から頂戴する予定です。

そこで質問なのですが、

私独りが会社をやるとなると、もし万が一、私が交通事故などで死亡した
とします。
その時点で法人は消...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、恥をかくのも第一歩なので・・・気にしないで下さいね。
この投稿が終了する前に心ない投稿がされちゃうかもしれませんが・・・。

検索エンジンで「会社 設立 手続き」でまずはたくさん調べましょう。
確認会社ってすでに死語です。設立に必要な資金だけの資本金にすれば
大丈夫です。

>自分でやっても大きな差はないですよね?

まったく問題ないです。時間を買うっていう感覚で司法書士にお願いする
のが本筋で、もし時間が十分にあるなら、公証人役場の人も法務局の人も
指導してくれるので、おんぶに抱っこにならないようにしっかり調べて
から相談したら良いです。

>機器は無償で配布します。
>毎月の利用料として、3千円をお客様から頂戴する予定です。

一時期の携帯電話のような商売方法ですね(苦笑)。あまり無償を強調しすぎない
ように気をつけて下さいね。

>その時点で法人は消滅になりますか?

消滅しません。法人は法定相続人のものです。ですから、親を役員に無理やり入れる
必要はありません。

>親を役員にしておくメリットって他にも何かありますか?

税法上はデメリットです。役員に対しては役員報酬でしか払わないのが原則です。
アルバイト代として支払って所得を減らしたかった場合は、役員でない方が
機動的な支払いが可能になります。ただし、営業面から役員数を増やしたい、信頼
をもらいたいと増やす人は多いです。

頑張って下さい。

まあ、恥をかくのも第一歩なので・・・気にしないで下さいね。
この投稿が終了する前に心ない投稿がされちゃうかもしれませんが・・・。

検索エンジンで「会社 設立 手続き」でまずはたくさん調べましょう。
確認会社ってすでに死語です。設立に必要な資金だけの資本金にすれば
大丈夫です。

>自分でやっても大きな差はないですよね?

まったく問題ないです。時間を買うっていう感覚で司法書士にお願いする
のが本筋で、もし時間が十分にあるなら、公証人役場の人も法務局の人も
指導してくれるので、おんぶ...続きを読む

Q人生を変えるために何をすべきか?

人生を変えるために何をすべきか?
1)転職 2)旅行 3)引っ越し 4)恋愛 5)起業
などといいますが 私は1のあとに5を考えています。それで人生は変わりますか?今日は人生のターニングポイントです

Aベストアンサー

まず人生を変えたいという発願ですね。何が何でもやるという誓い。それが大前提ですね。

私は占い師兼務なので(笑)引越しをしました。300キロは離れた吉方位にきたので効果大です。

さてその後ですが私も起業までいかないですが今現在社員の身分ではないので(プチ自営)将来は何で起業?と思いつい最近仕事を起業向きに変えようかとものすごく考えました。
結果自分の中では新しいことをしたかったけれど慣れててお客様の評価も頂いてる今の仕事を今は続けようと落ち着きました。
新しい仕事もいいですが基盤のあるところからの起業もいいかと思います。

がんばってくださいね。

Q知人の株式会社設立に、役員として参加する場合

知人が会社を設立するにあたって、役員として参加して欲しいと言われています。2年ほど一緒に仕事をして、信頼できる相手なので引き受けようと思っています。立ち上げは来年ですが、こういうことは初めてなので事前に色々調べています。今の時点で下記のことを聞いています。
-------------------------------------------
資本金1千万円で代表取締役を二名、会長(6~7割)、社長(1~2割)、取締役(1割~2)、監査役(1~2割)で四名を新会社設立の登記ビジネスパートナーとする。株券は発行しない。資本金は取締役辞任において全額返金できる。設立にあたり100~200万円の出資と印鑑証明・住民表が必要。
-------------------------------------------
上記以外に知っておかなければならないことや、事前に準備する必要があるものは何でしょうか。また、金銭トラブルの原因になりやすいことなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

一方的に片寄った見方をして見ますのでご参考まで。記載内容が不愉快なら無視して下さい。

1.知人が社長候補なら、会長職となる実際の経営者が別に居る。会長の持ち分が67%以上だと、他の株主の発言権は一切無いに等しい。
2.又、知人は新規事業の立上げに2百万円程度の金しか持たない事になる。
3.通常「ビジネスパートナー」は、取引顧客(仕入先・共同開発先・販売代理店等)を指す用語であり、共同出資者・役員等社内の人間はは当該ビジネスの当事者である。用語が相手から出ているのであれば、相手の質問者に対する意識は出資時に金を出させるだけ、という認識がありそう。
4.非上場会社の株式売却には通常定款上「譲渡制限」が課せられるので、譲渡には会社の取締役会の承認が必要。(一般的には既存の他株主に買い上げてもらうしかない)
5.会社による資本金の払い戻し手段は「自社株買い」しか無い。通常は上記のように別の株主か会社の指定する第三者への売却と形式になるが、開業後赤字が蓄積すれば出資金の価値は当然劣化・減少する。資本金の返済が可能という発言を先方がしているなら、無知か偽網行為かのどちらか。
6.新会社に対する質問者の果たすべき役割が何か、それに対してどういう形で報酬を得るか、が未定。スキル・ノウハウを提供するなら役員報酬的な支払があるが、提供するのが出資金だけなら収益からの配当しかない。元本保証の銀行定期で得られるリターンは年0.3%以下、新規事業のリスクを考えると出資金が3年先にゼロになっている可能性もある。
7.質問者がサラリーマンだとすると、勤務先の職務規程上に「兼業の禁止」があり、役員就任は当該規定に該当する筈。(役員報酬を得る・得ないによらず)
8.取締役就任により、会社債権者・株主・一般顧客に対する取締役としての責任を負担することになるが、その点の認識があるかどうか。或いは、(出資行為自体だけであれば株主有限責任の原則で出資金以上の責任を負う事は無いが)取締役の責任に見合うリターン(報酬・配当・株式の価値上昇・名誉が得られるのかどうか? 
9.個人的には、当該ビジネスに質問者が積極的に関わっていく意思があるなら、出資・役員就任、会社運営へ関与できないなら出資だけに留めるが出資金の返還は期待しない、金銭トラブルを懸念するなら何もしない、という選択肢ではないか、と考えます。

一方的に片寄った見方をして見ますのでご参考まで。記載内容が不愉快なら無視して下さい。

1.知人が社長候補なら、会長職となる実際の経営者が別に居る。会長の持ち分が67%以上だと、他の株主の発言権は一切無いに等しい。
2.又、知人は新規事業の立上げに2百万円程度の金しか持たない事になる。
3.通常「ビジネスパートナー」は、取引顧客(仕入先・共同開発先・販売代理店等)を指す用語であり、共同出資者・役員等社内の人間はは当該ビジネスの当事者である。用語が相手から出ているのであれば...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報