プロが教えるわが家の防犯対策術!

5年間アメリカに住んだ後中2の冬に日本に帰国し、その後は神奈川県の公立最難関の1つと言われている高校に無事合格した者です。
将来は自分の英語を活用して、外交官として働きたいと思っています。
そのために自分は東大文科一類を目指そうと思っています。
しかし新聞の予備校の広告に載っていた東大の英語の問題を見ると、英文の和訳、日本語で答える記述問題などが、自分が今まで英語を日本語に訳しながら読まずにそのまま英語で読んできたため、今のままではとけないとわかりました。
でも自分には英検1級の単語知識があり、また長文は苦労なく読めるので、市販の参考書で単語を覚えたりする必要はあるのかがわかりません。
なので帰国子女の人に出来れば答えて欲しいです。英語の勉強に単語帳を買う必要はありますか?それとも長文に関してはとにかく問題を解くということのが良いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

帰国子女 英語」に関するQ&A: 帰国子女の英語は薄っぺらいと言う先生に、もしも反撃として教科書にはない表現を使ったらは添削できるの?

A 回答 (5件)

>自分が今まで英語を日本語に訳しながら読まずにそのまま英語で読んできたため、


>今のままではとけないとわかりました。

それは単純に日本語の作文が出来ないということです。
日本語の勉強をするべきでしょう。
    • good
    • 2

おっしゃること、わかります。

一言で言うと、個人指導型の塾などで受講なさるといいと思います。一般的な高校生とは違う学び方が可能になるので無駄を省けるからです。帰国子女を東大に合格させた実績の豊富な指導者に恵まれれば、なお、好ましいので、塾選びや高校の先生に相談する際に聞いてみてください。実際に、帰国子女で優秀な高校で学びながら●進にかよい、国立大に現役合格して順調に優秀な社会人になった人が身近にいます。

なんであれ、まずはご自分の弱点を知ることです。目指す試験が決まっているのなら、過去問をやってみて、どこでつまづいたかを探り、そこを強化していくことになるかと思います。ちなみに、このスレッドから察するに、質問者さんは、日本語の文章力に欠けているわけではないと思います。ただし、試験という限られた時間と環境で長文を訳すには、それなりのコツを要するので、それを鍛え上げる必要はあるでしょう。

実は私も古株の帰国子女で現在は翻訳業(入試の和訳英訳とはまた違います)を営んでいるのですが、質問者さんもおそらく、英文法の勉強に関しては、一般的な日本人とは違う方法でアプローチしたほうがいいのだろうと想像します。例えば、ひょっとしたら、文法的な用語や説明はお得意ではないかもしれませんが、試験でそういうものは求められないでしょうから、用語の暗記に時間を費やすよりは、構図のようなものをしっかりと捉える訓練をしたほうが効率がいいような気がします。

なお、外交官を目指すのであれば、目先の受験勉強にばかりとらわれずに、自分と違うタイプの同国人と交流したり、自分の頭で考える練習を続けてくださいね。また、どうか、世界は、外国語がひとつもできない庶民のひとりひとりが成り立っているのだということを忘れないでください。
    • good
    • 0

