アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

Centos6.6を使っておりますが、色々なパッケージをダウンロードしようとしてエラーが発生しインストールが正常にできません。
例)
[root@centos ~]# yum -y install httpd
PYCURL ERROR 6 - "Couldn't resolve host 'mirrorlist.centos.org'"
host 'xxxxxx.jp'"
他のミラーを試します。
・・・・続く
パッケージのダウンロードでエラー:
と発生しますが、既にパッケージが入っているため発生するエラーでしょうか?
(インターネットには接続はされています。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

DNSとIPV6の確認をして



vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0


の記述でネームサーバーをgoogle公開DNSにしてみる
DNS2=8.8.8.8

V6もうまくいかない原因になるので無効とする。このYES記述がなければ無用。
IPV6INIT=no

その後restartコマンド。

Centosに限らずLINUXではエラーメッセージ「PYCURL ERROR 6 - "Couldn't resolve」を検索にかけるとヒントになるサイトが見つかることが多いですよ。
すでにパッケージがある場合は自動的に確認して最新のパッケージがあるコメントが最後につきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QApacheでhttp://localhost/が表示されない

Apacheバージョン2.0.50をインストールし、設定ファイルは一切変更していない状態でhttp://localhostと入力しても「あなたの予想に反して・・・」のページが表示されません。
何回かApacheの再インストールも試してみましたが変化がありません。
ローカルで動作確認するだけなので、インストールにあたってNetworkDomainなどのアドレスは「localhost」を入力しています。
何か原因を特定する方法はありませんでしょうか。
ちなみにOSはWindowsXPのHomeEditionです。

Aベストアンサー

(1) まずは、Apacheが起動しているか確認しましょう。
  これは管理ツールのサービス、Apache Server Monitorを見ればわかります。

(2) ポート番号80がLISTEN状態になっているか確認しましょう。
  これはnetstatコマンドで確認できます。

(3) パーソナルファイアウォールソフトをインストールしているなら、
  localhost:80 からの接続を許可しているか確認してみましょう。

(4) IISなど、他のwebサーバを同時に動かしていないか確認してみましょう。

(5) ブラウザでプロクシサーバを指定しているのでしたら、
  localhostはプロクシーを見ない、など設定してみてください。


ほかにもいろいろありますが、Apacheの設定の前に、これくらいは確認しましょう。

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qシェルスクリプト実行で”そのようなファイルやディレクトリはありません”と出ます。

以下の単純なシェルスクリプトを実行しようとしています。
-------------------
#!/bin/sh
echo ok
-------------------
そのとき、
bad interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません
と出てしまいます。

・which sh で確認すると /bin/sh です。
・Windowsで作ったファイルをFTPのアスキーモードで転送しています。

(ものすごく単純なミスをしてるのかもしれませんが、)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1行目の「/bin/sh」のうしろにCRが入っていると、このような現象が発生します。
FTPの転送モードが間違いなくアスキーモードになっているか、
転送後のファイルにCRがついていないかなど、再度確認してみてください。

CR以外のコントロールコードや全角スペースなどがついていても似た現象が起こります。
その場合はエラーメッセージが多少異なるはずですが、併せて確認しておくと良いかと思います。

Qyumが全く動かない

Linux初心者ですが、Fedora Core 5 で仕事をする必要が発生して、
いろいろやってます。
yumコマンドが、全く動きません。
安全なことをやってみようと思い、
# yum info perl
を実行してみました。
下記のようなエラーで、動作しません。
下記のメッセージの趣旨は、指定されたURIのファイルが読めないよ、
ということのようですが、そのURIを直接ウェブブラウザで閲覧すると、
ちゃんと存在していて読むことができます。
Linuxもyumも全くの初心者でして、原因がさっぱりわかりません。
どうぞ、よろしくお願いします。

[root@localhost yum.repos.d]# yum info perl
Loading "installonlyn" plugin
Setting up repositories
core [1/3]
http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/5/i386/os/repodata/repomd.xml: [Errno 4] IOError: <urlopen error (-2, '\xe5\x90\x8d\xe5\x89\x8d\xe3\x81\xbe\xe3\x81\x9f\xe3\x81\xaf\xe3\x82\xb5\xe3\x83\xbc\xe3\x83\x93\xe3\x82\xb9\xe3\x81\x8c\xe4\xb8\x8d\xe6\x98\x8e\xe3\x81\xa7\xe3\x81\x99')>
Trying other mirror.
Cannot open/read repomd.xml file for repository: core
failure: repodata/repomd.xml from core: [Errno 256] No more mirrors to try.
Error: failure: repodata/repomd.xml from core: [Errno 256] No more mirrors to try.

Linux初心者ですが、Fedora Core 5 で仕事をする必要が発生して、
いろいろやってます。
yumコマンドが、全く動きません。
安全なことをやってみようと思い、
# yum info perl
を実行してみました。
下記のようなエラーで、動作しません。
下記のメッセージの趣旨は、指定されたURIのファイルが読めないよ、
ということのようですが、そのURIを直接ウェブブラウザで閲覧すると、
ちゃんと存在していて読むことができます。
Linuxもyumも全くの初心者でして、原因がさっぱりわかりません。
どうぞ、よろ...続きを読む

Aベストアンサー

こういうのは
グーグルで直接エラーメッセージを検索してみるのが
よいでしょう.

Cannot open/read repomd.xml file for repository: core

で検索すると
http://kajuhome.com/cgi-bin/patio/patio.cgi?mode=view&no=553&p=1
こんなケースがでてきますよ.
このスレッドにはyumのレポジトリの
設定ファイルの所在とかもあるので
有用かもしれません.

QTera Term で 「接続が拒否されました」

VMWare上のCentOS5.4にTeraTermからSSH2で接続したいのですが、
「接続が拒否されました」と表示されアクセスできません。
ホストOSはWindowsXPです。

VMWareの設定はBrdgeで、
ネットやpingは通過します。
またBUFFALOのルーターを使用していますが、22番ポートは開いています。
Windowsのファイアーウォールをきっても接続できません。

sshd_configは特に変更なし。
hosts.allowは
 ALL : 127.0.0.1
 sshd : [WindowsのIP]
ためしにiptables -Fや、sshd restartしましたが、
変化はないです。

どのようにすれば、接続することができるでしょうか?

Aベストアンサー

まず、CentOS5.4上から、
slogin [CentOS5.4に割り当てたプライベートIP]
もしくは
telnet [CentOS5.4に割り当てたプライベートIP] 22
で接続ができますか?
できればCentOS5.4上の設定は問題なし
できなければCentOS5.4上の問題

もしできたとして、ルータの設定ですが、

> またBUFFALOのルーターを使用していますが、22番ポートは開いています。

フィルタの設定だけでなく、
WAN側のIPアドレス:22→CentOS5.4に割り当てたプライベートIP:22
というポートフォーワーディング(ポート開放)の設定をしていますか?

QCentOS7で、httpdをインストール

CentOS7で、httpdをインストールしようと「yum -y install httpd」というコマンドを実行したところ、画像のようなエラーが出ました。
調べてみて、yumが外に出てないことが理由かもしれないという気もするのですが、どうすれば解決できるか教えてください。
なお、ifconfigなどのコマンドも、「-bash: ifconfig: command not found」と出て、実行できません。

Aベストアンサー

>Could not resolve host: mirrorlist.centos.org; Unknown error

名前解決ができない。
と言われているようです。

DNSの設定とかどうなっているのかも確認された方がよいでしょう。

まずは…ifconfigが入っていなかったらインストールメディアからインストール。
Ethernetデバイスが動作していない場合は別PCなどでドライバ探してDL、USBメモリなどで移してビルド…でしょうかね。
# ハードの情報がないのでこちらでは探せませんけど。
# /var/log/messagesでethなどで検索すると…なんか出てきますかねぇ…
# lspciとかでも見つかるかも知れませんが。

無線LANだったりするといろいろ面倒かと思われます。

最小インストールだとnet-tools入らないんですかね????

Qインストールされているディレクトリを知るコマンドはありませんか?

phpのconfigerをするのに、
phpのインストールされているパスへ移動しなくてはいけませんが、
phpがどこにインストールされているかわかりません。

 rpm -qf php-4.0.6-7

とすると

 エラー: ファイル php-4.0.6-7: そのようなファイルやディレクトリはありません

と表示されてしまうのです。
rpmのサイトを見てオプションを設定して表示された結果から
ディレクトリを移動しても
コンフィギャーできるところに辿り着きませんでした。

どうしたらインストールされているディレクトリを
知ることができるでしょうか?

OSは以下の通りです。
AIX Version 4 もしくは LASER5 Linux release 7.2

今月が納期で生じたバグ対応のため大変困っています。
質問場所が違っていたら申し訳ないですが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Laser5に限っての話ですが、標準のインストールでphpはインストールされるはずですが。

# rpm -qa | grep -i php

でphpのパッケージ名は表示されませんか?

findを実行した結果、

php(コマンド)
libphp4.so(ライブラリ)
php.ini(設定ファイル)

等も見つからないのでしょうか?
もしそうならphpはパッケージもソースでもインストールされていない可能性があります。

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Qvsftpd でのユーザーに対するパスワードの設定の仕方

chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
として/etc/vsftpd.chroot_list には
goo

userlist_deny=NO として
/etc/vsftpd.user_listには
# vsftpd userlist
# If userlist_deny=NO, only allow users in this file
# If userlist_deny=YES (default), never allow users in this file, and
# do not even prompt for a password.
# Note that the default vsftpd pam config also checks /etc/vsftpd.ftpusers
# for users that are denied.
useradd goo
passwd goo
とかいていますがgooでログインしてもパスワード
がgooでいきませんどこがおかしいのでしょうか?
よろしくおねがいします。

chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
として/etc/vsftpd.chroot_list には
goo

userlist_deny=NO として
/etc/vsftpd.user_listには
# vsftpd userlist
# If userlist_deny=NO, only allow users in this file
# If userlist_deny=YES (default), never allow users in this file, and
# do not even prompt for a password.
# Note that the default vsftpd pam config also checks /etc/vsftpd.ftpusers
# for users that are denied.
useradd goo
passwd goo
とかいていますがgooでログ...続きを読む

Aベストアンサー

>useradd goo
>passwd goo
>とかいていますが

書き方が間違っています。
vsftpd.user_listに書き方の見本があるはずですが?

ログインできるユーザ名を書くだけで良いです。
(当然、ユーザ名はログインアカウントです。)

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報