こんにちは、質問ですが
例えば、期日が3月31日の手形を期日前に割り引いて、その割引手形が期日到来した場合、仕訳は
 割引手形 xxxx 受取手形 xxxx 
となりますが、弊社では期日の翌日を資金化すると考えており、伝票の日付が4月1日となっているらしいです。この場合3月31日が正しいのでしょうか?

それともどちらでもいいのか、、、

よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

>割引手形の場合、期日到来日に仕訳をする際、4月1日でしてもかまわないのでしょうか?


決算をまたがないか、またいでも重要性に乏しいのでしたら、差し支えありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/21 21:16

正しいのは3月31日です。

満期日到来をもって手形としての効力が失われるためです。ご質問でいえば、3月31日終了時点で手形としての効力が失われることから(民法141条参照)、この日に仕訳をするのが正しい処理となります。

なお、手形の決済行為等は、法律により満期日の翌々日までにおこなえばよいとされています。ただ、これは満期日の翌日以降も手形の効力が存続することを意味しません。

また、手形を割り引くことで直ちに債務が生じることはありません。潜在的に手形買取義務が生じるものの、潜在的義務は債務ではありません。振出人や裏書人の倒産など信用が毀損しまたは失われたときにはじめて買取義務が顕在化し債務となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ついでながらお伺いしたいのですが、
割引手形の場合、期日到来日に仕訳をする際、4月1日でしてもかまわないのでしょうか?(既に、現金は受け取ってますが、単純にBS勘定同士の振替になりますが)

お礼日時:2015/03/21 18:05

3月31日が正しいのです。



ご質問のケースでは、厳密に言えば、貴社の受取手形を割引した銀行が資金を回収するのが、3/31でないことは確かです。4/1以後になります。すると、割引したときに発生した貴社の銀行に対する債務(割引手形)は、3/31現在は生きており消滅していません。

従って、3/31付で、〔借方〕割引手形/〔貸方〕受取手形と仕訳するのは誤りだという主張は、論理的には正しいです。

しかし、それなら4/1付で仕訳するのが良いのかと言うと、それは変です。なぜなら、貴社としては、4/1付で債務が消滅した証拠(証憑)を入手できないので、債務の消滅を認識できませんね。それなのに、なぜ4/1付で仕訳するのか。間違いだ。会計理論を振り回せば、そうなります。

債務が消滅したのは4/2かもしれないし、4/3かもしれない。4/1が土曜日、4/2が日曜日なら、4/3かもしれないし、4/4かも知れない。

ですから、会計実務としては、そんな、あやふやな日付に拘らなくても、受取手形の券面に書いてある「満期日」で仕訳すれば良いのです。

ですから、3/31付で、

〔借方〕割引手形☆☆☆☆☆/〔貸方〕受取手形☆☆☆☆☆

と仕訳します。


同じようなケースですが、その受取手形を割引しないで、満期まで持っていて取りたてに回したとしても、仕訳は、

3/31付で、
〔借方〕当座預金☆☆☆☆☆/〔貸方〕受取手形☆☆☆☆☆

です。当座預金の資金☆☆☆☆☆が使えるのは4/1以後になるにもかかわらず、3/31付で仕訳をするのが普通です。それと同じことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、満期日まで持っていたことを想定した場合、31日で現金引き出しができないとしても、後日通帳記帳した場合、3月31日で印字されるでしょうということから、仕訳は3月31日ですべき、、。となると、割引手形の期日到来についても、満期日で仕訳を起こすのが正しいのかなと思います。
弊社では、満期まで手形を持ってることがないので、今まで、(銀行照合など)とくに何事もなかったのでしょう。
でも、変更したほうがよいですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/03/21 10:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割引手形に対する貸倒引当金の設定

