ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

ニヒリズムは克服しなければ人は衰弱死するとニーチェは説いていましたが、
ある本では真性ニヒリストは明るく、清潔で、あっけらかんとしていると書かれていました。
ニヒリズムは克服する必要も無いし、仮に克服してもその先には欺瞞に満ちた世界しか無いとまで書かれていました。

哲学に詳しい方はこれについてどう思われますか?

質問者からの補足コメント

  • 2の態度を選択した人は2に対して肯定的、推奨していく姿勢なのかどうかがポイントなのでしょうかね。
    著者による真性ニヒリストの明るさ、潔さは確かに2の態度に近いのですが、著者は2自体ではなく2を推奨していくニーチェに対して否定的な見方だったのでしょうか。
    「ニヒリズムを克服するという欺瞞的姿勢をまず克服しなければならない。」だそうです。

    たまたま2の態度を選択したが、2自体にも何の意味も無い事を自覚する事が著者的に明るい真性ニヒリストであるという事でしょうかね・・・。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/06 23:14
  • 度々ご回答ありがとうございます。

    >「ニヒリズムを克服するという欺瞞的姿勢をまず克服しなければならない。」

    これに対してなのですが、著者本人はニヒリストではなく、また著者の存在は無いものとして考えたいと思います。

    ニーチェの言う積極的ニヒリズムの「自ら積極的に「仮象」を生み出す」の範囲がよく分かりません。
    以下の態度は積極的ニヒリズムと言えるのでしょうか?ニーチェ的にはニヒリズムを克服したと言えるのでしょうか?

    文字制限がある為、No.4の補足に移ります。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/07 03:36
  • No.3の補足の続きです。

    ・先ずあらゆることには全く意味がない事の理解。
    ・新たな、または瞬間瞬間の価値、意味、目的等を一切求めず、あらゆることには全く意味がないという真理から一歩も離れる事無く、そこに身を置き続ける。
    ・懐疑から始まるニヒリズムの徹底は唯一の柱として徹底的懐疑があり、私たちが認識している事は根本的に全て錯覚である事の理解。
    ・ニヒリズムに留まり続ける=徹底的懐疑をするは最期に明るいにつながる。

    これはニヒリズムの徹底はニヒリズムすら消え去るが、新たな「仮象」を生み出す気もない。
    積極的ニヒリストと消極的ニヒリストが両立しているようにも見えます。
    一体この姿勢は何なのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/07 03:37
  • ご回答ありがとうございます。

    >哲学は、自分の中〜省略〜書けるのです。

    著者は置いておき、ニヒリストではない自分がニヒリズムを理解しようとしても表象だけ追っているだけになり、全て仮説に過ぎなくなってしまいますか。
    前提として哲学には形骸は存在せず、線の無い感覚だけがある世界ならば確かに第三者が理解するのは不可能になってしまいますね。

    >ニヒリストは元々が〜省略〜事象としておきます。

    ニヒリズムに留まり続けるというのは状態であり、態度ではないという事でしょうか?
    必ずその先にはニーチェの言う2つの態度いずれかに属するのでしょうか?

    もう一つ疑問があるのですが、ニーチェはニヒリストだったのでしょうか?
    また感覚だけある哲学の世界においてニーチェの言うニヒリズムはニーチェだけの物であり、他の人のニヒリズム(もどき)は必ず別の感覚になってしまうのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/07 13:32
  • ご回答ありがとうございます。

    >ニヒリズムを超越する、というのがすでにニヒリズムなのです。

    なるほど、ニヒリズムに対し積極的であれ消極的であれニヒリズムであり続ける事には変わりないという事でしょうか。
    という事はあるニヒリストが自ら積極的に「仮象」を生み出すのと、あるニヒリストが全て無価値であると理解し柵無く明るく生きるのも同意義であるのでしょうか?
    そうであるならば著者が言いたかった事は単に積極的ニヒリズムである事の勧めになりますかね。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/07 13:39
  • >自身を深めて、心を傾けながら自身の躍動とともに感じ取れば理解は可能だと思います。

