あまりこういう分野は得意ではないので丁寧に教えていただきたいのですが。。。

電気陰性度や電子親和力。。。言葉の意味は調べたのでわかるのですが、電気陰性度は電子をひきつける強さとありますが、これはどういったところに役立っているのでしょうか?ある物質AとBの化合物があってAとBの差が大きければイオン結合性の物質になるということはわかりますが、それ以外にどういうことに電気陰性度とか電子親和力とか使われているのでしょうか。。。

それと電気陰性度や電子親和力は、単体元素の値しか教科書には載ってないのですが化合物の電気陰性度や電子親和力の値とかってあるのでしょうか?もしあれば、参考文献や論文とかネットでも構いませんので教えていただきたいのですが。。。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電気陰性度というものは二つの原子間に単結合ができた際に


その間の共有電子対がどちらの原子核に近くにいる(可能性が高い)か?

を示す数値です。ですから、実際の化合物にそのまま適用するには
かなり無理があります。たとえば、1,1,1-トリフルオロエタン(F3C-CH3)
のC-C結合には電子の偏りがあるはずですが、このことは炭素の電気陰性度
だけからは求まりません。さらに結合が単結合でなく、多重結合になると
話はさらに複雑になります。

実際の化合物に電気陰性度の概念を持ちもむことに無理がありますので、
そのような値というのは報告されていないと思います。
(あったらごめんなさい。)それよりは、分子軌道計算などにより、
電子分布を求める方が現実的だと思います。この分子軌道法に
電子親和力を用いて行う方法があります。電子親和力というのは
ご存じかと思いますが、電子を一つ受け取ったときにどれだけ
エネルギーを放出するか。つまり、ある原子のまわりの電子密度(電子数)
が増えることによってどれだけ安定するか。ということです。

この電子親和力も通常一つ目の電子についての値しか与えられません。
しかし、実際の化合物中で、実際に電荷の偏りが絶対値1を越えることが
ほとんどないため、これで十分なのです。[Co(III)(NH3)6](3+)において、
コバルトの正電荷は形式上IIIですが、実際の電子密度から求まる電荷は
0.5+程度で、残りはアンモニアのHに分布しているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに化合物にはそのまま適用できませんよね。
分子軌道計算ってとても難しそうですね。私の頭では理解できそうにありませんね。。。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/22 10:42

すごく簡単に話しますと、電気陰性度がA,Bでもし同じなら結合に使われる電子は中間に位置しています。

これが、Aの方がBよりも大きくなると、その電子がAの方に引き付けられてイオン結合性が高い結合になります。

 分子を作っている原子の電気陰性度や電子親和力の差によってある程度その分子の結合性が分かります。

 化合物を構成する原子は周りの原子の影響で安定化されたりということはありますが、それは個々の化合物によって異なってしまいます。ですから化合物の電気陰性度、電子親和力の文献と言うのはないと思います。計算などで用いる場合には教科書などに載っている元素の値を用いればよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり化合物の電気陰性度とかはないのですね。いろんな人の意見を聞かせてもらってとても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/22 10:46

inorganicchemist さんの無機化学分野での回答がありますので,私は有機化学分野から回答します。



有機化学分野では,物質の反応性(分子内の数ヶ所の反応中心のどこが反応しやすいか,類似の化合物に比べて反応しやすいかどうか,など)を考える場合の目安の一つとして,結合原子間の電気陰性度の差を考えます。

一般に有機化学反応は,+部分と-部分が反応しますが,電気陰性度の差の大きい原子間の結合部位では電子の偏りが大きく,+電荷や-電荷も大きくなりますので,反応性が高くなります。

この電気陰性度の効果はシグマ結合に基づくものですので,結合が2つ,3つと増えるにしたがって小さくなります。そのため,結合している原子間の電気陰性度の差を考慮すればよいです。

勿論,実際の場ではこれだけではなく,π電子の影響や立体的な影響など多くの因子を考えますが,電気陰性度の差も重要なものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結合の面から見ると電気陰性度や電子親和力というものは大切なものなのですね。これからもしかするとこういう分野を勉強しなければならなくなるかもしれないので、その時はよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/06/22 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q院試の有機化学勉強法

院試で有機化学が出題されるので勉強している者です。有機化学は膨大な量の反応式が院試までどうやって勉強していけばいいのか困っています。院試ではマクマリーの類題やマクマリー以外からも出題されます。自分はマクマリーを教科書として持っているのですが上中下とかなりの量です。そこで、サイエンス社の「演習有機化学」をやって演習で身につけた方がいいのではないかと思って2回ほどやり、基本の所は身につけたつもりでいましたが、院試問題を見ても解けそうにないです。そこで、三共出版の「有機化学演習」が評判が良かったのでこれを購入して半分手前までやっていたのですが、難しすぎて分かりません。量も多いしこれをこなしても暗記になってしまい、院試に対応出来ないような気がします。しかし、いまからあの分厚いマクマリーを上中下網羅するのも難しいように思えるのですが、何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

一年前に院試を受験した者です。
私も当時、有機化学はマクマリーで勉強しました。
ちなみに、院試本番は、滑り止めが7月中旬、第一志望が8月下旬でした。
しかし、6月には教育実習があったため、実際に院試勉強を始めたのは、7月の上旬位からだったと思います。
この頃には、もう卒研の方は研究室の先生と相談してお休み(実際には5月中旬から)をもらい、大学受験の頃を思い出し、朝7時から夜12時まで勉強してました。
ちなみに、睡眠時間は6時間半は確保するようにしました。
そのうち、マクマリーは一日一章2~3時間程度かけてこなし、約一ヶ月で一通り終わらせました。
ただし、私の受けた大学院の過去問の出題傾向から、下巻の生体分子や代謝経路関連の章はとばしました。
その際、章末問題までは手を出す余裕がなかったので、本文中の問題だけを解けない問題が解けるようになるまで勉強しました。
これで、一通りの有機化学の基礎固めはできると思われます。
また、私もサイエンス社の演習有機化学にも手をつけて、有機化学のより基本的なところの基礎固めをししました。
来年、ご希望の大学院で充実した研究生活を送れることをお祈り申し上げます。

一年前に院試を受験した者です。
私も当時、有機化学はマクマリーで勉強しました。
ちなみに、院試本番は、滑り止めが7月中旬、第一志望が8月下旬でした。
しかし、6月には教育実習があったため、実際に院試勉強を始めたのは、7月の上旬位からだったと思います。
この頃には、もう卒研の方は研究室の先生と相談してお休み(実際には5月中旬から)をもらい、大学受験の頃を思い出し、朝7時から夜12時まで勉強してました。
ちなみに、睡眠時間は6時間半は確保するようにしました。
そのうち、マクマリーは一日...続きを読む

Q電子親和力・電気陰性度と希ガス

第3周期の元素の原子の中で電子親和力・電気陰性度が最大のものと最少のものを答えるという問題があるのですが。

電子親和力:最大Cl 最少Na
電気陰性度:最大Cl 最少Na

であってるでしょうか?希ガスの立ち位置が調べたのですがよくわかりません。

Aベストアンサー

電子親和力の最小はArです
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E8%A6%AA%E5%92%8C%E5%8A%9B
一覧が載っています。

希ガスには電気陰性度の概念がありません。
最外殻電子が満ちているからです。
電子親和力は電子を1つ与えることを考えるので
希ガスも考えることになります。

イオン化エネルギーとともに
しっかり理解なさってください
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n50747

Q生物有機化学

生物有機化学と有機化学の違いは何ですか?
薬学部では有機化学、農学部では生物有機化学と呼んでいることもあり、前者の方がより専門的な印象を持っているのですが、学習範囲に違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

誰が何の話をしているのか明確にした方が良いですよ。
まず、あなたは
1.高校生又は受験生でしょうか?
2.どこかの大学の大学生でしょうか?(学部は?)

その有機化学、生物有機化学とは、
a.学部の講義名又は教科書名のことでしょうか?
b.大学院の講義名又は教科書名あるいは何かのことでしょうか?
c.専攻名、講座名のことでしょうか?

また、各々どの大学での話でしょうか?
農学部ではどこでも生物有機化学と呼んでいるとは思えないのですが。

私には答えられませんが、補足しておいた方が良いです。

工学系バイオを出たのですが、医薬の連中のテキストを見ると、同じような教科書名でも、明らかに人間中心です。

生物系で生物有機化学なんてのは、適当にそれらしい名前をつけただけだろうと思いますが。
あるいは、有機化学の全体をやっているわけではないのだよ、という意味か。
むしろ、化学系や応用化学系でわざわざ生物有機化学とついているのであれば、それは本当に生物系に特化したことだろうと思いますけど。

Q高校化学 電気陰性度と電子親和力の違い

電気陰性度と電子親和力の違いが、何を読んでも理解できません。。。
はっきりとした違いがあるはずなのですが、的確に説明してもらえると嬉しいです

Aベストアンサー

電気陰性度は「電子を引き付ける強さ」
電子親和力は「電子を1つ付加したときに出るエネルギー」です。
電子親和力が大きいと、エネルギーがたくさん放出されるので安定になります。
それだけ電子を付加しやすい(=取り込みやすい)のですから、
電子親和力が大きければ電気陰性度も高くなります。

Q有機化学が面白くなる本

有機化学が面白くなる本

授業で有機化学を習って興味がわきました。よい有機化学の本があったら教えてください。

Aベストアンサー

とっても難しい希望だね。
 有機化学といったら、実は化学のほとんどすべて・・・日本化学会のメンバーのほとんどが有機化学者といても良いくらい、じつは化学のもっとも大きな領域。高校では、ほんの一部しか触れないから・・
 実は、有機化学の面白さは、実験なのです。実験室でするだけじゃないよ、卵を茹でるのも、接着剤で何かをくっつけのも、タマネギを切ったら目にしみるのも全部額の実験・・
 絶版だけど
Amazon.co.jp: 暮らしの中の化学質問箱―亀の甲アレルギーの人々のために (ブルーバックス (B‐620)): 山崎 昶: 本 ( http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%8C%96%E5%AD%A6%E8%B3%AA%E5%95%8F%E7%AE%B1%E2%80%95%E4%BA%80%E3%81%AE%E7%94%B2%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-B%E2%80%90620-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E6%98%B6/dp/4061326201/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1264871346&sr=8-1 )
 とか・・・ブルーバックスにたくさんあるよ。

とっても難しい希望だね。
 有機化学といったら、実は化学のほとんどすべて・・・日本化学会のメンバーのほとんどが有機化学者といても良いくらい、じつは化学のもっとも大きな領域。高校では、ほんの一部しか触れないから・・
 実は、有機化学の面白さは、実験なのです。実験室でするだけじゃないよ、卵を茹でるのも、接着剤で何かをくっつけのも、タマネギを切ったら目にしみるのも全部額の実験・・
 絶版だけど
Amazon.co.jp: 暮らしの中の化学質問箱―亀の甲アレルギーの人々のために (ブルーバックス ...続きを読む

Q共有結合ってイオン結合みたいに−にしたり+にしたりしないけど電気陰性度でどちらかにひきつけられるから

共有結合ってイオン結合みたいに−にしたり+にしたりしないけど電気陰性度でどちらかにひきつけられるからどっちかに電子が偏るから符号はつけないのですか?また共有結合の場合は偏っていても無視するのでしょうか?

Aベストアンサー

結合している二つの原子間で,結合に関わっている電子について考えます

① 電気陰性度の差が大きい原子間では,電子は電気陰性度の大きい原子に完全に奪い取られ,二つの原子(まぁイオンですが)は互いに拘束されずに自由に振る舞うことが「可能」です。
② 差が小さいと,大きい方に電子は偏りますが,完全に奪い取るとまでは行かず,偏りながらも二つの原子間で共同で使われる。従って二つの原子は電子を共有するために互いに離ればなれになれない。(まぁ化学反応が起こって結合が切れれば別ですが)

かなり極端な書き方をしましたが
①がイオン結合 ②は共有結合です

つまり,電気陰性度の差がゼロの時は純粋な共有結合
差が出てくるとイオン性を帯びるようになり
その差が1.5~1.9位になるとイオンとなって分離するのです

イオン結合と共有結合は一つのひもの両端のような関係にあり,
多くの物質はその中間に位置するようなイメージです

Q『ジョーンズ有機化学』の次に取り組むべき教科書

ジョーンズ有機化学の次に取り組むべき教科書を探しています。

私は薬学部の3年生です。
ジョーンズ有機化学を、内容を十分に読み込み、すべての問題を解くという方針で1年かけて読み切りました。そこで、ほとんどの反応の基礎は理解できていると思い、『演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで 』という参考書を用いて力試しをしてみました。しかし、その結果は散々なものでした。初級の一部の問題が解けず、中級に関してはほとんど解けない状態でした。この参考書に取り上げられている問題には、ジョーンズ有機化学には掲載されていないような反応(金属が関与するラジカル反応など)が含まれているものが多かったからです。ジョーンズ有機化学で有機化学のほとんどの反応をカバーできたと思っていましたが、それが大きな間違いであることに気付きました。

そこで、ジョーンズ有機化学の一歩先の教科書(すなわち、ジョーンズ有機化学のレベルの知識を前提としており、ジョーンズ有機化学では取り上げられていないような反応を多く取り上げているような有機化学の教科書)をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。ジョーンズ有機化学のように、反応を反応機構と併せて解説しているような教科書の方が良いと思っています。

ジョーンズ有機化学の次に取り組むべき教科書を探しています。

私は薬学部の3年生です。
ジョーンズ有機化学を、内容を十分に読み込み、すべての問題を解くという方針で1年かけて読み切りました。そこで、ほとんどの反応の基礎は理解できていると思い、『演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで 』という参考書を用いて力試しをしてみました。しかし、その結果は散々なものでした。初級の一部の問題が解けず、中級に関してはほとんど解けない状態でした。この参考書に取り上げられている問題には、...続きを読む

Aベストアンサー

同じく、ウォーレン。
「演習で学ぶ~」は、結構難しいですよ。
学部生だったら初級を解ける(特に後半)ようになるだけでも
十分な実力の持ち主ではないでしょうか。

Q電子親和力と酸化力の違い

「ハロゲン化物イオンになる傾向の強さが最大のハロゲン単体は?」
という問題で、私は、
「ハロゲン化物イオンになる傾向の強さ」=「電子親和力」
と解釈し、
反応性(酸化力)の順位「F>Cl>Br>I」ではなく、
電子親和力の順位「Cl>F>Br>I」から、
答えは塩素だと考えました。
しかし、正解はフッ素で、順位も「F>Cl>Br>I」でした。

「電子親和力の大きな原子ほど、陰イオンになりやすく、生成した陰イオンは安定である」
とどの参考書にも書かれています。
ちなみに、電気陰性度の順位は酸化力の順位と同じですが、
電気陰性度は「共有電子対を引き付ける強さ」ですから、
この問題では特に関係ないはずです。
(電気陰性度がイオン化エネルギーと電子親和力の平均値だということは心得ています)

で、私が抱いた疑問は次の2つです。
(1)「ハロゲン化物イオンになる傾向の強さ」=「電子親和力」ではないのですか?
(2)そもそも、電子親和力と酸化力って何が違うのですか?

Aベストアンサー

単純に言ってあなたは原子と分子を混同して用いています。
電子親和力は原子の性質。
酸化力は分子の性質。

Q有機化学って・・・

現在理学部化学科の3年生で進路を考えているのですが、
大学院に行くなら有機合成系に行きたいと思っています。

先日なんとなく河合塾が出している理系の最先端(←たしかこんな感じの名前・・・)って本を見たのですが、有機化学の最先端はだいたい薬学部の有機系研究室でした。有機化学って薬学部が発展しているのでしょうか??

あと、まぁ、有機化学が好きなだけで実はあまりその世界の事を知りません・・有機化学は薬や高分子材料以外にどんなことに使われているのでしょうか。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

有機化学と薬学は密接な関連があります。そもそも有機物の定義は動物の体内で代謝生成物として得られるもの という定義もあるくらいですから。(ほかの定義もあります。)

有機化学の真髄を一言で言い表すと、

天然化合物の全合成

となります。天然に存在するものを、人の手で合成しよう というのがこの学問の根底です。当然、有機化学がなければ薬学という学問も成り立ちません。

有機でも応用よりになってくると、
・天然物の一部を変えたものを作ってみたい
・なにか機能性のあるものを作りたい

とエスカレートしていきます。


薬、高分子材料以外・・・

有機EL、有機伝導体、触媒 こんなとこかな・・・

Q電気陰性度と酸化力の関係について

先日化学を勉強していて疑問に思ったことを質問させて下さい。

電気陰性度は原子が他の原子の持つ電子を引き付ける強さの目安だと理解しています。
また酸化力は相手を酸化する力=相手から電子をもらう(奪う?)力だと理解しています。

ということは電気陰性度の値が高い原子が酸化力が強いという気がするのですが、実際はそうではないようでした。

・なぜ電気陰性度の強さは酸化力に関係が無いのか
・そもそも酸化力の強さとは原子や分子のどのような性質で決まるのか

このような疑問に対して答えを教えて頂きたいと思っています。
どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも周期表に載っている金属の電気陰性度自体、そんなにうのみにしていいのか怪しいと私は思っていますが、これはそれとは別の話です。

質問者さんは、金属の場合には酸化数が変われば性質ががらっと変わるということを忘れておられますね。
酸化数が変わっているのに、単純に比較したらおかしいと気づきませんか?

金属だとちょっと説明しづらいので、ヨウ素化合物でやってみます。
ヨウ素の化合物は、通常R-Iという構造を持ちますね。
例えば、ヨードベンゼンPhIにしましょう。
周期表に載っている電気陰性度は、このときのヨウ素原子がどれくらい電子を引っ張るか、ということです。
さて、ヨウ素原子を酸化してみましょう。
なじみがないとは思いますが、オキシドが知られていて、PhI=Oという形になります。
このとき、ヨウ素の酸化数は上がっていますから、I=Oという置換基の電子求引性はヨード基に比べ高まり、Ph-Iの共有結合はよりヨウ素原子側に引き付けられるはずです。
また、同時にこの化合物は酸化剤として働きます。一方、ヨードベンゼンは酸化剤にはなりません。

金属の場合でも同様です。
私は、金属の電気陰性度がどのような化合物を対象としているのかいまいちピンとこないのですが、話は上述のヨウ素原子の場合と同じで、酸化数が上がれば電子を引っ張る力は高まります。

そもそも周期表に載っている金属の電気陰性度自体、そんなにうのみにしていいのか怪しいと私は思っていますが、これはそれとは別の話です。

質問者さんは、金属の場合には酸化数が変われば性質ががらっと変わるということを忘れておられますね。
酸化数が変わっているのに、単純に比較したらおかしいと気づきませんか?

金属だとちょっと説明しづらいので、ヨウ素化合物でやってみます。
ヨウ素の化合物は、通常R-Iという構造を持ちますね。
例えば、ヨードベンゼンPhIにしましょう。
周期表に載ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報