青色申告初心者です。
基本的な事を質問するようですがどなたかご教示下さい。

売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに気付きました。
よくよく考えてみると昨年の12月に掛けで仕入れたものは
翌月の支払いになるので今年の1月に支払っている分があった為です。
売掛金もこれ同様のしくみで借方と貸方の金額にズレが生じたようなのですが
このような年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか?

回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>12月に掛けで仕入れたものは翌月の支払いになるので今年の1月に…


>借方と貸方の金額にズレが生じたようなのですが…

ズレなどでなく、正当なことです。

・12/20 【買掛金 100円/仕入 100円】
・12/31・・・買掛金が 100円残っている
・1/10 【買掛金 円/現金 (or 普通預金) 100円】
・支払ったので買掛金が 0 になった

>年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか…

相殺などしてはいけません。
大晦日現在で未入金、未払いのものはそれぞれそのとおりに、貸借対照表に表現しないといけません。

>売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに…

もともと同じ数字になるものでありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても早い回答ありがとうございました。
金額が揃うものではないことを知って安心しました。
未入金未払金のこともよく分からなかったので勉強になりました。

お礼日時:2015/04/10 15:21

>売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに気付きました。


>年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか?

総勘定元帳の売掛金も買掛金も、繰越残高を除いた貸借の金額が一致しないのはごく自然です。

売掛金は貸方より借方の金額が多くなるのが普通で、その差額(残高)を「売掛金」として、
買掛金は借方より貸方の金額が多くなるのが普通で、その差額(残高)を「買掛金」として、

それぞれ貸借対照表に載せることになります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

売掛金」に関するQ&A: 買掛金、売掛金とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金と買掛金の相殺

取引先の相殺の仕方が、私の理解している相殺の定義と一致しません。もしかして私の理解不足かなと思いましたので、こちらで質問させてください。
先方とは、月々の売り買いで、どちらが多くなるかが決まっていません。当社の売りが多い場合も買いが多い場合もあります。これを相殺処理しているのですが、先方は売り買いのどちらが多くても買掛金主体で相殺処理をしているようです。当社はどちらか少ないほうの金額を相殺処理しています。
当然残高は一致していませんので、現在、残高不一致の原因究明等を双方でしているところです。

先方
5月度 売掛金 100円 買掛金 200円 相殺 200円
6月度 売掛金 300円 買掛金 100円 相殺 100円

当社
5月度 買掛金 100円 売掛金 200円 相殺 100円
6月度 買掛金 300円 売掛金 100円 相殺 100円

どちらが正しい処理でしょうか?
営業畑で経理的な考え方が苦手な上司に、どのように説明すればわかりやすいか、も合わせてご教授頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 売掛金と買掛金の相殺は必ずって言っていいほどトラブルが起こります。確かに互いに自分に都合の良い取引をしたいのは分りますが、当社の債権債務は貸したら一旦受け取る。借りたら一旦返す。の原則を貫いています。

 最初は杓子定規と思うわれるけれど後でトラブルになりません。そうして相談があったときは素直に相談に乗ってあげ上司に相談をしてベストの形で取引をしています。

 今回のような取引は担当者が変わったときなど、どうして良いか途方に暮れます。相手先の担当者もあなたと同じレベルなら良いのですがレベルが違うとこのようにあなたも疑問になってしまうのです。ですうからこれからの取引は今一度思案して見たらと思いますが如何でしょう。

Qマイナスの買掛金

経理がよくわからないまま、弥生会計を使いながら7年間会社を経営してきた者です。
買掛金がマイナスで500万円あります。

買掛金がマイナスとはどう理解すればよいのでしょうか?

今まで支払うべきお金ともらうべきお金に間違いはありませんでした。

少し気になるのは、赤字の繰越額が少ないような気がします。

宜しくご教示下さい。

Aベストアンサー

仕訳・振替伝票の作成、入力事務をどなたがなさっているかで、事務の精度も変わってくると思います。


初歩的な問題で考えられるとしたら、

【正】  仕入 *** / 現金 ***

【誤】  買掛金 *** / 現金 ***


または、

【正】  仕入   *** / 買掛金 ***
     買掛金 *** / 現金 ***

【誤】  買掛金 *** / 現金 ***

では、ないでしょうか。


買掛金を立てていない状態で、「買掛金の支払い」と仕訳してしまったのかな、と思います。

つまり、「仕入」の計上漏れ、です。

赤字の繰越金は、あと500万円くらい、あるのではないでしょうか。 

**********************************

簿記が分からない人が、会計ソフトを入力する場合は、「複式簿記にこだわらない」ほうがいいと思います。

毎月の入力は、すべて現金主義で入力して、期末に売掛・買掛などの修正仕訳(洗替)をする方法です。

「期中現金主義」などといいます。


月々の、売掛や買掛は、手書きのノートか、エクセルシートなどで、十分管理できると思います。

仕訳・振替伝票の作成、入力事務をどなたがなさっているかで、事務の精度も変わってくると思います。


初歩的な問題で考えられるとしたら、

【正】  仕入 *** / 現金 ***

【誤】  買掛金 *** / 現金 ***


または、

【正】  仕入   *** / 買掛金 ***
     買掛金 *** / 現金 ***

【誤】  買掛金 *** / 現金 ***

では、ないでしょうか。


買掛金を立てていない状態で、「買掛金の支払い」と仕訳してしまったのかな、と思います。

つまり...続きを読む

Q調整の為の勘定科目ってないですか?

こんにちは。会社の経理をしています。拙い質問ですが、よろしくお願いします。
勘定奉行を使って仕訳をしています。銀行残高を照合したところ、5月と6月の仕訳に間違いがあり、残高が違っていました。もうすでに月締めを行なっているので、過去の伝票はできればいじりたくないのです。
こういう場合、調整のための勘定科目というものは存在するのでしょうか?
ちなみに間違って入力していたのは
●給与/普通預金(実際の額より少ない)
●普通預金/売上高(   〃    )
●買掛金/普通預金(   〃    )
以上三つです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の物です
申し訳ありません 次月修正とは翌月に差分の伝票を入れると言うことです
履歴をわかりやすくするために 正確には
前月分の反対仕訳を切り再度適正金額にて伝票を切る方がいいのですが
本来は10の支払
前月  給与 9 / 預金 9
上記仕訳で締めてらっしゃるので
次月の仕訳として
1) 給与 1 / 預金 1 でもOKなのですが

2) 預金 9 / 給与 9 この仕訳で1度前月の仕訳を無かったことにして
   給与 10/ 預金10 と適正金額での仕訳
後者の方法が後からみてわかりやすいと思います

あと 決算が狂うとかありますが 基本的な会社では4~3月で締められてると思います(個人業者なら1~12の所もありますが)
期中ですので別に狂うことは無いと思いますよ

修正して間違えて行くとだんだんわからなくなると思いますので
めんどくさいとは思いますが後者の仕訳 の方が良いと思いますよ
適応欄に 前月度***修正分とか入れておけば監査もOKだと思います
***には伝票番号等を入れておいてください

指導者もいらっしゃらないとの事ですが 経理はアル意味特殊分野ですので
難しいと思いますががんばってください

No.2の物です
申し訳ありません 次月修正とは翌月に差分の伝票を入れると言うことです
履歴をわかりやすくするために 正確には
前月分の反対仕訳を切り再度適正金額にて伝票を切る方がいいのですが
本来は10の支払
前月  給与 9 / 預金 9
上記仕訳で締めてらっしゃるので
次月の仕訳として
1) 給与 1 / 預金 1 でもOKなのですが

2) 預金 9 / 給与 9 この仕訳で1度前月の仕訳を無かったことにして
   給与 10/ 預金10 と適正金額での仕訳
後者の方...続きを読む

Q売掛金、買掛金と返品の相殺仕訳

経理初心者で仕訳がわからなくなり困っています。頭がこんがらがってます。
売掛と買掛がある取引先で、処理後の買掛からの返品時の仕訳とその翌月の仕訳を教えてください。m(__)m

毎月20日締で翌月15日に相殺分の振込みがあります。

4/20締分は
5/15売掛から買掛を相殺されて振り込まれました。

4/25 4月分の仕入れの一部を返品
5/20売掛のみ、取引先からはマイナスの請求書
6/15 返品分の相殺なしで売掛のみ振り込まれました。

ここまでは返品分を抜かして記帳済です。

・6/20売掛のみ
7/15 返品分と売掛がプラスされて振り込まれました。

この返品分の仕訳と7/15の仕訳をお願いいたします。
記帳済の修正も必要でしたら、その仕訳もお願いいたします。

Aベストアンサー

勝手に金額を入れてみますね。


4/20  売掛金 / 売上  30,000円
     仕入  / 買掛金 20,000円

4/25  買掛金 / 仕入  4,000円 返品 

5/15  買掛金 / 売掛金 20,000円 相殺
     預金  / 売掛金 10,000円


 (この時点で、売掛金残=0円  買掛金残=△4,000円)

5/20  売掛金 / 売上  50,000円
     買掛金 / 仕入     0円(これは、仕訳しませんね)

6/15  預金  / 売掛金 50,000円


6/20  売掛金 / 売上  70,000円
     仕入  / 買掛金    0円(これも、仕訳しませんね)

7/15  預金  / *** 74,000円

   *** は、どうすればいいの?

ということですよね。

   売掛金 70,000円
   買掛金  4,000円(返品による過払金の返金)

でいいと思いますよ。



      
 

Q事業主の資格取得費用の仕訳で困っています

よろしくお願いします。私は今年、個人事業主として独立しました。仕事は重機のリース、オペレーターです。もちろん必要な資格(免許)は持っています。ところが同業者の方からある資格(国家資格)を取ったほうがこれから先仕事が取りやすい、またこれまで外注に出していた重機の定期点検が自分でできる(経費節減)ということで受験しました。この受験費用は経費になりますか(事業主本人でも)また、その際どの勘定科目で処理するのが良いですか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可。
そのときの科目は雑費でよい。
そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作ればいいけどね。

Q年をまたぐ売掛金の記帳について

当方、個人事業主です。

昨年12月までに売掛金が発生した取引で
売掛金の入金が1月だった場合、

売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく
「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば
計上した事になるのでしょうか?

この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。

また、年明け1月の記帳には上記の取引案件の入金は
売掛帳に記載しなくても良いのでしょうか?
通常、売掛金の入金の際は、源泉税で引かれた分の記帳も
あわせて売掛帳に記帳しておりますが、それはいつ、
どの帳簿に記載すれば良いかもご教授下さい。

初めての経理で困っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳はしません。通常時と同様に記帳しておけば計上した事になります。


・昨年12月25日に売上48万円が発生した場合、

12月25日
〔借方〕売掛金480,000/〔貸方〕売上高480,000
売掛金元帳の借方に480,000、相手科目は売上高
売上高元帳の貸方に480,000、相手科目は売掛金


・代金が1月29日に振り込まれた場合、

1月29日
〔借方〕普通預金431,580/〔貸方〕売掛金480,000
〔借方〕仮払税金 48,000/
〔借方〕売上値引    420/
売掛金元帳の貸方に480,000、相手科目は諸口
普通預金元帳の借方に431,580、相手科目は売掛金
仮払税金元帳の借方に48,000、相手科目は売掛金
売上値引元帳の借方に420、相手科目は売掛金
※仮払税金は元入金でもOK
※売上値引は支払手数料でもOK


以上、税込経理方式

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳...続きを読む

Q売上と仕入の相殺の仕訳

弊社は電気工事の仕事をしています。
弊社の売上の取引先で仕入(部材や商品)も行っています。
売上の金額が銀行口座に振り込まれてくるのですが、
仕入分を相殺した金額で振り込まれます。
後で相殺分の領収書は受け取ります。

ちなみに振込分は売上で処理しています。
この場合どういう仕訳をしたら辻褄があるのかわかりません。
仕訳処理が止まっている上体です。
どうか助けてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>売上請求金額 100,000 仕入分金額200,000
 振込された金額 800,000(通帳表示金額)
 領収書金額 200,000
この場合の仕訳はどうなるのでしょうか?


発生主義会計、税込経理方式の前提で回答します。

電気工事が完了したとき、
〔借方〕売掛金1,000,000/〔貸方〕売上高1,000,000

部材や商品を仕入れたとき、
〔借方〕部材仕入高200,000/〔貸方〕買掛金200,000

差額の80万円が口座に振り込まれた時、
〔借方〕普通預金800,000/〔貸方〕売掛金1,000,000
〔借方〕買掛金 200,000/

となります。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q現金出納帳が合わない!

いつもお世話になっております。
小規模な会社の経理を一人でしています。
現金出納帳を3ヶ月ほどまとめて、記入していたら100万円ほど合わないのです。
どうすればよいのでしょうか?
明日、社長には正直に話して自腹を切る覚悟はできています。
現金出納帳を毎日つけなくてはいけないことは、十分承知しております。
今回は、そういうご指摘は必要ありません。

以前に、このような経験をされた方、そしてどのような対応をとられたのかをお教えいただきたいです。

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

小規模な会社で現金100万円が合わないのは結構大きな金額ですね。

まずは
1.前期比較月次推移損益計算書
2.期首比較貸借対照表
を出力してみて、異常な数値の動きがないかチェックしましょう。小規模な会社で3ヶ月で100万の金額ですので、前期の財務諸表と比較すれば大体の目安は付くのではないでしょうか?見方が分からない場合には、会計事務所の担当者に一緒に確認してもらいましょう。

次に#4の方の回答の通り、現金残が合わない原因は次のパターンに分けられます。

1.入金処理のミス
2.出金処理のミス
3.不正
4.社長の引き出し

1.入金処理のミス
・預金からの資金移動→預金残の確認
・売上入金→売掛残の確認
・単純な記帳ミス・・・等

2.出金処理のミス
・預金への預入→預金残の確認
・資産購入→請求書・領収書確認
・経費支払→請求書・領収書確認
・仕入支払→買掛残の確認
・単純な記帳ミス・・・等

3.不正
・内部管理体制の不備(これから整備していってください)

4.社長の引き出し
・現金の日頃の管理はどうされていますか?小規模な会社では会社の現金を社長が自由に出し入れしているケースがよく見られます。通常は社長貸付金として処理しているのですが役員報酬の一部として清算しているケースもあります。100万÷90日=1日3.3万となりますのでありえる金額です。

ご質問者さんの責任については、
正確な記帳や適正な現金管理はこれからの課題として、とりあえず上記の手順で比較F/Sをみて異常な数値の把握をする、出金・入金の裏付けをとる、他の勘定科目の残高を確認する、ことを実行してください。

それで原因が把握できない場合には、不正か社長による現金引き出しが原因になります。

不正については、ご質問者だけの責任ではなく、適正な内部管理を整備していない経営者の責任でもありますので自腹を切るのはいかがなものかと思います。

小規模な会社で現金100万円が合わないのは結構大きな金額ですね。

まずは
1.前期比較月次推移損益計算書
2.期首比較貸借対照表
を出力してみて、異常な数値の動きがないかチェックしましょう。小規模な会社で3ヶ月で100万の金額ですので、前期の財務諸表と比較すれば大体の目安は付くのではないでしょうか?見方が分からない場合には、会計事務所の担当者に一緒に確認してもらいましょう。

次に#4の方の回答の通り、現金残が合わない原因は次のパターンに分けられます。

1.入金処理のミス
2.出金...続きを読む

Q買掛金の過払いを、返金してもらうときの仕訳け

買掛金で過払いをしてしまいました。今後、この業者から請求書が発生することがないので、銀行振込にて返金してもらおうと思っています。その場合、買掛のマイナスのままにしておいて、入金されたら買掛を増やすという作業になるのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

入金されるのが〆日を越えないなら、買掛金のマイナスでかまわないかと思います。

#1さんの回答のように、
現金/買掛金
もしくは
当座預金/買掛金

私が同様の処理をしたときは、返金時の振込料を負担したので、

当座預金/買掛金
当座預金/通信費

のようにしました。

この画面の見た目の都合上、借方の当座預金を2行にしましたが、会計システム入力時は合計して入力しました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報