動物は痛みを感じるのでしょうか?

人間に比較的近い種類の動物、例えば、猿・犬・猫などは、その表情、声などから痛みを感じているのが容易に想像できますよね。
では、もっと小さな、例えばネズミはどうでしょう?同じ哺乳類として似たような身体の構造だし、きっと痛みも感じているでしょう。
では、哺乳類から離れて、鳥類ではどうでしょう?
怪我をした鳥たちの様子からすると、痛みを感じていると考えてほぼ間違いは無いでしょう。
では、爬虫類や両生類はどうなのでしょう?なんとなく、この辺まで来ると痛みを感じてないように漠然と思ってしまいますが、本当のところどうなんでしょう?
もし、痛みを感じているとしたら、昔やったカエルの解剖が、ものすごくおぞましいものになってしまいます。
魚類はどうなのでしょうか?釣られた魚が、針の痛みや、呼吸困難の苦しみを、人間にわかる形で表現できていないだけだとしたら・・・

一昔前は、犬や猫も痛みを感じないと当たり前の事として思われていたという半紙を聞きました。彼等が痛がっているように見えるのは、ただそう見えるだけだと。
だから、遊びで動物を傷つけたり(闘牛・闘犬など)、生きたまま麻酔もなしで解剖したりしても、全然問題ないのだと。

今、僕たちが特に深く考えもせずに、活き作りを食べたり、昆虫採集で虫ピンで串刺しにしたりしている事が、将来の人からしてみると、ものすごい野蛮なことかもしれません。

ちょっと、皆さん、一緒に考えてみませんか?
彼等が、本当に、痛みを感じているのか、いないのか。

(しかし、痛みを感じているのが判ってて、なぜ未だに闘牛や闘犬は続いているのでしょう??なぜ、それを見て人間は喜んでいるのでしょう??)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

闘牛などをする人たちは生物としてクズです そして動物はいたみをかんじます

    • good
    • 2

今更、レスするのもなんですが、


質問主さん本当に「カエルの解剖」した事あるんですか?

私が小学生の時、担任の先生とクラス全員でトノサマガエルの解剖しました。
そして、手足とか針刺して固定しているのに、
真っ白なトノサマのガエルのお腹にメスを入れた瞬間、
トノサマガエルは五メートルくらいぶっ飛びましたよ。
よっぽど痛かったんだなあ、と皆で言い合ったものでした。

>もし、痛みを感じているとしたら、昔やったカエルの解剖が、ものすごくおぞましいものになってしまいます。

うーん、どうして貴方のやったという「カエルの解剖」がおぞましさや痛みを感じさせないものなのかわかりませんね?
事前に殺しておいたとか、薬かなにか使ったのではないですか?
私の見ていたカエルの解剖は「とてもおぞましく、痛そうなもの」でした。
    • good
    • 2

当然ありますって(^^


ちなみに、肉料理はいかにその動物を残酷に調理するかで
味の善し悪しは決まってきます。

だってただ焼いたのと塩を刷り込んで焼いたのとどっちがおいしいですか?

普通にそのまんま湯通しした肉と
おもいっきり叩いて油で揚げた肉

どっちが旨いとかんじます?

悪魔な言い方ですが、
人は残酷な手法を料理を以て再現し
幸福を得る生物であることに間違いないでしょう

だから人間に食べられる動物に痛覚がなければ
私たち人間の味覚が満足しない

人肉がうまいと言ってるのは、痛覚もありとろける脂肪も多少はあり人間として最も残酷に感じるからではないのかと思う。
人体の解剖博物館かな…
そのあとの焼き肉がすごく旨く感じたから確信がある

人は残酷な生き物
だから権力者は戦争とかいって平気で人殺しをするし
異端者はすぐ迫害の的にして優越にひたる
また、人を傷つける事でエンターテイメントにするわけだ

当たり前なことだよ
人間ならばそれが本能なんだから
    • good
    • 0

魚には“痛点”ってのが無いので痛みを感じないと言うのをテレビで見たことがあります。

短くてすみません。
    • good
    • 0

 痛みを感じるというのは「怖い」ことです。

「怖い」という感覚は本能的に「死への恐怖」と結び付くものです。人間を含めあらゆる生命体はできる限りこの「死」というものを回避して、種の保存に努めようとするものです。生存競争において優位に立つためには「危険回避能力」が備わっている必要があります。「危険回避能力」はつまり「死への恐怖」を感じることであり、それを恐ろしいものとして認識することです。
 全ての生命体が「痛み」という感覚を感じるのかは今後の研究結果を待たなければなりませんが、少なくとも「恐怖」というものは感じているでしょう。No.1のnyanzowさんがお答えになっていたように、ゾウリムシでさえ自分の身の危険を感じると本能的に「危険回避能力」を働かせるのですから。
 また、脊椎動物は基本的に痛みを感じるというお話が前にもありました。これに関連することなのですが、南米にペーシュカショーロという魚がいまして、日本でも熱帯魚として飼われている方が結構いらっしゃいます。ペーシュカショーロとはポルトガル語で「犬のような魚」という意味なのですが、本種の最大の特徴が下顎から生えている牙にあるため、そのように名付けられたようです。ところで、この下顎の牙には、それに見合った「さや」があるのですが、つまり上顎に牙を収納するための穴が2つ開いているのです。これについて、以前おもしろい話を聞いたことがあります。あるお宅で飼われていたペーシュカショーロが、ある事故によって2本あるうちの1本の牙を折ってしまいました。しかし、数日後には新しい牙が生えてきました。ところが牙が復活してから、魚がやけに暴れるようになってしまいました。不思議に思った飼育者が目を皿のようにして観察していると、どうもエラを動かす、すなわち口が開閉するのに合わせて暴れていることが分かりました。さらに観察を続けると、なんと、新しい牙が納まるべき場所よりも少し前にせり出してしまい、上顎の先端を突き刺していたのです。明らかにこのペーシュカショーロは痛みを感じて暴れていたのです。
 無脊椎動物に関しても以前おもしろい話を聞いたことがあります。オーストラリアではロブスターの調理法に関して法律があるそうです。この法律というのが、国家としての法律なのか、あるいは州としての法律なのかは忘れてしまいましたが、ある研究機関が「無脊椎動物であるロブスターも痛みを感じている」という研究結果を発表したのです。残念ながら、どういった研究方法によってこのような結果を導き出したのかは私にもよく分かりませんが、オーストラリアではこの研究結果を受けて、レストランや一般家庭を問わずロブスターの調理法に関して細かい条件がつくようになりました。例えば、ロブスターを生きたまま茹でることの禁止、活き作りの禁止、また、ロブスターに包丁を入れる際にもロブスターができるだけ痛みを感じないようなさばき方などが事細かに規定されています。もちろん法律ですから、これに違反しますとそれ相応の懲罰が科されることになっています。
 人間が勝手に「こんな小さな動物は痛みなんか感じない」と思っているだけで、実際はどんな生物でも痛み、あるいは恐怖を感じるのではないでしょうか。そうでなければ、ほとんどの生物は危険を回避する術を知らないがために、現在ではすでに過去の生物となっていたことと思われますがいかがなものでしょうか。
 
    • good
    • 2

こんばんわ。

是非一度お読みになってみて下さい↓。
ちなみに、保健所での犬猫の処分は、炭酸ガスはいいほうで、もっと悲惨なやり方を取っている自治体もあります。中でも、犬を長い棒の先に板の付いた物で壁に押しつけ、さらに棒の先に付けた致死性の毒薬を胸腔内に注射するというやり方は、地獄の沙汰だそうです。「拷問死」ですね。
それから、闘犬に関して、私も犬はあくまで戦わされているんだということを訴えたいですね。「犬がやりたいから~」は体のいい言い訳ですよ。

参考URL:http://www.fuefuki.com/zatsubun/38.html
    • good
    • 2

長文の御礼を有り難うございます。


御礼の中で再質問があるようなので、答えさせていただきます。

1:瀕死の重傷の場合は痛みは感じないのですか!?

これは、私個人に限ると言った方が良いかもしれませんが、本当です。
顎の粉砕骨折と、腰椎4番の座滅骨折(身長が3.6cm低くなりました)で、路上に投げ出され、危険回避のため動こうとしても動けませんでした。
 それとランナーズハイという言葉だったと思います。
マラソンランナーは、限界まで走って苦しみを通り越すと気持ちよくなると言う現象です。
あれなんかも苦しみの限界まで来ると感じなくなると言う良い例かもしれません。
草食動物も、肉食動物に捕食された瞬間にはもう痛みは感じていないと言う記述を見たことがあります。

2:遊びで動物を傷付けたり殺したりすることは、やめるべきなのでは?

勿論ですね。
私もそう思います。
でも、今ここで、では闘牛が野蛮な行為だという議論をしても、一方で文化だという見方がある以上、あなたの質問の主旨から離れてしまう危険も有ります。
闘牛や闘犬はもうすでにただ単に見て喜んでいるだけではなくなっています。
それを言い始めると競馬だって品種改良までして馬を無理矢理走らせているわけですから、考えようによってはもっと残酷かもしれません。
ですから、この場では、”痛みを感じているのか、いないのか。 ”と言うことにして、別の場で闘牛や闘犬についての議論をしたら如何でしょう。

3:動物に対しての人間の接し方については、問題が多いように思えます。

そうですね。
確かにそう思います。
特に子犬に対する虐待や、昔の矢ガモの話なんかは心が凍りますね。
弱いものにはどんな残酷なことでもしてみたいという、強者の論理に征服された人、独裁者には到底なれない独裁者予備軍団、酷いときにはホームレスの人たちさえターゲットにし、暴走行為で車を襲ったりします。
動物に対してと言うより、生命に対する畏れというものがないですよね。
慈しむ心、これは大切だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答、ありがとうございます。

ものすごい経験をなされてるんですね。σ(^◇^;)
僕も腎臓を損傷して病院に担ぎ込まれたことがありますが、その時は無茶苦茶痛かったです。まだまだ、瀕死じゃなかったからなのでしょう。

「慈しむ心」というのを聞いて、思い出した事があります。
英語でいう"LOVE"。一般に「愛(する)」と訳されてはいますが、本当に日本語の中で最も近い意味を持つのは、「慈しむ・慈悲」なんだそうです。
ただ、それだと仏教用語になってしまい、英語を持ち込んだキリスト教としては都合が悪いので無理矢理「愛」としたんだとか。

仏教といえば、ガンジーも動物実験に反対してました。むやみに殺生をしてはいけないとも、うたっています。
元来、そういう意味でも、日本は、動物虐待の後進国だったのですが、いつのまにか、動物愛護の後進国になってしまいました。

hiro1001さんのおかげで、今回の疑問に対して、さらに深く考えることができました。本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 00:22

痛みというか、刺激を刺激として感じない生物は恐らく病気のもの以外居ないのではないかと思われます。


オジギソウは植物ですが、刺激に対して反応する植物としてよく例に挙げられますよね。
実際植物だって嫌な場所が有れば、何世代かを要しますが、ちゃんと逃げます。
ただ、私の経験から言いますと、瀕死の重傷の場合は痛みは感じません。
その時点では苦しさも感じません。
病院に運ばれて何時間か経過して初めて苦しさを感じます。
痛みを感じるのはそのかなり後、二日後くらいになります。
ですから、屠殺場でも急所に一撃を与えると聞いています。
急所に瀕死の受傷をすると痛みは感じないのではないかと思います。
ですから、動物同士の戦いなどでは、その時には精神が高揚していますから、痛みは感じないかもしれません。
今や闘牛や闘犬は、一つの文化にもなっています。
食の形態も一つの文化です。
それを一概に痛みを感じているのが判っていてと言う言葉で非難の対象とすることにはいささかの疑問もあります。
むしろ、先日有ったような子犬への虐待や、拷問にこそ疑問の目が向けられるべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文脈から察するところ、獣医さんでいらっしゃるのでしょうか?
専門家の貴重なご意見、ありがとうございます。

瀕死の重傷の場合は痛みは感じないのですか!?
一種の自己防衛機能なのでしょうか。なぜ、人間は感じるんでしょうねぇ?

僕自身、活け作りが悪いとか肉食はやめるべきだとかといった極端な意見を持っているわけではありません。
ただ、痛みを感じているという事を意識しないまま、遊びで動物を傷付けたり殺したりすることは、やめるべきなのでは?と思っています。
ドラキュラのモデルとなった伯爵は、自らの楽しみの為に人間同士に殺し合いをさせたり、串刺しにしたりとかして、残酷な人間として有名ですよね。それとある意味同じ事を普通の人がそれを残酷な事と気付かないまま、やってる事があるのではないでしょうか?
「闘牛や闘犬は一つの文化となっている」確かにそうです。だからといって、それが正しいこととは限らないのではないでしょうか。
ご指摘の通り、他にももっともっと、目を向けなければいけない問題はあると思います。ただ、だからといって目をそむけていていいという道理にはならないと思います。闘牛も、立派な虐待ではないでしょうか。

話は変わりますが、屠殺場で急所一撃で安楽死という事ですが、保健所で捨て犬や捨て猫の処分は、炭酸ガスと聞きました。それも大きいのも小さいのもまとめて一度に処分する為、効きの悪いのも中にはいて、「安楽」な死ではないという話を聞きました。

考えれば考えるほど、いろんなことを知れば知るほど、動物に対しての人間の接し方については、問題が多いように思えます。

お礼日時:2001/06/15 00:51

 えーとですね。


 脊椎動物は基本的に痛覚神経を持っていますので、痛みを感じます。
 それに対し節足動物は痛覚神経がありません。バッタなどは、触角でないと触れられたことが分かりません。

 ところで余計なお世話ですが……(^_^;
 動物に苦痛を与えて楽しむことの野蛮性を訴える書き込みであれば、「生物学」は少々ジャンル違いなのではないかと思います(^_^; 社会問題のジャンルであれば、昨今の動物虐待の話とかできたんですが……。

 ちなみに昔、動物は痛みを感じない、という考え方があったのは、そう考えないとやっていけなかったからでは? 昔の仏教徒、あるいはベジタリアンと呼ばれた人達は、命を持った生き物を殺すことは野蛮であると大昔から考えたわけですが、そうでもしないと、昔の人だって肉食えなかったわけです。
 しかも、昔は「植物は生き物ではない」という考えがあったのでそれでもよかったんですが、現在では植物にも生命があるという考えが主流なので、「野蛮な行為をしなければ人間が死ぬしかない」わけです。

 ちなみに闘犬が痛みを感じてなお戦いつづけるのは、「痛みを感じる=戦いをやめる」ではないからです。彼らにだって自らの意志もプライドもあるんですから。それを見て楽しむ人間側が野蛮だと思うなら、それは見なければいいだけのことですし。俺は好き好んで見ようとは思いませんけどね。

 何が野蛮で何が野蛮でないかは自分で決めることであって、人から教わるものでも、人に教えるものでもないと思います。まあ、親が子に教える場合は除いて。
 俺に言わせりゃ、生き作りを食うよりも、無作為に女の子をナンパする方がよっぽど野蛮です(もちろん程度の問題ではありますが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答・ご指摘、ありがとうございます。

確かに、意識的に、もしくは無意識の内に、「動物は痛みを感じない」と思わなければ、精神的に参ってしまうというのは、あったのかも知れませんね。
ただ、それが当たり前の事になりすぎて、生きるため以外の娯楽・スポーツなどでさえも、深く動物の痛みを感じない様になってしまったのかも。

ただ、だからといってこのまま、これから先も考えないでいいという事ではないのでは、と思います。
生きるために、肉食獣は他の生き物を殺して食べます。植物にも生命があるという点では、草食動物も然りです。ただ、彼等は遊びの為には殺さないでしょう。
(人間以外にもシャチとかも遊びで他の生物を傷つけると聞きましたが、それはちょっと置いといて・・・)

食べる為に動物を殺すことと、無意味に動物を傷つける事では、全く意味が変わってくるような気がするんですけど・・・
一言で「野蛮な行為」とくくってしまうのは、おかしくないでしょうか?

また、闘犬の件ですが、「自らの意思もプライドもある」というのは、果たしてそうと言えるのでしょうか?他の犬を傷つけるように人間に仕込まれ、より激しく闘うようにストレスを与えられ、無理矢理狭い競技場で闘わされて、それでも自らの意思なのでしょうか?
戦争において、戦地に赴き、やらなければやられる状況に追い込まれた兵士達が、殺し合いを行う事を自らの意思と呼びますか?

ところで、「プライド」っていうのは、動物達も持ってるんですかねぇ?
持ってるとして、どこまでの動物がもってるものなのでしょう?
質問が、かぶっちゃいますので、これは、別の機会にとっておきましょうか。

無作為に女の子をナンパするのは、確かに、あまりにも本能のままで、野蛮な行為かも知れませんね。(笑)

ちなみに、「生物学」にしたのは、実際に動物を解剖したり、動物実験をされたり、治療したりといった生き物の専門家の方々の意見が聞けるかな、という思いがあって一応選びました。
「社会問題」だと、虐待だとか、最近のクマの話とかで、動物愛護家よりの意見に偏るような気がして。

お礼日時:2001/06/15 00:26

痛みを感じなかったら、自分の体が傷ついていることがわからずに、平然と死ぬまでそのまま、危険回避できずに要ることになります。

そういうことでは、生存競争に生き残れないから、とっくに絶滅していると思います。(植物は、逃げようがないからしかたないけれど)

カエルの解剖は、麻酔しませんでしたか?脱脂綿にエーテルかなんかで・・・。
昆虫採集の虫ピンでも、いきたままでしません。

魚は、苦しませると、ATPがっ消費されてまずくなるので、安楽死(シメ)させて食べたほうがおいしいはずです。活きづくりは、「見た目」(あるいは、料理旅館が「冷凍ではないぞ」というアピール、および、職人の腕自慢)だけのもので、本当に美味しいものを食べるための行為ではないでしょう。

闘牛は、牛にとっては迷惑そのものですが、人間にとっては、ボクシングみたいに、痛いのを承知でやっているのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

カエル・昆虫・魚については、痛みを感じないように、してさえやれば殺しても大丈夫、という風に理解すればいいのでしょうか?
それとも、殺さないといけない事情の際には、痛みを感じさせないようにするべきだ、というご意見なのでしょうか?

申し訳ないですけど、闘牛の件は、ちょっと理解できなかったのですが...
「人間にとっては、痛いのを承知で・・・」
ボクシングと違って痛いのは、牛ですよねぇ?牛は痛いのを承知した覚えはないと思うのですが・・・

「動物も痛みを感じる」という、そもそもの僕の質問に対しての回答は、理解できたのですが、ちょっと、nozomi500さんの回答の主旨が理解できませんでしたので、お手数ですが、補足お願いできませんでしょうか。

お礼日時:2001/06/14 23:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哺乳類で視力の一番良い動物はなんですか?

動物で視力の良いのは猛禽類とは聞きますが
哺乳類で視力が良いのはなんでしょうか?
又、人と比べるとどれぐらい優れているのでしょうか?

自力で調べたのですが猫という説もコウモリという説も有り
(コウモリは、エコロケーションを持たない仲間の視力)
良く判りませんでした
お判りの方、お力添へお願いします。

Aベストアンサー

生物の場合、「視力が良い」にはいろんな意味があります。

(1)遠くで動いているモノを見ることができる(望遠)
(2)走っている獲物との距離とその速度を測ることができる(測定)
(3)多くの色を見ることができる(波長による可視域:赤外線や紫外線など)
(4)広く見ることができる(視野角)
(5)暗くても見ることができる(暗視)

これらの点について、どの種(ほ乳類)の視力が良いかと断定するのは難しいのですが、ざっくりと言って、

(1)と(2)と(3)では、サルやチンパンジーなどの霊長類
(4)では、ウシやウマなどの草食のほ乳類
(5)では、夜行性のほ乳類

が、それぞれの分野において、視力が良いとされています。

人間の視野角は180度くらいですが、ウマはほぼ360度です。つまり、ウマには前を見ながら後ろも見えているのですね。

夜行性である多くのコウモリは音波を使って世界を「見て」いますが(エコーロケーション)、一部のコウモリは実際に目で見て飛んでいます。また、同じく夜行性のメガネザルも暗視能力に優れています。

それから、(1)から(3)の項目でもっとも視力が良いほ乳類は霊長類である、とお答えしましたが、中でも一番視力が良いのが、なんと私たち「人間」です。眼鏡率が高い私たち日本人からすると信じられない話ですが、広大な自然の中で暮らすアフリカの人の視力は驚異的なのですよ(視力6.0!)。

では、なぜ人間がほかのほ乳類と比べて良い視力を持っているかというと、他のほ乳類は視力ではなく「聴覚」や「嗅覚」を発達させてきたからです。「生きている動物を狩る」という点では、あやふやな視力よりも聴覚や嗅覚のほうが確かなのでしょう。逆に、チーターなどと比べて筋力や瞬発力が劣り、ウシやウマなどのように逃げ足の早さも持久力も劣る霊長類は、視力を強化することで生き延びるようになったのではないでしょうか(生き残ったものがたまたま視力が良かったとするのが進化論的には正しいですが)。

生物の場合、「視力が良い」にはいろんな意味があります。

(1)遠くで動いているモノを見ることができる(望遠)
(2)走っている獲物との距離とその速度を測ることができる(測定)
(3)多くの色を見ることができる(波長による可視域:赤外線や紫外線など)
(4)広く見ることができる(視野角)
(5)暗くても見ることができる(暗視)

これらの点について、どの種(ほ乳類)の視力が良いかと断定するのは難しいのですが、ざっくりと言って、

(1)と(2)と(3)では、サルやチンパンジーなど...続きを読む

Q動物(哺乳類)にはおへそはあるのでしょうか?

ふと疑問に思ったのですが、哺乳類にはおへそはあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「哺乳類だからお臍がある」と言うのは間違いですし、正確ではないです。

正確には「胎生で産まれる生物にはお臍がある」です。

お臍とは「胎児が臍の緒を通じて母体と繋がっていた痕跡」ですから「胎生で産まれる=お臍がある」と言って差し支えない訳です。

哺乳類の殆どは胎生ですが、ごく一部、カモノハシのように卵生で生まれ、哺乳する生物があります。つまり、卵生の哺乳類です。卵生なのでお臍が無いですが、哺乳するので哺乳類に分類されています。

そういった訳で「哺乳類にはお臍がある」は間違いと言う事になります(お臍のない哺乳類、カモノハシのせいで)

Q(遺伝子を継がない)子殺しをする動物、しない動物の傾向はどんな感じでしょう?

お世話になります。

 TVで自然ドキュメンタリー番組を見ていたら、「赤カンガルーの子連れ母親のオス選び」のVが流れていて、母親は強いオスを選ぶため、次々に、連れ合いのオスを他のオスと戦わせて、排卵時期まで一番強いオスを求め続ける、というシーンを描写説明していました。

 このレポートで印象的だったのは、交尾が終わってメスのもとを離れるオスが、メスが連れていた、自分とは血のつながっていない、親離れ時期の子供を、(仲間として)連れてメスの元を旅立つことでした。
(番組上、連れて行く子が、オスかメスか?はわかりませんでした。)
 
これは、私には意外でした。

 ライオンのように、ハーレムをのっとると、前のオスの子供は、殺しつくすというのが、自然のように感じていたので、まるで修行の旅に連れて行くように、血のつながらない子供を連れていく赤カンガルーのオスというのには、多少、ロマンを感じてしまったのです。(まあ、人間のセンチメンタルな誤解なのでしょうが(笑))
 
で、ご質問は以下のことです。

 主な動物で(哺乳類に限ってもよさそうですが?・・・)
ハーレムのっとり時や、子連れメスとオスがめぐりあった時
・遺伝子を継がない子供を殺す、主な動物
・遺伝子を継がない子供を受け入れる、主な動物
を、割合やエピソードなどをからめて、ご教示いただければとおもいます。
 
 併せて、子殺しの一般的傾向をレビューいただければ、幸いです。
 
 

お世話になります。

 TVで自然ドキュメンタリー番組を見ていたら、「赤カンガルーの子連れ母親のオス選び」のVが流れていて、母親は強いオスを選ぶため、次々に、連れ合いのオスを他のオスと戦わせて、排卵時期まで一番強いオスを求め続ける、というシーンを描写説明していました。

 このレポートで印象的だったのは、交尾が終わってメスのもとを離れるオスが、メスが連れていた、自分とは血のつながっていない、親離れ時期の子供を、(仲間として)連れてメスの元を旅立つことでした。
(番組上、連...続きを読む

Aベストアンサー

興味がおありなら「子殺しの行動学」杉山幸丸(すぎやまゆきまる)を図書館で探してお読み下さい。かなり古い本で絶版になっていると思います。

著者は京大の霊長類研究所で,インドに生息しますハヌマン・ラングールというサルの研究から子殺しが行われることを発見しました。その後様々な動物で子殺しが行われていることが発見されましたが,一般的に一夫多妻型の生活型で,上位捕食集団に属する動物は,子殺しをすると判明しているようです。

