ダイエットサロンで、“干渉波電流を体に流して痩せる”とありました。
低周波でなく高周波でもないというんですが、どう違うんでしょうか。
体にどういう風に効果があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も良くわかりませんが、こんなのを見つけました。



参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~bless/sub2.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの変圧器に流れる電流で、 無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。 そして負荷を接続すると流

この変圧器に流れる電流で、
無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。

そして負荷を接続すると流れる一次電流I1、二次電流I2はE1、E2と同相(0度)だそうです。

I1、I2共にコイルを通っているにも関わらず位相が遅れない理由はなぜでしょうか?
電圧、電流発生のメカニズムは何とか分かるのですが位相が0度の点がどうしても分からないです

Aベストアンサー

>I2=(N1/N2)I1はどう計算したのでしょうか?

N1・I1 - N2・I2 = Rmφ≒0
から直ちに出てきます。

Q導体に電流を流す場合の材質による電流値と発熱温度の考え方について

すごく困っておりますので、少しでもいいのでお返事ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No. 1です。

ジュールの法則
x^2でXの自乗って意味で 
H=EIt (ジュール)  OR  H=I^2Rt(ジュール)
H=発熱量(J)
E=電圧(V)
I=電流(A)
R=抵抗(Ω)
t=時間
発熱量H(cal)=0.24x電圧x電流x時間
=0.24 EIt
=0.24x(電流)^2x抵抗x時間
=0.24I^2Rt
また、時間の単位秒(sec) の代わりに時間(h)を用いて
発熱量(cal)=860x電圧x電流x時間(h)
です。
これに導体の材質と断面積による抵抗値をかけてください

Q空調の吹き出し口でふく流型とありますが、ふく流とはどんな意味でしょうか? タバコのふく流煙のふく流と

空調の吹き出し口でふく流型とありますが、ふく流とはどんな意味でしょうか?
タバコのふく流煙のふく流と同じ意味でしょうか?

Aベストアンサー

ふく流型吹出口とは、吹出口の中心軸から全円周の外側方向に吹き出すもので、
天井付きディフューザに使用される。
このタイプの吹出口には、アネモ、パン、ルーバ型などがある。

Q干渉波治療器

初めまして。
干渉波治療器の原理をご存知の方詳しく教えてもらえないでしょうか?
また、回路図についても分かると嬉しいのですが。

Aベストアンサー

 干渉波治療器はオーストリアのネメック博士によって提唱されたもので、皮膚抵抗を無視できる程度の中周波電流(4000Hz)と(3900Hz)の2つの独立した電流を患部に流すことによって、その交差した電場内に2つの周波の差に相当する低周波(ビート電流)を発生されることを目的としています。
 直接低周波電流を流す場合、その電気エネルギーの大部分と皮膚の電気抵抗にて消費されており、十分な電気エネルギーを内部組織(患部)に与えることができませんでした。この干渉電流であれば皮膚抵抗の少ない中周波を利用しているので皮膚抵抗が少なくて済み、しかも人体内部組織の部分で低周波を発生させるので患部に対して十分な電気刺激エネルギーを得ることができます。

回路図はわかりませんでした、半分しかお役に立てませんが・・・・。

Q“~と”、“~だら”、“~なら”

“~と”、“~だら”、“~なら”の前にそれぞれ動詞の基本形と過去形を使って,条件を表すですが、この三つ助詞はどこは違うですか?
 日本語を勉強してる私に教えて下さい。

Aベストアンサー

まず助詞の前に来る動詞の形が
‘と’の前は動詞の基本形(現在終止形)
‘たら’の前は動詞の連用形(テ接続の連用形)
‘なら’の前は動詞の基本形、過去終止形になります。
基本的にはすべて条件、仮定を表します。
しかし、
学校に行くと、友達に会った。
学校に行ったら、友達に会った。
学校に行くなら、友達に会った。→友達に会える
学校に行ったなら、友達に会った。→友達に会ったのに
のように‘なら’の後ろには過去形がきません。(‘のに’が省略される場合を除く)これは‘なら’が 条件より仮定の意味が強いからです。
次に
学校に行くと、ご飯を食べなさい。(非文)
学校に行ったら、ご飯を食べなさい。行った後に食べろ
学校に行くなら、ご飯を食べなさい。行く前に食べろ
学校に行ったなら、ご飯を食べなさい。行った後に食べろ
‘と’の後ろには命令形がきません。たら、過去+ならの場合は前文の行動の後に後文の行動を命令し、基本形+ならの場合は前文の行動の前に後文の行動を命令します。‘と’は仮定よりも条件(時間的前提)の意味が強いからです。
 最後に
お金を入れると、ジュースが出てくる
お金を入れたら、ジュースが出てくる
お金を入れるなら、ジュースが出てくる
お金を入れたなら、ジュースが出てくる
は、すべて同じ意味と考えてもさしつかえありませんが、ニュアンスの違いがそれぞれの助詞の意味の違いによって感じられます。

まず助詞の前に来る動詞の形が
‘と’の前は動詞の基本形(現在終止形)
‘たら’の前は動詞の連用形(テ接続の連用形)
‘なら’の前は動詞の基本形、過去終止形になります。
基本的にはすべて条件、仮定を表します。
しかし、
学校に行くと、友達に会った。
学校に行ったら、友達に会った。
学校に行くなら、友達に会った。→友達に会える
学校に行ったなら、友達に会った。→友達に会ったのに
のように‘なら’の後ろには過去形がきません。(‘のに’が省略される場合を除く)これは‘なら’が 条件より仮定の意...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報