「英文の和訳、日本語で答える記述問題」でつまずいているのなら、英語の勉強よりは日本語の勉強が必要なのではないでしょうか。


古文や漢文も含めた、国語の勉強に力を入れるべきだと思います。
    • good
    • 0

英検一級とかSATとかTOEFLと東大入試、さらに英語ができるかできないかはある程度のレベルになると完全には相関しません。

入試とは所詮入学試験なので、入試に対応できるような解答ができなくては落ちます。英語が中途半端にできる場合、TOEFLのような形式の問題には対応できても、国立受験受験とかでよく出る和訳問題だったり、字数制限のある英作文なんかで案外細かいミスをして減点されてるなんてことはよくある話です。ただし、受験マニアみたいにテクニックを駆使しろと言ってるのではなくて、あなたのある意味半サバイバル的に身に着けた英語力をしっかりと根拠のあるものにする努力をする必要があるのです。あなたが必要なのは、”日本の大学受験レベル”の英語文法や英単語、英作文に穴をなくすことであって、あなたの英語力があるかないかはとりあえず謙虚に考えておけばいいいんです。「英語で読んでるから、日本語がわからない」って言ってる時点で、英語ができたところで日本語が不十分ならば読んで意味の分かる的確な和訳(*翻訳ではない)ができる日本語力を鍛える必要があります。単語帳で日本語で何を意味するのかを知っておくことでも、なんとなく訳語をイメージで間違いと取られるミスは防げます。。現行の制度が続くならば90%程度、120点中100点は確実に取れる実力(理想的には110点)ぐらいを目指すのがいいと思います。どんなに頑張っても確実に満点を取るのは難しいですし、そもそもそれ以外の科目にしっかり対応するべきですから。

色々細かい対策はやりながら色々あるでしょうが、とりあえず「己をしり、敵を知る」のが重要なので、関東に住んでるならば大手予備校の浪人生受験生用の英語のクラスに入って定期的に英語だけテスト慣れすればいいと思いますよ。基礎は、有名な文法書と単語集を読んで自分の曖昧なところを意識的に理解する努力はしても損はないと思います。そこは学校に合わせる必要もありませんし、自分に入試等場面でどういう能力が足りないのかを知る意味でも、英検1級クラスに対応できる基礎があるならばとにかく「穴」をつぶすのが重要です。間違っても、「偏差値高いからOK」なんて考えは捨てるべきです。確実な得点源にしたいのですから、総合的な点数が多少高くても自分が本番取れるべきだった場所、わかったハズなんだがうまく答えに反映できなかった場所を知る意味でうけましょうということです。ちなみに、大学の帰国子女でも文系は確か英語は受けますが、トップでも特に対策しなければ110点いく人が数人いるかいないかです。100点以下だっていっぱいいますよ。100点ぐらいなら日本の高校生だって英語がすごく得意な学生は取る人もいるので、そういう意味では帰国子女だからといって大半が120点近く取れるってもんでもないんですよ。受験ってのはそんなもんです。ただし、単純ですが、東大の二次で大体6割≒270点が合格射程内だとすると、英語で100点とれるのはかなり有利になりますので、早い段階でそこが完成しておくと他の科目の出来によっては結構有利に戦えることになりますね。受験で重要なのは、「満点」ではなくて総合点で失敗しても合格ラインをクリアできる範囲にいることが重要ですので。

あとはちょっとそれますが、そもそも外交官ってのは国一ですし、さらに言えば英語ができるのはプラスにはなりますが、英語「しか」できない人は絶対採用されないということはしっかりと考えて高校生活送るべきでしょう。そして英語(と日本語)がすごくできるだけの人材であっても、語学の専門職として雇えばいいのですし、アメリカで学位をとったアメリカ人には所詮英語ではかないません。「英語はわかるが、日本語で考えてないので訳せません」なんてのはもっと最悪です。常に訳す必要はないですが、訳す必要があるときには適切な日本語を選んで相手に表現できる能力は英語力とは違った日本人としての素養だと思います。そういうのも含めて、英語を問うよりも一般的な学問に対する知識や思考力、あるいは日本社会や歴史、経済などそっちに対する教養もしっかりと身に着けておくことの方がとても重要になります。外交官はある意味日本人の代表であり、様々な国の人との水面下での交渉もするわけですから、相手のことも理解できる素養も求められますよね。それは多分あなたが海外で生活してきた中でも考えたこともきっとあるでしょう。そういうのを武器にできるようになって初めて英語ができることがプラスになるのです。逆に言えば、日本でどんなに英語が得意な受験マニアや英語マニアの高校生がいたところで、そういう感性は海外で生活しててはじめて見えてくるということだってできます。取りあえず、一年生から「東大=人生」ってのはちょっとどうと思ってしまうので、例えば英語が好きならば、国連英検なんかうけるのもありでしょう。無論受験は早めに意識するのは良いことですけどね。