一般的に一夫多妻型の動物は子育て中は発情しません。子を殺されますと発情が始まります。このため群れを乗っ取った雄が子を殺して雌に発情させ,自らの子孫を残そうという戦略です。ヒトに発情期がないのは(常時発情期)子殺しを回避するために進化したという考え方を取る方もおります。

草食動物は,一斉に発情し一斉に子を産むものが多いですから子殺しの必要性はなく,むしろ集団保育のような行動が進化したことはうなずけることです。

Q薬学部での動物解剖について

薬学部での動物の解剖があるのは知っていたのですが、それはネズミ、ラットだけだと思っていました。
しかし見学に行ってみると、ウサギがいました。ウサギも実験に使うと言っていました。

そこで質問なのですが、現役、卒業生の薬学部の方、またはくわしい方に伺いたいです。

ウサギ、ネコ、犬などのペットとして普及している動物を、薬学部で解剖することはあるのでしょうか?
とくにウサギ、犬は飼っているのでどうしても抵抗があります。
回答をお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医学部なのでちょっと違うかもしれませんが…
実習前の授業で講師が紹介したスライドでは、現在犬、猫、豚などの動物実験は激減しているようです。
それ以外の動物に関しても、必要最小限にするべきという動きが高まっていて、動物保護法(?)の影響もあり、動物実験自体がなかなかやりにくいとのことでした。
私はウサギ、モルモット、マウスを実験で使いましたが、ウサギは体が大きいので薬物動態などを調べるのに良いのだと薬理の先生がおっしゃっていました。
また値段が高いので、犬や猫は院の研究室などで使うことはあっても、大学で生徒が使うことはほとんどないとも言っていました。ましてや解剖はないのでは…?研究室で使われるのもマウスやサルなどが多いようです。
私も実験時には非常に抵抗がありましたが、実際学ぶことは多かったので、実験に一生懸命取り組むこと、慰霊祭にきちんと参加することをお勧めします。

Q人体(解剖学的)の膜について(解剖学実習)

人体の解剖学実習で、腹部についてレポートを書きたいので助けてください。

献体ではなく、瓶等に入っている標本(臓器等)についてです。
妊婦の腹部を矢状ではなく、皮膚の方からめくるような形にして
赤ちゃんが入っている袋までの構造が知りたいです。

赤ちゃんが入っている袋の中は体液。
その体液で埋められている袋の名前。←子宮?
その袋の外側にある膜や脂肪などの皮下組織は何ですか?

先生には「たいもう膜」という脂肪などの塊と言われましたが
ネットで色々調べても、眼の網膜しかでてきません・・・。
献体の時には取り外してしまうため見られないそうです。


上記の内容で知りたいことが伝わっているのかもわかりませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

未だ間に合いましたか?

腹部には、

・腸間膜 mesentery
・横隔膜 diaphragm
・大網(=大網膜)たいもう・だいもう.......普通は「だいもう(まく)」と言いますね l
・小網 lesser omentum
・腹膜 appendices

等々が在ります。
確かに大網(膜)は脂肪等の塊で出来て居ますね、其れを上部に翻転(ほんてん、はんてん)した解剖図を添付しましたが如何ですか?[6]が其れです。
6 大網:greater omentum
15 大網ヒモ:omental tenia
16 腹膜垂(ふくまくすい):appendices epiploicae
18 自由ヒモ:free tenia

http://www5.atpages.jp/motoneuron/?%E5%A4%A7%E7%B6%B2

其々(それぞれ)の意味はWikipedia等で調べましょう!!
本当はもっともっと画像を貼りたいのですが、此れが限度(一枚のみ)です、御免なさい。此れで判らなかったら補足で書いて下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%B6%B2%E8%86%9C

未だ間に合いましたか?

腹部には、

・腸間膜 mesentery
・横隔膜 diaphragm
・大網(=大網膜)たいもう・だいもう.......普通は「だいもう(まく)」と言いますね l
・小網 lesser omentum
・腹膜 appendices

等々が在ります。
確かに大網(膜)は脂肪等の塊で出来て居ますね、其れを上部に翻転(ほんてん、はんてん)した解剖図を添付しましたが如何ですか?[6]が其れです。
6 大網:greater omentum
15 大網ヒモ:omental tenia
16 腹膜垂(ふくまくすい):appendices epiploicae
18 自由ヒモ:free tenia

http://w...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報