『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

SAJバッジテスト1級を今年から受験しています。
現在3回受験し、
一回目は3種目1点足りず、横滑り2点足りず275点。
二回目、3種目70点、横滑り1点足りず279点。
三回目、小回り、大回り1点足りず、横滑り、コブは70点で278点。

外向傾が作れず内倒。VTRを見ると案山子みたいに左右に倒れている。ターン後半、「外向傾を戻すのが早い」という指摘も。
スキーに重みを乗せられていないという指摘が多い。また小回りでは上に抜けている?との指摘。
確かに自分でVTRを見てもその通りなので直したいのですが…

質問①ですが、外向傾を出すために、外肩を落とす(肩のラインを雪面と並行にする)という意識を持って滑って良いのでしょうか?外足荷重を意識していけば自然と外向傾が出るのが良いのかなと思っているのですが、今のところそうなっていないので、多少強引でもそういう姿勢と言うかシルエット作りをして良いのでしょうか?

質問②重みを乗せられていないということで膝&股関節をまげて重心を落とすよう指導されるのですが、これで滑ると太ももがパンパンになります。以前(5年前)、2級を受ける前は太ももパンパンで普段から滑っていたのですが、当時2級を受ける際「体倒すだけでターンすれば疲れませんよ」ってことで内倒を教えられました。確かにそれ以降疲れなくなっていたので「素晴らしい技術」と思っていたのですが、一級を今年初めて受験してからというもの、指摘された「股関節&膝を曲げる」ととても疲れます。これはどう考えればいいんでしょうか?

ちなみに2級は講習内検定時代で三種目それぞれ67点、一回で受かっています。
以降五年程はスクール、検定一切受けず、今年から1級受験デビューしました。

専門家の方ご回答宜しくお願い致します。

なお、仕事のスケジュールなどで適宜受験しており、特定のスクールを決めて受験しているわけではありませんが、主に南信や北陸で受験しております。ただ、左記スクールは今シーズンの検定を終えているので、3月末に奥美濃で受験しようと思っております。初めてなので、奥美濃の受験についてもアドバイス等情報があればお教えください。

質問者からの補足コメント

  • はまな様
    「積極性、スピード感はある」と言われたことがあります。その時、安定性が出てこなかったのが「外向傾×、板に重み×」なんですかね。
    外足は、自分自身としては乗り込んでいる感覚です。これ以上乗り込むと内足浮く?という気がします。それで勝手に外向傾が生まれるだろうと考えていたのですが、実際映像を見るとそうなっていない。前回検定を受けた際、イントラの方に「肩ラインを雪面と平行に」と言われたのですが、外肩を下げることになりますよね。形作り?な気も。でも、その意識で滑ることで、結果正しい?外向傾に繋がるなら、鶏が先か卵が先か…という話かなとも思います。正直、外向傾ばかり注意されるので、早く治したいです。5年前二級受けた時には「内側に体を倒すだけで楽にターン」を指導され、以降それに強い意識を持っていたのでなかなか抜けない癖になっています…。その前は外向気味に滑ってたと思うんですが…。

      補足日時:2015/03/19 09:18
  • はなやま様 ごめんなさい、先の補足でお名前を間違えました<m(__)m>

    足首ですか。注意されたことはないですね。逆に、ブーツのタンにかかりすぎ!という注意は受けたことがあります。けれど、足首、膝、股関節の三点で重心を落とすという理屈は分かります。
    分かるんですけど、すごく疲れるんですよ…。何が悪いのかな。とりあえず足首含め、三点とも柔らかく使うよう意識してみます。

      補足日時:2015/03/19 09:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問にお答えします。


外向傾と外足荷重は別物と思ってください。
斜面を横切るとき、直進方向ではなく、斜め下(谷側)に上体が向いた姿勢を外向傾と言います。
その時、私の場合、両足の荷重配分は9:1で外足のインエッジに乗っています。山足アウトエッジはほぼ接地しているかどうかです。

その後ニュートラル(ターンの終わりと次のターン始まりのつなぎ目部分)で一瞬ですが斜面に垂直に立ち、(ひざが完全にまっすぐになることはありません)次の谷足インエッジで雪面をとらえてターンを開始します。ここから谷足荷重が始まります。

>案山子みたいに左右に倒れている。
とあるので、もしかすると、ターンが頭を中心にストレート内倒の状態で始まっているのかなと感じました。これだと、外足荷重が見られないので減点になるのではと思いました。

「くの字」姿勢はご存知でしょうか。
谷足はインエッジで雪面をとらえているので、脚は山側に倒れます。逆に上体はバランスを取るために谷側に倒れます。これが外向傾の形です。カービングの板になって以前ほどの極端な姿勢は必要ありませんが、この姿勢が安定感につながります。

トレーニング法としては、外足インエッジ1本のみで何度も滑ってください。内足は上げます。切り替えたら次の外足インエッジでターンします。バランスがしっかりとれるポジションを自分で探してください。外足インエッジにしっかり重みをのせて滑れる腰の位置を見つけます。

>小回りで上にぬけている。
とありましたので、切り替えで伸びあがるイメージを、もっと「谷」方向に変えてください。怖いですが、谷に体を投げ出す感じ、斜面に垂直に立つ意識が必要です。これがわかると板が体の後からついてくる感じがわかるようになります。

あと一歩のところまで来てますので、頑張ってぜひ輝くバッチを手にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はなやまさま
涙が出るくらい有り難いお返事をいただきましたm(__)m見てもらってはいませんが、見てもらったがごときですね。月末、一日練習にあててシーズン最後の受験にいってきます!練習ではアドバイス意識します。
頑張ります!有り難うございました!

お礼日時:2015/03/20 23:19

SAJ指導員と検定員の資格をもっていて、シーズン中はイントラをしています。


実際に滑りを見ていないのですが、私が検定で点数をつけるときに基準にしているのは、1級だと「安定感」「積極性」「スピード感」です。
ですので、質問①では、実際に外足にしっかりと乗っていないのが見て取れると、いくら外肩を下げても、検定員は点数をつけてくれないと思います。

質問②はひざと股関節を曲げる意識より、足首を曲げる意識のほうが大事なのではないかと思います。
きついくらい曲げて滑っていることはないです。
今年SAJの教程が全面的に変わり、内倒は減点対象、今は外足荷重、外向傾重視になっています。

2級と比べると、1級ははるかに高い壁です。
SAJ丸山貴雄デモのDVDは今の滑り、トレーニング法もわかりやすく解説しています。ぜひ参考にされてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます<m(__)m>
補足に書かせて頂きますが、質問を重ねてしまいました。
宜しかったらまたご回答いただけると嬉しいです。

お礼日時:2015/03/19 09:13

わたし自身、有資格者でも検定基準を熟知しているわけでもありませんが、質問主様の滑りと、受験した学校の検定基準の相性の様に思います。


いろんな所で受験していれば、質問主様の滑りと相性の良い学校が有るかと思います。

>スキーに重みを乗せられていないという指摘が多い。

なら、古い練習方法ですが、プルークボーゲンで、切り替えの時、ドンと次のターンの外足のスネでブーツのタンに全体重を乗せる。
そのまま回転して、次の外足のスネでブーツのタンに全体重を乗せる。
この繰り返し。
雪からの抵抗を感じたら、膝を伸ばし気味にしてそれに抗する。
内足が中間姿勢なら、外足が縮んで内足が伸びているので、自然に外傾が出来る。
これをプルークボーゲンで練習して、体に覚えさせる。
パラレルスタンスでやると、切り替えの時に力をかけられずに、フォールラインを向いたあたりでやっと力がかかるので、ズレと加重の遅れに見えちゃう。

プルークボーゲンで、スキーの矢印の方向に状態を合わせて外足に乗り込む(正対かな)のと、乗り込むスキーの向きに合わせて乗り込む(内向かな)のと、内足の向いてるほうを向いて乗り込む(外向かな)を他の人に見てもらって演技として使い分けできれば、パラレルスタンスで滑れば合格点取れると思うけど。

