私は現在大学で植芝流合気道をやっているものですが、最近、合気道というものはやっていれば強くなれるのだろうかと疑問に思っています。強くなることだけが目的ではないのはわかっているのですが、武道をやっている以上強くなりたいのも本音です。自分なりに稽古中に実戦を想定した技の掛け方など、工夫をして稽古しているのですが、いまいちイメージをつかめないというか、うまくいきません。
初段は既に取得し、次は2段をと考えているのですが、自分の中でいまいち納得がいかず悩んでいます。どなたか合気道、柔術関係の経験者、有段者の方、上達のヒントや心構えなど、なんでもかまいませんので、アドバイスをお願いします。
自分の納得いくまで稽古をするしかないってのはわかっているのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

強いですよ。

kaiseiさんはお年は幾つですか。「自分なりに稽古中に実戦を想定した技の掛け方など、工夫をして稽古している」というのは大変良い事だと思います。私は合気道の経験者ではありませんが数度道場に誘われ見取りや体験をさせていただいた事があります。昔は若気の至りで合気道の方と実戦をしたこともあります。私がなぜ合気道が強いかと思ったのは、まず技の精妙さにあります。これは年を経ながら練習を積まないと習得できるものではないでしょう。それと相撲の立合いに通じる瞬発力ですね。技の精妙さは、私が稽古に行った時に最初は若い人とやったのですが、その方は道場内に私ほど大きい人がいなかったせいか、通常の道場生と同じ角度で技をかけたようで、逆にその方が一回転しちゃったんですね。何度も、それも物凄く綺麗に。変な話ですがその時に私は合気道の恐ろしさを知りました。私は何もしていないのです。この力のバランスというのですか、角度の違いというのですか、それを総称して合気というのでしょうか、それが私に上手にかかった場合、その方は本当に力を使わずに私を投げ飛ばせたでしょう。その後に年を取った方が「ああ、大きさが違いすぎますな」と言って、私の相手をしてくれたのですが(その台詞でさっきの若い方の角度が間違っているのに気付いたのですが)、見事に、しかも受身など禄にできない私が全然痛くないように一回転させられました。私としては二回転したような軽さでした。繰り返すようですが「自分なりに稽古中に実戦を想定した技の掛け方など、工夫をして稽古している」というkaisaiさんの心がけで幾らでも強くなれると思います。また、その道場の先生が模範演舞をみせてくれたのですが、その時に「自分から飛ぶなよ!」と言いながら、高段者を集められ実戦さながらの演舞で(これじゃ、高段者じゃなきゃ受けは無理だと私は思いました)、技の決まった瞬間のまさに力士が四股を踏んだ時のような道場内に響く重心の落ち方がまたまた私を驚かせました。私も当時パンチの研究をしていたのですが、なかなかできないワンパンチでノックアウトできた時の感じと同じものだと思いました。とにかく「合気道は強い」というのは、合気道とは違う方向だった私が請け負うのは何ですが自信を持ってください。とにかく立っていても寝ていても座っていても技がありますから体得するまで時間がかかるものだと思っていいんじゃないですか。ではkaisaiさんが想定している実戦は喧嘩もそうでしょうが、まあ、それも含めて他流試合を想定していられるのであれば、昔の武道家ならいざ知らず、今ではかなりの情報がありますので、道場内、または他の武道をやっている友人同士で研究会をしてみたりするくらいは隠れてやってもいいんじゃないですか。初段ではまだ反射神経が普通より良くなった位でしょうから(ごめんなさい。これは友人の合気道初段達がそうだったから。人によっては全然違うと思います)、これからですよ。あの当時40歳を過ぎた先輩に20代の私の最速パンチを上手によけられたのを思い出したなあ。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、buyunさんのいうとおり、合気道は時間をかければかけるほど強くなっていく武道のだと私も思います。実際、植芝流の師範である西尾師範に一回ついたことがあるのですが、それはもう素晴らしい技でした。高齢であるにもかかわらずその動きは滑らかで、残像がみえるかのような体捌きとどうやって投げられたのかわからないような技には感動しました。
自分は現在21歳で合気道は始めて4年は経ちますが、もっともっと時間をかけて練っていきたいと思っています。
それ以前に小学校6年の頃から中国拳法の八極拳もたしなんでおりまして、そっちとの融合といいますか、あわせて突き詰めていきたいと思っています。
ありがとうございました。♪

お礼日時:2001/06/16 02:40

私も合気道をやっていましたが、合気道は基本的に護身の技なので実戦において相手を”倒す(KOする)”のにはあまり向いていないと思われます。

私もkaiseiさんと同じように実戦を意識した稽古をしたり、実際に実戦において合気道技を使ってみたりしました。が、その結果でき上がったものはとても合気道と呼べるシロモノではなくなってしまいました。先生にも「お前のは合気道じゃない」と言われてしまいました。1対1で闘う時はともかくとしても、1対複数、複数対複数で闘う場合、合気道技のように転ばせたり極めた後にトドメをささないような技では必ずといっていいほど反撃をくらいます。私の場合は技の途中から絞めや肘・膝による打撃に移行したり、転ばせた後に急所(金的・水月等)に蹴りをいれるというようなことをしていました。もはや合気道とは言えないでしょう。でも合気道を習ったことにより自分自身が強くなったことは間違いないと思っています。kaiseiさんも強くなっていることは間違い無いと思いますよ。ただ相手を”倒す”ことを”強さ”として、今以上に”強さ”を追い求めるのなら、打撃系の格闘技も習うことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかに、合気道とはあくまで護身であって、相手を制することが目的なので、相手を倒すことにおいてはあまり向いていないのでしょうね。
それでも、武道としては確立されているのですから、合気道は合気道でしっかりと稽古していきたいと思っています。

お礼日時:2001/06/17 16:04

はじめまして。

自分は畑違いで極真をやってるものです。

釈迦に説法でしょうが、合気道の源流というか元になった大東流合気柔術をご存知かと思います。合気道は、もともと会津藩江戸家老西郷頼母から、武田惣角そして植芝盛平へと引継がれ、合気道へと枝分かれ(?)変化しましたよね。
会津藩御留流の御敷内、大東流合気柔術ともに素手の相手は言うに及ばず日本刀を振りかざした者を倒すための武道だったのです。
柔道と同じく合気柔術の武道の部分により多くの人が習いやすいよう、スポーツと言う理論をまぜたものが合気道であると言われています。

ずばり大東流合気柔術の道場に入門してると言うのはどうでしょう。きっと自分のなかの合気道と言うものが変わるんじゃないかと思うんですけど。代が変わっても大東流は、武道を色濃く残しています。
その稽古は昔の極真会が言われていたように、100人入門者がいると、翌月には残って1人か2人と言うほどの厳しさだそうです。
源流に触れてみるのがいいと思いますけど。

また、古流の剣術を習うのも方法かもしれません。西郷頼母や武田惣角も剣術の練達者だったし、著書にも間合・足捌きには剣術の稽古が一番だと書かれております。武田惣角は晩年になっても、若い頃の剣術の稽古のしすぎが原因で、両腕肘がまっすぐ伸びなかったほどだそうです。

わたしのように非才の者は、空手のような直接的な武道から入るのが向いてると思いますが、行きつく先は間合と捌きでしょうから同じなんじゃないでしょうか。

参考にならなければ申し訳ありません。なお、敬称は略させてもらいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大東流合気柔術は自分も以前から興味をもっていまして、機会があれば習いたいと思っていたものです。ですから近くで道場があるならば、一度たずねてみたいと思います。間合いと体捌きについても同感です。こればっかりは、稽古を積み重ねていく中で身に付けていくしかないものですから、もっと稽古をがんばりたいと思います。アドバイスどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 02:44

昔から武芸十八般とも言いますが、余程の天才ならともかく、普通の人にとって、一つの流派を修めるだけでは不充分じゃないでしょうか。



たとえば、多くの今の合気道は、突きなどの攻撃にシビアさがありません。なるほど合気道の技が100%決まれば、それでも十分でしょう。しかし、80%だけかかって相手に隙を作れたとき、ちょっとでも空手の経験があれば止めを刺すことができるかもしれませんが、合気道の突きでは難しいかもしれません。

また、稽古は合気道の人ばかりを相手にするため、他流の攻撃に直ちに対処することができません。殴られる慣れしない合気道では、みぞおちに一発くらってKOというのが落ちでしょう。やはり、寝技で固められたらそれを返せねばならないし、空手の速さで蹴りを打たれたらそれも捌けねばならない。

合気道に限らず、すべての武道にはそれ特有の弱点があり長所があります。実際、空手の人は体が硬くて組まれると意外と脆かったりします。ちょっとの経験で全然違いますから、本職は合気道にするにしても、強さを求めるなら、他の道も齧ってみて、それぞれの特色を学ぶのが、合気道の上達の上でも役に立つのではないでしょうか。

弓道だけでは戦えないのと同様、合気道だけでも戦えないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘にあるように、よほどの才能が無い限りは一つのものを修めるだけでは不十分だと自分もおもいます。
私は、そもそも小学校のころより八極拳をやっていまして、合気道の呼吸や技を学ぶことによりより完成度を高めようと思って、合気道を始めました。
これからも、色々と経験をつんでいきたいと思っています。ただし、食いくさしにならないように・・・。回答ありがとうございました^^

お礼日時:2001/06/16 02:50

こんにちは。


一時期合気道をやっていたものです。(体力不足のため、一時休止状態です(@_@)
kaisei様が、どちらが強いかを競い合って技を高めあう競技や、相手を完全にダウンさせることを望んでおられるのでしたら、別の武道に挑戦するのもよいのではと思います。
ただ、実戦と言うのが、たとえば包丁を持った泥棒、というのでしたら、相手を動けないように押さえる、凶器を放させるといった訓練が入る合気道は素晴らしいと思っています。いざという時に、自分や誰かを守れる、それも強さではないでしょうか。
やはり合気道は一般的な「強い」というのとはちょっと異なると思います。どれだけ「戦わずに済むか」を目指しているというのは考えすぎでしょうか。
若い方が、周りからも見た目で分かる強さにあこがれるのは当然ですし、その方がよいことだってあると思います。
一度、ご自分が望んでおられる【武道】がどちらかを考えてみてはいかがでしょう。他の武道を一通り経験してみるのも良し、その後で合気道に戻るも良し。
(まったく知らない武道をやっている人が泥棒だったらやっぱり怖いですし(笑))
とりあえず、2段を取られてから考えるというのもアリだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
とりあえず、2段取得を目指し、稽古に励むことにしました。
他の武道も色々と興味があるので、中途半端にならないよう色々と経験してみようかと思っています。

お礼日時:2001/06/16 02:52

こんにちは。

私はそのうち合気道をやりたいと思っている者です。(現在剣道初段)

なんとなくですが、>強くなれるのだろうか、というのがちょっと疑問に思うのですが。。。何をもって「強く」というのかなと。

実戦でどんな格闘技とでも互角以上に渡り合えるという意味ならば、合気道だけやったんじゃ限度があるでしょう。他流試合みたいな稽古が必要だと思います。

でも、どんな状況になっても平常心を保ち、自分の力を出しきれるのが合気道の目指しているところではないかと思うのですけど。(だけじゃなくて武道一般かもしれませんね)

>植芝流、ということは、確か「合気生活」という事をおっしゃってる流派?ではなかったかと思うのですが(違ったらm(__)m)。

技を色々と工夫するのは合気道に限らずいいことだと思います。
ただ、それがうまくいかない時は、気のあった稽古相手に約束稽古をしてもらうのもいいかもしれません。もしかすると、工夫した結果、合気道の理論から外れてしまったという可能性もあるので、常に原点に立ち返りながら工夫する必要があるでしょう。

あと、スランプということも考えられます。
スランプの時は、色々あれこれと考えるのですが、私の経験では、とにかく何も考えずに稽古を積むのが一番です。かっこよく言えば、無心で稽古を積むということかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
指摘されてるように微妙にスランプのようなきもしないでもないですが、スランプも吹き飛ばすぐらい稽古してがんばります。
これからももっともっと工夫して頑張りたいと思います。

お礼日時:2001/06/16 02:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合気道若しくは護身術の道場を探しいます

当方合気道・護身術の未経験者ですが、教えていただける道場を探しています。

中高年未経験者でも入部ができる合気道若しくは護身術を教えていただける道場を知っているかたにお願いをしているのですが、神奈川県県央若しくは相模原市南区、中央区あたりの道場がありましたら紹介をしていただけないでしょうか?

どうぞ宜しくお願いを致します。

Aベストアンサー

 こんにちはm(_ _)m
 当方名古屋である道場に通い、東京に出てから、市の合気道教室に通ったことがあります。

 今横浜に住んでいます。
 簡単に入門できて、費用も安く続けられるという事では、相模原市などの広報でお探しになるのが間違いないと思います。若しくは通いやすい公共の体育館などで教室を開いていると思いますので、そちらもお勧めです。
 安く通いやすいと言うのは重要ですし、通ってみて本格的な道場に通いたければ講師に紹介してもらうのも良いとおもいます。
 植芝盛平が開いたものですが、いくつか派生した流派があります。一番大きなところで僕の通っていたところを参考までにURLを添付します。

 楽しいですよ。非常に自信がつきます。
 植芝吉祥丸 『図解コーチ 合気道』あたりは入門書として読みました。
 取り急ぎ。

参考URL:http://www.aikikai.or.jp/

Q喧嘩が強い素人と日本空手の有段者が 喧嘩したらどっちが勝ちますか? 有段者が5センチ身長高いとして

喧嘩が強い素人と日本空手の有段者が
喧嘩したらどっちが勝ちますか?
有段者が5センチ身長高いとして

Aベストアンサー

昔は喧嘩にもルールがあってね
相手が落ちたらそれ以上はやらないとか

気を失ったふりをして騙し打ちか・・・


最低だな

Q護身術について(打撃ではなく)

今の時代は何時、襲われるか分かりません。
ナイフなど刃物の事件が多いですが、
大人でも子供でもいざと言う時に役に立つ護身術は
ないでしょうか?
私は合気道の体を触れさせずに気で倒す、相手の動きを止める
のが憧れですが、しかし、誰でもあんなにすごくなるとは思いません。
でも、個人差はあると思いますが、どのくらいである程度、自分を守れる
くらいになるでしょうか?

もう一つはブラジリアン柔術です。
護身術としては有効なのでしょうか?

あまり、殴る、蹴るの打撃は好みませんので
もし、合気道やブラジリアン柔術をされている方があれば
詳しい話(どのくらいで護身術として身になるか、有効か)教えてください。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。 (私のプロフィールを見てください)

護身術は護身術としてひとつの科学ともいえるものです。 格闘技や武道がそのまま使えるものでは決してありません。 襲われる前、から襲われてからすべて自分を守るすべを教えるものです。 もちろんナイフや拳銃での襲撃に対しても護身術は使えなくてはなりません。

このカテで2年ほど前に日本の女性が私の弟子から大学で護身術を習ったことがありこのカテでもかなり詳しい質問をしてきました。 この指導員はナイフを持った3人ほどを相手にもう一人の人の命を指導とおりに救いましたが全治3ヶ月ほどの傷を負いました。

複数を相手にするときは切られる事を前提にしていますので仕方がありません。 しかし、3人以上では打撃なしには護身術は使えないと私は教えています。 体が密着しない打撃(顔へのけりなんて通用しませんが)を無視しては少なくとも30年以上の徹底的な実践的訓練が必要です。 兵役の場合であれば相手を殺すことも前提にしていますので相手が一人でも打撃を重要視します。

柔道のような体の密着はナイフ・拳銃を持った相手には危険きまわりないものです。 警官が殺される大きな理由がここにあります。 よって、私たちはこれを指導することさえさせません。 逮捕術の一部として最終段階での密着は当然必要とはなりますが。

いざと言うとき、と言うことは襲われたとき、と言う意味ですね。 (水準の高い)空手の流派の3段でも無理でしょう。 合気道・柔術でも無理でしょう。 護身術とはもっともっと幅の広いまたそこの深いものです。 逃げれば良い、護身グッズを持っていれば良いと言うのは実際に襲われたことがない、実際に護身術を体験したことがないとしかいえません。

簡単にその理由を言うと、子供が普通の大人より早く走れないのです。 早く走れないで早く走る訓練をしないで、どうやっては逃げればいいのかを教えられていなければ(たった一つの手段でしかない逃げること)逃げ切れないのです。

私の第3師範代は18にもうすぐなる女性で私とはもう11年の訓練が積み重ねられています。 護身術は6年目に入りました。 この5年は毎週コンスタントに週10時間近いトレーニングをしています。 それでもナイフを持った二人かそれ以上の相手が殺すつもりであれば彼女は殺されるでしょう。 一人であればよほどのことがなければ、相手を傷つけずに逮捕まで持っていくことができます。 もちろん、その相手と言うのは素人ではありません。

ブラジリアンジュウジュツですが、ナイフの攻撃に対しては使えません。 奪われていない片方の手にナイフを移して攻撃を仕掛けてきます。 それを防御するすべはまったくこのスタイルにはありません。

ナイフを持った相手を相手として実践的トレーニングをしなければどんな格闘技・武道でも無理なのです。 川釣りのプロでも海釣りはできませんね。 オートバイレースのプロでもF1レースは無理です。 バスケの大御所のマイケルジョーダンでもプロ野球では2軍がやっとなのです。

と言うことで、自分の命を守るのに殴る、蹴るの打撃を使いたくない、と言うのであれば、30年以上週少なくとも10時間は実践トレーニングしなくては無理と言うことなのです。

ちなみに上で書いた指導員はこの怪我のもとで一部の筋肉の動きを正常まで回復できず、そんなときに最近3人に襲われ殺されてしまいました。 私の全国の指導員の中で最初の犠牲者となりました。 しかし犯罪として起こった事件に巻き込まれたにもかかわらず、彼の指導で救われた人は100人を超します。 体を張って指導するのが護身術の指導なのです。 それだけ危険でもあるし無責任なことはいえないのです。 冥福を祈る日々が私には続いています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。 (私のプロフィールを見てください)

護身術は護身術としてひとつの科学ともいえるものです。 格闘技や武道がそのまま使えるものでは決してありません。 襲われる前、から襲われてからすべて自分を守るすべを教えるものです。 もちろんナイフや拳銃での襲撃に対しても護身術は使えなくてはなりません。

このカテで2年ほど前に日本の女性が私の弟子から大学で護身術を習ったことがありこのカテでもかなり詳しい質問をしてきました。 この指導員は...続きを読む

Qブラジリアン柔術は実戦では有効ですか?

格闘技を護身術として習おうと思っています。ブラジリアン柔術、キックボクシングが
良いかなと思っています。どちらも実戦では、強い有効な格闘技と思って絞ったのですが、
YouTubeで、本当のストリートファイトを見てみると喧嘩が始まると、二三発入れば、そのあとはボコボコにされて終わるパターンが大半でした。組みつく余裕などは実戦では、難しいと思ってきました。。。となると、組みつくまでがスタートとするブラジリアン柔術はあまり実戦的はないのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

狭い日本では喧嘩は胸倉のつかみ合いや至近距離でのにらみ合いから始まる事がほとんどだとよく聞きます。
これは組み技の間合いだと思います。
あとキックボクシングは才能である程度左右しますがBJJは誰でもやればやる程強くなるといいます。
あとキックは老いたら引退ですが、BJJは老いても続けられると思います。
ドランクドラゴンの鈴木はBJJ使いですがニコラスペタスの道場に道場破りにいくテレビの企画で3人抜きくらいしてました。

Q初心者にも始められる護身術教室など(東京)

 護身術や空手、合気道などを習いたいのですが、調べてみると経験者向けというか、なかなか30歳で未経験、中途半端、完全根性ナシでも始められるビギナー対象の教室などが見付かりません。
 東京在住なのですが、どこか山手線圏内で上記要望を満たすような初級(というか入門級)護身術教室など知ってらっしゃる方、是非教えてください!!!

Aベストアンサー

space_t78 さん こんにちは

道場検索サイト
http://dojos.org/

私、山手線から外れますが 大田区池上にある合気道道場で稽古してます。
http://www.shohokai.com/jp/index.html

どこの武道 道場でも 入門したばかりの人はそのレベルで、白は白、緑は緑、茶は茶、黒は黒レベルで稽古するはずです。心配は、いりません。
入門一週間の人が いきなり茶、黒レベルの稽古はしません。ご安心を。
入門する ほとんどの人が 武道未経験の人です。
これも よく聞く話ですが、白、緑は黒から見ると「お客様」扱いで ある程度 加減して稽古つけます。
早い話「やさしく、稽古してくれる」
茶色になると、扱いは黒と同等になり「厳しく、本気近くで稽古します」
その頃になると 受身も自然にできるようになり、本当の武道らしく なって来る時期です。
緑のときは優しくかけてくれた黒が茶に進級と同時に本気で稽古してくれます。最初は落差にメン食らいますが、それだけの技術を、あなたは身につけたんだよと認めてくれた証なのです。
以上は どの武道 道場で聞く(自分の体験談も)話です。
辞めちゃう人のほとんどが白に多いです。
長続きのコツは「気長に稽古する」ことです
私も黒になってやっと合気道っぽくなってきました。
実感できるのは 白 緑と稽古してるとき、自分も以前は このレベルだったんだな~と、わかるときです。
帯に色がついたとき 感動しますよ!白を卒業してしまえば、自然と「欲」がでてくるものです。
稽古欲、うまくなりたい欲、黒になりたい欲・・・
緑、手に入れれば もう その道場にはまったも同然!

一つ言えるのは「誰でも 最初は初心者です」
「黒帯も2年前は白帯だったのです!」

そして 私の稽古道場の 自慢点は
1.HPで時間割見ていただければわかりますが(合気道・一般)火~日まで一般と書いてある時間でしたらいつでもOKです。自分の都合の いい時間がチョイスできる。あなたは「水の8時と金の7時です」というシステムではない。自分で自由に選択できるとこが、他の道場にはない 会社員の味方の道場です。
2.一回の稽古時間が1時間!続けて2時間稽古してもOKです。他の日に稽古してもOK。
1と2は 他の道場にはないシステムで絶対の おすすめです。
男平均年齢30弱が多いです。

最後に「黒帯でえらそ~に振舞ってる連中も、み~んな 最初は胴着を着るのにも四苦八苦してたんで~す」
私の体験談。ちなみに2段です。

参考URL:http://www.shohokai.com/jp/index.html

space_t78 さん こんにちは

道場検索サイト
http://dojos.org/

私、山手線から外れますが 大田区池上にある合気道道場で稽古してます。
http://www.shohokai.com/jp/index.html

どこの武道 道場でも 入門したばかりの人はそのレベルで、白は白、緑は緑、茶は茶、黒は黒レベルで稽古するはずです。心配は、いりません。
入門一週間の人が いきなり茶、黒レベルの稽古はしません。ご安心を。
入門する ほとんどの人が 武道未経験の人です。
これも よく聞く話ですが、白、緑は黒から見ると「お客様」...続きを読む

Q実戦的なブラジリアン柔術道場を教えてください。

はじめして。23歳の社会人です。
ブラジリアン柔術を習おうと道場をネットで探してみたのですが、色々あって困っています。
ホームページの情報ではわからないことだれけです。
お勧めのブラジリアン柔術道場を教えていただけないでしょうか?現在通われている方、通ったことのある方のご意見を伺いたいです。もちろん、通ったことはなくても情報として知っていらっしゃる方のご意見もよろしくお願いします。条件としては
1東京、神奈川にあること。
2実戦的であること。(護身として学びたいので)
の二つです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「トライフォース」にはセルフディフェンスのコースがあるみたいですよ。
http://www.triforce-bjj.com/

書物ですが、「ブラジリアン柔術 セオリー&テクニック」には柔術的な護身のテクニックが多く掲載されています。
(著者のホイラーは私の神です。)
「負けない自分を作るための技術としての柔術」について書物の形で知ってから、道場に入門されても良いのではないでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775301055/250-5192577-7009837
通いやすい柔術道場に入門したあと、
「セオリー&テクニック」に出てくる技を、道場の先生に質問してもいいんじゃないかと思います。
どんな素晴らしい道場を教えてもらったとしても、
通い続けることができなければ身につきませんから。

Q護身術について、教えてください。

こんにちは。私は20代前半の大学生です。護身術を習いたいと思いつつ、なかなか始める勇気が出ずにここまできてしまいましたが、最近ちょっと恐い事があり、護身術をやって見ようと決めました。以前の質問を拝見すると、少林寺、合気道とありますが、もし東京都内あたりでそのような教室をやっている所をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。タウンページで調べたり、HPを探して見たりしたのですが、少年向けや男性向けだったり、なかなかうまく見つけられません。どうぞよろしくお願いします。m(--)m

Aベストアンサー

どこにお住まいか知りませんが、新宿区のスポーツセンターに少林寺拳法の道院が
あります。
また、筋力がどうこうというカキコをされている方もいらっしゃるようですが、少林寺に関して言わせていただければ、剛法(空手の突き・蹴り)だけでなく、柔法
(関節技)もありますので女性が男性を倒すという事は可能です。
実際に習われる時に、道院長(責任者)の方にその旨を伝えておけば、きちんと教えてくれます。
(ちなみに、私は過去に少林寺を習っていました。

Qぶっちゃけ、合気道って実戦で役立ちますか?

習おうかどうか迷ってます。実際、いきなり本気で殴りかけられたり、襲われたりしたときに勝てるのでしょうか。

Aベストアンサー

 別に合気道を習ってるわけでも何でもないんですが、一応ご参考になればと思い、回答させていただきます。
 合気道に限らず、どの格闘技を習ったからといって、暴漢に襲われたときに相手を撃退できるかというと、そうでもありません。特に相手がナイフ持ってたり、背後から襲われたら格闘技習得がどうってのは関係なくなります。(まあ、達人の域に入ってる人は別だと思いますが・・・)
 実際、空手を三年習った有段者の知り合いは、夜道で後ろからナイフを突きつけられたとき、抵抗するどころか声も出せなかったそうです。
 ただ、知っている相手と喧嘩するとき、自分から攻撃するとき、などの状況では格闘技というのは効力を発揮すると思います。合気道も、もちろん強力な格闘技です。以前、合気道を習ってる後輩に技をかけてもらったことがあるんですが、腕を後ろにひねられ、全く動けませんでした。
 暴漢や強盗に対するための技でしたら、護身術を習われたほうがいいかと思います。相手の急所を狙う、噛み付く、手近なものを武器にするなど、格闘技ではありえない実戦技を教えてもらえます。

Q久留米市、福岡市、もしくはそれらの周辺で成人の男にも護身術を教えてくれる教室があったら教えて下さい。

久留米市、福岡市、もしくはそれらの周辺で成人の男にも護身術を教えてくれる教室があったら教えて下さい。(訳あって二回目)

前回も丁寧に答えて下さった方がいたのですが、補足を忘れたのと、深夜にしてしまったので再度質問させてください。

武道や格闘技は防衛だとしても実践では禁止なので、やはり護身術を教えてもらえるところがいいです。

もし武道や格闘技を紹介していただき、無いとは思いますが、「護身術としてのみ使用可」とする道場があったとしても、できれば合気道とか、穏健派な武道がいいですね。
空手等の打撃系は自分から攻撃できちゃうし、剣道等の棒系は棒ありき、そして投げ系も柔道は失礼ですが怖いの人が多いイメージがあるので、総合的に見て合気道かなと思います。

ちなみに最大の護身術は逃げ足だそうですが、自分は元陸上部だったし、それも並行してやるつもりです。(ちなみに50mは現役最高7秒2~3位まで、長距離も市大会止まりの才能ゼロの男です。)

ただ文武両道にコンプレックスを持ってるので、一つはやはり強くなりたい、自分に自信を持ちたいというのも本音です。

よければいい所を教えて下さい。
最大手、指導力が一番高い所、どちらでもいいのでお願いします。

久留米市、福岡市、もしくはそれらの周辺で成人の男にも護身術を教えてくれる教室があったら教えて下さい。(訳あって二回目)

前回も丁寧に答えて下さった方がいたのですが、補足を忘れたのと、深夜にしてしまったので再度質問させてください。

武道や格闘技は防衛だとしても実践では禁止なので、やはり護身術を教えてもらえるところがいいです。

もし武道や格闘技を紹介していただき、無いとは思いますが、「護身術としてのみ使用可」とする道場があったとしても、できれば合気道とか、穏健派な武道がいいです...続きを読む

Aベストアンサー

合気道の中でも、「心身統一合気道」というのは、ちょっと違います。

大学で、合気道は体育会系となっているところが多いのですが、私の大学では文科系に属していました。
「気の研究」とか言って、格闘技の扱いではなかったんです。

自分から相手に向かうことはなく、受け身だけです。
一番の方法は相手が自分に襲い掛かる前に気を察してよけることであるということも、良いのてはないかと思います。

それと、杖(じょう)というのを習うのですが、いざとなったら傘で身を守る子が出来ます。

大変穏やかで、踊りを待っているような動きです。

福岡の道場はこちらにあります。
http://shinshintoitsuaikido.org/dojo/index.php

Q合気道は実戦的な武道なんですか?

一言で強いか弱いかと言っても答え難いと思うので
合気道は実戦的な技なんでしょうか?

武器の無い戦いなら一番強いのはプロレスだと聞いたことがあります。
一度入ったら抜け出せないし、プロレス技を抜けるにはプロレスを知るしかないからだとか

塩田って人の動画見ていますがこれが本当なら神でしょうけど
弟子相手に闘ってるのしか見た事ありません…
弟子か素人相手にしか闘わない武道なんでしょうか…

かっこいいけどそんなに強くないカンフーの様に、実際総合格闘技としてTVで合気道が勝ちまくってるのなんかも見た事ありません。

Aベストアンサー

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はストリートファイトが起源で、今でも模擬ストリートファイトを練習に取り入れているものがあります。
問題は技が強いかどうかというより、打たれ強いかというほうが問題でしょう。相撲は技の要素的には確立された強い格闘技ですが、ボクシングのような顔面の打たれ方や関節技に対する鍛え方がされていません。
だから、勝てないんだと思います。
勝負は技だけでなく、打たれ強さが大きく関係しますから。そして打たれ強さは一朝一夕で鍛えられるものではありませんから。

塩田先生を始め、彼らが素人相手に技を披露しないのは、仲間内でしかかからないからじゃありません。武術をしている人で無いと危険だからです。
有名なのは塩田先生だか植芝先生かは忘れましたが、米国大統領の警備の者を投げ飛ばしたという一件です。

例えば、多くの人は技をかけられると抵抗します。単純でシンプルな当身技くらいならそれでもいいですが、複雑で見栄えのする間接技や投げ技になると自分の限度を知っていて、それが越えそうになると自分から受身に入るレベルの人でないと怪我をします。だから素人には披露しないのです。

結論的に言えば、合気道の技だけでは非実戦的でしょう。逆に他の武術や格闘技の中に合気道の考えを取り入れれば、入れないよりは強くなる可能性があると思っています。

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はスト...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報