出産前後の痔にはご注意!

私の母のことなのですが、今から9年8か月前に知り合いから200万円を借りたそうです。その後すぐに全額現金で返済したはずなのですが、昨年の10月頃に残金50万円+利息約30万円を支払うよう催促の手紙が届きました。

その知人とは200万円を返済した後、交流がなく、その手紙まで連絡も一切取っていなかったそうです。

母は以前から体調が悪く、その当時の記憶が曖昧ではっきりとした記憶はないようなのですが、200万円は間違いなく支払ったと断言しています。

ちなみに借用書はありませんし、返済も現金で行い領収書ももらっていないそうです。
息子である私が代理人となって相手に借用書や領収書のコピーを求めても、それはないそうでせいぜい150万円を自分の口座へ入金した通帳のコピーぐらいしか送ってもらえません。

もしかすると母が勘違いしているのかもしれませんし、相手が勘違いしているのかもしれません。
よって水掛け論が続いています。

今年の7月で時効が成立しますし、私的にはこの金銭消費貸借契約はすでに終わったものと判断して今は相手からの連絡を無視しています。

最終的には相手は少額訴訟をしてくるとは思いますが、仮に裁判になったとして、今の母の状況で負ける可能性はあるでしょうか?

私の考えでは、まず借用書もない、領収書もない、振り込んだ記録もない状況で負けることはないと思っています。

お詳しい方、どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

no1に捕捉


>今は相手からの連絡を無視しています。
 間違いなく時効ですが、この場合は時効である事を内容証明にて、伝えるのがいいと思います

>最終的には相手は少額訴訟をしてくるとは思いますが、仮に裁判になったとして、今の母の状況で負ける可能性はあるでしょうか?

 少額訴訟は支払いが確定していたら有効ですが、今回のような内容では少額訴訟の対象ではありません。もし少額訴訟で呼び出され裁判所に行き、時効である件とそもそも支払い済みで有ることを伝えましょう。
 そうすれば少額訴訟は停止され、次は裁判で争う事になります。
 但し、そもそも時効なので、裁判は負ける事はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。時効まであと4か月ありますので、たぶん裁判を起こしてくるものと考えています。ただみなさんがおっしゃる通りやはりこちらが正しいようなので安心しました。

お礼日時:2015/03/11 08:39

なんだ釣りだったんですか?真面目に答えなければよかったな。


ちなみに、攻守を変えた別質問のBAは間違いだらけですね。

すぐに訴訟を起こせるなら内容証明なんて送る必要はありません。
すぐに起こせないならとりあえず一時しのぎで時効完成を6か月遅らせるために内容証明を送る意味はあります。

上告ができない?あほか。上訴ができないかまたは控訴ができないと言うべきです。
上告というのは、第二の事実審つまり控訴審に対する不服申立てのことで通常訴訟でも一審判決に対してやることはまずありません(例外的に、控訴審を飛ばして上告する飛越上告というのはありますが、滅多にありません。)し、少額訴訟でも特別上告は禁止されていません。
また、控訴ができないにしても異議申立てはできるので、少なくとも通常手続きの一審相当の手間は覚悟が必要です。

以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。釣りではないのですが、紛らわしい質問をして申し訳ございませんでした。相手の立場になってどのような回答をいただけるか質問してしまいました。裁判を想定して万が一にも負けたくなかったのであらゆる知識を入れておこうと思いました。

お礼日時:2015/03/11 08:42

まず結論から。



>最終的には相手は少額訴訟をしてくるとは思いますが、仮に裁判になったとして、今の母の状況で負ける可能性はあるでしょうか?

可能性だけなら「ある」としか答えられません。
例えば相手が借用書のコピーを寄越さないのはたぶん借用書がないからでしょうが、本当にないのかと言えばそれは相手にしか分りません。また、借用書以外の証拠があるのかも知れません。相手方の手持ちの証拠が不明である限り、相手がどこまで立証できるかは不明です。であれば負ける可能性は常に「ある」としか言えないのです。
また、訴訟戦術のミスで負ける可能性も否定できません。いわゆる欠席判決というのがその代表ですが、そうでなくても訴訟戦術的に必要な対応を怠ったために敗訴することは時々起こります。

当面の対応としては「そもそも借りたこと自体を認めずに」放置しておくことです。なぜ、借りたこと自体を認めないのかと言えば、万一訴訟になった時に、その借りたことを認めた事実を立証されてしまうと(借りたことそのものを立証されなくても)こちら側で弁済の事実を立証する必要が生じるおそれがあるからです。相手方が貸した証拠を出せなくても「こちらが借りたと認めた証拠」を出されれば貸したと裁判所が認定することはないとは言えないのです。ところが、質問の限りでは返したことの立証はかなり困難ではないかと思います。ですから、そもそも借りたこと自体を認めない方が万一を考えると安全なのです(ちなみに借りたことを認めないとは借りていないと言うことではありません。何の話か判らない、借りた憶えはないと言っておくだけでいいです。)。

詳細が明らかでないので考えられる対応をざっくりいくつか考えると、
1.そもそも借りてない、または、借りた憶えはない。
2.借りたけど返した。
3.時効で返す必要がない。
4.一応理論的には、9年8か月も何も言ってこなかったのに今更言い出すのは、信義則に反する。
というあたりなわけですが、実際に訴訟になった場合を考えると、このうちで避けたいのは、質問者側に証明責任がある2の「借りたけど返した」です。返した事実が証明できない恐れがある以上、そこに話を持ち込むのは得策ではありません。借りたけど返したと言ってしまうと、借りたことを認めたことになってしまうのでものすごく不利になります。
そもそも相手方が「貸した」ということを立証できなければ返したという話は論外なのですから、まずは借りたこと自体を認めずに(そんな話は知らないと言っておいて)相手に「貸した」ことを立証させるようにしておくのが賢明です。

なお、3の時効は実際に訴えを提起されてから考えれば足ります。
少なくとも現時点においては完成していないとようなので、時効の主張は現時点では意味がありません。また、一部弁済の事実があるならば、一部弁済を以て債務の承認と考えることができるのでそこから10年経っていないと残債務の時効は完成しません。ですから、相手が近々に訴えを提起してくると、時効の主張は通らない可能性はあります。
しかしながら、実際に訴えを起こしてきたとしてそれが時効完成前かどうかは、起こされてから初めて判るので今考えてもしょうがありません。また訴訟外においても、時効が完成したと考えられる時期が過ぎても訴えられなければその時に時効だと相手に言えば済むことですし、その時になるまでは言っても無駄です(迂闊に言うと、むしろ相手に対策を打たれるおそれすらあります。)。ということで時効は今考える話ではありません。
また、4は万策尽きた時の最後の手段です。ですが、ここに至ると最早負け戦の可能性が圧倒的に高いです。

ちなみに少額訴訟は訴額60万円までなので80万円全額は請求できません。
もっとも80万円の内の60万円分の一部請求で少額訴訟をやることは可能です。できないとする理由が何もありません。時々、少額訴訟は争いがない場合にしか使えないとか莫迦なことを言っている人を見かけますが、そもそも争いがないなら訴訟など必要ありません。支払い督促で済んでしまいます。
少額訴訟の請求内容に関する要件は 条 文 を 読 め ば 明 ら か な通り、
訴額が60万円以下の金銭の支払いを目的とする訴訟
ということだけです。
手続き的な要件にしても、
1.法定の回数以内であること
2.少額訴訟によることを申述すること
3.1の回数を届け出ること
4.相手が通常手続きによることを申述しないこと
5.少額訴訟手続きによることが相当でないと裁判所が認めないこと
だけです。
ですから、損害額が客観的に明らかになっていない不法行為訴訟だって請求を60万円以下の金銭の支払いに設定すればどんなに争いがあろうとも制度上は可能です。

ただし実際には、事実関係が複雑だとか争点が多くて立証が煩雑だとかあるいは手続保障の関係だとかで少額訴訟が不適当な事件は、少額訴訟手続きによることが相当でないと裁判所が認めるときとして職権で通常訴訟に移行させることはあります。しかし、それは少額訴訟が 制 度 上 不可能であるということではありません。

以上
    • good
    • 1

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8940611.html

なんですか?
この質問内容と今回の質問内容が似てるんですけど
    • good
    • 0

30代より上の年代の女性ですが、参考までに。



>この金銭消費貸借契約はすでに終わったものと判断して

正解だと思います。これまで相手から請求がなかった。相手が督促を送ったと言う場合は、訴訟を起こすなら、督促状の配達記録証明などが必要になると思います。
請求しなかったら返済を求める権利は消えます。

借用書がない、という時点で貸した証明はありません。
口座への入金も、相手が貸したという証明にはならず、こちらが貸したのを相手が返済、贈与、という可能性もあるので証拠として成り立ちません。

本当に騙されて貸してしまい、返して貰えない場合でも、これらの証明が難しく、これから返すつもりと言われてしまうとそれまでのため、貸した方は回収できないことになってしまいます。
この場合全く問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。とりあえず安心しました。

お礼日時:2015/03/11 08:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貰ったはずのお金を返せと言われて

8年前に350万円を スナックのお客さんから頂きました。    借用書もなく私は、頂いたと思っていたんですが 私が結婚したのを機会に返済しろと言ってきました。私も揉めるのが嫌で 昨日、取り合えず 30万円を口座に振り込みました。              本当は、返さなくても良いお金だと思うのですが 法律的な事は わかりません。どなたか 教えて下さい。 

Aベストアンサー

こんにちは。

私は専門家では無いので、法をふまえた上での的確な回答は出来ませんが、金の貸し借りで、基本問題になって来るのは、

金を貸し/借りた相手と同棲をしていたか(正式に結婚はしてなくても、ある程度の期間同棲をしていると事実婚と取られる様です。そして事実婚の場合は普通の結婚と同じ扱いになり、例えばどちらかが浮気をした時など、相手に慰謝料を請求出来るそうです)

と、

署名、または捺印付きの借用書があるか、無いか


と言う2点(他にも沢山あると思いますが、私が知っている限りではこれが大きなポイントらしいです)があります。

ご質問者さんの場合、この相手の方と同棲をしていた訳でも、借用書がある訳でもありません。30万を払ったからと言っても、ご質問者さんの仰ってる様に“お店のお客さんからだし、あれはあくまでもプレゼントだと思っており、結婚もしたばかりでもめ事を起こしたくない思いから、払えば済むと思ってとりあえず30万払った。”と正直に話せば(もし法廷沙汰にでもなれば、の話しですが)30万を払った事で“ご質問者さんが借金をしてると認識した”とは思われない筈です。

守らなければいけない家庭もあり、もめ事にしたくない、と言ってこの様な行動に出る方は沢山いらっしゃいます。

もし訴えられたとしても、
相手の方が、

・これは借金だったと言う証拠
・ご質問者さん側も借金だと認識していた証拠
・そして、自分(相手の方です)が本当に350万をご質問者さんに渡したと言う証拠(レシート、お金を渡した時の立会人の有無等)

と言う所が立証出来ない限り、相手の方が勝つ事は略無いと言っても大丈夫だと思います。法廷では何より”証拠”が物を言いますから。

こんにちは。

私は専門家では無いので、法をふまえた上での的確な回答は出来ませんが、金の貸し借りで、基本問題になって来るのは、

金を貸し/借りた相手と同棲をしていたか(正式に結婚はしてなくても、ある程度の期間同棲をしていると事実婚と取られる様です。そして事実婚の場合は普通の結婚と同じ扱いになり、例えばどちらかが浮気をした時など、相手に慰謝料を請求出来るそうです)

と、

署名、または捺印付きの借用書があるか、無いか


と言う2点(他にも沢山あると思いますが、私が知っ...続きを読む

Qお金を返しました。と言う証明書。

少し前に叔父にお金を借りました。(借用書などは無し)
叔父の親切から借りたのですが使用せずに済みました。

そのお金を返そうと思うのですがもう年で忘れっぽいため返した事を忘れられるととても困ります。
叔父の子供たちにも誤解されると今後とても困りますし。

書面にして返金した事を残しておきたいのですがどのような文章にすれば良いでしょうか?
具体的な例をお願いします。

Aベストアンサー

下記のような領収書を貰いましょう。


  領 収 書

 ****様 

 金******円

 上記の金額を確かに受け取りました。

 ただし、**年**月**日付け貸付金の返済として。

              平成**年**月**日

住所 

氏名           印  

Q【裁判費用】少額訴訟が拒否られて、普通訴訟になって、さらに控訴になる場合

少額訴訟を起こそうとしてます。
心配なことがあります。
相手が少額訴訟を拒否してきて、普通訴訟となったときのことです。

自分は金銭的なことを考慮して、弁護士を入れずに、低価格で解決することを望んでます。
弁護士を入れたりして費用がかかるのであれば、訴訟を起こさないでそのままにしてもいいと思ってます。
弁護士いれずに普通裁判する気になれません。

仮に、当方原告が簡易裁判所で勝訴し、被告側は地方裁判所に控訴するとします。
そして、地方裁判所で当方原告が(もうこれ以上やりたくないので出廷しなかったなどで)敗訴するとします。
この場合、裁判費用は原告の負担になりますか?

裁判ってのは、一度始めてしまったら、最後までやらなきゃ損するもんですか?
損とは、負けた場合の裁判費用などのことです。
途中で投げ出したくなったら、どうすればいいんですかね。
結局、途中でやめる場合、原告側でも、数万円は負担しなきゃいけないんすか?

あー、あと、少額訴訟を被告側に拒否られたら、「じゃあやんない!少額訴訟以外では勝負するつもりないもん」的なことはできるのですか?

少額訴訟を起こそうとしてます。
心配なことがあります。
相手が少額訴訟を拒否してきて、普通訴訟となったときのことです。

自分は金銭的なことを考慮して、弁護士を入れずに、低価格で解決することを望んでます。
弁護士を入れたりして費用がかかるのであれば、訴訟を起こさないでそのままにしてもいいと思ってます。
弁護士いれずに普通裁判する気になれません。

仮に、当方原告が簡易裁判所で勝訴し、被告側は地方裁判所に控訴するとします。
そして、地方裁判所で当方原告が(もうこれ以上やりたく...続きを読む

Aベストアンサー

訴訟費用は例え勝訴してもあなた持ちぐらいの気持ちのほうが良いです。

敗訴の場合は当然、あなた負担になります。


しかし、通常訴訟になることは意外と無いようです。
また、基本的に最初の裁判で勝訴した場合は控訴した場合も大抵は最初の裁判と同じ判決が出るようです。
それだけ第一審が重要ということです。
たしかにこれはケースバイケースですが・・・


裁判(原告)は途中で投げ出すものでは無いと思います。
確かに日常生活をしなければなりませんから、投げ出したいというのも分からなくないです。
しかし、投げ出すつもりなら最初から裁判はやらない方が良いです。

逆に、費用負担は例え敗訴しても相手の弁護士費用は負担する必要はありませんし、交通費も証人以外はあまり認められないそうです。
それに、プライスレスな経験が出来るとは思います。
(私は通常訴訟を弁護士なしでやったことがあり(勝訴しました)、いい経験をさせていただきました)

Qこの場合は、強要罪(もしくは脅迫罪)が成立しますか?

個人間の金銭トラブルで、メールで脅しみたいなのを受けてるのですが、この場合脅迫罪(もしくは強要罪)が成立するのか判らないので、質問させていただきます。

1年ほど前に、私がある友人からお金を借りました。
その際、借用書などは書かないでもいいし、返済期限も特に設ける旨の通知を受けませんでした。

ところが、最近になって「全額今すぐ返せ」とのメールが届きました。
私としても返済はしたいのですが、収入も減って生活にも事欠くような状況でしたので、「新しく始めたアルバイトのお金が入るまで待って欲しい」との旨を相手に伝えました。

ところが相手側からの返事は、「消費者金融に借金してでもいますぐ返せ」というものでした。

しかもその際に私の人格を否定するような内容の文言も書いてあったり、同じ内容のメールを一日何回も送りつけてきたりと、非常に困り果てています。

私としてもあまり事を荒立てたくはないのですが、こういった場合、脅迫(強要罪)は成立するかどうか教えてください。

また、文章はメールで送られてきてますので、すべて残っています。

個人間の金銭トラブルで、メールで脅しみたいなのを受けてるのですが、この場合脅迫罪(もしくは強要罪)が成立するのか判らないので、質問させていただきます。

1年ほど前に、私がある友人からお金を借りました。
その際、借用書などは書かないでもいいし、返済期限も特に設ける旨の通知を受けませんでした。

ところが、最近になって「全額今すぐ返せ」とのメールが届きました。
私としても返済はしたいのですが、収入も減って生活にも事欠くような状況でしたので、「新しく始めたアルバイトのお金が入...続きを読む

Aベストアンサー

まず、強要罪とは、「人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害し(刑法223条)」ようとしなければ成立しません。
そして、あなたは返還期限を定めずにお金を借りたのですから、「貸主は、相当の期間を定めて返還の催告をすることができ(民法591条)」、あなたはそれに対して借入金を返済する義務があります。義務のあることをさせようとしているのですから、強要罪にはあたりません。

また、脅迫罪が成立するのは(強要罪もそうですが)相手またはその親族の「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫」した場合です。
「借りてでも(あるいは身の回りのものを売ってでも)金を返せ」という程度であればとても脅迫とはいえませんし、あなたに対する個人攻撃をいくら送りつけてきても名誉毀損や侮辱には当たりません。

文章の内容にもよりますが、まず犯罪は成立しないでしょう。
なお、万が一友人の行為が犯罪行為であったとしても、貴方が一週間程度の内に返済しなければならないということに変わりはありません。

Q個人で貸すお金の金利について

友人にまとまったお金を貸してほしいと頼まれています。
利子に関しては、ちゃんと返済期限までに返してくれれば必要ないと思っていますが
友人のほうから「迷惑をかけるのだから、法定金利で計算してほしい」といわれています。

そこでよく分からないので調べて、法定金利とは以下の利率だと分かりました。
元本が10万円未満 → 20%
元本が10万円~100万円未満 → 18%
元本が100万円以上は15%

ところで、この法定金利とは年率ですよね?
たとえば、元本が15万のときは、年間で2万7000円の利息となると思います。
つまり、月々に換算すると2250円。

ここで質問です。
たとえば、元本の15万円を1年間で返済してもらうとして、
 1万2500円(元本/12)+2250円(一ヶ月分の利子)=1万4750円
を毎月払ってもらうのは、法定金利を超えないと理解しています。
しかし、15万円を半年で返済してもらう場合、
 2万5000円(元本/6)+4500円(二ヶ月分の利子)=2万9500円
を払ってもらうのは法定金利を超えないのでしょうか?
つまり、半年間しか貸していないので1年分の利率18%まで利息としてとれるのか
半年なので半分の9%までしか取れないのかが分かりません。

また、逆に15万円を15ヶ月で返してもらう場合
1年目は18%でいいとして、2年目となる3ヶ月分については
もともとの元金で利率計算していいのか、あるいはその時点の元本の残金
(15万かして毎月1万返済の場合、1年たった時点で残金3万円)を元本として
利率は計算しなおさないといけないのでしょうか?

ややこしい書き方ですが、教えていただければと思います。

友人にまとまったお金を貸してほしいと頼まれています。
利子に関しては、ちゃんと返済期限までに返してくれれば必要ないと思っていますが
友人のほうから「迷惑をかけるのだから、法定金利で計算してほしい」といわれています。

そこでよく分からないので調べて、法定金利とは以下の利率だと分かりました。
元本が10万円未満 → 20%
元本が10万円~100万円未満 → 18%
元本が100万円以上は15%

ところで、この法定金利とは年率ですよね?
たとえば、元本が15万のときは、年間で2万7000円の利息となると思います...続きを読む

Aベストアンサー

利息の計算(元本15万円・年利18%{月利1.5%})。

月1万円返済(元利均等)の場合、

1カ月目(元金150.000円×月利1.5%=利息2.250円)
返済1万円(10.000円-利息2.250円=元金返済7.750円)

2カ月目(元金150.000円-元金返済7.750円=元金残142.250円
×月利1.5%=2.133円)
返済1万円(10.000円ー利息2.133円=元金返済7.867円)

3カ月目(元金142.250円-元金返済7.867円=元金残134.383円
×月利1.5%=2.015円)
返済1万円(10.000円-利息2.015円=元金返済7.985円)

という感じで、返済額から利息を引いた元金残に月利1.5%をかけ
たものが、その月の利息でいいと思います。

ちょっと話はそれますが、15万程度のお金を年利18%で借りるのは
サラ金で十分借りられるはずです(友達のことはしりませんが…)。

それをわざわざ、ご質問者に貸してと言っているのは、すでにサラ金
に限度額まで借りていたり、数社から借りている多重債務の可能性
もあるかもです。

友達を疑うのもよくないけれど信じすぎるのも危険です。貸したお金
はあげるつもりで、貸してあげたらよいと思います。

余計なことを書いて、ごめんなさい。

利息の計算(元本15万円・年利18%{月利1.5%})。

月1万円返済(元利均等)の場合、

1カ月目(元金150.000円×月利1.5%=利息2.250円)
返済1万円(10.000円-利息2.250円=元金返済7.750円)

2カ月目(元金150.000円-元金返済7.750円=元金残142.250円
×月利1.5%=2.133円)
返済1万円(10.000円ー利息2.133円=元金返済7.867円)

3カ月目(元金142.250円-元金返済7.867円=元金残134.383円
×月利1.5%=2.015円)
返済1万円(10.000円-利息2.015円=元金返済7.985円)

という感じで、返済額から利息を引...続きを読む


人気Q&Aランキング