>また小回りでは上に抜けている?との指摘。

そういう運動の時代に覚えたのでしょうから、それを修正するのって、大変です。
上に抜かないためにベンディングターンの練習をしても、すぐに身に付く訳でもないし。

横滑りは、谷スキーを雪面とフラットにして横滑りするのを見ていると思います。
雪面にフラットにして体重をかけて。
山足に体重がある状態で横滑りすると、スムーズに行っても不合格点になります。

わたしなら、無駄な努力をしないで、合格点をくれる学校、スキー場を探します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
プルークで練習はよく言われます。地道に基礎からですね、やってみます!

お礼日時:2015/03/17 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー検定の受かりやすいスキー場、受かりにくいスキー場は?

スキーの検定なのですが、同じ級でも受けるスキー場によってかなりの難易度の差がありますよね。
例えば最難関の八方や浦佐などでしたら、そこで2級受かる人なら受かりやすいと言われるマイナーなスキー場の検定では1級に受かるレベルとまで言いますし。
今は、一級は不整地もあるんでしたっけ?
ですから一概には言えないかもしれませんけど・・・
私が某スキー場のスキー教室で同じクラスだった一級の方は、
「ハァ?本当に一級??」
みたいな感じの方もおられましたし…
どうもそこのスキー教室や合宿に頻繁に参加していると温情(サービス?)で採点が甘くなるようですね。

で、どこのスキー場の検定が易しいでしょうか?
有名どころのスキー場は難しそうですよね。
できれば具体的なスキー場名をお教えください。

情報お願い致します。

Aベストアンサー

苗場で見られたのは、柏木義之選手ではないでしょうか?

八方、戸隠、苗場が難しいと聞きます。
あと北海道ですね。
木島平に戸狩、関西のスキー場が優しいと聞いたことがありますが。

Qスキー SAJバッジテストの点数について

先日、SAJの2級検定に合格しました。
質問ですが、受けた級によって、与えられる点数の上限って決まっているものなのでしょうか?
2級、全て66点で合格でした。が、当日の2級受験者20人中(4人合格)では 各種目66点が最高だったので、2級でエントリーすれば一番上がこの点数と決められているのかな、と感じた次第です。
というのも、同じバーンで行った 1級受験者の方々、転倒とか暴走気味とかの致命的に見える失敗されても、最低点が67点とかだったので(発表は1・2級同時でした)。
続いて1級にもチャレンジしたいと思うのですが、もし検定が絶対評価であれば、66点だとまだまだなのでもっと精進してから、と思うのですが、1級でエントリーしたらもっと高めの点をもともと期待できるのであれば、だめもとで申し込んでみようか、と考えている状況です。

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。うらやましい。

かつてインストラクターをやってる人から聞いたのですが
1級は5種目×100ポイント=満点500ポイント
350ポイント以上合格(70%)
2級は4種目×100ポイント=満点が400ポイント
260ポイント以上合格(65%以上)

ってことになってます。
ここで、ぶっちゃけですが、
1級の場合は
・転倒暴走=67
・まだまだ=68
・あとちょい=69
・まあ合格=70
・合格!=71
・うまい!=72
2級の場合は
・転倒暴走=62
・まだまだ=63
・あとちょい=64
・まあ合格=65
・合格!=66
・うまい!=67

と、とどのつまり合格点(1級は70、2級は65)を中心に6段階評価やってるようなものなのですね。
だから1級と2級の間に点数の関係はありません。
1級を受験されたら、70点を基準に、超えてるか、まだかを大体6段階で評価されます。

と、2級を大回り以外64点で落とされた私がえらそうに答えてみました。(笑)

Qシニアのスキー1級検定について

現在65歳です。
20年前に2級を取得し、15年前に1級の検定を受け、不合格でした。
その後、仕事の都合で受験チャンスがなく、未だ、検定に未練があります。
しかし、受験者の年代を考えると、自分の年ではいかにも無謀のような気がします。

上手な友人と比べると、自分はそれほど運動神経が良いわけでもなく、
子供のころに父親に教えてもらったおかげで、年期だけは入ってます。

しばらく遠ざかっていた教程も買って読んでみようかと思っていますが、この歳で検定は
無理でしょうか?

合格するとは思っていませんが、1級バッチは憧れです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず1級はそんなに甘いものではありません。
失礼ながら質問者様のご年齢を考慮しますと、年間40~50日くらいの滑走をしないと1級のレベルを維持できません。
スクールや、指導員資格を持たれた方に指導を受けられていれば滑走日数は多少少なくなってもいいでしょう。

滑走不足でも検定挑戦するためには、オフシーズンは膝や腰を中心に強化トレーニングを実行してください。ランニング、軽いダッシュ、スクワット、背筋トレなどもしてください。


●まず、基礎小回りと横滑りは年齢的のも問題ありません。
●問題は大回りと、不整地種目です。

●大回りはスピードと切れ、ターンの質も求められます。

●一番問題なのが不整地小回りです。これは、スキー場、当日の天候、検定の都合によってゲレンデ環境が日々変わります。なるべく硬いコブ斜面を滑らされることが少ない検定会場の選択が必要です。下見が必要です。実際の検定も見るといいでしょう。日曜日の検定が比較的多いと思います。

●厳しい斜面を滑らされることが少ないスキー場が見つかったら、そのスキー場に連続して通いインストラクターから1級検定コースの指導を受けることです。

質問者様がコブ斜面を得意としているかどうか分りませんが、検定当日のゲレンデコンディションで硬いコブや深いコブを滑らされなければラッキーです。
八方尾根などの検定は厳しく、50人~80人受けても1人受かるかどうかのレベルですから会場選びは慎重におこなってください。

検定当日のゼッケンですが、3番から10番くらいのゼッケンが有利です。1~2番はフォアランナー(前走)の滑りと比較され不利です。
10番以降はみんな同じラインを滑るので荒れてしまい不利です。当日の検定申し込みは3~10番目までに並んでください。

まず1級はそんなに甘いものではありません。
失礼ながら質問者様のご年齢を考慮しますと、年間40~50日くらいの滑走をしないと1級のレベルを維持できません。
スクールや、指導員資格を持たれた方に指導を受けられていれば滑走日数は多少少なくなってもいいでしょう。

滑走不足でも検定挑戦するためには、オフシーズンは膝や腰を中心に強化トレーニングを実行してください。ランニング、軽いダッシュ、スクワット、背筋トレなどもしてください。


●まず、基礎小回りと横滑りは年齢的のも問題ありません。
...続きを読む

Qコブ練習に適したスキー場

スキー中級者です。今までコブを避けていたのですが、今シーズンから何とかコブに挑戦してみようと思っています。
まずは連続したコブの衝撃吸収に慣れる事から始めようと考えています。
そこで、緩斜面にある程度長さのある人工の小さなウエーブが作ってあり、ヒザ曲げのばしの感覚の練習ができるスキー場を、できれば関越道方面でご存知の方がいらっしゃったら教えてください。当方東京在住です。3~4時間程度で行けるスキー場であれば長野道方面でも行けるかな、とも思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

岩鞍も悪くないですよ、休日のお昼過ぎた頃に女子国に出来はじめるコブであれば・・・ですが。

コブ初心者であればエア台のあるようなモーグルバーンより自然コブの方が良いです、玉原のコブはかなり斜度が緩いのでコブが滑れなくとも中級(2級)程度の技術が有れば恐怖感無く練習できると思います。
さもなければ斑尾のように毎日キチンと整備するモーグル練習用バーンのあるスキー場か、ですね(練習用のコブ斜面としては国内随一のクオリティーです)。

4月5月になって雪が腐ってくるとコブの季節になります(その前に整地でのショートターンとポジショニングをキッチリ練習しておく必要がありますが)。
スピードが出ないので吸収さえ出来れば直滑降でもある程度滑れてしまうのですが、ここでコブの中でのターンとエッジングの練習をしないと次のシーズンに思い切り後悔することになります。


人気Q&Aランキング