プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

長く生きてきましたが、未だに良くわからないのが「性的なものは悪い・劣っている・汚らわしい」という世間一般の価値観です。
 性的なものはなぜ悪いのか、理屈がよく分かりません。健康な生物のオスなら子孫を残すためのごく当たり前の欲求のはずです。人間の三大欲求の一つのはずなのに「お腹すいた、何か食べたいな―」「睡眠不足だ。寝たいな―」に比べ、「最近たまってんな、女とヤりたいなー、オナニーしたいな―」は世間一般で言ってはいけない雰囲気です。エッチな事を考えている男性は変態だと言われますが、女性にエッチな感情を抱かない男性の方ががむしろ変態だと思うのですが。作家も官能小説を書くときはバレないように変名で執筆したり、そういう性的な分野にいた過去を隠そうとします。
 結構重要なテーマだと思うのですが過去にこのテーマに取り組んだ学者などがいるのでしょうか?教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 「性的なことはなぜ悪いのか」という命題について哲学的に語って欲しかったです・・・

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/29 22:30
  • う~ん・・・皆さん個人的な見解ばかりですね

    哲学カテなのでもっと哲学に詳しい人が多いかと思っていましたが、そのへんの兄ちゃんレベルの回答ばかりで残念です。
    「ハイデガーによれば性の忌避とは・・・」みたいな解答を期待していました。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/30 14:05

A 回答 (19件中1~10件)

性の敵視を始めたのは、病気と関係しています。

歴史の話になりますが、かつてヨーロッパのキリスト教徒は乱交が当たり前で、教会も認めていました。しかし、十字軍やモンゴルの侵攻によってヨーロッパにも性病が持ち込まれ、多大な死者が出ました。そこで教会は、最初に男女の混浴や接触を厳格に禁じました。それが後に、性行為を忌避するよう思想に繋がったようです。

現代でも、20世紀中ごろに欧米で流行したフリーセックス・ブームの終焉の原因もHIVが関連しています。また、昨今の子供へ性的興奮することを禁忌と考える原因も、HIVの流行によって安全にセックスを楽しむには処女や童貞が必要とされた事が大きいと考えています。
特に、70年代、80年代は、幼い子供同士、あるいは成人と子供の性行為は、心身の成長に良い効果を生み出すと考えられていました。しかし、HIVキャリアと接触すれば、成人するまでに発病し、死に至る事から、世界中で成人と子供の性的接触を避けられる傾向になりました。また、売春に寛容であった国々であっても、不治の病に感染した娼婦や子供たちが問題となり、性道徳が厳しくなりました。

性を忌避する理由は、それが病気につながるからだと私は思っています。仮に、科学技術が進み、各種の感染症が飲み薬だけで治り、高齢出産や低年齢出産によるリスクが大幅に減少し、避妊技術をより進歩すれば、20世紀中ごろに起きたフリーセックス・ブーム以上の性解放時代が到来するでしょう。

長くなりましたが、性に関して取り組んだ学者として、日本には高橋鉄という人物がいます。彼の活動によって、私たちは官能小説が読めたり、春画を購入できたり、エロ漫画やAVを見れるようになったと言っても良いでしょう。

私の説も彼の著書による所が多分にあります。
    • good
    • 1

★ 「性的なものは悪い・劣っている・汚らわしい」という世間一般の価値観


 ☆ は どうしてそう成っているのか?

 ぎゃくに捉えて ひとつは 《誘因効果》をねらっているのではないでしょうか。
 種の保存のため。子孫を絶やさないために。

 これは 性のことが 自然本性において身に着いた自然の欲求であると同時に じつは自然を破るような非自然で文化的な行為でもあることを物語るように見られます。

 そんな《表現とはぎゃくの効果》などとは おかしなことだと言う場合には 次の事情があると思われます。


 すなわちもうひとつに 性的なことに人は或る種の仕方で神聖なイメージを見出すのかも分からない。なぜならそれは 相手のあることで そこでは互いの意志自由がとうとばれなければならない。つまり相手の意志を踏みにじってはならない。

 これは 人間のあいだの倫理の原形のようなもので 性関係にこそ 人間であることにとっての基礎が横たわっている。のかも分からない。――ゆえに 表現としてはそれの《忌避》を表わすようなかたちを採ることとなった。


 もっと素直になれっていう声は あんまり聞こえて来ないですね。つまり 質問者さんのような発言があっても あんましオモテに出て来ないし オモテのジョウシキには成りがたいようですね。どうなんでしょうかねぇ。
    • good
    • 3

エッチな事では無いのにエッチが流行ったからです・・・



本来の「愛し愛され」の性行為では無く 欲望のままの性行為になってしまったのです・・

「長く生きてきましたが」と あなたは書いてるが 長く生きてても短くても そんなの関係無い・・

人類歴史は最初から間違った歴史を刻んでたのだから・・・

そして 現在 それを全て解き明かし 既に 新しい歴史が刻まれているのです・・


あなたの「過去にこのテーマに取り組んだ学者などがいるのでしょうか?」の答えとしては 既に終わってて それを 一人一人が何時知るか・・だけって事です・・・
    • good
    • 2

以下のあなたの補足コメントを読みました。


「う~ん・・・皆さん個人的な見解ばかりですね
哲学カテなのでもっと哲学に詳しい人が多いかと思っていましたが、そのへんの兄ちゃんレベルの回答ばかりで残念です。「ハイデガーによれば性の忌避とは・・・」みたいな解答を期待していました」
→世界の哲学者の考えも個人個人の考えを無視しているわけではありませんよ。
回答者の個人レベルの意見に対して、あなたが哲学的にコメントできるのですか。
ただただ、高いレベルを要求しても、それをあなた自身がそれを理解できるレベルではないと思いますよ。
    • good
    • 2

責任の伴わない性は種の存続を妨げるからじゃないですかね。


一盗二婢などとも言われますが、この欲望は、やるだけやって金銭的な責任や子育ての責任などを放棄してしまう危険性を本質的に伴っている。
真面目に子育てしたり金銭的な補償を果たしている社会的存在としての男にとっては、非常に好ましくない状況を含んでいる、ということ。
むろん、女性にとっても、やり逃げに対する忌避感が生じる。
食欲も睡眠欲も、エネルギーの補充という要素が強いのに対し、性欲は快感が前面(全面と言うほうが適しているかもですが)に出るため、社会的責任が無視される可能性が高いことを、人類は無意識的に察知している。
要するに、社会的秩序の崩壊を無意識的に想定して怖れるあまり、防護壁として、こうした感覚が生来的に備わっている。
ということでしょう。
人種差別の要因のひとつは、黒人男性の性能力の高さに対する白人男性の怖れだという説もあります。
つまり、白人女性が黒人男性になびいてしまって、自分たちの取り分が減るのではないか、という怖れ。
人間は本能の壊れた動物とも言われますが、替わりに社会的本能を獲得することによって動物から人間へと進化する道を選んだ生き物。
その社会的秩序を乱されない(乱さない)ようにする感覚もまた本能として獲得したと考えても不自然ではないでしょう。
哲学的というより心理学的に捉えるほうが見えてくるように思います。
    • good
    • 3

おじさんです。


yamada504さん、誰も「性的なものは悪い・劣っている・汚らわしい」などと思っていませんよ。
世間一般にもそんな価値観はありません。
社会のモラルの範囲内であれば、それらは全て健全なことです。
ただ、社会のモラルの範囲外で行われれば批判されるでしょうね。
例えば、隣の新婚の奥さんを好きになって、性的な思いをもち、具体的な行動に出れば、それは批判されるでしょうね。社会のモラルの範囲外だからです。
そうではなく、お互いの家族が認め婚約している男女が二人きりの部屋でどんなに性的な会話や行動をしても誰も批判をしませんし、むしろ微笑ましく思われます。
それが社会のモラルの範囲内だからです。
    • good
    • 1

生物として生きるために必要な行為は欲求の対象となる。


しかし、性行為は個人の生と直接関係ない、種としての
進化のための交配として、あれこれ異性に気をつかい、
労力を費やしたあげく、激しい運動で体力を消耗し、
あまつさえタンパク質を放出する、とことん利他的な
行為なのだ。
肉体に付属した感覚器官に依存して生じるがゆえに
自己中心的になりがちだった個人の意識をして、そう
した利他行動に誘導するために、生きる上に必須な
食欲を上回る強力な衝動=強い快感を伴っているのだ。

ところが、人類は社会化する上で、そうした短絡的
衝動を抑制して、長期的な社会的必要に適応しなけ
ればならなくなり、異性を見れば欲情していられなく
なり、寒くなくともパンツをはくようになったのだ。
誰もが衣服の下に持っている裸がワイセツで、誰もが
生まれるためのルーツのセックスが恥ずかしい事に
なってしまったのだ。
逆に言えば、そこまで押さえつけないと社会が成り
立たないほど、皆んな根スケだという事だ。
セックスがワイセツなのではなく、裸さえ見れば
四六時中発情する、あなたの方がワイセツなのだ。
    • good
    • 2

11の補足です。


勿論相手の了解なしにや不快にさせたら変態呼ばわりされ犯罪者になります。

男性が出世を望むのは女性に持てるため。
それ以外の理由で出世を望む男性は女性を不幸にするだけ。
中には出世して親孝行がしたいとか、牛を買いたいとか、
戦争したいという人も居るかもしれません。

「異性から好かれる」というものを解らないで
性の本質=自分自身の理想形を知ることは出来なくなっているから。
    • good
    • 1

性は深遠にしてとても自分に近いもの。


自己因果の鎖にガッチリ組み込まれていて、強い連鎖で存在させられているもの。
自分という役者や周囲一体になった劇の支えになり、
道徳論で客を喜ばせる人間らしさをというより「神の信託」と呼べるかもしれません。

神は人間に必要以上の肉欲を与えていますが、
それを「お前は時の王になるだろう」と宿命を請け負う人も居れば、
「この羞恥から逃れる道を自ら案内せよ」と己の使命感に変え、
他の道で衝突して磨り減って、そこから多くの者を人に配る人も居る。

私の主観でエッチは背中に翼が生える。ですね

十分に成熟していなくても不器用な飛び方でも跳べるようになります。
それは世界の広さを知っても怖くなくなったということで。

エッチなしでテクニカルで、芸術至上的に完璧な長大作品で多くの感動や涙を誘っても、
「当たり前のことをすることの深さと完成度」に及んでいないという考えからです。

アランの引用と、師の言葉と、長年の経験に打ち出された見解のミックスでお届けしました。
    • good
    • 2

質問者様が、残念な様子ですね。



>「性的なことはなぜ悪いのか」という命題について哲学的に語って欲しかったです・・・


>う~ん・・・皆さん個人的な見解ばかりですね

>哲学カテなのでもっと哲学に詳しい人が多いかと思っていましたが、そのへんの兄ちゃんレベルの回答ばかりで残念です。
>「ハイデガーによれば性の忌避とは・・・」みたいな解答を期待していました。

これは、「ハイデガーによれば性の忌避とは・・・」みたいな質問のやり方をすれば
同じ展開の人が興味を示してくれやすいと思います。


私も回答を昨晩から考え中でしたが、個人意見になり
質問者様にそぐわないようですので、そちらは今回控えますね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング