最新閲覧日:

仕入データ(日々の納品着荷データ)の中に、有償支給(仕入から相殺します)のデータがあります。これらのデータを毎月リストとして出力しております。

現在は、
【データ詳細】
仕入→プラス(実際には、+の記号は表示しない)
返品→マイナス(-の記号を表示)
相殺→プラス(実際には、+の記号は表示しない)
【合計】
仕入合計   **,***(仕入+返品)
相殺合計    *,***(相殺)
差引支払金額 **,***(仕入合計-相殺合計)

とし、データ詳細の相殺データの備考欄に「相殺」と表示しております。

そこで質問ですが、相殺の場合は、マイナス表示するのが普通なのでしょうか?
私としては、相殺→マイナスすること なので、マイナス表示にしてしまうと、マイナスのマイナスでプラスになっちゃうような感じでいやなのですが、上司から相殺は、マイナス表示するようにと指示され困っています。

みなさまのご意見をお聞かせください。よろしく御願いいたします。

A 回答 (3件)

 次の様にされたら、どうでしょうか。


相殺合計(-) *,***
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>相殺合計(-) *,***
これは良いかもしれない。Goodです。
これなら簡単に変更できます。有り難うございます。

お礼日時:2001/06/14 09:08

これは、社内の事情で決定すればよい問題で、人それぞれ考え方が違いますから、色々な意見があるでしょう。



おっしゃるとおり、相殺は元来マイナス項目ですから、敢えてマイナスと表示する必要がないというのは、もっともな意見です、

ただ、資料はそれを見る人が理解しやすいということが大切です。
その資料を見る人たちが、その様に望むのでしたら、そうされることも必要かと思います。

また、相殺という処理は、通常は毎日は行わず、支払いの処理に際して行うのが通例になっています。
そして、支払通知と一緒に相手方に通知します。
念のため、申し添えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。
>その資料を見る人たちが、その様に望むのでしたら、そうされることも必要かと思います。
やはり、相手(上司)に合わせるべきですかね。しかし、プログラムの変更が大変なので二の足を踏んでます。

お礼日時:2001/06/14 09:07

御社の会計処理は御社の自由ですが、法律上から一言云っておきます。


相殺は同種の債権であること。双方弁済期日が到来していること。通知を必要とすること。などなど決められており、ただ単に帳簿上だけでなく実体上も手続きが必要です。まして「日々のデータの中に・・・相殺」は考えられません。それぞれプラスのものはプラス、マイナスのものはマイナスとすればこのような疑問はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。
>法律上から・・・
えぇー、その通りだと思います。本来は、(1)買掛金計上明細書、(2)有償支給品相殺通知書、(3)支払通知書の三部必要なのはわかっているのですが。。。(もちろん、相殺の条件が整っていること。)

元々、一種類の帳票にまとめろ(上司からの指示)が無理があるんですよね。

お礼日時:2001/06/14 09:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