親が自営業をしており、
もし、その会社が潰れた場合、または親が亡くなった場合、
子どもにも金銭的な請求、あるいは義務などは
課せられるのでしょうか。

親が自営業(有限会社)をしており、
今後のことが心配なので、質問させていただきました。

親の会社が潰れた場合や経営者である親が亡くなった場合、家族はどうなってしまうのでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • 皆さん回答ありがとうございます。

    私の家は片親で、親は父しかいません。
    倒産した場合、父の金銭面に負担がかかる=娘である私が助けなければならない

    となりそうだと思って質問しました。
    保険などもあるのですね。
    後で父に色々聞いてみようと思います。

    ちなみに将来、継ぐ気は全くありませんが
    家が自営業なので、自分は将来安定した職業につかなければならない…
    と思っているところです。

    よく考えて将来を決めたいと思います。

      補足日時:2015/04/06 18:46

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

借金取りの言いそうな言葉を信じているのですね。


心配は不要です。

有限会社の負債は、有限会社がなくなることで経営者の責任は、基本的に無くなるものとなります。
ただし例外として、お父様が連帯保証人となっている会社の債務やお父様の大きな経営責任による債務は、お父様が負担しなければならないものとなります。

お父様の責任となっても、お父様の責任だけであり、あなたにその責任はありません。ただお父様の債務をあなたが相続すれば、当然返済等の義務をあなたが背負うことにもなります。

だからといって、何でもかんでも責任を負っていたら、会社を倒産させたら一族路頭に迷うことになりかねません。
ですので、そのような時点で、お父様が自己破産すれば、多くの債務はチャラになります。当然、合法の借金の踏み倒しですので、今後の借り入れなどは難しくはなったりと、社会的な評価はほとんどなくなることになります。
お父様が亡くなることで会社が倒産となれば、当然会社(株式など)をあなたが相続することになります。しかし、プラスの財産よりもマイナスの財産が多く、返済ができないということであれば、相続放棄を行えば、プラスの財産も相続できない代わりに、負債なども返済義務が無くなります。

注意点としては、納税義務などについては、自己破産してもチャラにならないということです。しかし、相続放棄はすべてを放棄することになります。
お父様の会社という認識があるかもしれませんが、お父様が持っているのは株主という権利で実質会社を持っているようなものです。会社を正式につぶせば、株式の評価が無くなる責任の負担をするだけなのです。ただ個人で連帯保証した物だけ責任が残りますが、それも自己破産で消すことができるのです。

経営者の多くは、そのようなことにならないように生命保険に入っていたりするもんです。会社関連の債務で、個人の財産を失い、子に相続できないでは不安なこともありますからね。
中には、金融機関なども保険を進めるのですよ。そのほうが貸し倒れにならないわけですからね。

あなた自身がお父様の会社やお父様個人の債務などに対して、連帯保証人などになることは避けるべきです。お父様もあなたも共倒れになり、二人して自己破産では、まともな仕事にもつけなくなる恐れもありますからね。
    • good
    • 2

うちも親が自営をしています。


保険をかけていて、もしもの場合は保険で賄えるようにしています。
また、自営業の場合退職金がないので
退職金代わりになる保険もかけています。
死亡時と70歳満期の1/2損金 逓増定期保険です。

恐らくどの企業の方も、取締役は入っていると思います。
念のため確認してみてください。
    • good
    • 0

ご両親がやっている会社で借金をする場合に、自宅(持ち家)を抵当に入れていた場合、会社が倒産したら家を持っていかれます。


その時点での借金は、借金した本人と連帯保証した人に関わってくるので、質問者様が特に何も関わっていなければ関係ないです。
借金は、ご両親が亡くなった際に相続放棄すれば降りかかってはきません。
    • good
    • 1

経営悪化でも、いざとなれは、相続放棄という手が使えます。


負債を背負う義務はありません。

経営状態が良好なら、継ぐこともできますし、他の人に譲渡もできます。
整理して廃業も可能です。まぁ、廃業なら雇用している従業員の再就職の面倒を可能な限りみましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私30代半ば、旦那50代前半です。 旦那自営業のため、収入が不安定で…その上旦那の貯金額はゼロ。 私

私30代半ば、旦那50代前半です。

旦那自営業のため、収入が不安定で…その上旦那の貯金額はゼロ。
私がコツコツ貯めていた貯金額450万。

旦那の年齢から考えると、貯金額少ないですよね?子供もいますし、将来不安です。

Aベストアンサー

毎月の必要経費(生活費も含め)が、毎月の収入で賄えれば貯金はなくても良いという理屈です。
しかし予定通り収入が入らないとか、何か大きな買い物や出費がある時に貯蓄に頼ることになります。

今の貯蓄額で十分とは言えませんが、まずは定例的な収入を安定させることが大切です。収入と経費のバランスが取れれば、たちまち貯蓄の心配はなくなります。

Q自営業で日雇いを雇う場合

現在自営業をしています。
2,3日程度、知人を雇う予定なのですがこの場合手続き等何か事前に必要でしょうか?
確定申告は白色になります。

Aベストアンサー

自分も会社と言うには気恥ずかしい小さな町工場を経営しています。
スポットの仕事等で人員を増やす時は形の上では 外注 としています。
一週間単位なり1ヶ月単位で請求書を(手書きでも無問題)書いてもらい現金で支払い 領収書をいただいております。

Q現在、自営業(マッサージ業)の36歳、男性です。終身保障と退職金(貯金

現在、自営業(マッサージ業)の36歳、男性です。終身保障と退職金(貯金)を兼ねた保険を探しています。満期年齢は60歳か65歳で決めかねている状況です。返礼率や保険会社の信頼度、毎月の支払は1万円前後などで悩んでいます。おすすめの会社&商品を教えてください。

Aベストアンサー

終身保険と個人年金は分けて考えるべきですが、もし引退時点で退職金としてまとまった額を一時金として受け取りたいのであれば、国営の小規模企業共済(事業主の退職金共済)が比較的有利と考えます。
掛金は全額損金(法人)か所得控除(個人)で生命保険控除みたいな上限がありませんし、引退での保険給付金は退職金として退職所得の分離課税に。
長期に掛けるほど加算が付くので月額5千円程度で始め、余裕が出たら増額を。
国が危ないと言われますが、本当に国が破綻したら生命保険も紙切れになります。

Q自営業の場合の家族への給料支給について

基礎的なことがわからなくての質問ご容赦ください。
今度自営業を行うことになるのですが、一緒に働いてもらう家族(妻)への給料支給というのは可能でしょうか?他にもパート職員を雇うつもりですが、妻もパート的な労働となると思います。不可能な場合、妻への給料支給が可能となる経営形態などがあるのでしょうか?お教え願えれば幸いです。

Aベストアンサー

自営業の場合は、家族従業員に給料を支払っても損金(税務上の経費)とは認められません。

ただし、青色申告をしていれば、一定の要件を満たし、青色専従者の届け出をすれば、専従者給与として損金処理が可能です。

又、白色申告の場合は、事業に専ら従事する家族従業員について、所得金額に応じて計算される金額を必要経費とする事業専従者控除の特例があります。

詳細は、参考urlをご覧ください。

又、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2075.htm

Q旦那の自営業について 40歳で起業し、五年になりますが、 なかなか軌道にのりません。 貯金を切り崩し

旦那の自営業について

40歳で起業し、五年になりますが、
なかなか軌道にのりません。
貯金を切り崩し生活しています。

私も手伝いしていますが、
はっきり言っていつまでこの生活が
続くのかと話し合いしたところ、

俺だって将来二人で、楽しく暮らし、
君の両親のことも考えてるんだ‼と。

離婚話になり、離婚し、
手伝い辞めるなら
バイトを雇うと言われました。

俺と別れて、独り暮らしは、
もっと辛い暮らしになるし、
お金なかったら、それこそ路頭に
迷うよとも言われ…

正直、現在バイトを雇う余裕なんて
ありません。
一応イエローカードの残金は
決めていますが、果たして、旦那を
信じてついていくべきか悩みます。

かといって離婚し、自活する
余力もなく、生きていて辛くて
結婚したことも後悔する毎日です。

長々、すみません。
神経ナーバスになっているので、
厳しい意見は遠慮していただきたいです

Aベストアンサー

自営業の業種が分かりませんが、5年間続付ける資力があるうちはよくてもたいがいは2年ないし3年で見切りをつけることが理想ですが、5年間の負債等を預金で補ってきたことはこの先に展望できる見込みがあるからまだ続ける気持ちでしょうか。
 しかし、あなたは精神的も負担が重く離婚の話も出るが、あなたに生活力がないために悩み肉体的にも精神的にも今が辛いところかもしれませんね。
 イエローカードは決めているようですが、あなたが負債の保証人をすると自営を辞めても負債はなくらないことを承知しているかです。
 負債があるならば、今ある預金で清算をすることが望ましです。

Q自営業は場合は学歴は必要無いのですか?

自営業の場合は学歴は必要無いのですか?

Aベストアンサー

全く実力だけです。
人材を巧く使う力が有れば、自分の不足分(学力を含め)は回りの人材がカバーしてくれます。

私は中学卒業で、10人ほどの社員の小さな会社ですが経営中。
息子の一人は高校卒ですが、大学卒の社員を何人も使って会社経営中。
大学卒の息子は大手会社の社員。

Q自営業はじめます。毎月どのくらい貯金していますか?

今後、自営を夫婦ではじめる予定です。
(夫44歳、私30歳。現在子供なし)

私は利益は老後の資金や生まれてくる子供の養育費、10年後に店舗を広げたいので増築費などに貯蓄していきたいと考えています。

毎月の貯金額が大きければそれだけ利益があるということで税金も多くかかるのですよね?
節税方法でよいのがあれば教えて下さい。
また自営業者は退職金などありませんので、老後の資金が心配です。毎月どのくらい貯金が必要でしょうか?
中小企業の共済に入ると、メリットがあると聞きましたが。

Aベストアンサー

いくら貯金してますか?→多いほど良いでしょう。
他人がいくら貯蓄しているかを心配するより、自分のところでいくら貯蓄に回せるかが問題です。

老後の蓄えの為の貯蓄で節税にもつながるものは、中小企業退職金共済、こちらは月額7万円まで+確定拠出年金、こちらは月額68,000円までそれぞれ所得控除されます。両方で年額1,656,000円控除されますと、税率10%の方で、住民税ち併せて25万円ほど、それ以上の方ですと効果は更に大きくなります。

ただし、どちらも老後資金の蓄えであって、子供の養育費には使えません。(ご主人の場合、受取年齢でも養育していると思いますので、その時点から使えますが)

しっかりとした経営プランと資金経過卯を立てて頑張ってください。

Q自営業について

自営業シロウトなのですが、起業するにあたって必要な知識はどんなものがありますでしょうか?

Aベストアンサー

業種によって、ちがいます。

共通なものとしては、
・商品知識。
・資格や、届出の必要性。
・帳簿の作成。
・マーケットリサーチ。
・(必要により)求人の方法。
などでしょう。

Q自営業での結婚は難しい?

私(30歳・自営業)はつい最近友人の紹介で女性と会いました。会った時には話が弾み良い印象を受けて帰ったのですが、その日の晩にメールのやりとりをして自営業の方と付き合うことは難しいからという理由で断られました。自営業の収入(今の私は年収500万に届かないぐらい。貯金は人並み以上にはあります。)が不安定で将来が見えない(年金がサラリーマンよりもかなり少ない)ことはよく分かっていますが今回断られたことは結婚を少し意識し始めていたこともありさすがにへこんでいます。
やはり自営業というのは警戒されるのでしょうか?
女性の方もしくはこのような経験をされた男性の意見を頂きたいです。

Aベストアンサー

去年の秋、サラリーマン家庭から自営業の家に嫁いできた者です。
父はサラリーマン、自分自身もかなり安定した大企業に7年間勤めたあとの自営業の方との結婚でしたので、結婚してからはかなり戸惑うことが多いです。

でも、実はわたしははじめから自営業の方との結婚が希望でした。
たしかにサラリーマンは安定しています(このご時世、そうとばかりも言えませんが・・・)。
でも、安定しているということは、即ち先が見えすぎちゃうんですよね。
結婚して社宅に入って、上司や得意先の顔色を窺いながら、会社の経費でおごったりおごられたり、それで今年は昇進しただのしないだのと一喜一憂し、幸い役員になれたところで結局はいずれ顧問という名の窓際族・・・。
(世の中のサラリーマンの皆さま、本当にごめんなさい!楽しいことがたくさんあるのも、よーくわかっています!!)

ある年、それまで大きな法人相手だった職場から、下町の自営業相手の職場に異動になりました。
そこで、自営業(の人)の魅力に出会ってしまったんです。
みんな自分のお金、自分の時間、自分の体で生きている。
基本給なんてない。
小さな会社であればあるほど、家族が即、お互いの命を握って暮らしている。
そんな、なんというか生きる迫力みたいなものを感じてしまったんです。

それからは、結婚したいと思う男性のタイプも変わってきました。
それまでは、視野が広くて、優しくて賢くてスマートな人が好みでしたが、その後は、ひと癖もふた癖もあっていいから、この人とだった苦労しても頑張っていける、そんな魅力のある人がいいな、と思うようになりました。

そして実際、今の夫と出会って自営業に嫁いできたわけですが・・・言うは易く行なうは難し・・・(笑)
でも、今とっても幸せです。毎日が戦いのようで、泣いたり笑ったり怒ったり。わたしたち夫婦は戦友のようです。
これがいつまで続くのか、もしかしたらいつか背負いきれなくなって逃げ出すかも、追い出されるかもしれない。
でも、そんな不安さえ、人生のメリハリだと感じています。それが楽しいです。

ですからわたしは自営業に一票!
妊娠中の体を抱えて、見えない明日に挑戦し続ける毎日です(笑)。

去年の秋、サラリーマン家庭から自営業の家に嫁いできた者です。
父はサラリーマン、自分自身もかなり安定した大企業に7年間勤めたあとの自営業の方との結婚でしたので、結婚してからはかなり戸惑うことが多いです。

でも、実はわたしははじめから自営業の方との結婚が希望でした。
たしかにサラリーマンは安定しています(このご時世、そうとばかりも言えませんが・・・)。
でも、安定しているということは、即ち先が見えすぎちゃうんですよね。
結婚して社宅に入って、上司や得意先の顔色を窺いながら、...続きを読む

Q自営業とアルバイト

法律に詳しくないので教えてください。例えば個人事業(個人でやる町の小さな自転車屋など)を営みながらどこか他のお店や会社でアルバイトや派遣社員として働くことは法律上問題はないのでしょうか?将来独立をした際に開業当初に利益が出ない場合を考えてアルバイトなどする事が出来るのかどうか、もしわかる方がいらっしゃいましたら教えて頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この不景気で個人事業者だけでなく経営者自身がバイトしている姿
結構見かけますよ(びっくりするけど、明日は我が身ですね)
そのアルバイト先などが知っていて了承していればOKです。
隠してやるのは問題ですので辞めましょう。(当たり前の事ですけど)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報