あとは、番外的な話になりますが、あなたが適度に学校生活をこなしながら英語を武器に日本あるいは国際規模の活動を高校時代から積める自信があるならば最近始まる推薦入試みたいなのも視野に入れてもいいかもしれませんね。ただ、学校の先生の協力も必要でしょうから、一年生のころから積極的にアピールできる何かを意識して高校生活を過ごす必要があると思います。逆に言えば、それができるならば今のところ有利な気もしますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長文ありがとうございます。受験英語を身につけるためには、変なプライドは捨てて、まずは市販の参考書をやって受験英語の基礎を堅いものにする必要があるということですね。
また外交官になるということについては、自分は社会の勉強が好きで、高校受験のときも自分で中学レベル以上の知識までも調べることをし、また新聞を毎日読んでいるので、いろいろな知識や考え方を身につける練習になっているのではないかと思います。
しかし、自分は大勢の人の前で話すことが苦手なので、高校には入ってからはそれを克服したいと思っています。

お礼日時:2015/03/15 09:01

日本人が英語を話せない最大の理由は「英語は訳すもの」という考え方に固執しいているからです。

「英語を英語のまま理解する」という日本人がすべきことをあなたはすでに身につけておられますので、本来なら、日本の英語教育には耳を貸さずに現状を維持すれば良い、とアドバイスしたいところです。しかし、これから日本人の標準に合わせなければならないとなると不運としかいいようがありません。

そこで、まず外交官になるためには東大のその科に受かるしか道がないのか、翻訳が外交官として必要になるのか、外交官として英語が話せること以外に何を要求されるのか、を調べてみることをお勧めします。

もしどうしても翻訳が必要になるなら、頭で理解している英文を、日本語に「変換」するのではなく、日本語で「説明しなおす」練習をすると良いでしょう。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帰国子女が大学の一般入試を受けるのは、やはり難しいのでしょうか?

帰国子女が大学の一般入試を受けるのは、やはり難しいのでしょうか?
現在高校1年で、これからはIBを取ると決めています。しかし、私の行きたい志望校は帰国子女枠がありません。これは諦めるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

知り合いに帰国子女が数人いるものです。
 帰国子女が帰国子女入試以外の試験で受験することはそこまで不利になりません。以下は、
①帰国子女が帰国子女入試で受験
②帰国子女が一般入試で受験
③非帰国子女が一般入試で受験
を使って書いていきます。

まず、帰国子女は①、②のいずれも受験でき、多くが①を選択するのは「①の方が楽」だからです。帰国子女入試は、受験できる人が少なく倍率も低めになります。また一般とは違い受験勉強をかなりしている猛者がほとんどいません。そのため合格しやすく、帰国子女が大学に入学して思うことは「一般では絶対に入学できなかった」だそうです。
 その逆で帰国子女がわざわざ②で受験すると帰国子女入試で合格したであろう大学の3ランクぐらい下になることが多いです。そのため多くの人が①を使いますが、一般で合格する人もいます。確かに海外の教育機関ではまともな教育を受けられず、本来その子が持っている能力を養成できないという部分はありますが、ほとんどの場合「お買い得」になります。
 確かに②は①よりお得感はありませんが、③よりはお得感が強いのも事実です。他の方が挙げられているように英語を海外でしっかり勉強できていれば、その分だけ受験勉強で必要な勉強量が少なくなったり、他の科目に時間を割けることができます。私立文系の英国社において英語がほとんど勉強不要であれば単純計算で他の科目は1,5倍、場合によっては2倍近く増やせます(受験勉強において英語の勉強時間はかなりの時間が必要です)。その分だけでも②は③よりかなり有利です。

 そもそもなんですが、このように帰国子女が大学入試において優遇されるのは「親の七光り」が原因です。
 というのも、帰国子女が帰国子女になったほぼすべての原因は「親の海外赴任」であり、その時点で「親は社員を海外に派遣できる企業に勤め、その社内において優秀である」ことが言えます。そうなると家庭内での教育もしっかりしている確率が非常に高く、また場合によってはコネ入社などもできる可能性が高いと考えています。そうなると大学が公表している「卒業生の就職先」などでも有名な企業を載せることができます。帰国子女入試の入学者は高い確率で「大学のブランドアップに貢献してくれる人」であると言えます。「そういうことが原因ではなく、一般試験では計れない能力をひ評価しているのでは?」と思うかもしれませんがそれもありません。多くの大学では帰国子女として出願できる要件は「小学校から高校卒業までに海外生活が3年以上」などになっており、極端な話、小1~小3の3年間でも帰国子女入試の受験が出来ます。帰国後9年間日本の教育を受けておきながら「海外帰り」として受験できてしまうのです。小1だろうと、その時点で「親が優秀」なのは変わらないわけであり、特別な試験を作り「親が優秀な人限定入試」の代わりに帰国子女入試にしているにすぎません。テレビの女子アナウンサーは多くが名門大学出身者ですが、そのほとんどは一般入試を経ていません。国公立大学の場合はほとんどが一般入試ですが、私立出身者のほとんどが帰国子女・内部進学者です。難関大学出身者であればほとんどがしっかりしていますが、帰国子女・内部進学者の方がより親の安全性が高いと踏んでいるのでしょう。
 もちろんこうした要素は帰国子女入試に限らず、自己推薦入試でも行われていますし、小学校入試においてはそもそも受験生の優劣などは「親がどれだけお金が使えるか」で決まると言っても過言ではありません。受験生としては使える制度は多いに活用すべきです。

 ただ、大学受験の講師の経験から書かせてもらうと、大学絵選びは「まず自分がいきたい大学を選び、その目標達成のために受験方式や受験科目を決めていくべき」であり、最初から受験方式や受験科目から大学を選ぶと深層心理的には志望していない大学を選ぶことになり後々後悔することになります。それが、入学直後なのか、就職活動中なのか、入社後なのか、結婚をする時なのかは分かりませんが、自分が目標としていた大学に入学していて問題が起きても「しょうがない」になりますが、そうでないと「受験の時○○していればよかった」という後悔をします。
 いきたい大学に帰国子女枠がないということは、その大学は先に挙げた「親の七光り」を嫌い、「受験生自身の能力だけで判断する」ことを選択している大学です。そのような大学に合格・入学するためには、その大学が求める人材に自分がなる必要があります。もっとも、帰国子女入試がないということで諦めるのであれば「最初からその大学には本気で行きたいわけじゃない」わけであり、それが分かっただけでも儲けもんです。

知り合いに帰国子女が数人いるものです。
 帰国子女が帰国子女入試以外の試験で受験することはそこまで不利になりません。以下は、
①帰国子女が帰国子女入試で受験
②帰国子女が一般入試で受験
③非帰国子女が一般入試で受験
を使って書いていきます。

まず、帰国子女は①、②のいずれも受験でき、多くが①を選択するのは「①の方が楽」だからです。帰国子女入試は、受験できる人が少なく倍率も低めになります。また一般とは違い受験勉強をかなりしている猛者がほとんどいません。そのため合格しやすく、帰国子女が大...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む

Q英検の級ごとのアメリカ人からした難易度

英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

これらの級ごとの難易度はアメリカの人からしたらどれくらいなんでしょうか?


英検3級
アメリカの小学校1年レベル

こんな感じで教えてくださらないでしょうか?

Aベストアンサー

    僕は英検を受けたことがないのですが、まあ○国の日本語検n級を、日本人からした難易度は、みたいなものだと思います。

    で、日常語彙の話し言葉は日本人の3歳以下、書き言葉はできて小学生上級程度、専門語彙は、大学1年ぐらいかと思います。日本語検1級でも出勤まえに日本語新聞23種に目を通せる人は少ないかもしれません。

    日本人で、○国の日本語検n級に通ったとか落ちたかは、「どうでもいい」と思う日本人が多いかもしれないと同様、アメリカ人から見れば、意味の無い試験群だと思います。


人気Q&Aランキング