人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

西日本から埼玉県へ引越してきてどうもあちこちに、用水路とも小川とも溝ともつかない水路がたくさんあるのに気付きました。特に県内の東部地域に顕著な気がします。

 最初は田畑へ農業用水を引くための灌漑水路かとも思いましたが、それにしてはドブ川や大きな溝っぽいのも目立ちます。自然な小川もあるのでしょうが、人工的な気がしてなりません。

 これは何なのでしょうか。もし人工的にだとしたら、一体どういう目的で作られたのでしょうか。あまりにもよく見かけるので、事情を知らない身には不思議でなりません。

 もしご存じな方がいらっしゃいましたら、ご回答頂けると幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それは江戸時代に大岡越前が行った農業用の水路、「見沼代用水」であるぞよ。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%8B%E6%B2%BC% …
荒川と元荒川などの水を引いたのです。

古いので、使わないものはどぶ川っぽくなっています。

さらに、映画の「のぼうの城」はご覧になりましたか。
行田の忍城がモデルです。
そのように、城の水攻めにも使われたのです。

久喜市の菖蒲のあたりは、川沿いに桜が植えられて綺麗ですよ。


で、面白いもがあります。
荒川と江戸川をつないでしまうと、水位が違うので洪水が起きてしまいます。
そのため、パナマ運河のように水位を調整しながら船を通す仕組みがあったのです。
通船堀といって、年に一度は昔のように船を通して見せます。
http://www3.plala.or.jp/sanpo/minuma.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも有り難うございます。江戸時代から水運に利用されていたんですか、そんな歴史があったとは更なる驚きです。
 あと確かにさいたま市内では、見沼区の辺りでもけっこう見かけますよね。久喜市の菖蒲も仕事上で立ち寄れなくもないので注意してみます。
 なおせっかくのご縁なのでご紹介の映画、「のぼうの城」も是非とも拝見したいと思います。本当にどうも有り難うございました。

お礼日時:2015/04/11 06:03

ほうほう、西日本の方には不思議なことなのですか。


物心ついた時分から武蔵の国に住んでいる私は言われて初めて気づきました。
途中で東京都内に移り住んだ経緯もありますがおよそ半世紀、指摘されるまでわかりませんでした!
で、回答がすでに出ている通り、見沼代用水ですね。
何せ日本一広大な関東平野です。川から水を引いて大地を潤したり物流を支えたりしてきた歴史があります。
小学校の社会の時間には郷土の歴史として学びました。
ご指摘のとおり今ではただのどぶ川になってるものもありますが、豪雨の時などは水の逃げ場になりますしまだまだ役目は担っているのです。

しかし私には幼い頃の悲しい思い出があります。
幼稚園のお友達が用水に落ちて亡くなってしまいました。
流し雛をしに行ったのです。自分がそこに居合わせたわけではありませんでしたが。
昨日まで一緒に遊んでいたお友達が今日はもういない、人の死を初めて意識した出来事でした。
海のない県ですがそういう水の事故もあったわけです。

NO.1の方が言っておられる通船掘りの東側一帯は見沼田んぼと呼ばれる自然保護地区になっています。
宅地化商業化の激しい地区ですがぽっかりそこだけ広大な緑が広がっていて市民の憩いの場です。
春には用水沿いが桜のピンクの帯になります。
古くから伝わる民話や伝説などもあり、いにしえを偲ぶ場にもなっております。
海のない埼玉県には鰻や鯉料理の店が多くあります。
現在、鰻自体は埼玉で捕れるものではありませんが、江戸時代から続く老舗も多いのです。
お好きであればご賞味ください。好みの味を見つけてみると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも有り難うございました。そうなんですか、長い歴史上で色々とあったのですね。やはりその土地独特の、風土記も含めまして。
 私が生まれ育った町も川沿いで、大型の一級河川だったものですから昔から氾濫しては被害をもたらしたそうでした。
 親の代には町中が水浸しになったりとかも。いつしか上流にダムが出来てからは、水害はなくなったものの水かさが減って川は汚れる一方のようで。
 農業も盛んでしたが水引きは小さな溝か溜池ぐらいしか見たことがなく、埼玉のように無数に張り巡らされたような水路は新鮮な驚きでした。
 あと内陸県でも水の縁が深いのも興味深いですよね。個人的には淡水魚が大好きなので、鰻はもちろん他の魚も賞味してみたいと思います。
 なお広大な関東平野とのこと、確かにそうですよね。こちらに来て大地に夕日が沈むのを初めて見ました。山か海に落ちるのしか知らなかったので。
 色々とどうも有り難うございました。外から見た地元や時に振り返っての再認識とか、長く暮らしていると様々な発見もありますよね。

お礼日時:2015/04/11 06:22

灌漑用水と排水路ですね。


元は田畑で水はけの悪い洪水常襲地帯です。
殆どが宅地化されても一カ所でも残っていれば廃止できないし、水利権が絡んでくるので事実上使われなくなっても簡単には廃止できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。排水路もあるのですか、水はけの悪い洪水常襲地帯とは存じませんでした。
 土地が低かったり湿地帯だったりもするんですかね。であれば災害にも気を付けなければなりませんよね。

お礼日時:2015/04/11 06:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング