遺産相続の分割協議をしたくないという兄弟に弁護士を雇われました。
 
法定相続人は3名です。均等分割なので、相続の権利確認をした段階で
長男が 考えたくない!という理由で弁護士を頼んだようです。

兄の家業は 専業農家。 
こちらは、サラリーマンなので、田畑はいらないと伝えてあります。
それ以上、条件提示はしていません。 
故人の財産管理をしているのは長男なので、分け方の提案をしてほしいという段階で 
話は途切れました。

その後 長男とは、連絡が取れなくなり(電話にでない)
弁護士から 受任通知が送られてきました。

2週間経ちましたが 代理人である弁護士からは 何の連絡もありません。

こちらは 相続を急いでいるわけではないので、焦っているわけではありませんが、
このまま連絡を待っていていいのか?不安です。

こういう場合 放置していていいのでしょうか?
どなたか 詳しい方 教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

弁護士の受任通知が来たということですね。

驚かれたと思いますし、もしかしたら腹立たしく思われたかも知れません。亡くなられた方には遺言書が無かったとして下記を書きました。参考になれば幸いです。
①先ずは弁護士に委任された方はどなたかを確認してください。お兄様とはわかりますが。次に受任内容は何かを確認してください。その弁護士さんに聞けば良いことです。
一般的に相続に関して争いが無いなかでの弁護士登場とは交渉を任せたとの意思表示(法律的には委任により、委任されたお兄様は交渉の表舞台から消えます。)ですから、ご質問者様からなるべく早く弁護士に接触した方が良いと思います。別に怖い人ではありません。弁護士から何か聞かれたときに回答には注意して下さい。イエスは取り消せませんので自信が無いときは確定的な返答をせずに後日返事するとして下さい。
なお相続発生から4月以内にお亡くなりになった方の準確定申告が必要になりますし、10月以内には相続税の申告が必要になります。法律では相続財産は遺産分割協議の進行とは関係なく共有とされますので、税務署との関係と遺産分割協議とは分けて考えておく必要があります。
②具体的対応策ですが、当たり前だと怒らないでくださいね。ご質問者が代理人としての弁護士を雇う方法があります。弁護士はご質問者の立場で行動してくれますし、精神的・時間的な苦労から離れられます。報酬額は最初にお尋ねになると良いです。相談なら弁護士によりますが30分で5000円位です。依頼された時の報酬額見積額も教えてくれます。
もし知人である弁護士がいないなどの場合は、行政書士や司法書士、あるいは税理士にご相談されることをお勧めします。彼らもプロとして相続一般の知識を持っていますが、資格で業務が制限されていますので、業務遂行のために弁護士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などとのネットワークを持っています。相談だけでしたら、1時間5000円位で済みます。
相談に際しては相手方に「弁護士が着いていることを冒頭で」お話し下さい。紛争事案は弁護士(金額で司法書士も可能ですが)の独占業務であることを彼らは理解していますから、様々な方策を教えてくれますし、ネットワークを結んでいる弁護士なども紹介してくれます。
もう一つは、法務省・最高裁・日弁連が作り上げた「法テラス」に相談する方法もあります。
とにかくお一人で悩まず、放置せず一歩進められることをお勧めしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございました。
一歩すすめてみます。とても参考になりました。

お礼日時:2015/03/23 14:37

私自身、祖父母の遺産の件で、親の代わりに相続手続きを経験した者です。


また司法書士事務所で働いたことがあり、いくつかの相続を見てきました。
その建研から思うに、遺産を管理している相続人に過度な期待をしたり、責任を求める人が多いように思います。あなたも長男を中心に進めるべきと思い、放置まで考えていますよね。

遺産を管理しているからといって、法的に何も権利も義務も負いません。相続の権利としては、法律で定められています。もちろん、全員が了承さえすれば、法律通りでない方法も認められることでしょう。

長男からすれば、昔ながらの家督相続の意思が強いのかもしれません。ただ、現在の法律や一般的な慣習ではありませんね。

放置していれば、預貯金などを使い込まれる可能性が増えていきます。不動産などはよほどの方法を取らない限り、名義変更はできませんが、自由に使われることになるでしょう。

預貯金などの使い込みがされて、それ以外の遺産も少額で、お兄様自身にも財産がほとんどないような状態となれば、あなた方はろくに取れないことになるのです。もちろん、お兄様に請求することは可能ですが、裁判所は回収まではしてくれませんからね。

後で苦労するぐらいであれば、正しい請求を行うか、あなた方が納得できる形での請求をするかを決め、勧めるべきではありませんかね。
また、相続税がかかるような遺産の場合には、相続税の申告期限もあります。未分割というだけで、申告期限は伸びません。また、申告期限内の申告をしないと、特例計算なども行うことはできないでしょう。

お兄様と徹底的に戦うのであれば、お兄様が雇った弁護士相手に財産の開示及び遺産分割協議に速やかに応じなければ、法定相続分に従ってすべての権利を主張すると伝えればよいでしょう。そのうえで、別な専門家(弁護士や司法書士)の協力を得て、遺産分割調停・審判を行えばよいのです。

財産がわからないまま、あなた方が納得できる金額があれば、その金額を弁護士へ主張してもよいでしょう。しかし、遺産がわからないまま納得できる金額というものもまず難しいことでしょう。

私であれば、専門家でなくともできる相続人調査や遺産調査を行いますね。

相続人調査は、思っている以上に重要です。子の了承なしに親は結婚できますし、養子縁組なども可能です。そして、子は親がどのような人生を歩んできたかすべてを知る立場ではありません。親にもプライドもありますので、過去の婚姻歴などを伝えていないこともあります。これらを親の戸籍謄本をさかのぼって確認するのです。これは、だれが行う手続きであっても必要となるものであり、専門家に依頼すれば費用も上がります。ご自身で行うことがよいと思います。

親の住所地役所で、固定資産税用の固定資産評価証明書を取ります。住所地を管轄する不動産については、これでほとんどわかることでしょう。そのほかに財産を持っていると聞いたことがあれば、その地域を管轄する市役所で同様のことをすればよいのです。

親の生活圏内の金融機関へ戸籍謄本などを持っていけば、預貯金取引の有無などの調査が可能です。この調査を行えば、実際に取引があれば口座は凍結され、簡単に引き出すことができなくなります。使い込みを止めることにつながります。取引があれば、取引口座などを教えてもらえますので、その口座の亡くなった日現在の残高で残高証明を取りましょう。これが正式な遺産となるはずです。
さらに、取引口座の取引履歴証明も取得しましょう。いわゆる通帳のようなものとなります。これにより、使い込みの状況も確認できますし、生命保険などに加入しており口座引き落としで保険料を支払っていれば、保険会社を特定できることでしょう。これをもとに生命保険会社に契約状況等を確認することができるでしょう。

生活圏内以外に預貯金などがあれば、簡単ではありません。しかし、支店さえあれば、使っている可能性もあることでしょう。転勤などをされてきたということであれば、広く調べる必要があります。

これらの調査で分かる範囲の遺産で、どのような金額や内容で求めるかを確認しましょう。
調べるだけであれば、相続人単独で可能なはずです。お兄様がすべてを教える義務がないことへの逆の方法です。
遺産分割協議書や調停などで文書で定める場合に注意として、話し合った遺産以外の取り決めをしないことをおすすめします。わざと隠している遺産がある場合があるためです。これは双方ともです。
もし見つかって高額なものであれば、改めて手続きを踏めばよいだけなのですからね。

私の祖父母の相続の際には、その相続人である私の親からの委任状により、私は可能な限り遺産を調査しました。親の兄弟でこちらよりの人には感謝され、遺産を管理し隠していた親の兄弟には恨まれました。しかし、正しいだろうと思われる遺産で遺産分割協議をまとめることができましたね。

田畑を農家がとられれば、仕事を奪われることになります。収入も得られなくなります。
共有名義などとされれば、了承を得なければ本来利用できなくなります。あなた方が権利を法的に主張するだけで、お兄様は困ることにもなるのです。脅しも必要なことですよ。
もしかしたら、弁護士をいれれば、あなた方があきらめるとでも思っているのかもしれません。
私であれば、弁護士を入れられたら直接交渉すべきではありませんし、弁護士と交渉することもしたくありません。専門家のアドバイスを受けながら遺産分割調停の申し立てを家庭裁判所に申し立てます。弁護士が参加するようであれば、知識が対等ではありませんので、調停を不成立させ、審判手続き並行させますね。審判となれば、裁判官が決めることがすべてとなります。法定相続分が重要なものとなることでしょう。あなた方の権利が大きく認められるのです。
このような腹積もりが長男が知ることとなれば、どんなことをしても、円満な協議による相続で、実家を守っていることを評価してほしいと泣きつくことでしょう。
どんな優秀な弁護士といえども、裁判所の結論をひっくり返すことも、法律を曲げることもできないですからね。

私の祖父母の際には、全員を集め、司法書士の前でアドバイスを受けながらの協議にしました。法的に正しい主張の判断を受けながら進めたため、無理難題を主張する相続人を黙らせたうえで優位な立場で、妥協案を出しつつ、協議書に署名押印させましたね。

大変ですが、一人でも非協力的な相続人がいるだけで、相続手続きは進みません。管理している人に使い込まれるのが一番面倒な話となります。弁護士は依頼者の味方にすぎません。正義の味方ではありません。お兄様の弁護士は、あなた方の味方にはなりません。
お兄様が拒絶するかのように弁護士を立てたわけですから、あなたもしっかりと考え、計画的に行動されるべきです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しくアドバイスいただきまして ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/03/23 14:31

相続のための分割協議って思いのほか面倒です。


まずは、故人の財産(負債を含む)の確定をしなくてはならないですし、それから全員が納得できる分割案を考えるということになります。
預金や上場有価証券などであれば単純に頭割りをすれば済むことですが、不動産や事業に関する物は簡単には分けられません。
これらの手続きを本人がやるのはかなり厄介なので、弁護士などにお願いすることも珍しくないと思います。

特に兄弟で仲違いをしているなどということがなければ、その弁護士さんに連絡を取ってご自身の希望を伝えたほうがスムーズに物事が運ぶと思います。
別に裁判でもないので「不動産は要らないけど、その分現預金などが多いほうがいい」などで構わないと思います。
故人の財産の内容にも拠りますが、簡単に不動産の評価額分を現預金で分けることはできないかもしれませんが、それでも一定の配慮はすると思います。

またもう一名の法定相続人にも同様に弁護士に希望を伝えたほうが、弁護士も三者が納得しやすい分割案を作れると思います。

ちなみにいつが相続税の申告期限なのかわかりませんが、受任から2週間では相続財産の確定作業をしている程度ではと思います。
普通の弁護士であれば、財産確定が済んでから、各相続人に連絡を取ってまずは財産内容を報告するのではと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすいアドバイス、ありがとうございました。弁護士さんに一度 進捗状況を聞いてみたいと思いました。

お礼日時:2015/03/23 14:44

自分の弟も同じような考えでしたね・・・・


自分家は おふくろの 入院費は自分(長男)持ち 葬式代自分 持ち
それで3等分 自分勝手がすぎるでは???????
    • good
    • 3
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。
なんだか ほっといたしました。

お礼日時:2015/03/23 14:32

田畑は要らないが均等分割!となれば長男さんも悩みますよね。



専業農家となれば、自宅兼作業場(倉庫)や田畑は手放せないでしょうから、余程の預貯金が無ければ均等割りなんて不可能となるでしょう。

可能にしようとすれば、長男さんが現金を用意するしかありません。

仮に自宅兼作業場と田畑の資産価値が1000万と500万、預貯金が300万だとすれば、総額1800万になります。
それを均等割りにすれば、ひとり当たり600万の相続権が有ります。

そうなると長男さんは900万の現金を相続しなければいけない事になります。


現状は、弁護士を交えて遺産総額と長男さんが捻出できる現金の算出中だと思います。

分割割合は別にして、貴女の意思を改めて弁護士さんにお伝えする事と、遺産の内訳や総額をわかる範囲で確認する為に、一度は連絡をして良いのでは無いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイス ありがとうございました。
一度弁護士さんに連絡をとってみます。

お礼日時:2015/03/23 14:34

相続財産に田畑があり、長男さんが専業農家ということで、故人の方も農業をされており、順当にいったら長男さんが受け継ぐ形でいいんですよね?


そりゃ、長男さんはかなり精神的にも、場合によっては財政的にも苦しい状況にあると思いますよ。

相続財産も値段的に同じであっても、受け継ぎたいものと受け継ぎたくないものがあります。
誰だって現金やそれに相当するものはうれしいですし、不動産などの扱いにくいものほど相続はしたくありません。
質問者さまは均等分割なんておっしゃっていますが、長男からしてみたらおいしいところは質問者さまたち、扱いの難しい財産が自分に押し付けられるようなものです。
それこそ長男さんが葬儀費用を負担していて、じゃあその故人の分の負債は現金ではなく田畑で穴埋め…となれば、長男さんは多額の現金を失うことになります。

また現預金が少なく、田畑の方が多額の場合、「俺らはサラリーマンで田畑はいらんから、平等になるようにその分の現金よこせや」と要求されようものなら、それこそ長男さんはかなり苦しむことになります。
家業を継ぐだけでも膨大な手続きに忙殺されます。
だからこそ弁護士に頼んでいるのでしょう。

何の連絡もなければ、こちらからすればいいだけのことです。
田畑はいらん、均等だ、そっちから連絡が来ない…
ちょっと身勝手過ぎはしませんか?

