こんにちは。
現在海外営業として、メーカーに勤務しております、かにみそおはぎと申します。
少し前から、英語の他に第3言語を勉強しようと思っており、ロシア語を検討しております。
広大な土地があり、資源も豊富で、経済もこれから伸びしろがあるように思えたから、中国・東南アジアに目が向く中で、ほかの人が持っていない言語を選択し、差別化をはかりたいということが理由です。

しかし、ほんの数年前は、BRICsの一角として注目されていたロシアですが、このところ悪い噂しか聞きません。主に以下の3点が気になります。

1:BRICsは、人口に基づいて経済発展が期待できる主要な国を選んだものです。しかし、ロシアの人口は横ばいか、少し減少傾向にあると聞きました。

2:GDP成長率は2%ほどで、2014年にいたっては、0.8%しかありません。

3:ウクライナ情勢もあり、プーチン大統領の強硬姿勢・政治に経済が大きく左右され、ビジネスには向かない?

みなさんは、ロシアは今後どうなっていくと思いますか?
高い関税が撤廃されビジネスがやりやすくなったり、大きな経済政策が打ち出され、GDPも伸びたりすると思われますか?5年・10年のスパンでみて、ロシア語は役に立つでしょうか?

また、他にオススメの言語があればぜひ教えてください。
ちなみに私は、ロシア語・アラビア語・トルコ語で迷いました。

過去の質問にも似たような質問があったのですが、2015年ではだいぶ情勢が変わっていることもあり、みなさんのお知恵をかしてほしいと思い、質問いたします。

宜しくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    中国語がやはり無難ですよね。。。まだまだ市場は拡大するでしょうし。しかし、みんなやってて後追い感があるんですよ。
    今後、日露関係の改善に期待したいです。
    長いスパンでもう一度検討してみます。ありがとうございました。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/18 22:04

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実用性か、希少価値か、あなたご自身の興味・満足度か、などに依存すると思います。



 ロシア語は、文字の特殊性もあり、希少価値は高い方だと思いますが、ロシア文学など、言語として勉強している人はそれなりにいると思います。また、ロシアは、ソビエト時代からそれなりの「先進国」ですので、今後の大きな発展は期待できないのではないかと思います。

 言語を使う場面の多さで考えれば、人口比で考えて中国語、スペイン語、インドネシア語あたりかと思います。
 海外営業として、どの地域を担当するか(したいか)によっても変わります。中東方面ならアラビア語、アフリカならフランス語、中南米ならスペイン語でしょう。全世界のオールマイティを狙うか、地域のエキスパートを狙うか、あなたの今後のキャリア計画と関連させて判断する必要があるでしょう。

 希少価値という意味では、中国語、スペイン語、フランス語などは落ちると思います。
 希少価値としてはアラビア語、インドネシア語など、主にアジア系の言語でしょう。経済発展の度合い、人口、日本との地理的関係などから、今後のマーケット、生産拠点、人材獲得の有力なターゲットになるでしょうから。ただし、希少価値が高い分だけ、勉強する環境も厳しいと思います。テキストや辞書そのものがないとか。

 あとは、ロシア文学が好きとか、(あなたが男性と仮定して)フランス人女性と親しくなりたいとか、そういう興味や付加価値も考慮して判断されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
人口比でいくと、やはり中国語・スペイン語になりますか。
人口・経済発展・日本との関係でみると、アジア圏ですか。地理的にもビジネスがしやすい環境ですよね。

>>ソビエト時代からそれなりの「先進国」
そのとらえ方ははじめて知りました。勉強不足でした。。

もう少し長いスパンで、自分の興味・楽しさも考慮して考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/18 22:15

>少し前から、英語の他に第3言語を勉強しようと思っており、ロシア語を検討しております。


それなら、ベタですが 中国語が一番無難だと思いますけどね。でも、ロシア語は人気がないので、ロシア語が出来れば希少価値はあると思います。

それと、ロシアの人口とかGDPよりも 今後の日露関係が大きな要因だと思いますけどね。

>5年・10年のスパンでみて、ロシア語は役に立つでしょうか?
ドイツ語とかイタリア語よりは役に立つと思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
中国語がやはり無難ですよね。。。まだまだ市場は拡大するでしょうし。しかし、みんなやってて後追い感があるんですよ。
今後、日露関係の改善に期待したいです。
長いスパンでもう一度検討してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/18 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界で最も重要な3言語を選ぶとすれば

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下していると言われますが、まだ世界2位の経済大国であり、話者人口も約1億3000万と多いです。またネットの世界における日本語は英語、中国語にも劣らないプレゼンスを示しています。

次点
○フランス語:かつての国際語ですが、フランスの経済力はそれほど大きいものではなく、フランス以外の国でも話されているといってもアフリカの貧困国くらいです。
○ドイツ語:ドイツの経済力は中国に抜かれ、世界4位に低下しました。また、ドイツ人の多くは英語に堪能なため、英語でコミュニケーションが取れてしまいます。
○スペイン語:スペインおよび南米の多くの国で用いられていますが、スペインは決して主要国と言えない存在であり、南米の国々はアメリカの半植民地状態になっているので、特に重要だとはいいにくい言語です。
○アラビア語:イスラム社会で多く用いられる「聖なる言葉」ですが、イスラム教徒の多くは保守的・閉鎖的である一方で開明的なイスラム教徒は英語ができる場合が多いため、部外者が使用する機会は少ないと思われます。

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下...続きを読む

Aベストアンサー

英語以外はどれも難しいです。

ドイツ語はヨーロッパでは強いですが、それ以外では通じません。
ただし、ウェブページの数では英語に次ぐ2位という点から、
話者人口以上の存在感があるのも確かです。

フランス語はフランス以外の国はそれ程強くないです。
もちろん、国際言語である事は評価できます。

中国語はもう中国経済次第ですね。中国が先進国の仲間入りを
すればかなり強大な言語でしょう。

スペイン語は国数こそ多いですが、スペイン自体ヨーロッパでも
あまり強くなく、南米諸国の今後次第でしょう。

アラビア語も同じく国数や人口は多いですが、まだまだ
先進国といえる国はありません。

最後に日本語。経済大国かつ1億以上の人口は強いですね。
しかし国際語とは到底言えません。島国の一言語という地位から
脱却するには、観光に力を入れたり、ローマ字表記にする等の
施策が必要と思われます。

というわけで、英語に次ぐ言語をピシャリと決めるのは
難しいと思われます。

Q第二外国語の選択でドイツ語かロシア語で迷ってます

この春大学(法学部)に入学した者です。
大学で新しくはじめる第二外国語の選択で迷っています。
ドイツ語かロシア語にしようとまでは絞り込んだのですが、どちらもほとんどなじみが無いので、どちらにしようかなかなか決められません。
そういうことですので、ドイツ語とロシア語のそれぞれの特徴などを皆様にお聞きしたいと思って質問しました。
どちらか片方についての情報でも構わないのでお答えいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ロシア語とドイツ語両方やった者です。

難しさという点ではどちらも変わらないかな、と思います。とっつきやすさで言えば、英語に似ているドイツ語に軍配があがると思います。でもとっつきやすい、人気がある=ライバルが多いということです。ロシア語はキリル文字を使うのでアルファベットから覚えなければいけませんが、そんなに難しくはないです。逆に覚えてしまえば特殊な発音は少ないので苦労することは無いと思います。

文法では、格変化はロシア語のほうが多いですが、ドイツ語は冠詞もあるし、名詞の性もドイツ語のほうが見分けにくいです。だから一概にどっちが難しいとは言えないんじゃないかな、と思います。

ただ、人気で言うと、ドイツ語>ロシア語なのは間違いないです。そのため、ロシア語は少人数のクラスになりがちで、当てられる回数も多くなりがちでキツイかもしれません。でも確実に身につくとは思います。

あと、法学部でも使おうと思えばロシア語使う機会はありますよ。ロシアはBRICSの一角で、経済的にもどんどん発展している国です。そのわりにロシアの法律に関する専門家はかなり少ないです。その点でも今後のロシアとのビジネスが発展すれば、法律の専門家が必要になってくるのは必至で、今やっておけば将来伸びる分野かもしれません(確証は全く無いです(汗))。

以上、ロシア語の回し者である私(ロシア語講師です)が、ロシア語を押してみました。でも興味がある方を選ぶのが一番ですよ。

ロシア語とドイツ語両方やった者です。

難しさという点ではどちらも変わらないかな、と思います。とっつきやすさで言えば、英語に似ているドイツ語に軍配があがると思います。でもとっつきやすい、人気がある=ライバルが多いということです。ロシア語はキリル文字を使うのでアルファベットから覚えなければいけませんが、そんなに難しくはないです。逆に覚えてしまえば特殊な発音は少ないので苦労することは無いと思います。

文法では、格変化はロシア語のほうが多いですが、ドイツ語は冠詞もあるし、名詞...続きを読む

Q2ヶ国語同時に学習して相性のいい言語・悪い言語

過去にこういった書き込みで一覧表にしたものがあるかなと
思ったのですが、
見当たりませんでした。
2ヶ国語同時に学習して相性のいい言語・悪い言語、
一応、無限にするのも大変なので、
NHK外国語講座にあるものに限定してお願いします。
英語も含めてで。

英語
韓国語
中国語
ロシア語
フランス語
ドイツ語
イタリア語
スペイン語
アラビア語

合計で36通りになりますが、
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

系統的に似ているのは下記の通りです。

英語、ドイツ語
フランス語、イタリア語、スペイン語
韓国語
中国語
ロシア語
アラビア語

ただ2ヶ国語とも1から始める場合、似た言語を選ぶと混乱するのであまりお勧めしません。
既に英語の基礎がある人がドイツ語を始め、英語も並行で勉強を続ける、とか、イタリア語を知っている人がスペイン語を始める、というのなら別ですが。

韓国語、中国語、ロシア語、アラビア語は新しく覚える文字が多いので、系統は違っても同時に始めるのは大変だと思います。2ヶ国語を同時にやるのであれば、ヨーロッパ系言語を1つ、それ以外を1つ選ぶのがお勧めです。

Q東京でロシア語を学べる大学

こんにちは。
私は東京に住む高校一年なのですが、ロシア語が好きなので大学で習えると良いなと思っております。

ところが、東京でも教えているところがなかなか見つかりません。
今のところは、
東京外国語大学
上智大学
創価大学
早稲田大学(文学部)
を(偏差値高い)探し当てましたが、他に無いでしょうか。
又、具体的に評判など教えてください。

創価大学は創価学会が絡んでいるので、もしかしたら他と違うのでは、とも思っています...

Aベストアンサー

何が何でも都内にこだわりますか?千葉県、埼玉県、神奈川県は嫌なんですか?

補足要求します。

Qフランス語やドイツ語は役に立たない?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は認めますが、私自身は中国語は必要ありません。 例えば、私は Marie ClaireとかElleみたいなファッション雑誌を愛読していますが、中国のファッション雑誌を読んでも意味がないからです。 同様にファッションにもグルメ関係にも無縁の人はフランス語を学んでも仕方ないかもしれません。ドイツ語は私の専門ではありませんが、同じようにオペラを学びたい人が
中国語を勉強しても役にたちませんし、それよりだたったら ドイツ語とかイタリア語の方がずっと有益です。
みなさんは、フランス語やドイツ語の学習意義について いかがお考えですか?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は...続きを読む

Aベストアンサー

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人たちに)。
中国や韓国の文化の方が触れる機会が多いから?
ビジネスに有効だから?
誰もが中国語韓国語が必要なビジネスに就くわけではないのに。
しかも中国語、といっても、要は北京語ですよね。中国には北京語が通じない地域も多いと聞きますが。


英語以外で、その言語を学ぶ動機は、はっきり言って「興味」でいいと思います。
フランスが好きだからフランス語を学ぶ、イタリアサッカーが好きだからイタリア語を学ぶ、等々。
何事も極めると、それが大いに役に立つでしょう。
関係した仕事を得られるかも知れません。

そもそも役に立つ立たないだけで学習内容を選択するのは、自ら将来の選択肢を狭め、人生をつまらないものにしてしまうと思います。

ちなみにフランス語を勉強すると英語に対しても新発見がいっぱいあって面白いです。
フランス語は英語の兄さんですからね。

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人...続きを読む

Q中国語はこれから本当に必要なのか?

現在多くの人々が将来の中国経済を見据え、中国語を勉強しています。
実際に中国に留学をしてキャリアアップを図ろうとする人もいます。
しかし毎回疑問に思うのですが、果たして中国語を習得する事は本当にこれからの時代必要なのでしょうか?中国語は、26のアルファベットで成り立っている英語と違いすべて漢字で成り立っています。漢字を使用する日本人ならともかく、他国の人にとっては辛い事だと思います。また中国語の発音は相当難しいと聞いた事があります。以上の点などから、中国語を習得するのは至難の技だと私は認識しています。コンピューター言語なども今は英語になっている時代です。また、中国と同時に、これからの経済成長が見込まれているインドの第二ヶ国語は英語です。私としては、英語だけを習得すれば問題ないのでは?以前から思っているのですが、皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

まあ、中国語は無視できないでしょうね。現在でも英語の方が需要はずっと多いんですが、その需要を“出来る人の数”で割れば 中国語の方が比率は高くなります。しかしながら、日本語の出来る中国人も少なくないので、中途半端な中国語力では使い物にならないでしょう。

ただ、英語の独占状態もこれから先は分かりませんね。先ず、中国は軍事、経済的にアメリカを追い抜くポテンシャルを持っていますし、ロシアも経済大国として再浮上するでしょう。特に、政治的・軍事的には中国とロシアが手を結びアメリカ一極支配を牽制する動きもあります。また、EUの存在も無視できません。
最近、ドルよりもユーロに人気が集まっていますね。
そして、本国のアメリカではヒスパニックが急増し、
アメリカの人口増にはヒスパニックが大きく貢献しています。また、インターネット上では最初の頃は #2さんの仰るように80%は英語が使われていましたが、現在では40%弱に落ち込んでいます。

質問者さんも仰っているように、インドもロシアやブラジルと並んで経済成長が見込まれていますが、インドは人口が他の2カ国よりも断然多く、中国の人口を追い抜くとも見込まれています。それから、中国語は日本人(及び一部の韓国人の知識層)を除けば習得が困難な言語ですし、いくら使用人口が多いと言っても使用している地域が限られます。それに、何より 国際的に仲介言語として使うには非常に不便な言語です。例えば 日本人がタイ人やインドネシア人と会話するにも
中国語は漢字しかありませんから、特に固有名詞を漢字で表したら元の発音が全然分からなくなります。

でも、中国語を学ぶのは楽しいと思いますよ。4千年の歴史を持っているのは中国語だけですよ。黄河文明で甲骨文字が発明されて その文字が今でも中国は勿論のこと日本でもバリバリ現役で、世界の1/4の人たちが今でも使っているんですよ。すばらしいことだと思いませんか?古代エジプト人も象形文字を発明しましたが、すぐに表音文字になってしまいました。確かに世界の多くの文字はエジプトの象形文字がルーツですが、古代エジプト語はアラビア語に駆逐されて
今では ほんの細々とコプト教会で使われる程度なんですから。

余談ですが、これは以外に見落とされるんですが、日本の固有名詞を英語で表記するのは何の造作もないことですね。でも、中国の固有名詞は厄介です。日本では漢字を日本語読みするのに、英語ではピンイン(中国語のローマ字)で表します。
例えば「私の兄は中国の黒龍江省に滞在しています。」を英語に出来ますか?簡単な英作文ですが “黒竜江”で引っかかると思います。日本の固有名詞でないんですから「Kokuryuko」では通じないのは知っていますよね。「Heilongjang」としなければなりません。
そう言えば、中国人の人名も普通は日本でも漢字を日本語読みするのに、オリンピックの選手は中国語読みのローマ字表記になりますよね。だらだらと関係のない話 失礼しました。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E4%B8%8A%E3%81%AE%E8%A8%80%

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E4%B8%8A%E3%81%AE%E8%A8%80%

まあ、中国語は無視できないでしょうね。現在でも英語の方が需要はずっと多いんですが、その需要を“出来る人の数”で割れば 中国語の方が比率は高くなります。しかしながら、日本語の出来る中国人も少なくないので、中途半端な中国語力では使い物にならないでしょう。

ただ、英語の独占状態もこれから先は分かりませんね。先ず、中国は軍事、経済的にアメリカを追い抜くポテンシャルを持っていますし、ロシアも経済大国として再浮上するでしょう。特に、政治的・軍事的には中国とロシアが手を結びアメリカ一極支...続きを読む

Qこの先、需要が多いのはロシア語 or 中国語?

高3の受験生です。
外大又は外国語学部の英米希望ですが競争率が高いため
比較的それらの中では競争率が低いロシア語か中国語、又はインドネシア語、ポルトガル語の中から併願を考えてます。
前は中国語をやれば今からは絶対いいと聞いていましたが最近では、やってる人が多いのでこれからはロシア語を喋れる人を企業は求めていると聞いたことがあるのですが実のところはどうなんでしょうか?
社会人の皆様、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答がつかないようですので、私が僭越ながら回答します。

そうですね、確かに中国語をやっている人は多いでしょうけど、いくら多いと言っても、中国語を学習している人は10人に1人の割合にも満たないはずです。それに、中国語を学習したといっても、第2外国語で選択しただけで中卒の英語に相当する程度しか覚えてない人が多いでしょうから、外大又は外国語学部で中国語を専攻すれば一応、使えるレベルまでは行くと思います。また、日本を訪れる外人も中国人はアメリカ人を上回るので、中国語を活かせる機会は少なくないはずです。

ロシア語も悪くないですね。ロシア語は人気が低いですけど、潜在需要は決して低くないと思いますし、ロシア語が出来れば重宝される可能性も低くはないでしょう。

それと、ポルトガル語も狙い目かもしれません。スペイン語の学習者に比べると、ぐんと少ないですが、中南米で最も日本に馴染みが深いのはブラジルですし、これから目覚ましい発展が望める国です。

Qマイナーな外国語を覚えるならどこの言葉がオススメですか?

マイナーな外国語を覚えるならどこの言葉がオススメですか?

覚えやすいとか、面白いとか、意外性があるとか、深いとか、良い言葉がある、良い文化が理解できるといった趣旨でお願いします。

Aベストアンサー

日本在住でマイナーな外国語を希望されるのであれば、アイヌ語、琉球語などを推薦したいとおもいます。

特にアイヌ語は絶滅危機的言語で十分マイナーですし、日本に住んでいることがアイヌ語学習の大きなアドバンテージなります。
満州語やヤクート語なども今やマイナー言語ですが、日本で満州語やヤクート語を学ぶのは条件が悪く、中国の満州語学習者やロシアのヤクート語学習者からみると学習ハンディキャップが大きいですよね。

現代日本で、しかも北海道以外の場所で、アイヌ語を縦横に使いこなす人はほとんどいないともいますので、面白く、意外性があり、また日本国の少数民族文化に対する理解促進といった趣旨で大変良いことだと思います。
また、日本の国会の答弁でもアイヌ語がつかわれた事実があり、国会答弁の議事録を理解するにはアイヌ語が役に立つこともあります。

Q神戸市外大ロシア学科・・・就職できるか?

私は、神戸市外国語大学志望の23才男です。実は高校を出て、飲食業に就きました。
学科選びで悩んでいます。願書締め切りがもうすぐで本当にあせってます。アドバイスをお願いします。

私は、外国語全般が好きでどれを学んでも積極的に打ち込める自信があります。
中でもロシア、ロシア語に本当に興味があって出来ればロシアにかかわる仕事に就きたいと考えています。

しかし、将来のことを考えると簡単にロシア語を選択できないのです。
第一におそらくロシア語に関する職は少ないだろう。第二に私の年齢です。

私が悩んでいるのは、
(1)英米科(or国際関連学科)に入って、少しでも就職を有利にする。(ロシア語は時間に余裕ができたら将来趣味で学ぶ)

(2)一番関心の高いロシア語学科に入って自分の力でがんばる。

・・・という2つの選択肢です。将来は、外国と密接に関わる会社(銀行 商社など)に就職希望です。
特にOBOGの皆々様方にアドバイスをいただきたいです。語学系の大学を卒業した方でも結構です。
私は如何にすべきでしょうか?

Aベストアンサー

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%AA%9E&l=
求人検索結果 123 件

ロシア語
雇用形態
正社員 (66)
アルバイト・パート (23)
契約社員 (3)
新卒・インターン (8)
派遣社員 (5)

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&l=
求人検索結果 62,357

英語
雇用形態
正社員 (27535)
アルバイト・パート (8519)
契約社員 (1856)
新卒・インターン (964)
派遣社員 (17183)

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E&l=
求人検索結果 5,268
中国語
雇用形態
正社員 (2650)
アルバイト・パート (678)
契約社員 (345)
新卒・インターン (300)
派遣社員 (499)

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E8%AA%9E&l=
アラビア語は、本格的に、語学のみ採用になる



確かに、英語のほうが圧倒的に件数が多い

しかし内容をよく見て欲しい。
英語は ○○もできて 英語もできる(のが当たり前)でしかも、時給の世界
ロシア語は、ロシア語が出来るだけで OK で 正社員の世界

需給バランスとして英語の話せる人間の供給量は多いのに対して、ロシア語は供給量が少ないのです。


英語が強い人間が有利か
ロシア語が強い人間が有利か

という選択の話ではなく

卒業時27歳という前提で、ほかに真似のできない技能を持っているかというこをと気にするべきであり、その技能は英語では、他との差別化はできづらいが、ロシア語ならできる可能性があるということです。
※ これが スワヒリ語とか、ものすごく特殊な言語だとまた別だが、ロシア語なら市場性あるだろう


http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%92%E3%83%AA%E8%AA%9E&l=
ちなみにスワヒリ語だと、バイヤーの仕事一件
http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%AA%9E&l=
スペイン語も 語学教師の世界

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%AA%9E&l=
イタリア語

雇用形態
正社員 (109)
アルバイト・パート (372)
契約社員 (7)
新卒・インターン (7)
派遣社員 (52)

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%AA%9E&l=
求人検索結果 123 件

ロシア語
雇用形態
正社員 (66)
アルバイト・パート (23)
契約社員 (3)
新卒・インターン (8)
派遣社員 (5)

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&l=
求人検索結果 62,357

英語
雇用形態
正社員 (27535)
アルバイト・パート (8519)
契約社員 (1856)
新卒・インターン (964)
派遣社員 (17183)

http://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E&l=
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報