2015年1月にエイブルが管理する物件(賃貸 21.5万円)の物件の申し込みをしました。
入居は6月1日以降であり、物件の清掃終了後に内見し、契約書を書くという形でOKとのことでした。
3月に入りエイブルから連絡があり「オーナーが今すぐ契約しないと23.5万円に値上げするといっているのでご検討ください。」とメールがありました。
担当者、支店長に連絡を取りましたが、「オーナーがそう言っているので仕方がない。」の一点張り。
本社にも対応を確認してほしい旨を支店長に伝えたものの、「本社も同様の方針なので仕方がない。」との対応でした。
苦情窓口に電話をしても支店長につなぐことは出来るが、本社の人間との連絡は出来かねると言われてしまいました。
こちらは不動産仲介業者を信用して、自身の個人情報(住所、氏名、職場、年収など)を渡しております。
また1月~3月という賃貸物件が最も出てくる時期は物件探しを行っていなかったことも悔やまれます。
契約前なので法的には問題はないのかもしれませんが、不動産仲介というのは信用が第一であり、仲介手数料を取っている以上はスムーズな契約を行うために、オーナー側にも申し込み後の契約内容変更禁止と話をするのが筋ではないのでしょうか?
一旦申し込みをさせた後に賃料を吊り上げるという行為はいかがなものかと思います。
このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?
不動産業に詳しい方がいたら意見を聞かせてください。

質問者からの補足コメント

  • 法律上は問題ないことはわかっているともう既に記載はしております。

    今回のようなケースがOKということであれば、オーナーは相場よりも安い家賃で募集をかけ、申し込み者が集まったところで家賃の値上げを行い、ふるいにかけることも問題ないということになります。
    申し込みでは申込者の年収等も記載されているのでそれに応じて家賃の吊り上げも行うことができますね。

    上記の行為は法律上は問題ないわけですが、当事者になったときの気持ちで回答していただけますか?

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/01 16:50
  • 6月からの入居を希望したのはオーナーです。お間違いなく。

    法律上の問題ないことはわかっているともう既に記載はしております。

    今回のようなケースがOKということであれば、オーナーは相場よりも安い家賃で募集をかけ、申し込み者が集まったところで家賃の値上げを行い、ふるいにかけることも問題ないということになります。
    申し込みでは申込者の年収等も記載されているのでそれに応じて家賃の吊り上げも行うことができますね。

    上記の行為は法律上は問題ないわけですが、当事者になったときの気持ちで回答していただけますか?

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/01 16:52
  • 法律上の問題ないことはわかっているともう既に記載はしております。

    今回のようなケースがOKということであれば、オーナーは相場よりも安い家賃で募集をかけ、申し込み者が集まったところで家賃の値上げを行い、ふるいにかけることも問題ないということになります。
    申し込みでは申込者の年収等も記載されているのでそれに応じて家賃の吊り上げも行うことができますね。

    上記の行為は法律上は問題ないわけですが、当事者になったときの気持ちで回答していただけますか?

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/01 16:54
  • 6月入居希望というのはオーナーの希望です。お間違いなく。
    法律上は問題ないことはわかっているともう既に記載はしております。

    今回のようなケースがOKということであれば、オーナーは相場よりも安い家賃で募集をかけ、申し込み者が集まったところで家賃の値上げを行い、ふるいにかけることも問題ないということになります。
    申し込みでは申込者の年収等も記載されているのでそれに応じて家賃の吊り上げも行うことができますね。

    上記の行為は法律上は問題ないわけですが、当事者になったときの気持ちで回答していただけますか?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/01 16:55
  • 6月入居はオーナー希望です。お間違いなく。
    法律上の問題ないことはわかっているともう既に記載はしております。

    今回のようなケースがOKということであれば、オーナーは相場よりも安い家賃で募集をかけ、申し込み者が集まったところで家賃の値上げを行い、ふるいにかけることも問題ないということになります。
    申し込みでは申込者の年収等も記載されているのでそれに応じて家賃の吊り上げも行うことができますね。

    上記の行為は法律上は問題ないわけですが、当事者になったときの気持ちで回答していただけますか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/01 16:56

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

No.8です。


>法律上は問題ないことはわかっているともう既に記載はしております。
 法的に問題が無いことが解っておられるのなら、
 ゴネてもしょうが無いことも理解されるしかないかと。

>今回のようなケースがOKということであれば、オーナーは相場よりも安い家賃で募集をかけ、
>申し込み者が集まったところで家賃の値上げを行い、
>ふるいにかけることも問題ないということになります。
 中にはそういうオーナーがいるかも知れませんが、基本、不動産屋に嫌われるから
 不動産屋が相手にしないでしょうね。
 家賃は、入居希望者の年収で上下するのではなく、近隣相場で上下するものです。

>申し込みでは申込者の年収等も記載されているのでそれに応じて家賃の吊り上げも行うことができますね。
 売買物件なら一元的に「他からもっと好条件な商談が出た」などと考えられなくもないが、
 賃貸物件の場合、契約後も続く相手なので、そんな愚かな募集をするオーナーはいないかと。

>当事者になったときの気持ちで回答していただけますか?
 質問者さんの立場になったとした場合、、、
 近隣相場を調べて「〇〇万円が相場だと思いますから、それで契約しませんか?」と問いかけ
 その提示を拒否されたら、
「1月に契約しておけば良かったかな。でも、今となってはしょうがない。」と
 別な物件を当たります。
 賃貸不動産とはそういうものですから、、、ね。
    • good
    • 1

#7だが、余計かもしれないが追記。



6月入居が貸主指定と補足にあり、質問文には「清掃後に内見~」などと記載があるので、この物件は現住で、退室が5月中~下旬ということではないだろうか。
1月の時点で申込をするのも気が早いが、外見上やプロフィールで優良の物件と判断できるなら早い申込でも有効な手段。

早い申込=契約までの期間が長いことから、その期間に別途諸条件が生じることもある。
そういう場合には自然と新たな条件提示がされるわけで、これは貸主・借主双方に起こりうる事態。

こういう事態については、民法では528条にて「承諾者が申込みに条件を付しその他変更を加えてこれを承諾したときは、その申込みの拒絶とともに新たな申込みをしたものとみなす」とあり、当初の申込者は変更を加えた(条件を付した)申込みに対し、承諾するかどうかの選択することになる。
本件では貸主が条件を付加して新たな申し込みをした状態であり、質問者には選択権があることになる。
この「選択権」がある状態なので、一方的に泣き寝入りというわけでもない。
もちろん、一般人なのだから心中はお察しするが。

選択権の行使の一つとして、質問者側からの条件付加が当然あると思う。
まあ例えばだが、契約は現時点で完了するとして、6月以降の内見時に一般的に納得できる状態で引き渡すこととして未達成の場合には契約無効(=契約金は全額返還)と契約書に明記するように求める。
一般的に納得できる条件(あくまで一般的に。質問者が『満足する内容』ではない)というのはごく当たり前の事なので貸主側や業者も断りにくい。
具体的にはルームクリーニングや修繕などであり、これらは別に新品同様にピカピカに磨き上げろというほどではない。(こんなの言い出したらただのクレーマーであり、貸主側も承諾しない)


まあでも、6月上旬入居なら、もう4月だし、ここで契約しても良い気もする。
前述したが優良な物件であれば早くに契約してしまうことで借主も物件を確実に確保ができるし、貸主にも入居者募集が早く済ませられるというメリットがあるわけだし。
ここで事を荒立てて入居しても、貸主との関係が険悪だと住み心地も悪くなるし。
6月の引き渡しの際に、室内を国交省の敷金返還トラブル防止のガイドラインに沿った内容できちんとクリーニングと修繕をすることと契約書に書かせるくらいで、契約してしまえばいいと思う。
こんなことで気分の悪いのを引きずっているのも質問者が気の毒だし。

それに、この国交省のガイドライン基準での引き渡しを拒否するようなら、これで消費者センターへ持ち込んでもいいかも。
申込を承諾した後の賃料値上げや契約の前倒し要求と合わせ技で反撃できる『かもしれない』。
あくまで「かも」の話。
弁護士に内容証明を1本打ってもらうだけでもこの手の貸主は手のひら返すので、弁護士先生へ3~5万円で頼むのも手。(賃料2万UPを飲むよりも安い)

まあ、穏便に話が落ち着くことを祈る。
    • good
    • 0

6月入居がオーナー側の希望なら、逆になりますね。


今すぐ契約うんぬん、こういうのはお金だけ貰って逃げる取り込み詐欺のパターンですが、まさかそれはないとしても、、
この物件に不信感をもたせ、他にいい物件がありますよーて駆け引きかも。
不動産屋の前に「悪徳」と付くのがいかに多いかの実例ですね。
    • good
    • 0

>こういうのって悪徳不動産業者じゃないですか?


 違いますね。
 家賃を決めるのは大家(と入居者)ですから、不動産屋はその仲介をするだけです。
 エイブルが所有する物件ならば、少し話しが違ってきますが。

現在、入居者がいるのかも知れませんが、
「内覧した後に21.5万円で借りるのでキープしておいてください」と1月に言った物件が
昨今の相場から「23.5万円が妥当」と大家が判断したので
不動産屋はその連絡をして来たまでです。

>オーナー側にも申し込み後の契約内容変更禁止と話をするのが筋ではないのでしょうか?
 申しこみ受付け後なので、相談、交渉したと思いますが、
 大家に対して「変更禁止」なんて強制的な指示を出せる立場には無いです。

>賃料を吊り上げるという行為はいかがなものかと思います。
 相場の変動によるものなので、怒りの矛先は「近隣相場」に向けるべきかと。

>このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?
 質問者さんは、何も損をしていないが、
 (相場から言って23.5万円が妥当な賃料になったのであれば)
 21.5万円で契約した場合、泣き寝入りをするのは大家さんの方になります。

まだ、2ヵ月もあるので
21.5万円で借りられる他の物件を探されるのが良いかと思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

質問者がつるし上げになっているみたいで少しかわいそう。


ただ、他の回答者の回答についてはきつい口調が多いがまず妥当だと思う。

ところで、質問文の中に「仲介手数料を取っている以上は~」とあるが、すでに仲介手数料を支払っているの?
エ○ブルが受け取っていたら業法違反。
さすがに取っていないんじゃないかな。


本件は、今すぐ契約するお客さん(=内見しなくてもOKの客)が来たために、一番で申込みをしている入居の遅い客(=質問者)が邪魔になったと、要はこういう話だと思う。
逆に言えば、今すぐ契約すれば賃料は上がらないのだし、上がってもよければ6月に契約すればいい。
家主側からすれば、質問者に6月まで粘られても申込みを拒否することはできないのだから。
また、「早く契約する代わりに条件をよくしろ」や「賃料が上がる代わりに他を下げろ」という交渉も、相手が飲むかどうかは別として成り立つ。

立地や諸条件が妥当であれば、内見前に契約してもよいと思う。
貸主には適正に貸し出す義務があり、エ○ブルにも宅建業法で一定の義務が課されているので、中を見ないで契約してもそうひどいことにはならない。
こういう意味では、怪しい不動産屋よりも大手の看板を出しているところが安心。
    • good
    • 2

これはさすがに質問者さまの味方は難しいでしょうね。


もちろん掛け値なしで大家は間違いとは思えません。
ただ、不動産業者の担当者は問題ありですね。

1月時点に6月入居の契約となれば、よっぽどの不人気物件でない限り担当者は正気の沙汰とは思えません。
質問者さまからしてみて不本意だとは思いますが、まずは大家の視点が必要です。

質問者さまは1月に申し込みをされ、6月入居を希望されました。
しかしもし2月とは言わないまでも、仮にそのままいけば4月入居の借主が決まったとしましょう。
すると質問者さまの条件より2ヶ月分の家賃収入が得られるわけです。
となると43万円分です。
これが3月、2月となれば…どれだけの額になるでしょう。
その額、質問者さまは貸主ならどう思いますか?
半年後から発生する利益のために「半年分の利益を大家に捨てろ」と仲介業者は言ったわけです。

そりゃ大家も激怒します。
もちろん質問者さまの常識外の契約についてどうこう言うつもりはありません。
が、担当者があまりにも貸主不利の契約をしたわけです。

変な話、質問者さまも正式契約の前なら貸主の足元を見たり、周辺相場で家賃を値切ることはできます。
それと同条件で貸主も値上げの交渉の余地はあるのです。
仮契約以前ならお互いに交渉できることであり、落ち度があるのなら担当者ですが、それでも約定に至らなかった質問者さまの落ち度はないわけではありません。

こうなってしまえば、質問者さまが折れるか大家が折れるかで、立場上は担当者は(大きな損失を負担させた)大家の味方にならざるを得ないでしょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

>エイブルから連絡があり「オーナーが今すぐ契約しないと23.5万円に値上げするといっているのでご検討ください。

」とメールがありました。

契約は、契約の甲、乙、対等の合意の上成り立つ。。いやなら拒否すればいいだけの話。

> 担当者、支店長に連絡を取りましたが、「オーナーがそう言っているので仕方がない。」の一点張り。本社にも対応を確認してほしい旨を支店長に伝えたものの、「本社も同様の方針なので仕方がない。」との対応でした。

これは、その通り。不動産業者の問題ではなく、大家の考えです。

>情窓口に電話をしても支店長につなぐことは出来るが、本社の人間との連絡は出来かねると言われてしまいました。

不動産業者にいくら文句をいっても解決しません。問題は、大家の態度にあります。

>こちらは不動産仲介業者を信用して、自身の個人情報(住所、氏名、職場、年収など)を渡しております。

関係ありません。

>また1月~3月という賃貸物件が最も出てくる時期は物件探しを行っていなかったことも悔やまれます。

これも、関係ありません。

>契約前なので法的には問題はないのかもしれませんが、

その通りです。大家側の言い分には、法律上何の問題もありません。質問者さんにも、気に入らなければ契約しないという権利があり、その権利行使をすれば済む話です。

>不動産仲介というのは信用が第一であり、仲介手数料を取っている以上はスムーズな契約を行うために、オーナー側にも申し込み後の契約内容変更禁止と話をするのが筋ではないのでしょうか?

いいえ。賃貸借契約においては、契約締結前なら、大家側、賃借人側ともに無条件で契約の申し込みをなかったことにできます。したがって、申し込み後の(契約まえの)契約内容の変更は、法律上何の問題もありません。それが気に入らなければ、そんな大家との契約をやめて他を探せばいいだけの話です。

> 一旦申し込みをさせた後に賃料を吊り上げるという行為はいかがなものかと思います。

だから、別に法律上は問題ありません。気に入らなければやめればいい。



そもそも、1月に申し込みをし、6月入居ということがよくわからん。
大家の立場から言うと、契約申し込をうけながら契約締結前に別のもっと条件の良い申し込みがあれば、それに乗り換えても何の問題もない。
契約申し込みだけで、契約がされていなければ、いつ解約されても大家は文句は言えない。(質問者さんは、それをわかっていますか?)
ホントに借りる気があるならさっさと契約しろ。契約しないなら家賃を上げるぞ、という大家の言い分も理解したほうがいいでしょう。


蛇足です。

>オーナー側にも申し込み後の契約内容変更禁止と話をするのが筋ではないのでしょうか?

これを主張するなら、賃借人にも申し込み後の契約内容の変更禁止をすべきではないですか。
そうした場合、状況がよくわからないまま契約を申し込んだ賃借人が、予期せぬ不利益うける可能性がある。
だから現状の賃貸貸借契約の法律では、契約が締結される前なら、どちらからでも無条件で契約申し込みがなかったことにできるとされている。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

こういうのって悪徳不動産業者じゃないですか?



お気持ちは解かりますが、不動産屋にはどうする事も出来ません。
不動産屋はあくまでも賃貸の仲介や物件の管理を行っているので
価格の決定は大家がするものです。
幾ら、不動産屋が申し込み後条件を変えるのは良くないと大家さんに
言っても大家さんが言い切れば不動産屋はどうする事も出来ません。
ですので、不動産屋は悪徳業者でも何でもありません。
仲介の不動産屋の宿命です。

ただ、疑問ですが、何故直ぐに契約を行わないのでしょうか?
6月1日以降に内覧をしてその後契約との事ですが、
内覧で気に入らなければ契約をしなくても良いと言う事ですよね。
そうであれば、大家さんにとって一方的に不利な申し込みです。
大家さんがそんなリスクを受けてくれるのであれば、その条件を飲むのに
2万円アップは無茶な事では無いと思いますが。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

貸す側のオーナの意見を尊重し借りる側の交渉は後者になります。


条件のよい人に貸すのが鉄則です。

このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?

「オーナーが今すぐ契約しないと23.5万円に値上げするといっているのでご検討ください。」とメールがありました。

= いっそうのこと借りなければ問題ないでしょう。
    • good
    • 0

あくまでも、仮契約をし、内金を払えば、貴方の主張通りです。


おそらく仮契約前の候補の段階でしょう。
1月に申し込み、入居が6月以後というのは、時間が掛かりすぎです。
どちらかというと、オーナーに同情します。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仲介業者と入居申込書を交わしましたがキャンセルしたい。

昨日、仲介業者と入居申込書を交わしました。
が、どうしても納得できず、今日改めて「今回の申し込み内容を一旦キャンセルして改めて探しなおしたい」と連絡。仲介業者の営業の方も納得して頂けましたが、昨日の申し込みの際、手付け金として保証金30万円を全額払ってきました。

この30万円はそのまま返却してもらえるのでしょうか。
まだ契約書は交わしていません。

Aベストアンサー

法的には、何ら契約を交わしていない=特別な法律はない
=返してもらえる
根拠は「なにも契約していないから」です。

「いったん決めて書面を交付したときは、お互いに約束を守る」
についても、“申し込み=決定”ではないですし、
希望を伝えただけで約束ではないです。

「申し込みをした=入居せねばならない(約束した)」ということになれば、
逆に大家は申し込みを受けたら、どんな人でも入居させねばならない(約束を果たさねばならない)ですよね?
大家さんが審査するのは当然ですが、
貸す方・借りる方双方が、まだ決めていない状況ですから、
お互いに、キャンセルすることが可能であると言うことです。

迷うのはわかりますが、あまり申し込んだりやめたりをすると
不動産屋さんの労力もありますし、大家さんにも迷惑。
あせらずに、真剣に決めるべきだと思います。

Q悪徳不動産業者の見分け方

こんばんは。お世話になります。

只今、賃貸の物件を探しているのですが、「悪質な不動産業者も多い」等と言う話をよく耳にするので心配しています。

そこで悪質な不動産業者を見分けるポイントがあれば、教えて頂きたく思い質問をさせて頂きました。(例えば「○△□等といった特約を付けてくる業者は止めておいた方が良いよ」等と言ったアドバイスを頂けたらと思います)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋といえば頭に「悪徳」とつくイメージはありますね(笑)ただし本当の「悪徳」業者であれば売買メインで賃貸やってるところは少ないと思います。

賃貸の場合「悪質」というより「いいかげん」な業者はたくさんあるでしょう。

見分けるポイントは、
あなたが実際に話をしてみての印象じゃないでしょうか。

3社ぐらいに声をかけて一番フィーリングの合う業者(営業マン)を選んでみてはいかがでしょう。

まあ一般論として、
1.賃貸専門業者より地元の不動産屋
2.「仲介手数料半額!」業者は別のところで余分な費用を請求されてないかチェック。(消毒代・鍵交換費用など)
3.一日に何件もの物件を案内し、疲れた所でその日に無理に申し込みを迫る。
4.案内担当者が宅建主任者か確認してみる。

上記に当てはまる業者が必ず「いいかげん」とは言えませんが参考まで。

良い業者に出会えるといいですね。

Q入居審査の必要日数

管理会社で入居審査をされる物件で、現在審査待ちの状態ですが、「入居審査の結果は2~3日後(月曜日か火曜日)に御連絡します」と言われたのに、木曜日になってもまだ何の連絡もありません。
遅いという事は何か問題があるのでしょうか?入居審査の結果が×の人は、皆、連絡が遅かったのでしょうか?OKなのに連絡が遅くなる可能性はありますか?又、私の知らないところで仲介業者と管理会社の間でなにか話し合っている事もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。No2のguguku2です。レスが遅くなってしまいすみません。
まず、どんなに自分がお客様に勧めた物件でも審査に落ちてそれを言わない事で不動産やは損する事はあっても得する事はありません。仲介会社は契約をしてなんぼのもので、契約しない限り1円も入ってこないのですから。自社で契約をしたいのなら尚更審査に落ちた事を早くお客様にお知らせして次の物件を紹介して早く契約までもちこみたいものです。どんなに仲良くなろうがボランティアではなく仕事なのですから。
それから先ほども書いたと思いますが、仲介業者は審査には全く立ち入れません。策を練る事なんて全くできません。
それから審査に落ちる事はそんなに恥ずかしいことではありません。貸主さんには色々な考えの方がいるので、何で審査に落ちるかなんてはっきり言って仲介業者でも分からないのです。(推測はできますが)
とにかく明日朝一にでも審査結果について聞いてみたらいかがですか?

Q賃貸で複数の物件に仮申込みをするのはダメですか?

賃貸で複数の物件に仮申込みをするのはダメですか?
現在引越し先を探していて、気になる物件を2つ見つけました。不動産会社は別です。

両方とも退去予定の物件で、すぐに内覧は無理だったのですが、
「退去後に一番手で内覧をするためには仮申込みをして物件をおさえておいた方が良いですよ。内覧後にキャンセルできるので大丈夫です」
とそれぞれの不動産会社に言われたので、とりあえず申込書を送りました。

しかし2つの物件の管理会社が同じところだったみたいで、後日両方の不動産会社から
「別のところにも申込みしてますね。こういうことをされると困ります」
と、どちらかに決めるように電話がかかってきました。

賃貸で複数の物件に仮申込みをするのはルール違反なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 大家しています。

 『申し込み』ったってどこの大家も管理会社もそれで募集を停止するほど信じてはいません。ルールなんて有って無きが如しの市場ですし、自分の利益のためなら罰則のないルールなんて平気で破る時代です。

 借主が契約前なら、いかなる名目でいくらのお金を預けてあろうが、ノーペナルティーでキャンセル可能なで、“より良い部屋”を探すように、大家や管理会社のほうでも、契約前なら“より良い借り手”が現れればノーペナルティーでキャンセル可能です。
 この際、借主が大家や管理会社の時間的、経済的?損害なんて一顧だにしなくてよいように、大家や管理会社も借主の『退去届けを出した』とか、『引越しの準備をしてしまった』なんて泣き言には一顧だにする必要はありません。

 このような状態になってしまうのは、鶏が先か卵が先かわかりませんが、大家の立場から見れば質問者様のように気軽に?申し込んで後でキャンセルという方が余りに多いので大家や管理会社が『自己防衛』する結果でしょう。

 質問者様の場合、今回は『2つの物件の管理会社が同じところだった』という不運だけです。多分その管理会社は質問者様が一つに絞っても『他所も申し込んでいるだろう』と当然考えるでしょう。審査に通るのはかなり厳しいかもしれません。もっと確実な借主と契約を進めるのは当然の行動でしょう。

 確かに『複数の物件に仮申込みをするのはルール違反』ですが、そんなルールなんて“糞食らえ!”って借主が多いです。何の罰則もありません。どうぞいくつでも申し込みされてください。

 ただし、契約直前に大家側から『契約はキャンセル』と言われても、『今の部屋は引越しの連絡もしてしまったし、住むところがない!』なんて泣き言を言わないように、退去届けは新しい部屋の契約が済んで鍵をもらってからの方が安全です。実際このサイトでもそういう大家が出てきているらしいですからお気を付け下さい。あとは大家や管理会社の倫理観?に頼るしかありません。

 大家しています。

 『申し込み』ったってどこの大家も管理会社もそれで募集を停止するほど信じてはいません。ルールなんて有って無きが如しの市場ですし、自分の利益のためなら罰則のないルールなんて平気で破る時代です。

 借主が契約前なら、いかなる名目でいくらのお金を預けてあろうが、ノーペナルティーでキャンセル可能なで、“より良い部屋”を探すように、大家や管理会社のほうでも、契約前なら“より良い借り手”が現れればノーペナルティーでキャンセル可能です。
 この際、借主が大家や管理会社の時...続きを読む

Q防水パンがない場合は…?

防水パンがない賃貸住宅に住むことになりました。
防水パンがない場合でも、そのまま洗濯機を置いて大丈夫でしょうか?また、そういう家に住んでいる方がいらっしゃれば、どんな風にしているのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前住んでいたマンションは防水パンがありませんでした。排水のホースがはずれてしまわないかと心配だったので時々チェックしていました。
しっかりと固定されていれば大丈夫なようです。

それと、音が響かないようにブロックを買ってきて2個左右に置いて、その上に洗濯機を置いていました。ブロックは金物店みたいなお店で買いました。そのまま使うと、ブロックがポロポロと落ちそうな気がしたので、綺麗な包装紙でくるんでビニール袋に入れて(厳重ですね;)いました。
お役に立つかどうかわかりませんが、ご参考までに書かせていただきました。

Q2年契約で借りた家を途中で解約して引っ越すとどうなるの?

会社の都合で単身赴任することになりました。
赴任先では3年務めることになっていますが、1年で赴任先から戻ってこいという辞令がおりる可能性は十分あります。
そういう場合、2年契約を結んでいるとき、1年で解約した場合。どんなペナルティがあるのでしょうか?
契約内容にもよると思いますが、「一般的に」という感覚で回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。
2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば
解約又は更新しなければならない訳で、
2年間絶対に住みますという契約ではありません。
1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。
2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば
違約金など一切有りません。

突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので
住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが
これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。

違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います)
だと思います。
部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ
・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので
お勧めです。

Q賃貸トラブル

大家ともめています。

以下、長くなりますがぜひ相談に乗ってください。

3月半ばに不動産会社に電話をして解約届を提出しました。
4月15日引越し、4月16日明け渡し。立ち会いは16日午前中を希望。

同時にお世話になっていたので大家にも直接引っ越す趣旨のメールをしました。

すると、すぐに大家から留守電が入ってました。
「12月にお風呂釜を修理したとき、いってほしかった。いまから入居者は見つからない。何を考えているんですか」というようなものです。

仕事終わりで電話を入れて、30分近く罵られました。
そして3月29日までに出て行ってほしいとお願いをされました。
(脅しに近かったですが、彼曰く「あくまでお願い」らしいです)

翌日不動産会社に電話をして直接大家と連絡を取りたくないことを伝えました。

その後も大家はめげずに電話、メールを繰り返してしてきました。
夜中の2時、3時にもくるので、とうとう怖くて家を逃げ出したこともありました。
(大家は近くに住んでいるのですぐに来ます)

もう私も精神的にたえられなかったので3月22日に引越し、明け渡しをしました。

引越し当日は大家が乗り込んできて「鍵を返せ!」という言うので渡しました。
粗大ゴミもきちんと区に電話して出していたのですが「持っていけ!」というので、
それも引越し業者に頼んで新居までつれていきました。

そしてここからが本題です。

立ち会いの時、不動産会社から伝えられました。
大家は当初の予定通り4月16日までの家賃を要求しています。
またお風呂の扉が壊れているので敷金1ヶ月では足りないので、
ぷらすで敷金をさらに1ヶ月おさめてください。
そこから差し引いて余ればお返しします。

私は8年住んでいました。
お風呂の扉も折半して欲しいし、4月分の家賃なんて…と思うのですが。
客観的に見てどうなのでしょうか?
支払うのが当然でしょうか?
脅しに近い大家の希望で逃げるように退去したのに、これってみじめです。

ただ私も途中から大家の電話、メールを無視したことに反省もしています。
お金の件は別として8年もお世話になったのだからきちんと謝罪とお礼はしたいと思っています。
でもどうしたらいいのか…わからなくなっています。
いま大家はヒートアップして怒りに満ちています。
ただただ謝り続けることで許してもらえるでしょうか?

契約上は私には非がないとも思うのですが、弁護士を雇うお金もないし、
都庁に行ってもあまり相談には乗ってくれませんでした。

大家ともめています。

以下、長くなりますがぜひ相談に乗ってください。

3月半ばに不動産会社に電話をして解約届を提出しました。
4月15日引越し、4月16日明け渡し。立ち会いは16日午前中を希望。

同時にお世話になっていたので大家にも直接引っ越す趣旨のメールをしました。

すると、すぐに大家から留守電が入ってました。
「12月にお風呂釜を修理したとき、いってほしかった。いまから入居者は見つからない。何を考えているんですか」というようなものです。

仕事終わりで電話を入れて、30分近...続きを読む

Aベストアンサー

 大家しています。

 お気の毒ですが、どこの行政機関も法律相談もこの手の大家の暴走を止める権限なんてありません。ですから、このサイトにも再三書いているのですが、“大家の質”というのは契約するに当たって重要なポイントとなるのです。

 質問者様は大家側の要請を受けて4月16日まで居住する権利があったのに3月22日に明渡しているのですから、3月22日までの家賃を払えばよいでしょう。
 また、『お風呂の扉が壊れている』のは質問者様の故意・過失による毀損とされても仕方が無いかもしれません。お風呂の扉なんて8年くらいで『経年劣化』で壊れるものではありません。もし劣化で壊れたのならすぐに連絡して修理させるべきでした。この負担は仕方ないかもしれません。

 ただ、『敷金』という“大家の懐”に預けているお金を、大家がゴネた場合に、借主さんが“取り返す?”のが大変なように、大家側も、借主さんが素直に認めて支払わない限り、借主さんの懐にあるお金を回収するのは大変なのです。お幾らの家賃(請求)か分かりませんが、弁護士の『着手金』だけでも20万くらいはするでしょう。日本の裁判ではこの金額を、仮令負けた相手にでも、相手に負担させることは出来ません。しかも勝てるかどうかも分からないとなると、余程“意地”にでもならなければ回収を諦めるしかないのが実情なのです。
 私の場合は、“意地と行きがかり”で『権利のための闘争』(笑)をしましたが、勝訴しても『費用対効果』は完全にマイナスでした。私のようなバカは、そう多くはないでしょう。
 質問者様の支払うべき金額や要求できる金額を計算されて対応をお考え下さい。

 大家しています。

 お気の毒ですが、どこの行政機関も法律相談もこの手の大家の暴走を止める権限なんてありません。ですから、このサイトにも再三書いているのですが、“大家の質”というのは契約するに当たって重要なポイントとなるのです。

 質問者様は大家側の要請を受けて4月16日まで居住する権利があったのに3月22日に明渡しているのですから、3月22日までの家賃を払えばよいでしょう。
 また、『お風呂の扉が壊れている』のは質問者様の故意・過失による毀損とされても仕方が無いかもしれません。お風...続きを読む

Q賃貸契約後に契約書ってもらえないんですか?

賃貸契約後、不動産からなに契約書みたいなものも何ももらってないのですが、賃貸契約後何ももらえないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にもらえないわけないので、ちゃんと言った方がいいと思います。

ただ、賃貸人(大家)・賃借人(借り主・質問者さん)双方の署名・押印、契約書の割印(すべて2通分)が必要なので、
大家さんが最後に署名・押印・割印をして、不動産屋に送り返し、そこからあなたにってこともなきにしもあらずなのでは。
普通はあまりないですけど。

仲介してくれた不動産屋さんにご確認下さい。

Q【緊急】退去時の請求額について

こんにちわ。

来月一杯で今年の5月初頭から入居していたアパートを出ようと考えています。
ちなみに引越は千葉県から北海道へです。
そこで退去時トラブル回避の為にここでいつくか質問させていただきたいと思います。

急遽勤務地が変更になり、引越をする事が決まった為早速不動産(エイブル)に出る旨を伝えました。

すると以下の費用がかかると言われました。
・畳の張替え(5,000円×12畳=60,000円)
・ハウスクリーニング(30,000円)
※計90,000円

事前にこういった事を調べておいた私から見るとこの金額は納得ができません。
いろいろなサイトで調べた結果、私の結論はこうです。
■畳の張替えについて
・次の入居者を呼ぶ為に変えるわけで、借主が支払う必要はない
(大家が負担するもの)

■ハウスクリーニング
・特別変な汚し方をしていない限り、借主が掃除すれば、クリーニング代は請求される必要がない。
(ただし、特約に金額は明記されていなかったものの、クリーニング代は借主負担という事で了承していました。ですが、これも結局は特別住めないような汚れを残していかなければ「原状回復のガイドライン」から見て、特約があっても支払いの義務はない。これらは「現状回復のガイドライン」に「次の入居者確保のために行うもの」の中に、項目として、明記されており、支払う必要はありません。)

※これは、消費者契約法10条にある、「消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する契約条項のうち、民法上の信義誠実原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは無効とする」というもので、要するに、消費者の利益を守ろうとする法律です。

というのが私の見解です。

これに対しておかしい点や、明らかに違うだろう、またはその通りだというような助言をいただければ幸いです。
初めての賃貸の初めての退去なので、騙されないようにしたいと思います。

また、エイブルにて確認したところ、立会いはしないという事でした。
ですから、そこはこちらから立会いをしていただけるように御願いしました。
ここでもう一つお聞きしたいのは、立会い以降でまた不動産や大家さんから文句を言われる事はあるのでしょうか?
すぐに北海道に飛ぶ為、いざという時また賃貸物件へ戻る事は難しい事から、すべてをその立会いで終わらせたいと思っています。

何卒宜しくお願い致します。

こんにちわ。

来月一杯で今年の5月初頭から入居していたアパートを出ようと考えています。
ちなみに引越は千葉県から北海道へです。
そこで退去時トラブル回避の為にここでいつくか質問させていただきたいと思います。

急遽勤務地が変更になり、引越をする事が決まった為早速不動産(エイブル)に出る旨を伝えました。

すると以下の費用がかかると言われました。
・畳の張替え(5,000円×12畳=60,000円)
・ハウスクリーニング(30,000円)
※計90,000円

事前にこういった事を調べておいた私から...続きを読む

Aベストアンサー

>優位という言い方は誤魔化されているように感じるのは私の勘違いでしょうか。

世の中の仕組みをきちんと理解していればそんな考え方にはならないでしょう

・お友達に2時間の約束でお金を貸した
・そのお金を返してくれない
・借用証はきちんと有る

さて貴方が取り返すのにどれほどの時間と労力が必要ですか?
・警察は相手にしてくれません
・裁判にしましょう
・少額訴訟は拒否されます

そう言う意味です

民事関係での問題の解決は困難なのです

間違いなく盗まれたお金でもそれが相手の懐にあるのなら取り返すにはやはり困難が伴います

>現状請求されそうな金額の内の6万円は畳ですが、これは払う必要ありますか?これについてはどうしても納得がいきません。

貴方が納得するかどうかについて細かい点はあまり問題ではないのです
エイブルさんは
・まず「貴方から9万円を負担して貰おう」
・その名目としての畳替え代でしょう
抵抗すれば立ち会って別の名目で請求されると思います

なので気分は悪いでしょうがトータル的に判断して「9万円が一番有利だろう」と提言させていただいています

重箱の隅を突ついても相手は百戦錬磨のプロ

戦って100%勝てないとは決めつけられませんが普通は玉砕します

逆に被害が拡大する危険を冒すか妥協するかは貴方の判断

なお、この質問を締め切らないで同様な質問を新たにすることはこの掲示板のルール違反かも知れません
その場合は質問・回答は削除されますよ
「別な質問です」と言ってみたところで通用しません

http://help.okwave.jp/okwave/beginner/netiquette.html

>優位という言い方は誤魔化されているように感じるのは私の勘違いでしょうか。

世の中の仕組みをきちんと理解していればそんな考え方にはならないでしょう

・お友達に2時間の約束でお金を貸した
・そのお金を返してくれない
・借用証はきちんと有る

さて貴方が取り返すのにどれほどの時間と労力が必要ですか?
・警察は相手にしてくれません
・裁判にしましょう
・少額訴訟は拒否されます

そう言う意味です

民事関係での問題の解決は困難なのです

間違いなく盗まれたお金でもそれが相手...続きを読む

Q解約の取り消しはできるのでしょうか?

お恥ずかしい話なのですが、一週間前に解約の手続きを
行いに不動産屋に行きました。が、、
解約の取り消しをしたいと思うのですが、これは
到底ムリな話ですよね?
入居者がまだ決まっていなければ、不動産屋も
好都合なのでは?とかも思ってしまうのですが、、、
到底無理なら諦めて電話もしないでおこうと
思います。どなたか不動産に詳しい方いらっしゃいましたら
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

不動産や、または大家さん次第だと思います。
再度契約初期費用を請求されるかもしれません。契約書に何か記述はありませんでしょうか。又、解約手続きの際に何か言われませんでしたか?
実際のところ、次の方が決まっていたら難しいと思いますが、決まってなければ、すでに出している広告等の実費若しくは何がしかの請求のみで契約を続行できることが可能な場合が多いのでは。
電話して、正直に理由を言ってみることをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報