父・母・子2人の一般的なケースで、一次相続の振り分け次第でトータルの相続税(一次相続、二次相続も含めた相続税額)が大きく変わることがあるのでしょうか。
相続資産は預金のみ(簡略化するため)、金額が必要ならば3億円で。
具体的な事例でご教示いただきたくよろしくお願いいたします。

「配偶者は税金がかからないから、(夫が先に死んだ場合)全部妻が相続した方がいいよね・・・」なんて話を聞きますがトータルで考えるとメリットデメリットはどうなるんでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Moryouyouです。



ご指摘のとおりですね。

あちこちのホームページを確認していて
翻弄されてしまいました。A^^;)

もっと単純で、
法定相続の割合(1/2)か
相続財産の全体分の1.6億円の割合の
どっちか比率の高い方まで
相続税を控除します。
と言っているだけですね。

つまり、

3)2)にかかる相続税
  合計5720万= 母3340万+ 子1190万×2

 母の相続の税額軽減は以下のとおりです。
 (1) 1億6000万円か、
 (2) 配偶者の法定相続分相当額(1億5000万)

 4)配偶者控除額は以下の式で求めます。

  相続税 5720万 ×1億6000万 ÷  3億
         ●上記の多い方 ●相続額全体
  =3050万

Aつまり母が全て相続すると
  5720万 - ●3050万 = 約2670万円の納税が
  必要になります。

となるようです。


ですので、

3.トータルの相続税の比較

 A.母●2670万 + 子3000万×2=8670万

 B.母0万+子1190万×2 + 子920万×2
   =2380万 + 1840万 = 4220万

さらに差が広がり、
4450万の差となってしまいました。A^^;)

配偶者はとにかく1.6億か、半分までかを念頭に
おいて考えた方がよさそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答ありがとうございました。
資産1億円、10億円でも試算しましたが、やはり一次相続で配偶者に全てを相続させるのは損のようですね。ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/05 09:45

Moryouyouと申します。

よろしくお願いします。

ご質問の主旨は
A.父が亡くなったら、母が全部相続し、
  母が亡くなったら、子に1/2ずつ相続

B.父が亡くなったら、法定相続に従い
  母1/2、子1/4ずつし、
  母が亡くなったら、母の1/2を
  子で1/2ずつする。

どっちが得でしょう?ですかね。
つまり相続税に違いが出るかですよね。

具体的な回答がないので、
具体例でやってみましょう。

因みに母の財産は特になしとしています。

1.父が亡くなった時

 1)基礎控除3000万+600万×法定相続人(3人)
  =4800万

 2)課税価格
  3億-4800万=2億5200万
  法定相続にて、母1/2、子1/4に分割
  母1億2600万
  子  6300万×2

 3)2)にかかる相続税
  合計5720万= 母3340万+ 子1190万×2

 母の相続の税額軽減は以下のとおりです。
 (1) 1億6000万円か、
 (2) 配偶者の法定相続分相当額(1億5000万)

 4)配偶者控除額は以下の式で求めます。

  相続税 5720万 ×1億5000万÷2億5200万
         上記少ない方 課税価格
  =3404万
 
 ●Aつまり母が全て相続すると
  5720万 - 3404万 = 2316万円の納税が
  必要になります。

 ●B母が法定相続分1/2だけなら、
  3)の母3340万 - 控除額3404万 でマイナスとなり
  相続税はかかりません。
  子の1190万×2=2380万が合計の相続税となります。

2.母が亡くなった時

 子供2人への相続はどうなるか?

 1)基礎控除3000万+600万×法定相続人(2人)
  =4200万

 2)課税価格
  Aの場合、3億-2300万-4200万=2億3500万
  子 1億1750万×2 
  1-4)の2300万母納税分を差引考慮

  Bの場合、1億5000万-4200万=1億800万
  子 5400万×2

 3)2)にかかる相続税
  Aの場合、合計6000万= 3000万×2
Bの場合、合計1840万= 920万×2

となります。

3.トータルの相続税の比較

 A.母2316万 + 子3000万×2=8316万

 B.母0万+子1190万×2 + 子920万×2
   =2380万 + 1840万 = 4220万

私も目を疑いましたが、4000万以上の
開きが出ました。

この差は

1.高額3億の相続で配偶者控除があっても
  母の相続税が発生したこと。

2.二次で高額3億の相続人の数が減ったこと。

3.金額がまとまって相続されたことと
  分散されて相続されたかの違い。

で出たものと考えられます。

今年から基礎控除も大幅に下げられましたし、
将来の保証はありませんが、その時その時で
遺産は分散して相続する方が税金にメリット
はあると思われます。

どこかで計算ミスがあるかもしれませんが、
ご了承ください。
ご指摘いただければ幸いです。

いかがでしょうか?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な回答ありがとうございます!

>母の相続の税額軽減は以下のとおりです。
>  (1) 1億6000万円か、
>  (2) 配偶者の法定相続分相当額(1億5000万)
> 4)配偶者控除額は以下の式で求めます。
>  相続税 5720万 ×1億5000万÷2億5200万
>         上記少ない方 課税価格
>   =3404万

ここなんですが、
上記の大きい方が適用されるため、配偶者の税額の特別軽減は3632万円になるのではないでしょうか。

いずれにしてもご回答いただいた通り、大きな差が出ますね。
「相続は一次二次まで考えると法定相続分ずつ相続した方がお得!」という結論ですね。

これは簡略化のため「相似相続控除」を無視していますが、相似相続控除を加味しても同様の結果なんでしょうか。

お礼日時:2015/03/29 09:38

>「配偶者は税金がかからないから、(夫が先に死んだ場合)全部妻が相続した方がいいよね・・・」なんて話を聞きますがトータルで考えるとメリットデメリットはどうなるんでしょう。



配偶者の特例は、遺産総額の1/2又は、1億6千万です。
質問では3億円の預金のみよ待っていますので1億6千,万円について、配偶者が相続した場合無税となり、残りの1億4千万円が課税対象になります。

相続財産が預金なら、二次相続については特に考える必要はありません。
二次相続について考える必要があるのは相続財産が不動産とか、株式の場合です。
不動産で収益物件の場合は、その収益が更に二次相続時の財産も増加を生みますし、二次相続時に納税の為に売却が簡単でない物件であることもあります。

株式の場合に付いても、上場株式などの経営に関与しない場合は良いですが、被相続人のオーナー企業の株式であったりすれば、今後の経営権もの問題も生じます。

質問の預金だけの場合は、配偶者の1億6千円まで無税の特例を使って、配偶者に1億6千万まで相続した場合には、配偶者がその死亡までに消費してしまえば二次相続は生じませんし、配偶者が再婚すれば、二次相続時の相続人が増えて、一次相続人が想定外の相続になる可能性があります。
しかし、3億円の預金なら、法定相続割合なら配偶者は1/2の1億5千万の相続割合なので、配偶者がどう使おうが自由とも言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な回答をお願いします。

お礼日時:2015/03/29 09:30

ご質問の第一次相続では、半分までであれば配偶者は無税となり、それを超える分では相続税がかかることでしょう。


したがって、第一次相続で配偶者がすべて相続し、第二次相続で子に相続となれば、遺産の半分が二重に課税されることとなるでしょう。
相次相続控除により10年以内の相続であれば調整されることもありますが、すべてが控除されるわけではありませんからね。

私であれば、第一次相続で無税の範囲内の分のみ配偶者に相続をさせ、残りの遺産を子が相続します。配偶者が相続した財産と配偶者地震特有の財産について第二次相続で子が相続しますね。
遺産が多いほど高い税率となってしまうことを避け、重複で課税されることを避けるべきでしょう。
一人で相続させても、全員で相続しても、基礎控除は変わりませんしね。

簡略化するため預金だけとありますが、不動産が含まれれば、不動産を中心に配偶者に相続させることで、経年劣化相当の財産価値が下がることも想定できることでしょう。また中心となる財産は居住用であることが多く、残された配偶者が済むことも想定されます。そのような場合には、特例計算で評価額を下げることが可能なため、配偶者へ相続させることができる量も多くなることでしょう。

「配偶者は税金がかからないから、(夫が先に死んだ場合)全部妻が相続した方がいいよね・・・」

というのは、あくまでも一例にすぎません。
ご家庭によっても、財産の内訳内容や遺産額によっても異なります。
また、相続税だけでなく、残された遺族の生活や状況に合わせる必要もありますし、争いのもとになるような遺産の残し方にもつながります。相続税にも注意しながら、相続計画を考える必要があるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的な回答をお願いします。

お礼日時:2015/03/29 09:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公平な相続でしょうか? 条件 父の遺産 不動産 1億2000万円 相続人 母、子A、子B 一次相続

公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

Aベストアンサー

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、...続きを読む

Q【相続•贈与】助けてください。御教示お願い致します。

私の祖母名義の土地•建物の相続、贈与について相談をさせてください。
他の資産や祖母の負債はありません。
宜しくお願い致します。

【登場人物】
•A=祖母(故人)
•B=祖母の一人息子(兄弟無し、離婚以降独身、別離)
•C=孫(質問者、Aと同居)
•D=孫(質問者の弟、別離)
•E= Aの兄弟(存命、故人含め10人)

Aの土地•建物の所有者をCへ移すには

【1】
Bが相続→Cに贈与
【2】
Bが相続放棄→Eの代表者が相続→Cに贈与

の他には方法は無いのでしょうか?

Aは生前、認知症を患っており遺言等の作成は出来ませんでした。
B、D、Eは方法はどうあれ、名義をCへ移す事は了承しています。

より良い手続き方法がありましたら、どうか御教示お願い致します。


またBにはB名義であった土地•建物(現在は売却済)について固定資産税の滞納分が500万円程あり、他にも住民税、所得税の滞納分が200万円程あります。
銀行等への借金は清算が終わりありません。

上記【1】、【2】のいずれかの選択をした場合に「詐害行為取消権」や「第二納税義務」が発生する可能性はあるのでしょうか?

贈与税に加えBの債務まで背負う余裕がありません。

現在の生活を捨てて、新しく始めるしかないのでしょうか。
苦しいです。

私の祖母名義の土地•建物の相続、贈与について相談をさせてください。
他の資産や祖母の負債はありません。
宜しくお願い致します。

【登場人物】
•A=祖母(故人)
•B=祖母の一人息子(兄弟無し、離婚以降独身、別離)
•C=孫(質問者、Aと同居)
•D=孫(質問者の弟、別離)
•E= Aの兄弟(存命、故人含め10人)

Aの土地•建物の所有者をCへ移すには

【1】
Bが相続→Cに贈与
【2】
Bが相続放棄→Eの代表者が相続→Cに贈与

の他には方法は無いのでしょうか?

Aは生前、認知症を患っており遺言等...続きを読む

Aベストアンサー

Bが相続放棄し、Eの人たちがCに贈与するなり、売却するなりしたらよいと思います。

Bが相続放棄した場合、C・Dは代襲相続は発生しません。

Bの相続放棄は「詐害行為取消権」の対象にはなりません。

最高裁で判例が出ています。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=54191

Q株式会社の相続についてご教示ください

稚拙な文章で申し訳ありませんが良きアドバイスお願いいたします。
叔母が株式会社の共同出費者(全部で3人)の一人で、現在会計事務を担当しているそうです。
この会社の社長が高齢で自分が亡き後の会社の処置は叔母に任せると口でお願いしてるようです。社長には妻と息子がおり、社長が亡き後揉め事がないよう今のうちきっちりしたいと叔母は考えてるようですが、次の二点を満たすよい方法がありましたらご教示下さればありがたいです。

①株を(利権)をきっちり等分し社長亡き後も会社を継続させたい。
②役員にならず社会保障を受けたい。(そのため自分の娘を役員にしようと考えている)

いかがなものでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

共同出資者ということですが、出資額(株式数)により権限も異なると思います。
現在の社長が過半数以上の株式数などを持っており、社長が亡くなった後の社長の遺族がそれを相続されてしまえば、その相続人の自由になってしまうことも多いと思いますよ。

叔母様が役員とならないで株主での従業員というような立場ですと、知らぬ間に進められてしまう可能性があると思いますよ。

できれば、社長から株式の一部でも購入することも考えてみてはいかがですかね?
財務状態から価値が少ないようであれば、社長の判断であなたに贈与というものでもよいでしょう。
全部でなくても、叔母様の株式数を増やすことで、立場を高くすることが重要です。
一部を叔母が取得し、残りを社長の遺族が持つぐらいであれば、株主が変わっても、会社の継続も可能かもしれません。もちろん、理解のある遺族で、存続させてくれるのが一番だと思いますが、親子で考えが大きく違うような人もいますし、社長にとっては大切な会社であっても、そのように感じない遺族もいますからね。

贈与のような形でよければ、生前贈与ですと社長の立場が低くなるわけですので、遺言により叔母様に遺贈してもらうというものありだと思います。長生きしてくれれば、社長の意向のままで安心かもしれませんからね。

ご質問の②ですが、やはり役員になられていないということでしょうか?
娘さん、あなたから見れば従姉妹ですか?
手続き上問題ありませんが、会社運営上、融資を受けたり、高額なリースを契約する際には、代表者保証(連帯保証)を求められるはずです。税務調査や代表者による説明等が必要な役所手続きがあるような場合に、困りませんかね。
単なる名義上だと言ってしまえばそれまでですが、それを信じて信頼してくれるとは限りません。
名義を変える必要が詐欺的なものと感じる人もいることでしょう。税務調査となれば実体のないとなれば、都合の悪いことも多いと思います。

実態を合わせられれば、どのようにしてもよいと思います。
受けたいと言われている社会保障について、不正受給などといわれないように注意するようにお伝えください。

共同出資者ということですが、出資額(株式数)により権限も異なると思います。
現在の社長が過半数以上の株式数などを持っており、社長が亡くなった後の社長の遺族がそれを相続されてしまえば、その相続人の自由になってしまうことも多いと思いますよ。

叔母様が役員とならないで株主での従業員というような立場ですと、知らぬ間に進められてしまう可能性があると思いますよ。

できれば、社長から株式の一部でも購入することも考えてみてはいかがですかね?
財務状態から価値が少ないようであれば、社長...続きを読む

Q相続放棄と相続順位、相続代位

初めて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。

親戚の人の中に借金を残して死んだ人がいます。その妻と子はすぐに相続放棄をしました。
その人の親は、すでに死んでいます。兄弟姉妹に相続が廻ってきました。その人の兄弟姉妹は一部がすでに死んでいます。
ここから先がよく分かりません。
その人の兄弟姉妹ABCDE5人のうちABが死亡しているとします。
(質問1)この場合、相続が発生するのは、CDEだけですか?
CDEが、当然、相続放棄をする、つまり同一順位の相続人がいなくなって、初めて次の順位の相続人に相続が移るのですか?それとも、ABの子は、親の権利義務を代位して相続し、CDEと、ABの子は同時に相続するのですか?
(質問2)CDEが相続放棄をして、ABCDEがいなくなったとします。
ABCDEの子供達a1,b1,c1,d1,e1の相続順位で全員が相続を放棄した場合、a1,b1,c1,d1,e1の子供達a2,b2,c2,d2,e2以下にも相続はいくのですか?行くとしたらどこまで下に相続はいくのですか?
(質問3)前記質問2において、ABCDE、a1,b1,c1,d1,e1やa2,b2,c2,d2,e2の中に結婚している人と、結婚していない人がいる場合、結婚している人の配偶者はどうなるのですか?相続放棄により配偶者も相続人になるのですか?

初めて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。

親戚の人の中に借金を残して死んだ人がいます。その妻と子はすぐに相続放棄をしました。
その人の親は、すでに死んでいます。兄弟姉妹に相続が廻ってきました。その人の兄弟姉妹は一部がすでに死んでいます。
ここから先がよく分かりません。
その人の兄弟姉妹ABCDE5人のうちABが死亡しているとします。
(質問1)この場合、相続が発生するのは、CDEだけですか?
CDEが、当然、相続放棄をする、つまり同一順位の相続人がいなくな...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1です。補足にお答えします。

文面からは、
「B→b1→本件被相続人」
の順で他界していると思われます。
この場合、被相続人死亡時に兄弟姉妹であるBもその代襲相続者たるb1も既に故人のため、
法定相続人にはなりえませんが、
兄弟姉妹の代襲相続は(Bからb1への)1代限りという規定により、
b2以下に相続が行くことはありません。
逆に"b1からみた代襲相続"が発生するのは、
例えばBの遺産相続で、Bより先にb1が亡くなっている場合などです。
この場合はb2がb1を代襲して法定相続人になりますし、
子の相続なので、b2も亡くなっていてその子b3がいればb3が法定相続人になります。

念の為、もしも
「B→本件被相続人→b1」
の順だった場合は、話が別です。
被相続人死亡時にb1は存命ですから、Bを代襲して相続人になっています。
そのままb1が相続放棄せずに世を去っていた場合などで、
被相続人の負債を既に相続していることになるケースもあり、
その場合は負債分をもb2が相続していることになります。
b2死亡時にはその債務はb2の相続人に承継されます。
「数次相続」といわれるケースです。

ANo.1です。補足にお答えします。

文面からは、
「B→b1→本件被相続人」
の順で他界していると思われます。
この場合、被相続人死亡時に兄弟姉妹であるBもその代襲相続者たるb1も既に故人のため、
法定相続人にはなりえませんが、
兄弟姉妹の代襲相続は(Bからb1への)1代限りという規定により、
b2以下に相続が行くことはありません。
逆に"b1からみた代襲相続"が発生するのは、
例えばBの遺産相続で、Bより先にb1が亡くなっている場合などです。
この場合はb2がb1を代襲して法定相続人になります...続きを読む

Q相続人以外に、遺産相続した時の相続税は?

私は被相続人です(遺産を残す人)。

相続人(息子2名)以外に、相続を残した場合の相続税について教えてください。
具体的には、孫に遺産をいくらか渡したいのです。

↓こちらを見ると、
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm
相続税は、1000万円以下は10%の税金とありました。

相続人以外(=孫)に、遺言で、例えば1000万円残した場合、
1000万円の10%で、100万円
孫は相続人でないので、100万円×1.2=120万円が、孫が税務署に納める相続税

という計算であってますか?


補足:
私の命はもうそんなに長くないそうなので、贈与をしても相続扱いになるそうです。

Aベストアンサー

№2です。

家の相続税評価額がそれでいいのか(土地は「路線価方式」もしくは「倍率方式」、建物は「固定資産税評価額(固定資産税の通知の価額))というのはありますが、

遺産総額7000万円として
7000万円(遺産額)-4200万円(控除額)=2800万円(課税遺産額)
これを子が法定相続どおりに相続したものとして税額を計算します。
子1人(1/2) 1400万円×15%-50万円(控除)=160万円(税額)
子2人分 160万円×2人=320万円(税額)

孫は遺産全体の1/7を相続するので
320万円×1/7×1.2=55万円(税額)
です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報