こんにちは
レトロな話ですがニッサンのR380や382&トヨタ7などなど
知ってましたら教えてください
どんなことでもええです
よろしくお願いします
S20エンジンですよねたしか・・
よろしくお願いします

A 回答 (2件)

 ワタシ、一応自動車史の研究も守備範囲(半ば業務)ですので、専門家、とゆぅ事で・・・・といぃつつ、今手元に資料が全く無いので記憶頼みで打ってしまいます。

思い違いがあったらゴメンナサイ(←いかんな~歴史研究家がそんな事じゃ・・・・(滝汗))

 ニッサンR38ナントカシリーズとトヨタ7シリーズは、かつて国内最高峰のレースだった『日本グランプリ』の為に社運を賭けて作られたレーシングマシン達です。
 結局この『日本グランプリ』は、メーカの排ガス規制対応と社会的批判により廃止され、その後グラン・チャン・シリーズにつながるワケですが、それすら今は廃止されてしまいました・・・・(;_;)

 さて、S20エンジンを載せているのは、ニッサンR380だけです。これは、前年プリンスが絶対の自信を持って送り出したスカイラインGT-Bが、プライベーターのポルシェ904に惨敗した屈辱を晴らす為に用意したスーパーカーです(今日の目で見ますと、ルマン用プロトタイプカーとゆぅより、フェラーリ・ディノって感じです。つまり、このまま売ってもスポーツカーとして通用しそうな設計です)。

 次のR381はOHVのV8、今日ではパーマンみたいな黄色い目玉マークでお馴染み、ムーンチューンのエンジンです。
 シャシはパイプのマルチ・チューブラ・フレームで(アルミモノコックは、既に当時、ロータス社社長コーリン・チャプマンとコスティン兄弟の手で発明されていたはずですが・・・・)、スタイリングや車両姿勢で角度か変わるエアロスタビライザなど、ほとんどが当時の北米・CAN-AMシリーズで最先端マシンだったシャパラルのサルマネです。
 このR381はとにかくムーンのV8がガンで、オイル漏れが止まりませんでした。翌年ムーンV8を使ったいすゞチーム(いすゞR7です)は、鈴鹿のピットでニッサンのメカニックに深く同情されたそぅです。
 尚、この時のニッサンドライバはまさに黄金期、ホンダに於ける日本人最初の表彰台ライダー・田中健次郎、元BMW乗りの浅間火山レースチャンピオン・北野元、ホンダから移籍してきた高橋国光、天才・黒沢元治など、後の日本のレース界を背負って立つスーパードライバが在籍していました。

 次にニッサンR382ですが、コイツは確か・・・・(う゛記憶が定かでない)・・・・シャシは相変わらずパイプで(でも一応トラス構造部が増えてちょっとだけスペースフレームに近付いた感じ)、エンジンは内製、と言われているV12だったのでは?

 一方トヨタ7(セブン)ですが、最初から内製のV8だったと思います。これは平べったくスマートなスタイリングで、サイドに開いたラジエター用の巨大なNACAダクトなど、R381辺りのイモデザインとは比べ物にならないクリーンなデザインでした。
 このトヨタ7は、確か福沢諭吉の孫にして小川ローザ(オ~!モーレツ!のおねぃさん)の彼氏であった福沢幸雄がテスト中に事故死したマシンだった様な記憶がありますが・・・・どぅだったっけ?

 最後に・・・・ワタシが時代を語る時、当然様々なエピソードもついて回ります(^-^;)
 今回の御題は・・・・CAN-AMです。

 CAN-AM(通称カンナム、と呼びます)・・・・カナディアン・アメリカン・チャレンジカップシリーズとゆぅ長ったらしい名前のそのレースは、ウスラでかく途方もない馬力のエンジンを競う、如何にもアメリカンな超弩級マシンレースでした。アメリカンV8を載せたマクラーレンや水平対抗のポルシェ917/10(1000馬力を越えていたとゆぅウワサ)が強かったレースです。

 当時、トヨタもニッサンも最終目標をこのカンナムに合わせており(今ならルマン、ってところでしょうか?)、トヨタは『トヨタ・ニュー7』なる800馬力級マシンを用意していました。
 トヨタはこれで緒戦から勝ちに行く算段でしたが、排ガスの話で不参加決定・・・・しかし、現在ではトヨタの目論見通りにはいかなかったと考えられています。それは、同時期にニッサンで1000馬力超のR383の準備が進んでいたからです・・・・(このクルマも、結局日の目を見る事はありませんでした)。

 この頃のレースシーンでは、明らかにトヨタよりニッサンの方が一歩抜きん出ていた、と言えるでしょう。
 今日各マシンを観察しますと(図面なども公表されています)、技術的にはニッサンの方がイモっぽいですが、しかし何より勢いがそのレイアウト図から伝わってきます。今じゃトヨタと並ぶエリートメーカーで、元気や勢いならホンダさんやマツダさんの方が100倍強力な感じがしますね~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めちゃくわしく教えていただきありがとうございます
カンナムのことまでありがとうございます
最近はもう車に詳しくなってしまい
将来は自動車評論家!かも・・・?
というほどです(笑
S20エンジンは380だけなんですね
381~382も凄い装備してたみたいですね
トヨタ7のこともありがとうございます
小川ローザ!!なんとなく興味ありますね~~(笑
調べてみます!
ニッサン!もっと元気になって欲しいですね

また教えてくださいね

お礼日時:2001/06/14 02:22

回答ではないので恐縮ですが、懐かしいつでに。


サーキットの狼の中で、流石島レースにトヨタ7のエンジンを積んだセリカ(LBっぽい)が出てきましたねぇ。大パワーを武器に、スーパーカーを抜き去るシーンには、なんだか複雑な思いがしたのを覚えています。色んな形で印象に残っている車ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
さっそく古本屋さんで買ってきました
セリカにトヨタ7のエンジン凄いですねー
それに昔のセリカもめちゃカッコええですよね

また教えてください

お礼日時:2001/06/14 02:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタ純正オーディオの移植(トヨタ車からトヨタ車へ)

こんにちは。
現在147アリスト(平成8年式)に乗っております、純正で1DINカセット+チューナーと1DINCDがついてます。
これを他のトヨタ車についている純正2DINタイプのCD/MD/チューナーに変更できないかを検討しております。
ディーラーもしくは販売店で配線キットを買えばOKという事なのか、何か加工しないとダメなんでしょうか?
社外品を選ばない理由として、性能は落ちるかも知れないけどデザインの統一が図れる点で検討してます。
それと最近耳にするのはワイドタイプと言うことなのですが、これは何のことなんでしょうか??

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)まず147アリストに取付けられている純正デッキのサイズが、縦50mm、横180mmの長方形の1DINサイズが2段になっているかどうかと、スピーカの数が全部で6個か7個であることを確認してください。
この2つの条件を満たしていることが最低条件です。満たしていない場合はスーパーライブサウンドシステムが構築されていますのでかなり厄介になってきます。

(2)次に取付ける2DINサイズのオーディオのサイズが縦100mm、横180mmであるかを確認してください(奥行は心配しなくて大丈夫だと思います)。
また、デッキの表面の型番が、「MCT-D52」などのようにアルファベットと数字の組み合わせであればディーラーオプションなので大丈夫です。「16056」のように5桁の数字だけの場合はメーカーオプションのライブサウンド用の可能性もありますので取付できないこともあります。もう既に外してあるのならば、デッキの背面を見て10ピンと6ピンのオスコネクタがあれば大丈夫です(他にもコネクタはありますが接続するのは10Pと6Pだけです)。

(1)と(2)のふたつとも満たしているのであれば、無加工で取付けることができます。部品の購入も必要ありません。アリストの純正デッキに接続されていた10Pと6Pのコネクタを新しいデッキに接続するだけでOKです。ただ、金具にネジ穴を開けなおす程度の加工は必要になるかもしれません。また、7スピーカ車の場合1個だけ鳴らなくなるスピーカがあるかもしれません。


ワイドタイプというのはトヨタ独自の規格で、正確にはワイド2DINサイズと言います(これも正確じゃないかも)。通常の2DINサイズは縦100mm、横180mmですが、ワイド2DINは縦100mm、横200mmとなっています。表面のフェイスだけが大きくなっているだけで隠れている部分の横幅は以前と同じ180mmです。ヴィッツ以降のクルマは基本的にワイドサイズになっています。
kota2000さんがお取付になるデッキがワイドサイズの場合はアリストのインパネの切削作業が必要となりますのでかなり厄介ですね。

(1)まず147アリストに取付けられている純正デッキのサイズが、縦50mm、横180mmの長方形の1DINサイズが2段になっているかどうかと、スピーカの数が全部で6個か7個であることを確認してください。
この2つの条件を満たしていることが最低条件です。満たしていない場合はスーパーライブサウンドシステムが構築されていますのでかなり厄介になってきます。

(2)次に取付ける2DINサイズのオーディオのサイズが縦100mm、横180mmであるかを確認してください(奥行は心配しなくて大...続きを読む

Qインドネシアなどで売っていたトヨタ・キジャン

東南アジアなどで販売されているトヨタ・キジャンですが、この車のコンポーネントなど設計のベースになった車種は何ですか?

Aベストアンサー

http://wiki.freeml.com/%A5%C8%A5%E8%A5%BF%A1%A6%A5%AD%A5%B8%A5%E3%A5%F3/
こちらをご参照に!

Qスカッフプレートって何ですか?配線不要でLEDが光るのでしょうか。全くわからないのでよろしくお願いし

スカッフプレートって何ですか?配線不要でLEDが光るのでしょうか。全くわからないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

スカッフプレート で検索すれば 出来てきますが?

配線不要で LEDが光るのは、 LEDとバッテリーが接続された製品だけでしょう。
スカッフプレートの様な薄い構造のものでは、LEDを組み込む程度で 配線は接続しないとダメです。

車の部位名称も知らない 電装も詳しくなければ 壊しますので
良く調べ理解してから 弄ることを考えて下さい。
最近の車は、カーテシーランプを交換しただけで パワーウインドースイッチユニットが破損壊してしまうとか
テールランプLED交換で エンジン始動しなくなるなども 起きえますので
構造を理解していないと 壊します。

Q旧 ニッサン キューブのタイヤ

4年前のニッサン 旧キューブ(ノーマルエンジンのATです)に乗っています。走行距離6万キロ(冬はスタッドレスです)でそろそろタイヤを交換したいと考えています。175/60R14です。お勧めのタイヤを教えてください?通勤60km/日の一般道での使用です。希望としますと・・乗り心地◎・直進安定性◎・ノイズ◎or○・ウエット制動◎・コーナーリング○・ライフ○・低価格△ です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

98年式のキューブに乗っています。私のお勧めのタイヤはダンロップのルマンLM703です。私は旧モデルのLM702を履いていますが乗り心地やその他の性能と価格のバランスがとても良いと感じました。私は703は履いたことはありませんが702よりは全体的に進化していると思います。タイヤのグレードを上げればより性能が高いレグノGR8000などの高級タイヤもありますが価格もそれなりに高いです。それからテレビCMでもやっていますがLM703の最大の売りである特殊吸音スポンジは175/60R14サイズには設定がありません。

Qダイハツ車の修理をニッサンで

お世話になっております。

タイトルどおりなのですが、先日事故を起こしてしまいました。
ダイハツ車に乗っているのですが、知り合いがニッサンに勤めていて
定期メンテナンスはそちらにお願いしていました。

今回の修理(とりあえず普通には走りますが、結構イッてます)を
どこで出そうか迷っているのですが、やはりダイハツでお願いしたほうがいいのでしょうか?
ニッサンの友人に「修理お願いできる?」と聞いたら「大丈夫よ~」とは言われたので問題はないんだと思うんですが…

別にニッサンでも、ダイハツでも、はたまた町の板金屋さんでも、差はないのでしょうか?
メリット、デメリットがあるとすればなんでしょうか?

Aベストアンサー

あんまりかわらないですよ。
ニッサンディーラにダイハツメカが出張するかもしれませんけど、よくあることです。
またディーラーでは板金ができない場合が多く、下請けの町工場に出されます。
なので、どこでもかわんないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報