仕入データ(日々の納品着荷データ)の中に、有償支給(仕入から相殺します)のデータがあります。これらのデータを毎月リストとして出力しております。

現在は、
【データ詳細】
仕入→プラス(実際には、+の記号は表示しない)
返品→マイナス(-の記号を表示)
相殺→プラス(実際には、+の記号は表示しない)
【合計】
仕入合計   **,***(仕入+返品)
相殺合計    *,***(相殺)
差引支払金額 **,***(仕入合計-相殺合計)

とし、データ詳細の相殺データの備考欄に「相殺」と表示しております。

そこで質問ですが、相殺の場合は、マイナス表示するのが普通なのでしょうか?
私としては、相殺→マイナスすること なので、マイナス表示にしてしまうと、マイナスのマイナスでプラスになっちゃうような感じでいやなのですが、上司から相殺は、マイナス表示するようにと指示され困っています。

みなさまのご意見をお聞かせください。よろしく御願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 次の様にされたら、どうでしょうか。


相殺合計(-) *,***
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>相殺合計(-) *,***
これは良いかもしれない。Goodです。
これなら簡単に変更できます。有り難うございます。

お礼日時:2001/06/14 09:08

これは、社内の事情で決定すればよい問題で、人それぞれ考え方が違いますから、色々な意見があるでしょう。



おっしゃるとおり、相殺は元来マイナス項目ですから、敢えてマイナスと表示する必要がないというのは、もっともな意見です、

ただ、資料はそれを見る人が理解しやすいということが大切です。
その資料を見る人たちが、その様に望むのでしたら、そうされることも必要かと思います。

また、相殺という処理は、通常は毎日は行わず、支払いの処理に際して行うのが通例になっています。
そして、支払通知と一緒に相手方に通知します。
念のため、申し添えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。
>その資料を見る人たちが、その様に望むのでしたら、そうされることも必要かと思います。
やはり、相手(上司)に合わせるべきですかね。しかし、プログラムの変更が大変なので二の足を踏んでます。

お礼日時:2001/06/14 09:07

御社の会計処理は御社の自由ですが、法律上から一言云っておきます。


相殺は同種の債権であること。双方弁済期日が到来していること。通知を必要とすること。などなど決められており、ただ単に帳簿上だけでなく実体上も手続きが必要です。まして「日々のデータの中に・・・相殺」は考えられません。それぞれプラスのものはプラス、マイナスのものはマイナスとすればこのような疑問はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。
>法律上から・・・
えぇー、その通りだと思います。本来は、(1)買掛金計上明細書、(2)有償支給品相殺通知書、(3)支払通知書の三部必要なのはわかっているのですが。。。(もちろん、相殺の条件が整っていること。)

元々、一種類の帳票にまとめろ(上司からの指示)が無理があるんですよね。

お礼日時:2001/06/14 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

相殺」に関するQ&A: 相殺の領収書について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイナス金額の相殺について

A社から当社への請求書が-94500と当社からA社へのの請求書が-112000とお互いにマイナス金額になってます。相殺をするのですが、-94500か94500かどちらが正しいのでしょうか?買掛金管理表上では-94500円とすると当社の残高が倍の-189000円となってしまいます。
どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「94500円の相殺領収書は発行できますか?」

はい、できます。

金銭などで受領したのでないことを明確にするために、但し書きに領収書の内容が「相殺のため」とわかるように記載しておけば、相殺額については収入印紙は不要になります。

Qマイナス金額の請求書について教えてください!

マイナス金額の請求書について教えてください!
例えば、今月の売り上げが1,000円、商品の返品代金が3,000円だとしたら、今月の請求金額は「-2,000円+消費税」になるのでしょうか?
マイナスの請求書の場合、発行するのでしょうか?発行するのであれば、「△2,100円」と「-2,100円」どちらの表記が正しいでしょうか?

Aベストアンサー

えーっと・・・^^:

質問者様(A社とします)は商品を売る側ですよね?
その月に納めた商品の代金を月末にまとめて請求するんですよね?

(1)AからBへ3000円の商品を売りました。
(2)BからAへ3000円の商品が返品されてきました。
(3)AからBへ1000円の商品を売りました。


・月末にまとめて請求する決まりなら、1000円+消費税を請求します。
3000円分は代金ももらってないし、商品も戻ってきています。
3000円分の商品はお客さん側からしたらもう終わった話です。
請求は出来ません。
社内で3000円分の納品(出荷?)→返品の処理をします。


・もし3000円の代金をもうもらっている場合は
2つの方法が考えられます。これはB社と話をしてどちらがいいか決めてもらってください。

方法1
3150円をB社に振り込んで、1000+税の請求書を出します。

方法2
「○日にお振込みいただいた3150円の内
1050円は商品代金と相殺させていただきます。
残金2100円を返金させていただきます」という旨の精算書を送って
2100円の振り込み手続きをする。

>マイナスの請求書の場合、発行するのでしょうか?
>発行するのであれば、「△2,100円」と「-2,100円」どちらの表記が正しいでしょうか?

通常は発行しませんがBが「方法2」を指示してきて、
「マイナス金額の請求書をください」と言われたら発行してください。
良く使われるのは△だと思います。

えーっと・・・^^:

質問者様(A社とします)は商品を売る側ですよね?
その月に納めた商品の代金を月末にまとめて請求するんですよね?

(1)AからBへ3000円の商品を売りました。
(2)BからAへ3000円の商品が返品されてきました。
(3)AからBへ1000円の商品を売りました。


・月末にまとめて請求する決まりなら、1000円+消費税を請求します。
3000円分は代金ももらってないし、商品も戻ってきています。
3000円分の商品はお客さん側からしたらもう終わった話です。
請...続きを読む

Qマイナスの金額を表す時

マイナスの金額を表す時に¥マークの前に-を付けるのっておかしいですよね、普通数字の前に-をつけますよね、なんて説明したら相手は納得するでしょうか?それとも私が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

間違ってませんよ。
¥は演算の過程ではつけませんよね。
プラスにせよマイナスにせよ、最終的数値が出た結果、
それは円であるかドルであるかと言う判別のために示します。
なので、当然円マークは数値表示の左に付けます。
マイナスの位置と言うより、¥マークが数値表示に割り込むことは普通に考えれば変です。

けれど、手書きでの相殺の伝票などを見るとむしろ、マイナスを筆頭にしたものが多いように思います。
プラスなのかマイナスなのか、まずそれをハッキリさせたいとの
思いが出ているのでしょうね。

Qゼロ円の請求書やマイナス金額の請求書

私の勤務する会社は立替金や未収入金の勘定がたつと、
翌日に自動的に請求書が発行されます。
通常なら全く問題がないのですが、
システム上例えば仕訳の誤りを取り消すための逆仕訳を入れた場合(貸方に立替金等が来た場合)
マイナス金額の請求書が発行されたり、プラスの金額と相殺されて結果的にゼロ金額の請求書が発行される場合があります。
会社としては、ゼロ円の請求書やマイナス金額の請求書はおかしいということで社内で破棄してしまうのですが、
時折先方から『ゼロ円の請求書を発行してほしい』とか
『マイナス金額の請求書を発行してほしい』と言われることがあります。
ゼロ円請求書やマイナス金額請求書を発行するかどうかというのは、会社のポリシー次第なのでしょうか?
それともやはり会計の目線(考え方)からするとおかしいもので、発行すべきものではないのでしょうか?
今までは上司から発行するな!と言われていたのですが、要求してくる会社もあるのでどうなのかなと思ってしまいました。
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんの常識が全てではないと思います。

マイナスの請求書はあまり正しい運用とも思えません。
(うちの会社では発行しますけど)

どちらかといえば、マイナスの請求書を発行する必要が
あるなら、相手に請求書をきってもらったほうが
合理的です。

また、マイナスの請求書や0円の請求書をどうしても
発行するように依頼があったら、「規定外なので
着払いでおくることになりますがよろしいですか?」
と伝えると、たいてい「ならいらない」となるとおもいます。

Q一部返金した際の領収書の発行

医療法人の診療所の者です。
先日、保険切替中の患者様より医療費の10割をお支払いいただき
領収書を発行しました。(仮に3,000円とします)
後日、新しい保険証を持参されましたので、精算・返金しました。
自己負担割合3割でしたので、患者様の負担額は900円となり、2,100円
の返金となりました。
当院で使用している医事会計ソフトではこうしたケースの場合、
精算時の領収書は「-2,100円」と印字されます。
これは先に発行した3,000円の領収書に追加して「-2,100円」の領収書
をお渡しすれば宜しいのでしょうか。
誠に不勉強で恥ずかしいのですが、その時はわからずに手書きで900円
の領収書を「○月○日診療分」としてお出ししました。

今後、同様のケースがあった場合に正しく対応できる様、お教え願いたいのです。どうか宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>その患者様に「マイナスのつく領収書なんて税法上ありえない…

納品書や請求書、領収証の類で負の数字を表示することはしばしばあります。
「戻入伝票」と言います。通称「赤伝 (アカデン)」です。
そのソフトは、商慣習をよく知っているのです。

>先にお渡しした3,000円の領収書は返していただきました…

ご質問の根幹に関わることですから、抜かさないでください。
回答者が混乱するだけです。
返してもらったのなら、900円の領収証を発行した処理で問題ありません。
質問するまでもないことです。

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q相殺領収書の書き方を教えてください

相殺領収書を発行してくださいと言われたのですが
入出金を担当したことが無いので書き方が分からず困っています。

取引先に¥86,626の請求を出しました。
当方には¥28,907の支払いがあります。
振込にて¥56,879(手数料¥840)と、¥28,907の領収書を頂きました。
当方の相殺領収書の額面は¥28,907でよいのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありませんがお教えいただれば幸いです。

Aベストアンサー

>>当方の相殺領収書の額面は¥28,907でよいのでしょうか?

そうです(^-^)

当社の場合、但し書きには
「○年○月請求分と相殺」と書いて出しています。

ちなみに今回はもちろん、相殺領収書は金額がいくらであっても
印紙は不要です。

下記URLの
「売掛金と買掛金を相殺をする場合」をご参考に

参考URL:http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

Q振替伝票の金額にマイナス表示はあり?

振替伝票の書き方を教えてください。
外注さんへの支払から、毎月その人が食べた昼食代を引いて、支払しています。ところが、先月の昼食費を6720円多く引きすぎてしまったので、返金しました。これを伝票に書くと、

     借方  /   摘要    /   貸方
300000円 外注費 / Aさんへ振込支払/ ○銀行普通預金 298720円
                  昼食代相殺7月分/   福利厚生費 8000円 
                  昼食代返金6月分/   福利厚生費 ▲6720円

こんな書き方はありですか?
6月分昼食代は、借り方のほうに、正数で6720円とするべきですか?
詳しい方、どうぞ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

負数による仕訳は、決して望ましいものではありませんが、絶対にダメというものでもありません。

簿記会計は、その仕組み上、正数を前提として構成されていますが、負数を受け入れないものではありません。また、重要性に乏しいときは、正規の簿記の原則に従わなくても構わないとされています(企業会計原則注解1 重要性の原則)。加えて、管理会計については企業会計原則その他の会計諸則に何ら従わなくてよいと考えられています。

そのため、ご質問の件については、お書きの仕訳が管理会計上必要なものであれば、何ら問題ありません。そうでなくても、金額的重要性に乏しいでしょうから、負数の仕訳でも別に構いません。

参考までに、勘定科目単位の増減額に反映させないようにするため、敢えて訂正仕訳を負数で切る企業もあると聞いています。これは、管理会計と捉えても、重要性の原則に照らしても、特に問題ないものと考えられます。

なお、企業会計原則は商法の一部ではなく、法律でもありません。企業会計原則は、(商法ではなく)会社法431条にいう「一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行」の一内容と捉えられています。また、商法19条1項にいう「一般に公正妥当と認められる会計の慣行」としても参酌されるべきものといえます。ご質問の件については、企業会計原則に照らして問題ないというのは、すでに述べたとおりです。

負数による仕訳は、決して望ましいものではありませんが、絶対にダメというものでもありません。

簿記会計は、その仕組み上、正数を前提として構成されていますが、負数を受け入れないものではありません。また、重要性に乏しいときは、正規の簿記の原則に従わなくても構わないとされています(企業会計原則注解1 重要性の原則)。加えて、管理会計については企業会計原則その他の会計諸則に何ら従わなくてよいと考えられています。

そのため、ご質問の件については、お書きの仕訳が管理会計上必要なもの...続きを読む

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Q売掛金と買掛金の相殺

取引先の相殺の仕方が、私の理解している相殺の定義と一致しません。もしかして私の理解不足かなと思いましたので、こちらで質問させてください。
先方とは、月々の売り買いで、どちらが多くなるかが決まっていません。当社の売りが多い場合も買いが多い場合もあります。これを相殺処理しているのですが、先方は売り買いのどちらが多くても買掛金主体で相殺処理をしているようです。当社はどちらか少ないほうの金額を相殺処理しています。
当然残高は一致していませんので、現在、残高不一致の原因究明等を双方でしているところです。

先方
5月度 売掛金 100円 買掛金 200円 相殺 200円
6月度 売掛金 300円 買掛金 100円 相殺 100円

当社
5月度 買掛金 100円 売掛金 200円 相殺 100円
6月度 買掛金 300円 売掛金 100円 相殺 100円

どちらが正しい処理でしょうか?
営業畑で経理的な考え方が苦手な上司に、どのように説明すればわかりやすいか、も合わせてご教授頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 売掛金と買掛金の相殺は必ずって言っていいほどトラブルが起こります。確かに互いに自分に都合の良い取引をしたいのは分りますが、当社の債権債務は貸したら一旦受け取る。借りたら一旦返す。の原則を貫いています。

 最初は杓子定規と思うわれるけれど後でトラブルになりません。そうして相談があったときは素直に相談に乗ってあげ上司に相談をしてベストの形で取引をしています。

 今回のような取引は担当者が変わったときなど、どうして良いか途方に暮れます。相手先の担当者もあなたと同じレベルなら良いのですがレベルが違うとこのようにあなたも疑問になってしまうのです。ですうからこれからの取引は今一度思案して見たらと思いますが如何でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報