宜しくお願い致します。
自治会の決算報告を作成しています。
予算額と決算額の差額を出したいのですが、
この場合、差額は、予算額➖決算額ですか?
逆に、決算額➖予算額でしょ うか?
また、収入と支出でも変わりますか?
教えて下さい。

A 回答 (1件)

>予算額と決算額の差額を出したい…



予算に対して決算の過不足です。
予算 100円に対して決算 110円なら 10円の使いすぎなので表示はプラス、予算 100円に対して決算 90円なら 10円のあまりなので表示はマイナスになれば良いんです。

これを数式で表すなら
[決算] - [予算]
です。

>また、収入と支出でも変わりますか…

変えたら混乱するでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算報告書の支出項目例

非営利団体の決算報告書を作るのですが、『事務費』『会議費』『懇親会費』などの項目をたくさん知りたく、どこかで凡例を参照できないでしょうか。

Aベストアンサー

非営利団体固定ではありませんが、「勘定科目」で検索すれば、いっぱい出てきます。

"例-google-勘定科目"
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE&lr=

または、「決算報告書」で検索しても出てきます。
その中の賃借対照表なんかがいいのではないでしょうか。

"例-google-決算報告書"
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8&lr=

ですが、今から決算報告書を作成するって時に勘定科目の勉強ですか?

Q個人事業主です。請求額と振込まれ額の差額について

経理初心者です。質問させて頂きます。
A社の社内外注として今年から働いておりますが、当方が請求書に記載した額と、振り込まれた実際の報酬額が1円の差額が出る月があります。どういう計算をしたらそうなるのでしょうか?(小数点以下は当方もA社も切捨て計算です)
当方、会計ソフトはMFクラウド及び、MFクラウド請求書を使用しています。

例えばとある月の請求明細の小計が、
(1)441,974円
(2)1,638円
(3)46,137円 で、
合計が489,749円の場合、そこに消費税39,178円を足して請求額528,927円。
そこから源泉徴収税10.21%の54,003円引かれて支払金額は474,924円、そこから振込手数料の648円が引かれて474,276円となるはずです。
ですが、実際に振り込まれた額は1円多い474,277円です。

どこか計算が間違っているのでしょうか?
請求額と振り込まれた額が同じになる月もあり、困惑しています。
また、こういう時は仕訳をどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

請求額と振込額が1円ちがう、ということは良くあります。その原因のほとんどが、小数点以下の桁の処理の違いなど、彼我の計算方法の違いによります。

わずか1円の違いにこだわって先方に問い合わせたりすれば、当社も先方も、コスト(人件費)がかかります。請求額と振込額が1円ちがうということが、それほど重大な問題とは思えません。経理担当者も費用対効果を考えながら仕事をすべきではないでしょうか。

ですから、
1.当社側で計算し直して、当社の計算ミスと分かったら、当社の請求データを訂正しましょう。
2.当社の計算ミスでないなら(先方に問い合わせないで)、差額の1円は、営業外収益の「雑収入」または営業外費用の「雑損失」で処理しておきましょう。

Q有価証券報告書と決算報告書はおなじものでしょうか?

有価証券報告書と決算報告書はおなじものでしょうか?
なぜ、名称かちがうのでしょうか?

上記を理解できるようになるのに、お勧めの本はありますか?

Aベストアンサー

「有価証券報告書」とは、上場企業が証券取引所とか、財務省などへ届出たもので、それぞれの所で一般に公開されているものです。官報などを販売している所で誰でも購入することもできますよ。
それに対して「決算報告書」というのは、会社法の規定に基づき、すべての会社が株主に対して報告するために作成されるものであり、株主総会の承認を受けた「決算報告書」を通称「決算書」といい、税務申告や、金融機関の融資の際の審査対象とされたりしています。
内容的には、「有価証券報告書」は付記事項が詳細でありますが、どちらも「貸借対照表」と「損益計算書」がメインです。

Q確定申告書の消費税及び地方消費税の合計額と会計システムでの納税額(消費税及び地方消費税合算)との差額について

今年4月から経理を担当することになりました。新米なのでいろいろ教えて下さい。まず、会社では会計システムで消費税を計算し納税額(消費税及び地方消費税の合計)を計算できるソフトになっており、100円未満の端数は雑収入として処理しています。それを元に税務署から届いた「課税期間分の消費税及び地方消費税の確定申告書」に記入していますが、100円未満の端数を切り捨てることから、会計システムでの納税額と申告書での消費税及び地方消費税の合計税額に100円差額が生じています。申告書の額で納税すると全体の納税額に100円不足となります。システムでの納税額を記入するのか、申告書の計算どおりに記入すべきか悩んでいます。皆さんはどのように考え対応しますか。

Aベストアンサー

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて(平成元年3月1日直法2-1)」
(仮払消費税等及び仮受消費税等の清算)
6  法人が消費税等の経理処理について税抜経理方式を適用している場合において、消費税法第37条第1項((中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例))の規定の適用を受けたこと等により、同法第19条第1項((課税期間))に規定する課税期間の終了の時における仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額(控除対象外消費税額等に相当する金額を除く。)を控除した金額と当該課税期間に係る納付すべき消費税等の額又は還付を受ける消費税等の額とに差額が生じたときは、当該差額については、当該課税期間を含む事業年度において益金の額又は損金の額に算入するものとする。

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に...続きを読む

Q公益法人会計 決算 収支計算書に対する注記 次期繰越収支差額について

収支計算書に対する注記で、次期繰越収支差額に含まれる資産及び負債の内訳を記載しますが、収支計算書の次期繰越収支差額と一致しません。原因は、決算仕訳において、固定資産の「備品」と貸借科目の「減価償却費」で仕訳をしているからです。不一致額は「減価償却費」ですが、このような場合、注記にどのように記載すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

公益法人会計ならば次の決算書が作成されていると思いますがどうでしょうか。
1.収支計算書
2.正味財産増減計算書
3.貸借対照表

減価償却費は次のような仕訳となります。
備品減価償却額(正味)/備品(貸借)
したがって、収支計算書には、関係しません。
つまり、収支計算書に記載したことが誤りなのでその部分を削除してください。そうして、正味財産増減計算書に記載してください。

公益法人関係はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.kohokyo.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報