電子書籍の厳選無料作品が豊富!

お世話になります。

・年齢は70才
・年金を月10万もらっている。
・スマホアプリの売り上げで年収100万
上記の条件の時に、スマホアプリの売り上げを確定申告等でした場合、
現在もらっている年金に、何か影響することはあるのでしょうか?

何卒宜しくお願い致します。

A 回答 (6件)

厚生年金に加盟している人が年金をもらっている時(在職老齢年金)に、その収入により支給額に変動があります。

ですからスマホアプリの売り上げがいくらあろうと年金には影響しません。
    • good
    • 0

年金の減額に関連するのは 給与収入だけです。


事業収入(所得)などは 1000万あっても 年金は一円も減額されません。
他の回答にあるマクロ経済スライドによる減額は別次元の話です。
    • good
    • 4

年金には反映しません。

受取額も増減ありません。でも、関係なく誰も毎年減額されていきます。
    • good
    • 0

Moryouyouと申します。

よろしくお願いします。

70歳にして、スマホアプリとはすばらしいです!

ただ売上げはこれまでほとんど意識されなかった、
税金と健康保険料に影響してきますので、
ご留意ください。

年金は以下のHPからみますと、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm
全て公的年金控除対象となっており、(年120万と想定)
現状非課税であると推定されます。

しかし、スマホアプリで年収100万が所得(利益)で
あると、もろに課税対象となります。

確定申告時に売上げ100万だが、それにかかった経費
(例えばアプリ開発環境、PC、サーバ、ネットワーク
 借用、利用料金など)が差し引けるのであれば、
所得(利益)は減るので、課税対象を減らすことが
できます。

他に控除の内容としては、
基礎控除 38万
社会保険控除(年間の国民健康保険料)
配偶者控除38万(年齢により老人控除配偶者48万)
などが考えられます。

100万がそのまま所得となり、健康保険料も少額
配偶者控除もないとなると、基礎控除の38万だけ
引かれ、課税所得は62万弱、所得税率5%で
3万円程度の所得税がかかってきます。
また、住民税ですと基礎控除が33万で
課税所得が67万で税率10%と均等割額0.5万円で
7万ちょっとの住民税がかかります。

さらに健康保険料は住民税に近い考え方で、
上記、67万が算定基礎額となり、地域によりますが
10%の所得割+6万円ぐらいの均等割がかかり、
12~3万の保険料がかかる可能性があります。
地域によってかなり差があるようなのでお住まいの
役所のHPなどでご確認下さい。

100万のうち、どのぐらい経費を引けるかで
税金、保険料に影響が出ますので、そのあたり
ご検討下さい。

いかがでしょうか?

参考HP
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320. …
    • good
    • 0

今現在のところなかったと思います。

収入のある高齢者の支給額を減らす方向で話が進んでるらしいとは聞きますね。
    • good
    • 0

年金の支給額は、退職の間近の10年間の収入を元に決定されると聞きました。



その後は、別の収入があっても関係なく支給されると思いますが。

義母は現在70代で、60歳で退職して、個人でかけていた年金もちゃんともらってますし、勤めてた企業からの年金ももちろんもらってますし、国からの年金ももらってますから(年金収入が多数)、質問者さんの場合も大丈夫ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!