まだ長男さんと弁護士さんとの調整中でしょうが、それでも質問者さまが弁護士に意向を伝えるだけでも、状況は進みやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。弁護士に連絡を取っていいことがわかりましたので たすかりました。

お礼日時:2015/03/23 14:35

こちらの希望として、100万円ほど現金がほしいと、弁護士に連絡して、様子を見る。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご回答ありがとうございました。早期解決にはそういうのもありですね。

お礼日時:2015/03/23 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセクハラに関しての弁護士相談を予約しました。既に一度、同じ案件で法テラスの無料相談も受けてます。

セクハラに関しての弁護士相談を予約しました。
既に一度、同じ案件で法テラスの無料相談も受けてます。
他の弁護士さんの考えも聞きたいと思い、別の弁護士事務所に相談予約をしました。
一回目の法テラスでは被災地特例法での無料相談でした。
できれば、他の弁護士さんに相談してきたとこは伏せたかったのですが、今回の場合は正直に2回目だと言わなければならないんでしょうか?

Aベストアンサー

以前は無料の法テラスにお願いしましたが、別の弁護士さんの意見なりアドバイスを受けたいので、今回このようにお願いした次第です”・・・と言っていいと思います。
別に伏せる理由もありませんし、こっちはお客なのですから堂々としていればいいです。
言った方が、お互いにやりやすい部分もあります。

Q第1次相続が未分割のうちに第2次相続が発生した場合の遺産分割協議の仕方について教えてください。

第1次相続が未分割のうちに第2次相続が発生した場合の遺産分割協議の仕方について教えてください。

Aベストアンサー

死亡した相続人の更なる相続人が死亡した相続人に代わって遺産分割協議に参加すればいいだけです。要するに、「特に何か変わるわけでもない」です。人数が増えると面倒臭いとかその程度の話です。

Q相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのです

相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのですが、とても不安
なので、ここで質問させてください。
よろしくお願いします。

私の他の質問をみていただくとわかりやすいと思いますが。相続でもめています。


弁護士って必要でしょうか?
長女と、長男でもめておりますが。長女は自分は顧問弁護士がいてそれに相談してるから、関係ないといいます。では その顧問弁護士とお話がしたいとこちらがいうと、長男も弁護士をたてろ、その弁護士としか話さないといいます。
長男夫婦としては、裁判などしないで話し合いで解決したいのですが。
裁判にならないと、相手の弁護士と話せないのでしょうか。
長男も弁護士をたてなければいけないのでしょうか?
家裁で調停なのかな、と考えているのですが、これも弁護士必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

相手が弁護士に本当に委任しているのならば、質問者はその顧問弁護士と交渉することとなります。
ただし、質問者に対して弁護士を立てることを強要することは出来ませんし、要求をのむ必要はありません。
長女の余りにも身勝手な主張を認める弁護士もいないでしょうし、ハッタリではありませんか?


>私の他の質問をみていただくとわかりやすいと思いますが

該当質問のURLを貼り付けておくとより有益な回答が得られると思いますよ。

Q遺産分割協議と異なる遺産相続はどうしたらよいか

主人が亡くなりました。子どもがいなかったので、法定相続人は、私と、主人の両親の3人でした。主人の両親は離婚をしていて、私は主人の父親には今回のことがあるまでお会いしたこともありませんでした。
遺産は、自宅と預貯金が少しでした。このあたりの相場で800万円程度で売りに出ています。私がすべて相続するという遺産分割協議書を作り、捺印してもらいました。家の名義も書き換えをすませたのですが、先日、主人の兄から、「両親の老後の費用などに必要だから、法定相続分を振り込みしてほしい。」と言われました。主人の母親には、今までも生活費を毎月5万円仕送りしていて、他に主人の母の借金の肩代わりもしてきました。主人が亡くなってからも、仕送りは続けようと、兄の口座へ毎月振り込んでいます。仕送りは今後も続けていくつもりです。
主人の退職金や生命保険もあったのに、法定相続分を渡さないと、なんだか私が独り占めしているように思われないかなと悩んでいます。名義が全てだから仕方がないのですが、私の給料を生活費に充てて、主人の給料は利率のいい主人の会社の預金にしていたという実情はありました。
やはり、両親の法定相続分にあたる3分の1を主人の兄へ振り込みした方がいいのでしょうか。また、法定相続分といっても、自宅の価値をどのように算定するのかわからず困っていますので、その算定方法も教えていただければありがたいです。

主人が亡くなりました。子どもがいなかったので、法定相続人は、私と、主人の両親の3人でした。主人の両親は離婚をしていて、私は主人の父親には今回のことがあるまでお会いしたこともありませんでした。
遺産は、自宅と預貯金が少しでした。このあたりの相場で800万円程度で売りに出ています。私がすべて相続するという遺産分割協議書を作り、捺印してもらいました。家の名義も書き換えをすませたのですが、先日、主人の兄から、「両親の老後の費用などに必要だから、法定相続分を振り込みしてほしい。」と...続きを読む

Aベストアンサー

 「遺産分割協議」によって決められた相続人の意志は,法定相続にも遺言にも優先するものですから,協議の済んだ後に,相続人以外の人がとやかく言う筋合いのことではありません。
 ですので,今さら「法定相続分云々」というのは,全くおかしな話なので,相手にする必要は無いと思います。
 純粋に「お母さんに対して,どのような形で援助していくのか?」ということを検討していけば良いと思います。

Q弁護士協会の無料相談時間が20分とあったのですが、それ以後時間でどのぐらいの費用がかかるのでしょうか

弁護士協会の無料相談時間が20分とあったのですが、それ以後時間でどのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

無料相談は延長がありません。20分で打ち切りとなります。
それ以上の相談は、弁護士と個別に行うこととなります。
その場合は弁護士によって相談料が違いますが、30分につき5,000円程度かと思います。
詳細は、弁護士にお尋ねください。

Q遺産相続 遺産分割協議書について

遺産相続において、遺産分割協議書にどうしてもハンコを
押さない人がいる場合にはどのようにすればいいでしょうか。
または、どのような対処法があるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 押印を強制することは不可能です。

 方法としては,家庭裁判所に遺産分割の審判を申し立てるという方法が唯一強制力のある方法になります。ただし,ここでは,多数決で決まるのではなく,家庭裁判所が,相続人の意向を聞きながら,最も公平・妥当と認められる分割を決めることになります。

Q私の依頼してる弁護士があてにならず どうしても納得できないので 他の無料相談弁護士に何か知恵があれば

私の依頼してる弁護士があてにならず
どうしても納得できないので
他の無料相談弁護士に何か知恵があればと電話をして最初は受付の女性が出てお話をしていましたが、受付の女性では対応ができなくなったのか、弁護士にかわってお話をしたのですが、
相談は離婚慰謝料問題になります。

その弁護士に依頼もしてないのに

相手の名前は?元旦那に公証役場でいくらもらったの?夫婦でいたのは何年など

私が話したい事を言うとそう言う事じゃなくと

本当に上から目線の弁護士で話してる間に何度電話を切ろうかとイライラしました。

何でもっと相手を訴えなかったの

あなたは何をしてたのと…

この弁護士にこちらの理由を伝えても毒舌で返してくると思ったので軽く離婚に至るまでは色々とありますよね。と軽く返しました

そしたらまた暴言。

私は精神病になり他にも病気になり今でも通院していて

離婚すると言ってもお金がなくやっとの思いで離婚することができました。

何で弁護士さんってこんな人ばかりなのでしょうか

相談をして体調が悪くなり何故

こんな嫌な思いをして色々言われて悔しくて仕方かありません。

依頼してた弁護士にも色々あり

電話相談した弁護士にも不快な気持ちになり

何か楽になれる方法などありますでしょうか?

私の依頼してる弁護士があてにならず
どうしても納得できないので
他の無料相談弁護士に何か知恵があればと電話をして最初は受付の女性が出てお話をしていましたが、受付の女性では対応ができなくなったのか、弁護士にかわってお話をしたのですが、
相談は離婚慰謝料問題になります。

その弁護士に依頼もしてないのに

相手の名前は?元旦那に公証役場でいくらもらったの?夫婦でいたのは何年など

私が話したい事を言うとそう言う事じゃなくと

本当に上から目線の弁護士で話してる間に何度電話を切ろうかとイラ...続きを読む

Aベストアンサー

それは大変でしたね。
現在は、どうですか

相談までは無料の弁護士
沢山いますから
実際に面談して
自分に合う弁護士を
選任しましょう。

いい弁護士さんは
依頼者の話を
よく聞いてくれますよ。

信頼関係が無いと
ダメですからね。
逆に、いい弁護士が
ついてくれると
何かと心強いですよ。

Q静岡市で遺産分割協議に詳しい、円満に協議を進めることに実績のある、弁護士を探しています

現状、手紙によるやりとりすら、滞る状態です。

弁護士として、そして人としてベテランの説得力のある専門家に関係者の気を静めて頂けたら、まずは幸いかと思っております。

とりあえずは、電話相談或いは面談相談(1H以上は必要かも)から始められたらと思います。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

弁護士にこだわらず司法書士を活用するのも方法のひとつです。
一部の司法書士には弁護士より法律知識がある人もいます。私が以前依頼した司法書士は、相手方に弁護士がついても強気で対応しますね。もちろん司法書士の出来る範囲もありますがね。

地域の弁護士会などを検索して紹介してもらうのも方法のひとつですよ。

法律家も人間です。法律はその解釈や利用の仕方で大きく変わります。他の人が依頼してよかったと思う弁護士であっても、あなたの希望している弁護士とは限りません。

Q相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのです

相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのですが、とても不安
なので、ここで質問させてください。

相続でもめています。
故人を長男夫婦で介護していました。

長女と遺産のことでトラブルです。プラスの財産は欲しいが、マイナスの遺産は払わないといってきました。弁護士さんはちゃんとした借用書があるから、正式ですと言われたのですが。
長女は私は保証人になってないし、ハンコもおしてないから関係ないといいます。
長女は顧問弁護士がいる、訴えてやると、脅すように何度もいってきます。
実際には、まだ何も訴えられていませんが。

プラスもマイナスも相続ですよね?
相続放棄しないって言っているに、つじつまがあわない?
あと、長女と長男がケンカした会話を録音していて、脅迫されたから、訴えてやると、何度もいってきます。これってどうなのでしょうか?


アドバイスよろしくお願いします。

私のほかの質問のよかったら相談にのってください。

Aベストアンサー

先ほどの質問で故人の貯金は数千円、株や土地などの財産はない。となってましたが、そうするとプラスは無いに等しく、マイナスは弁護士も認める借用書のある負債があるということですね。

となると単純相続すればマイナスの負債のみを相続することになりますから、常識で考えれば相続放棄です。

おそらく長女は故人の年金がどうのこうので、それがプラスと思っているのでしょう。

そしてそのプラスは貰って、負債は相続しない、など相続の基本を知らない愚かな話です。その顧問弁護士とやらはまともなのでしょうか。

長男さんはさっさと相続放棄されたら如何でしょうか?

後は長女とその顧問弁護士とで好きにしてもらえば宜しいのでは?

>長女と長男がケンカした会話を録音していて、脅迫されたから、訴えてやると、何度もいってきます。これってどうなのでしょうか?

訴えマニアのようですね。好きにさせれば宜しいでしょう。暴力を振るったならともかく口喧嘩なんて相手にされません。

「家庭に法は立ち入らず」と言いまして兄弟喧嘩に介入するほど警察や裁判所は暇ではありません。

先ほどの質問で故人の貯金は数千円、株や土地などの財産はない。となってましたが、そうするとプラスは無いに等しく、マイナスは弁護士も認める借用書のある負債があるということですね。

となると単純相続すればマイナスの負債のみを相続することになりますから、常識で考えれば相続放棄です。

おそらく長女は故人の年金がどうのこうので、それがプラスと思っているのでしょう。

そしてそのプラスは貰って、負債は相続しない、など相続の基本を知らない愚かな話です。その顧問弁護士とやらはまともなの...続きを読む

Q遺産分割協議中に相続人が死亡のときの相続財産の帰属

被相続人Xについての遺産分割協議を相続人A,B,Cでしている最中に相続人Aがなくなりました。この場合、まずはXについて遺産分割をしてからAについての遺産分割をするべきなのでしょうか?

Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

相続人Aの相続税にかかる相続財産の範囲について、被相続人Xとの関係においてどのようになるのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Xの遺産は Aにも相続されています(この時点ではAの相続人(配偶者や子)は関与しません)
遺産分割の協議中にAが亡くなれば、Aの相続人がその地位を受け継ぎます

X--A --Aの配偶者・子  全員でBおよびCと対等
   B
   C

>Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

その通りです

相続は X→A→Aの相続人 になります、相続税は 相続毎に計算します(X→Aと  A→Aの相続人 の2回)
 
不動産の登記は X→Aの相続人 で可能です


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報