    なるほど、哲学は自分の主観を完全に組み込まないと理解出来ないという事でしょうか。
    客観的な世界を定義し、それに基づいて体系が構築され、理解していく例えば理系分野とは根本的に学び方が違うという事ですかね。態度を改める必要がありそうです。

    >質問者様の知りたいことが、分かりかねます。

    自分としてはニヒリズムを理解し、肯定しつつ何もしないという態度は、ニーチェの2つの態度のどちらに属するのかという事が疑問に感じていました。
    すべてが無価値・偽り・仮象ということを前向き(?)に考え、その時々の状況に身を任せ、流れるように生きるという態度というのも本を読んでいて悪くないんじゃないかなと思いました。
    またこのような態度に対しニーチェ(に詳しい人)はどう思うのかも気になる所ではあります。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/07 20:16

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.2の補足です。



>「ニヒリズムを克服するという欺瞞的姿勢をまず克服しなければならない。」

この時の欺瞞的姿勢とは、その人の外部にあるものではなく
その人自身が持つ欺瞞を自分自身で感じている訳です。

ニヒリズムを克服することが欺瞞的姿勢であると言っているが
自身の欺瞞が鼻についてるのを認識していない。

ニヒリズムを強く持たない者は、その欺瞞を自身が持っていないので
ニヒリズムを克服するのが欺瞞的姿勢だと深く理解できない。
有名な人が言えば、鵜呑みにする人も多く出るとは思います。

その著者も、自分と同じように誰しも欺瞞を感じると
その欺瞞に気がつくと思うのかもしれないですが
その欺瞞自体、自身の抱える欺瞞だと気がつくかどうかがポイントでしょう。

子供の時から、誰しもがニヒリストであれば欺瞞は人間の
生まれ持ったベースでしょうが、全員がニヒリストでもなければ
年とともにニヒリズムは増える訳ですから、その人が抱えた欺瞞なのです。

だから年を重ねれば、その欺瞞は増大の一途をたどり
周りもそのニヒリズムが顕著に見えてくる訳です。

ニヒリストが欺瞞的姿勢でしか対応しない前提を踏まえた上で
それを最初に把握しての、No.2と言うことで補足でした。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

補足請求ありがとうございます。



>ニヒリストではない自分がニヒリズムを理解しようとしても・・・

>自分としてはニヒリズムを理解し、肯定しつつ何もしないという態度は、ニーチェの2つの態度のどちらに属するのかという事が疑問に感じていました。

これでは「どっちなんだよ〜〜〜、どっちの立場で話してるんだよ〜〜」
と言うことで、質問が矛盾していて論理的に成立しません。
自身が矛盾であるなら、何を言われても疑問が出ます。

と言うことで、今回は打ち止めです。
お疲れ様でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません・・・どっちの立場という意味がよく分かりません。
しかし哲学を理解する為に必要な態度等と話が結構逸れてしまったので一旦締め切ろうと思います。

色々と参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/07 20:56

補足請求ありがとうございます。



>著者は置いておき、ニヒリストではない自分がニヒリズムを理解しようとしても表象だけ追っているだけになり、全て仮説に過ぎなくなってしまいますか。

頭だけで理解しようとすれば、そのようになるでしょうね。
自身を深めて、心を傾けながら自身の躍動とともに感じ取れば理解は可能だと思います。


質問者様の知りたいことが、分かりかねます。
延々と質問を繰り返すのは、結局は何が知りたいのでしょう。
ニーチェを理解したいのか?ニヒリズムを理解したいのか?
それとも別の、たとえば宿題とか自身のなにがしかの問題とか。

問題の意図が見えないので、堂々めぐりになりそうです。

仕事も立て込んできたので、タイムアップです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

補足請求ありがとうございます。



>著者本人はニヒリストではなく、また著者の存在は無いものとして考えたいと思います。
これは厳密には無理なのです。
考えたくても自分が入らないと言うことは、あり得ないのです。
哲学は、自分の中にあるものしか認識されないからですね。
感覚を司るものは、自身の感覚に影響を受けるから書けるのです。

もし、本人がそこまでで無いのなら、逆を言えば
理解できていないと言うことになります。
表象だけ追っている形ですね。
そうするとどこかで話しの矛盾が生じます。


>ニーチェの言う積極的ニヒリズムの「自ら積極的に「仮象」を生み出す」の範囲がよく分かりません。
これは、理解するなら自分を掘り下げて自身で感じ取らないと分からない範囲だと思います。