簿記の問題で分からないところがあり、質問に上がりました。
裏書手形・割引手形に対する貸倒引当金の設定の問題ですが、割引手形に関する流れがわからないのです。

「売上債権期末残高に対して1パーセントの貸倒引当金を設定する。
 なお、受取手形勘定残高は60,000円、手形裏書譲渡高20,000円、手形割引高10,000円である。」
という問題で、裏書手形・割引手形に対して貸倒引当金を設定する方法です。

私は(受取手形60,000+裏書手形20,000-割引手形10,000)×1%=700円だと思ったのですが、解答をみると
(受取手形60,000+裏書手形20,000+割引手形10,000)×1%=900円になっていました。

なぜこうなるのか? まだ、割引手形とはそもそもどういう物だったのか、どうか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、税理士をしています。

割引手形とは銀行などで現金化した手形で期限の未到来のものです。
期限が来てないので手形は現金化できませんが、
期限までの利息を支払ってでも現金に換えたものです。

例えば100円の受取手形があります。
期限までの利息分5円を払ってでも現金に換えたい場合銀行に
頼んで現金に換えます。
仕訳を見れば分かりますね。

ちなみに裏書手形は裏に自分の会社の名前を書いて現金と
同じように使用した手形で、期限が未到来のものです。

Q割引手形・小切手の現金化の期日について

こんにちは。
よろしくお願いいたします。
小さな会社の経理を担当しています。
今月の2日に小切手、4日に手形を割り引いてもらうよう銀行に持ち込みました。
今日支払の為午前中に銀行へ行きましたが、まだ現金化されていないとの事。
2,3日で現金化されると思っていたのですが、結構時間がかかるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

ひとつ確認ですが、「小切手」は単に口座にご入金されたんですよね?2日に。
それならば、未だに現金化されていないというのは本当に変な話です。通常は確かに2・3日で現金化されます。
但し、希に小切手の不渡りもありますので(それならば尚のこと金融機関から連絡があるはずですが)
とにかく至急、銀行に詳細(理由)を確認してください。

4日の手形の割引の件ですが、これは当初に銀行と『実行日』を何時と約束していたかによります。
特にこちらから何も言わなければ、チャッチャと動かない金融機関も多いですので、これもとにかく至急、その金融機関に確認しましょう。

Q日照簿記2級(商業簿記)、割引手形について

以下の問題で、「割引手形」の意味がよくわかりません。(それ以外の回答までのプロセスはわかります)

決算にさいし、次の資料に基づき売上債権(割引手形は含まない)について、2%の貸倒引当金を設定する。ただし、貸倒引当金の設定は差額補充法を採用することとする。
(資料)
(1)決済整理前の残高(一部)は次の通りである。
 受取手形 ¥480,000 売掛金 177,000 割引手形 ¥250,000 貸倒引当金 ¥8,000
(2)割引手形¥30,000は決済されていたが、その処理が行われていない。
(3)売掛金¥7,000が回収不能となったが、その処理が行われていない。

わからないのは、
修正仕分で(2)が
(借)割引手形 30,000円 (貸)受取手形 30,000円
となることです。
そもそも、割引手形の意味をわからないから、この修正仕分ができないのだと思います。
割引手形の意味と、合わせて(2)の修正仕分の理由を教えてくださいませ。

Aベストアンサー

とりあえず「割引手形」とは受け取った手形を担保に銀行から借金すると思えばいいと思います。
したがって>割引手形¥30,000は決済されていたが>というのは手形期日に不渡りにならずに済んだということになります。で、借金である割引手形が決済されたので
借り方に、その見返りの受取手形が期日を無事に過ごして役目を終えたので貸し方に来るということになります。

Q手形割引時の仕訳(金融機関側)

 こんにちは。
 手形を引き受ける(割引)ときの金融機関側の仕訳を知りたいのでお願いします。
 
 最初に割り引く時と、決算期をまたいだ時と、最後に取り立てる時の仕訳です。

 ただし、金融機関といってもノンバンクなので、実際に取り立てなどは銀行に依頼することを想定しています。

Aベストアンサー

>決算期に収益を日割りする必要
利息後取方式のときに未収収益を計上されているなら、利息先取方式のときも翌年度分について日割で受取利息を取消のうえ、前受利息(負債)を計上する必要はあります。前払費用・未払費用と同じ考え方です。正しくは、すべて記帳される必要があります。
(受取利息)  ○○   (前受利息)  ○○

Q割引手形の現金化について

私の勤めている会社では本当に大手という会社以外は手形での支払を受けていません。
今回初取引になる会社が135日のサイトの手形でと提示されました。
基本的には断るのですが、お客様が割引手形なので10月末の請求で
11月には現金にできる、と言われました。
割引手形というのは実際どのようなことなのでしょうか。
ネットで調べると割引手形の財務上のことばかりなのでよくわかりません。
会社はすぐの現金が欲しいという理由ではなく
信用問題で社内ルールで長いスパンの支払サイトは受けたくないという
ことで統一しているそうです。
経理にこれから聞こうとは思うのですが
簡単に割引手形のこと教えてもらえますか?

Aベストアンサー

約束手形は、支払期日が定められており、その
決済日に支払いを約束するものです。一方、手形は、手形法
と言う法律に基づき、その流通が認められています。
約束手形を持った会社は、その資金繰りのために、銀行に買取
を求めます。(銀行が認めた手形を、割引いて、現金化してくれます
その場合、割り引いた期間に応じて、割引率が決まっております。
長期の決済期間の手形は、その分手取りが減ることになります。)
但し、これらの手形は、銀行が買い取ったのではなく、あくまで、
割り引いただけで、手形交換所にて交換に回したときに、決済が
出来なければその手形は不渡り手形になり、割引を依頼した企業は、
その手形を買い戻す必要があります。従って、信用力のない企業の
手形を受け取ることはリスクがありますので、御社の方針は正しい
と言えます。しかし、一般には、商取引の決済として手形が使用
されるのは常識ですが、ご質問のような知識では、まともな決済が
出来るように思えませんので、
基本的なことを勉強されることをお勧めします。
約束手形と言うのは、手形記載された決済期日に支払を約束したもので有ります。
質問の内容で不明な点がありますが、「お客様が割引手形なので、
10月末の手形で11月に現金に出来る」と言うのは理解できない
内容です。(先ほども言いましたように割引手形なる手形は
有りません。(約束手形か、為替手形です)他方、他者から受け取った
手形を、回し手形と言って、裏書譲渡することが認められています
のでこのことを指していっているのでしょうか?その場合にも
質問内容では不明です。

約束手形は、支払期日が定められており、その
決済日に支払いを約束するものです。一方、手形は、手形法
と言う法律に基づき、その流通が認められています。
約束手形を持った会社は、その資金繰りのために、銀行に買取
を求めます。(銀行が認めた手形を、割引いて、現金化してくれます
その場合、割り引いた期間に応じて、割引率が決まっております。
長期の決済期間の手形は、その分手取りが減ることになります。)
但し、これらの手形は、銀行が買い取ったのではなく、あくまで、
割り引いただけで、...続きを読む

Q手形で支払いをする時(廻し手形)の期日は・・

経理初心者で、ここでいろいろと教えていただきながら何とか頑張ってます。。。
廻し手形について教えてください。
現在、取引先からの手形がいくつかあり、今月の支払いにそれを
使って支払いをしようと思ってます。
その際、手形の期日があと2週間しかないものがいくつかと、最近
受け取ったもので、期日が3ヶ月先のものがいくつかあります。

そういう場合、期日がまじかな手形でも支払いに利用しても大丈夫
なのでしょうか??
最低1ヶ月は先じゃないと駄目などというマナー?のようなものは
あるんでしょうか??
金額的にはどちらも大丈夫なので、どちらの手形を廻してもいいのは
いいんですが。

それと、期日が来た場合、銀行の窓口で書く用紙は窓口でもらうんでしょうか??その他必要なものはありますか??

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかかります。どういうことかというと、7/31日が満期日でも、8/3頃にならないと口座から現金を下ろせない、と言うことです。10日前に取り立て依頼をすると、確実に7/31には資金化され、現金として扱うことができます。
7/31にすぐ資金化したい場合は、満期日の1か月~2週間くらい前には銀行に手形を持ち込むぐらいの余裕が欲しいものです。

・支払明細書を作成し、手形を送る前に必ずFAXで支払先に送ります。その際、満期日を必ず記載しております。

以上3点を考慮の上で手形を廻してみてはいかがでしょうか。

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかか...続きを読む

Q割引手形の仕訳 日付

こんにちは、質問ですが
例えば、期日が3月31日の手形を期日前に割り引いて、その割引手形が期日到来した場合、仕訳は
 割引手形 xxxx 受取手形 xxxx 
となりますが、弊社では期日の翌日を資金化すると考えており、伝票の日付が4月1日となっているらしいです。この場合3月31日が正しいのでしょうか?

それともどちらでもいいのか、、、

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>割引手形の場合、期日到来日に仕訳をする際、4月1日でしてもかまわないのでしょうか?
決算をまたがないか、またいでも重要性に乏しいのでしたら、差し支えありません。

Q割引いてしまった手形を返した場合の仕訳方法教えてください。

こんにちは。手形に関する質問です。
以前、A会社より商品代金を手形で受け取りましたが、私の会社ではそれをすぐに割引いて現金にしました。

しかしそれから数ヵ月後、ちょうどその手形の期日前でしたか、A会社よりどうしてもその手形を返してほしいと言われ、仕方なく割引いた会社へ事情を話して手形を取り戻し、A会社へ返却しました。もちろん、その手形代金は現金振込みでもらいましたが、この場合の仕訳方法が分かりません。手形を割引いて現金化したまでの仕訳は分かるのですが、その後の手形を取り戻したときと、A会社から入金があったときの科目や仕訳方法が分かりません。
どうか分かる方、教えてください!!宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

仕訳は

受取手形 / 預金

A社に手形を返したときは

売掛金 / 受取手形

A社から入金したときは

預金 / 売掛金

でも、手形を返して欲しいということは、
資金繰りに困ったのでしょうか。よく理由を
聞いていく必要がありますよ。資金繰り悪化なら
取引は、抑えて、現金決済にしましょう。場合に
よっては、入金後、出荷(納品)するようにしましょう。

Q割引手形について

割引手形を評価勘定で処理するとき、受取手形勘定はそのままにしておくとありますが、そのままとはどういう意味ですか?

Aベストアンサー

そのままとは、処理しないでおくということです。

手形を割引した時:
現金預金 xxx 割引手形 xxx
手形売却損 xxx
と仕訳しますが、現金預金が手元に入った変わりに割引手形は支払人が支払えると確定したわけではないので、負債(正確に言えば受取手形の評価勘定:貸倒引当金みたいなもの)とします。

手形の支払人が代金を銀行に支払ったとき:
割引手形 xxx 受取手形 xxx
と仕訳します。この時点で受取手形が正式に消滅するとともに、割引手形も用を足したので消去します。

では、がんばってください。

Q約束手形の裏書人が解散したあとの取立期日が到来する手形

お世話になります。
質問のタイトルの通りですが、現在手元にあります、約束手形の裏書人が来年3月を以って解散することとなりましたが、約束手形の取立日(支払期日)が、来年の4月以降となっているものが数葉ありますが、この場合手形の効力に問題が生じますでしょうか。
仮に平成16年4月10日が支払期日でそのあたりに、取立に出すこととなるとおもいますが、裏書人がその時点で解散している場合に問題となるのか教えてください。
私の判断では、万が一に不渡りとなった場合に裏書していても、4月には解散していることから、裏書人としての効力が無くなるだけかなぁと考えております。
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裏書人はある意味、連帯保証人ですから
その人がいなくなっても手形の効力は変わりません
不具合は保証能力が下がる事です、振出人の義務として
新しい裏書人の追加を求めるべきです。


人気Q&Aランキング