>これはニヒリズムの徹底はニヒリズムすら消え去るが、新たな「仮象」を生み出す気もない。
>積極的ニヒリストと消極的ニヒリストが両立しているようにも見えます。

あなたの言う通りだと私も思います。
本人は消えたつもりのように感じる(つまりは徹底して自身を抑えつける)
それでも消えるわけでは無いし、ニヒリストは元々が
積極的も消極的も両側面を持ち合わせているので、それは事象としておきます。

ここでの「仮象」は、単なる抑制にすぎない・抑制の形を抑圧からでなく
「仮象」を設定して、自身をごまかす矛盾が出てしまう。
つまり、いい形(超人説)として本人は気持ちよく酔ってしまう。

故に行動としては、停滞に繋がると言うことですね。

自分を解放して行くなら物事は前に進みますが
自分を騙そうとしても、隠すことに熱中すれば停滞は避けられません。

あなたの言われる仮象の範囲は、もしかしたらこれのことかもしれないですね。

ニーチェが超人になった気持ちも分かるんですよね。
それこそが自身の欺瞞に飲み込まれているから、ハイテンションになる。
それを克服して超人になったような気になる。

ドーパミンがバリバリ出てる状態で、かなり気持ちがいいと思います。


>一体この姿勢は何なのでしょうか?

大いなる勘違いと言えるでしょう。
だからそのまま進めば、自己崩壊へ向かいます。
ニーチェは、自身で崩壊へ進んで行った。

ニーチェを読んで、同じく超人になろうとすれば
その先に必ず自己崩壊が待ってます。
それを彼は身をもって実証した訳で、超人説は
本人が超人になったように感じてしまって気持ちよくなれますよ。
ってことですね。


私はニーチェが嫌いではなく、むしろ好きですね。
バタ臭くても、出口を探して彼なりに一生懸命に生きた訳ですから。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

ニヒリズムを超越する、というのがすでにニヒリズムなのです。





そもそも古代ギリシャ哲学や宗教では
この世界を超越的する絶対的な価値が存在するのでそれに近づくため
自分を律していこう、というのが主流の考え方でした。
もちろんそれを『神』と呼んだり、『イデア』と呼んだり、
形は様々であったのですけれど。


ですがデカルトの大呪文"コギト・エルゴ・スム"が登場して以来、
その前提を『疑う』ことが可能になりました。
論理が整理され登場する超越的な世界を
『形而上学』や『理性』と呼び、それを目指すことで
あやふやな(あるいは誤りから成る)神に頼ることなく、
より確固たる社会を作り上げることが可能となったわけです。



ところが、そういった社会でもまだ無気力さ、厭世観、他者への否定
のような宗教時代の悪弊は一掃はされず継続していました。
続く『ヨーロッパのニヒリズム』の原因はどこなのか?

コギト・エルゴ・スムの以前と以後で変わっていない部分に着目すると
ある点に気付くかと思います。それは『超越した価値』を仮想すること
という部分では古代哲学も近代哲学も同じだと言えるのです。
(ニーチェはこれをプラトン主義、と呼びました。)




そこでニーチェが唱えた大呪文が"Gott ist tot"。(神は死んだ)
言い換えれば『絶対的な価値観』の無効を宣言したのです。
では、絶対的な価値が存在しないのならば、どのような価値が存在するか。
根源が存在しなければ、人はどこに帰り付くのか・・・


・・・と続いていくわけですねー。




というわけで、
”結果が同じだからそんなんやってもしゃーないよ”という
『(ニーチェ当時の)ヨーロッパのニヒリズム』は克服すべき。

宗教支配を終わらせた『ニヒリズム(コギト・エルゴ・スム)』
はやり方は良かったので克服(終了)するひつようは無いけれど、
結論に問題(プラトン主義)を抱えているから、その克服も
宗教と同じ欺瞞の世界にたどり着いちゃうよ、ということじゃないでしょうか。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

補足請求ありがとうございます。



その本を知らないので、筆者のことは詳しくは分かりかねます。
>「ニヒリズムを克服するという欺瞞的姿勢をまず克服しなければならない。」

これから言えるのは、
「私(筆者)が自分のニヒリズムを克服するには
 私自身の欺瞞的姿勢をまず克服しなければ
 私自身の持つニヒリズムを克服できない」
と言う告白でもある訳ですから、欺瞞と言う姿勢からニヒリズムが
生まれている可能性が伺える発言ですよね。

根を絶たないと、雑草のようにニヒリズムが生えてくる。

つまり欺瞞を克服しない、あるいはできないと考えている。
だから自分の欺瞞に関しては眼をつぶるか眼を背けるかして
残ったもので都合のいいように答えを作り出す。

それが悪いとは思いませんが、「私は欺瞞をガッツリ持っています」
ってのが、自分が本来望む形であるのでしょうか?
欺瞞に溢れる人は、同じような欺瞞に溢れる人を嫌いますよね。
つまりは、本人は欺瞞を持ちつつ欺瞞が嫌いな訳です。

嫌いなものと、年中一緒に居る訳ですから
結果はニーチェな訳ですよね。

私としては、そのようにたどれますが如何でしょうか。

同じような結果が訪れる前に、著者本人が動き出されることを願うばかりですね。
どなたかは存じ上げませんけどね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

ニーチェには詳しくありません。


が、考えてみました。


心理学者を自認するニーチェによれば、ニヒリズムにおいて私たちが取りうる態度は大きく分けて2つある。

1.何も信じられない事態に絶望し、疲れきったため、その時々の状況に身を任せ、流れるように生きるという態度(弱さのニヒリズム、消極的・受動的ニヒリズム)。
2.すべてが無価値・偽り・仮象ということを前向きに考える生き方。つまり、自ら積極的に「仮象」を生み出し、一瞬一瞬を一所懸命生きるという態度(強さのニヒリズム、積極的・能動的ニヒリズム)。
ニーチェは積極的ニヒリズムを肯定し、永劫回帰の思想の下、自らを創造的に展開していく、鷲の勇気と蛇の知恵を備えた「超人」になることをすすめた。 wikiより


ニーチェが超人説を唱えたことは知っていますが、2.からと言うことになりますよね。

>ある本では真性ニヒリストは明るく、清潔で、あっけらかんとしていると書かれていました。
>ニヒリズムは克服する必要も無いし、仮に克服してもその先には欺瞞に満ちた世界しか無いとまで書かれていました。

が2にあたると思われます。

ニーチェは、知っていた。
目指すことも分かっていた。
それで最後には、ああいう結末であった。

それが答えを物語っているのではないでしょうか。

個人的には、克服しなかった故に欺瞞に満ちた世界に
住む住人になったように見受けられます。
欺瞞が無ければ、ニヒリストではないのではないでしょうか。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虚無主義に対抗するには?

『こんにちは。実は最近悩んでいます。
みなさんは、生きている事など虚しいことだ、なんて考えた事はありますか?
思ったのですが、どうせ私達人間が、どれだけ努力をして社会に貢献し、文明を発展させたとしても、何万年後か後に人類が生き残っているなんて言う保証はないし、もっと未来の百億年ぐらい後には太陽系すら消滅しているのだから、巨大な宇宙に比べて一人の人間の存在なんてちっぽけなものにすぎないのではないでしょうか?圧倒的な虚無の前には、人が生きている意味など皆無に等しい。ましてや、意味や概念などは、人が生きるために作り出したものではないか?そんな風に考えていると、かつては美しいと感じていた正義とか愛、自由や平等といった数々の理想が、全く信じられなくなってきます。信仰する宗教でもあればそこに逃げ込めるのですが、残念ながら無神論者です。最近では、自殺も考えます。生きている事が苦しみの連続なら、むしろ自ら命を絶ったほうが幸せではないでしょうか?だいたい、私が今日死ぬのと、明日死ぬのと、どれほどの違いがあるというのですか?家族が悲しむ?そんなの、ささいな問題です。あ、でも一人で死ぬのは癪だから、道連れに大量殺人でもしてやろうか、なんて考えています。』
といった感じの、虚無主義にはまった鬱病患者が知り合い(友人とは呼びたくないが)にいて困っています。彼を説得して人生に対して意義を見出させるにはどうしたらよいでしょうか?それともこんなアナーキストみたいな奴、ほっといたほうがいいのでしょうか?

『こんにちは。実は最近悩んでいます。
みなさんは、生きている事など虚しいことだ、なんて考えた事はありますか?
思ったのですが、どうせ私達人間が、どれだけ努力をして社会に貢献し、文明を発展させたとしても、何万年後か後に人類が生き残っているなんて言う保証はないし、もっと未来の百億年ぐらい後には太陽系すら消滅しているのだから、巨大な宇宙に比べて一人の人間の存在なんてちっぽけなものにすぎないのではないでしょうか?圧倒的な虚無の前には、人が生きている意味など皆無に等しい。ましてや、...続きを読む

Aベストアンサー

寂しい話ですが何故生きているかの意味は無いような気がします、
"殺人"又は歴史に残るような偉業を成し遂げたとしても、
後の世代の目に付くときには、きっと新聞や教科書の一行程度の過去でしょう。

社会秩序から外れた意見ですが、文明社会での生活の手段や生きて行く作業は
自分以外の多数の生命や財産を守る社会人の法的秩序であって、
本来自然の営みの中では死ぬも生きるも個人の自由意思だと思うのです。

仕方無しに生きている、しかしその人が無意味だと思いながら生きている空間にも
生きていく事の楽しさを寿命の限り追及してきた先人が脈々と行なってきた
生きていく事への"技"が受け継がれていると思うのです、
"面白き事無きこの世を面白く"以前意見を頂いた方に教えて頂いた高杉晋作の
辞世の句ですが、必ずその方も人生に楽しさを探せるはずだと思うのです。

下にも意見がありましたが、情報過多になって何を楽しんでいいか
判断出来なくなっている状態ではと思います、
今は単純に自分を探す時間が必要なのではと思うのです。

自分を探すことは迷路を彷徨う事にも似ています、
その方は口ではあきらめていても、きっと出口を探していると思うのです。

寂しい話ですが何故生きているかの意味は無いような気がします、
"殺人"又は歴史に残るような偉業を成し遂げたとしても、
後の世代の目に付くときには、きっと新聞や教科書の一行程度の過去でしょう。

社会秩序から外れた意見ですが、文明社会での生活の手段や生きて行く作業は
自分以外の多数の生命や財産を守る社会人の法的秩序であって、
本来自然の営みの中では死ぬも生きるも個人の自由意思だと思うのです。

仕方無しに生きている、しかしその人が無意味だと思いながら生きている空間にも
生きて...続きを読む

Q女性に興味の無い男性っていますか?

私は女ですが、気になっていることがあります。真面目で、感情表現もせず女性に興味の無さそうな男性でも女性に興味はあるのでしょうか?(もちろんホモなどは除いて)

Aベストアンサー

昔、女性の知り合いに、「○○って女に興味なさそうだよね~」って言われていたことがあります。
何人かに言われたので、そんな風に見られるの嫌だなぁ~と思い自己分析をしてみたのですが、
今考えれば青いというか、笑っちゃいますけどね。

そんな風に言われていた当時は、
女性に対する免疫がないというか、女性に対する言動に一線も二線も引いていて、
自分を見せないというか、
さらけ出せないんですよね、
異性に興味を示せない人の大体が、
普通に話せるけど実はシャイであるというパターンだと思います。
ただ引込思案っていうわけでなく、異性に心を見せれない人は多いと思いますね。

当時は自分では気づきませんでしたし、
「自分だせよ」「崩れたところ見せないよね」
なんて言われました。
実は女に興味あるくせにねぇ~
ないような顔をしていたんだから、笑っちゃいます。
妙にプライドが高かったり、意地っ張りなこともありましたが、
一度、いろんな意味でカミングアウトすると、ぜーんぶ余計な肩の力が抜けてしまいました。
もちろんホモではありません。
女好きだし、開花しすぎて困っているところもあるぐらいで。

あと興味ないパターンって、夢に向かって夢中な人ぐらいですよ、
そんな人は何かに夢中なので、すぐ分かると思うのですが、
わかりにくい人って実はシャイですよ。

育った人間関係の環境が片性だけの場合は、異性に対する殻が出来やすいと思います。
最初から殻のない人はいいですが、
異性にたいする殻が出来ちゃった人(私のような)は、一回破らなければならないんですよね。

昔、女性の知り合いに、「○○って女に興味なさそうだよね~」って言われていたことがあります。
何人かに言われたので、そんな風に見られるの嫌だなぁ~と思い自己分析をしてみたのですが、
今考えれば青いというか、笑っちゃいますけどね。

そんな風に言われていた当時は、
女性に対する免疫がないというか、女性に対する言動に一線も二線も引いていて、
自分を見せないというか、
さらけ出せないんですよね、
異性に興味を示せない人の大体が、
普通に話せるけど実はシャイであるというパターンだと思...続きを読む

Qひたすら眠り続け、何もやる気がしません…

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれません

夜12時以降起きていると
あまりの寂しさに死にたくなるので
睡眠導入剤を飲んで無理矢理睡眠に入ります

「仕事をした方が良い」と勧められる事もありますが
どうしてもしたくありません

友人もほとんどいません


毎日死にたいと考える時間が多くなってきました


これは完全に鬱ですよね?
病院にも行きました、薬も色々貰いましたが
全く役に立ちません

なぜなら朝ひたすら眠り続けるという習慣だけは
薬で改善出来ませんからね


何もやる気がしないというのは
自分自身で考えた結果
ひたすら寝続けると言うのが原因なのでは?
と思いますがいかがでしょうか??


一つだけ人生の中で興味のある分野が英会話です
これだけはどんなに頭がおかしくても
余裕のあるときに練習しておりますが

一人で勉強していると寂しくて死にそうになるし、
一緒に励まし合う仲間が欲しいため
有名な英語学校に行ったりもしますが
費用がバカみたいに高くて
バリバリ毎日打ち込めるほど通えるという訳ではありません


長くなってしまいましたが
このように何もしたくないというのは
長すぎる睡眠に原因がある物なのでしょうか??

ご存じの方いらっしゃいましたら
教えてください
よろしくお願いします

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれ...続きを読む

Aベストアンサー

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
低血糖症のメカニズムの説明は、こちらが分かりやすいかなと思います。
http://www.h3.dion.ne.jp/~ysrg/kenkouhou/satou.html
もし該当するようであれば、このリンク先に書かれてあるようなことを、できる範囲ででも気をつければ、つらい症状の緩和が期待できると思います。(効果が感じられるまでに、数ヶ月は見てください)
それと、寝る前にぬるめに温めた牛乳にきな粉を溶いたものを飲むのも良いです(目覚め時に低血糖が起こるのを防ぎます。これも数ヶ月は実施が必要です。)
おやつには、ナッツ類(カロリーが高いので、食べ過ぎないように)や、豆腐などタンパク質を摂るのが良いとのことです。

なお、この病気の治療には、適度な運動(日光を浴びてメラトニンやセロトニンの生成を促す。筋力アップでエネルギーを貯えられる体にする)も重視されます。
疲れすぎている場合は、10分ほどブラッと散歩するくらいから初めて下さい。

低血糖症の検査は、朝から夕方まで5時間かけて9回の採血と採尿を行い、医師にとっても非常に手のかかるものであるため、実施してくれる病院は非常に限られる様子です。

一応、私が把握している病院のリンクを貼っておきますね。

(千葉県の内科 【遠方者対応あり】精神科等と並行して受診する患者さんもあるということです。)
http://www.mariyaclinic.jp/

(東京 精神科・心療内科 通院できる人)
http://www.yaesu-clinic.jp/
(東京 サプリメント・クリニック 【遠方者対応あり】上記リンク先の提携医療機関)
http://www.shinjuku-clinic.jp/

ご参考までに。通院が無理という場合でも、食生活にはぜひお気をつけくださいね。
私の場合は、治療開始2ヶ月ほどで朝起きられるようになり、昼も眠くならなくなりました(まだ治療の途中です)。過睡眠には10年以上悩んだのですがね。

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング