MSNのアンケートでは、ウスターソースのウスター(worcestershire)が一位になっていました。これは、日本人だけではなく、英語が母国語ではない人すべての第一位、ということでした。イギリスとアメリカで発音が違うので、余計に戸惑うのかもしれません。
http://dictionary.cambridge.org/us/pronunciation …

私は、hereditaryの発音が苦手です。口にする前に、一拍おいて、呼吸を整えてから。。。ということになります。
http://dictionary.cambridge.org/us/pronunciation …

発音が難しいなぁ、と思われる英単語にはどんなものがありますか。
教えてくださると幸いです。

質問者からの補足コメント

  • 今回の質問では、それぞれのご回答に妙味があり、どうしてもベスト・アンサーが選べません。どうぞ、ご勘弁ください。また、質問をみかけたら、お暇なおりにでも、ご回答いただけると嬉しいです。

    皆様、ご回答ありがとうございました。

      補足日時:2015/04/17 05:53

このQ&Aに関連する最新のQ&A

単語 発音」に関するQ&A: 英単語を覚える時にCDで単語の発音などをしっかり聴くのがとても重要と言われていますが それはどうして

A 回答 (5件)

#4の回答者です。



返事を付けていただき、ありがとうございました。

おっしゃる通り、昔々、元医療関係の製品を扱う所に在籍していましたが、仕事では、日本語が、とても難しかったのです。会社の人に「為害性(いがいせい)」とか、「それはどういう意味ですか?」と聞けば、笑われるだけなのです。殺菌(disinfection)と滅菌(sterilization)の違いも、AIDSの話の時に出ました。ドイツ語や英語の単語を混ぜていう習慣は、なんとかならないのかなって思いました。

私が、会社に入社した頃は、常務付きで、常務さんは、親切にいろいろな言葉を教えてくれました。元々、私が取り扱うことになった製品は、常務さんが世界を回って開拓したものだったからです。常務さんも、私が会社をやめた後、数年で故人になってしまいました。それも、もう何十年も前の話です。

>その人の周りに罹病している人がいるせいではないかしら、と勘ぐってしまいます。
これも、アタリです。身近にいると、薬の名前、病気の英語名などを覚えますね。お医者さんでも、アメリカに研修にいったせいか、英語がかなりできる人もいれば、逆に、まったくできなくて、かなり気にしているようにも見える人がいます。

>接頭語、接尾語などをヒントにして、語源を考えながら、語彙を増やしてゆかれるようですね。

そういうつもりはなかったのですが、結果的にそうなってしまった、という方が正しいかもしれません。今さら、医療関係の難しい単語は、覚えてもどうなるわけでもないのですが、自然と目や耳に入ってくる、という気がします。医療関係者の英語には、医科向けと患者向けの2つがあって、その両方を使いこなせないといけないそうです。しかし、一般の人たちにとっては、医者に患部や症状を訴える英語は、サバイバル英語のひとつだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ありません。

よくある事なのですが、こちらで回答していると、忘れていた過去の出来事が、砂漠の蜃気楼のように記憶のかなたから湧き上がってくることがあります。

WindFallerさんも、若かりしころのご苦労や、懐かしい常務さんを思い出されましたか。

義姉の夫が、米国でドイツの製薬会社の販売担当で、ドイツ製である限り薬品名もドイツ語でしょうから、今まで当たり前に思っておりましたが、そういえば、ドイツ語の発音など、苦労しているかもしれないなぁ。。。という感慨を持ちました。仕事での苦労は、子育てと同じで、その人を成長させる、と思って、がんばるしかないんでしょうが、専業主婦の私としては、夫を含めて、外で働く方にはいつも多大な感謝をささげています。

医療関係の難しい単語は、覚えてもどうなるわけでもないのですが、自然と目や耳に入ってくる、という気がします。。。というくだり、とても共感を覚えました。生きてきた軌跡は、消せるものではないし、また、消してしまってはいけないんでしょう。

私はずぼらにも、シチュエーションごと、文章をそのまま覚えて使ってしまうやり方をしてきましたので、ラテン語の組み立てからきちんと勉強なさったかたもいらっしゃると思うと、頭の下がる思いです。

再度のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/17 05:49

こんにちは。



この前病院に行って、つくづく読めない単語だなって思いました。
otolaryngology

これは、不思議な単語で、漢字のように、文字だけで意味が彷彿(ほうふつ)と浮かび上がる単語ですが、それにしては読めないなって思いました。それに、私などは、ENT(ear, nose, throat)と使っていたし、それで通るから、ますます読みは覚えません。

ついでに、私は、血液検査で肝臓の状態を知る値の一つを、うっかり「ビルビリン("bilirubin")」と言ってしまいますね。ちゃんと直しておかないと思うのですが、口答ではよく間違えます。R と Lが行き交う単語は発音しにくいです。アクセントの位置も、予想に反して、[ru]のところにあります。

知り合いの医師に、性格の"bilious"と、この分泌物とは関係あるかと聞いたら、それはないでしょうね、と言われました。

後でよく調べてみると、古代ギリシャ・ローマの性格分類の胆汁質とかいうものでしょう。それに関連する単語は、粘液質には、"phlegm" ,"phlegmatic" や 血液質の関連用語としては、"hemorrhoid"は、一度も暗記などしなくても、自然に覚えてしまう単語ですね。

もう一つ、思い出しました。
"coli bacillus" は、ふつう、E.Coli と言っていると思いますが、E.Coliは、"Escherichia coli"の略ですが、これも読みにくいです。日本では、「大腸菌」というけれども、略語などは日本語にはありません。たぶん、"coli" と"colon"は、同意語なのでしょう。内蔵器官の名称は、何か哲学的です。おなじみ?TB virusがありますが、"TB" とは言っても、"Tuberculosis" とは言ったことがありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

接頭語、接尾語などをヒントにして、語源を考えながら、語彙を増やしてゆかれるようですね。なかなかできないことですが、理想的な枠組みの広げ方ではないでしょうか。

医療関係に従事しておられますか。大変ですね~。

それにしても、医療用語は難解です。発音云々よりも、もはや読めない単語が多いです。おっしゃるとおり、読めても、アクセントの位置が違うとアウトです。ハードルが高いですね。一般のアメリカ人も同じように感じているのではないかなぁ、と思うのは、ご指摘のように、TB,ALS,AIDSなど、あたかもニックネームのような略語を作って使っているからで、きちんとややこしい病名のフルネームを言えるのは、その人の周りに罹病している人がいるせいではないかしら、と勘ぐってしまいます。

rとlについても、そのとおり、日本語の亡霊に付きまとわれている感があります。これを克服する日が、いつかやってくるのでしょうか?

勉強になるご回答をいただき、誠にありがとうございました。

お礼日時:2015/04/14 01:41

私は子ども(幼児から高校生まで)に英会話を教えていました。


教えるうえできちんとした発音を聞かせないといけない、
また生徒に発音させないといけないので難しいというよりも
簡単な単語だけどお互いに苦手かなと思ったのが、

「r」から「l」への発音で
world
girl

アクセントの位置が面倒な
politician
calligraphy

身近な食べ物で
melon

今ぱっと思いついたものはこの5つです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、とうなずきながら、ご回答を拝読しました。

英語には、日本語にない子音・母音が沢山あって、やはりその中でも苦手中の苦手は、rとlになりましょう。

簡単な単語だから、余計発音に気をつけないと全然通じない、というのは確かにありますね。自分の話す英語がどんな風に聞こえるのか、私は怖くて聞けませんが、耳から入ってきた音をどれだけ正確に繰り返せるか、なんですよね~。

二つ目にあげてくださった、アクセントの位置は、本当に、本当に、重要です。Arabicは二番目のaにアクセントを置いてしまったら、ぜんぜん通じなかった経験があります。

メロンといっても確かに通じません。テレビやラジオのカタカナ英語と同じでしょうか。

さすが、英語を教えておられるだけあって、日本人が英語を発音するときの弱点を、良く抑えておられます。

お忙しいところ、ご回答に時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 11:50

妻がイギリス人ですが、いまでも、すこし一呼吸しないと言えないのがscissorsです。



はさみは日ごろよく使うものだけに、最初のころにかなり「練習」させられました。 今でも間違えて発音していると思いますよ。

それと、わらいばなしになりますが、イギリス人は「can」を「カン」に近い発音します。だから「cat」と「カット」の近く聞こえます。 それで、「can't」を妻の言い方を真似て「カント」に近い発音で言って「大ひんしゅく」をかいました。 日本語にも卑猥語があり、人前でも絶対に口にできない言葉があります。 どうも「カント」と発音すると、卑猥語に聞こえたようです。 「夫婦(ふうふ)」も、最初の頃は、「大ひんしゅく」を買いました。 日本語だといっても、英語できくと卑猥語になります。 funnyも、一時スペルや発音を間違えると卑猥語です。

日本語とイギリス英語が、偶然にほとんど同じ単語もあります「おい」がそうです。英語ではoiと書きますが、だいたい日本語と似たような意味ですが、女性が男性に対しても使えますが、意味合い的には、英語のoiのほうが、日本語の「おい」よりは、すこし柔らかいいみですが、妻がoiで始まったときに、続く言葉は、苦情・文句が続くので、「むかついたときに」よくいうことはです。

なお、英語圏ではタブーの言葉がたくさんあります。 たとえばfuck youやsod off は人前では絶対に禁句の言葉ですが、夫婦では、怒った時には、しょっちゅうでてきます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私は、米国在住なのですが、むか~し、イギリスの郊外でフィニッシイング・スクールに通ったことがあります。下宿先のおじいちゃんとの会話は、アメリカ英語とは対照的な、イギリス英語の”諧謔的な皮肉さ”、”内輪話をしている感じ”に満ちていたので、ご夫婦の会話、想像がついて、おかしいです。

日本と同じように、”建前”と”本音”、ありませんか?

ヒュー・グラントの出てくる映画。。。”four weddings and a funeral”と"bridget jones"で、二言目には、F-wordを発していた役者さんが何人もいたのを思い出しました。oiというのも、生きがいい感じです。夫婦によって違うのでしょうが、うちでは、猥雑な言葉は夫の言いつけでご法度になっています。いわゆるべらんめえ言葉を英語で話せなくて、残念!こうしてみると、私は夫に従順な奥さんですね~。

苦手な言葉は、最初に発音したときの苦手感が、後味のように、後々まで残るのかもしれませんね。ご回答を拝読して、私もそうかな~、と思いました。

以前、ご質問に回答した時のお礼で、奥様から、おりおり、苦情が出るようなお話でした。ご機嫌が悪くなりそうなときに、”今日のディナーは美味しかったね~”、”君の入れる紅茶は誰もかなわないね~”、”そのドレスを着た君は、本当に綺麗だね~”、などなど、ほめ言葉を用意しておいて、笑顔で、奥様のハートめがけて矢を放つように話してゆかれると、どうかなぁ。。。と、チラッと思いました。ちなみにうちの夫のお得意は、”you make my world more wonderful always”などという、日本語では考えられないようなセリフです。

気まぐれな質問に、楽しいご回答をくださって、ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 01:47

地名の場合、発音が難しいと言うよりも、どう読んでいいか分からない、綴りと発音が違いすぎる、ということであって、発音自体が難しいわけではありません。


Worcestershire もイギリスとアメリカでほとんど変わりませんよ。
worcestershire sauce と worcester sauce を勘違いされたかな?

同じイギリスでも、たとえばウェールズならウェールズ語になるので、まともには読めません。
Llwynywormwood とかね。(私も読み方は知りません)

地名でなくても、専門用語は意外な読み方をします。
論理学なら、hyperbole とか litotes とか。

それから、綴りが長くなればお手上げですね。
18万9819文字の単語をご堪能下さい。

http://nzlife.net/archives/9581


純粋に私にとって発音が難しいのは、弱音節の母音が無声子音に挟まれたときですね。
Chicago の i とか、capitalism の pi の部分。
気をつけないと無声音になってしまう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

示唆に満ちたご回答をありがとうございます。

論理学がご専門でいらっしゃいますか。物理・化学の専門用語も、頭が痛くなるかもしれません。

イギリスの地名は、確かに読み方が難しいものが多いように感じました。
むかし下宿していたうちの住所が、Bishopsthorpe Roadで、降りる駅がSydenham。。。呼びなれるまで、しばらく時間がかかりました。

日本語は、子音の種類が少ないようなので、私も、子音が続くと、ちょっとひきます。

日本ではウスター・ソースと呼び習わしていますが、米国で売っているビンのラベルを見ると、確かに、ウスターシャー・ソースになっています。紛らわしいですね~。
http://en.wikipedia.org/wiki/Worcestershire_sauce

お忙しいなか、お時間をとってご回答くださり、ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/12 03:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発音記号

洋書で、cumulus という単語が出ていて、その発音を (KYOOM-yuh-lus) と書いてあります。このような書き方を説明したページがあれば教えてください。これは体系的になっているものなのでしょうか? 例えば、cube なら、(KYOOB)と書くわけでしょうか? また、この書き方は発音記号による説明よりも長所があるのでしょうか?

Aベストアンサー

1。このような書き方を説明したページがあれば教えてください。

    すでに回答がある通りです。

2。  例えば、cube なら、(KYOOB)と書くわけでしょうか? 

    はい、おっしゃる通り cube は、下記では [kyoob] となっています。ついでですが cumulus は [kyoo-myuh-luhs]になっています。
http://dictionary.reference.com/browse/cube?s=t

3。   また、この書き方は発音記号による説明よりも長所があるのでしょうか?

    一般的な長短よりも、英語母語の人には 発音記号のような新しい記号を覚えなくても、すでに知っている発音を「思い出させ」れば十分なので、英英辞典では昔から重宝されています。

Q語源で英単語を覚える方法は大学受験に向いていますか? システム英単語という単語帳で英単語を覚えようと

語源で英単語を覚える方法は大学受験に向いていますか?
システム英単語という単語帳で英単語を覚えようとしていたのですがなかなか頭に入ってこないので語源がのっている参考書を買いました。しかし接頭語接尾語を覚えても、それ以外の語の意味がわからなければ意味がないと思いました。
例えば、provincial proが前に、ialが形容詞に と覚えてもvinceが何なのかわからなければ単語の意味も理解できません。
記憶力に自信がないのですが諦めて単語帳で覚えていくのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問者さんは、かなり優秀な方だと思います。私は、学生の時には、そういうことは気が付かなかったのです。単語を分解して覚えれば、英単語は覚えられると思っていました。

ところが、ある時点、覚えた単語が1万語ぐらいを越すようになって、分解した単語などで頭に入っているものは、ひとつもないとこに気が付きました。

pro + vinc+ ial

この説明ができる人はいるとは思いますが、それが、個々の語の組み合わせが、「地方の」という化学反応になる、というプロセスを説明できる人はいるのでしょうか。

語源で覚えるという方式で説明する人は、このような例を持ち出しきます。
precept pre- 前に cept 取る (前もって取る)→ 処世訓
detain de- 離れて、下に tain 持つ、保つ (離れて押さえつけておく)→ 勾留する

私には、こじつけのように思えてくるのです。

でも、私は、ちょっと言いたいと思うのは、precept や detain ぐらいは、まるっと覚えられないのでしょうか?(ただし、これらは受験単語ではありません)

私は、こういう方法は、リスクが大きいように思うのです。
abrupt (突然の)、erupt(噴火)、corrupt(崩壊する)
"rupt"という語源で結びつけて覚えるにしては、脈絡がなさすぎるように思います。

もちろん、私の持っている単語集に、語根が書かれていて、こういう意味だと載っているものはあります。例えば、alb =白, andr=男, bi =生物, gen =遺伝子
でも、それは分野が限られているものです。必ず、そういう決まりで使われる単語があるわけで、そういう特定の分野があるということだけなのです。

そうでもなければ、私のハンドルの元、Wind+Fall ぐらいなら、
「風が吹いて、りんごが落ちる」 ->棚からぼたもち
と結びつきますが、そんな単語は数少ないのです。

もう一つ、リスクの高いのが語呂合わせなのです。
「あぐり(吉行)さんは、ugly だ」というのは笑い話でいいけれども、度が過ぎるものもあります。「solemn (ソ連)は、厳粛な国だ」とやってしまったら、それは、もう越えてはいけない部分を超えていると私は思うのです。

solemn と言ったら、"The priest read a solemn invocation in the new church." とか、宗教的なものを思い浮かべます。私たち外国人には、想像できないものもあるものの、なるべく近い所まで近づこうと試みます。

また、add -> addition -> additional こういう覚え方をしてよい、という人がいますが、add は、基本単語として、
addition は、It is hot, in addition, is muggy. というように覚えられないかなって思います。

これらの欠点は、英単語に別のイメージを持たせてしまうという問題点があります。

ところで、『システム英単語』は、覚えられませんか?
ミニマムフレーズというもので、覚えやすいように工夫されているはずですが、それでもうまくいきませんか?

単語帳の使い方というのは、まるっきり知らない単語がずらずらと出てくるものよりも、ある程度(6割り程度)知っているものを確認していく、というスタイルのほうが効率がよいのです。市販の英単語帳そのものは、勢いをつけて、長くても3ヶ月程度で終わらせてしまう、という方がよいようです。

受験で効率よく覚える方法は、単語集から、覚えたものをどんどん減らしていく方法を取っていくのが、楽で早いのです。
1回目ぐらいで、2割はすぐに覚えられるもの。10回やっても、1~2割は、覚えないもの。その残りは、4~5回の内には、未知だった単語が、未知ではなくなっています。6回過ぎくらいで定着してきます。得てして、ネガティブな部分ばかりを気にして、覚えたものに意識がいっていないこともおうおうにしてあります。

もう一つは、結果を早く求めすぎているということもあります。英単語をいくら覚えても、ほとんど試験の点数には反映してきません。しかし、ある日、英文読解が苦にならなくなっている時に気がつくのです。毎日、規則的に単語をチェックしていく、そんな作業の毎日が次に繋がるのだと思います。

ご質問者さんは、かなり優秀な方だと思います。私は、学生の時には、そういうことは気が付かなかったのです。単語を分解して覚えれば、英単語は覚えられると思っていました。

ところが、ある時点、覚えた単語が1万語ぐらいを越すようになって、分解した単語などで頭に入っているものは、ひとつもないとこに気が付きました。

pro + vinc+ ial

この説明ができる人はいるとは思いますが、それが、個々の語の組み合わせが、「地方の」という化学反応になる、というプロセスを説明できる人はいるのでしょうか。

...続きを読む

Qアクセントや発音問題のポイント

高校入試にでてくる

1. 次の各組の中で最も強く発音する場所が他と違うものを1つ選び、記号で答えなさい。
  ex) ア:de-li-cious イ: so-lu-tion ウ:ex-cit-ing エ:be-long

2. 次の各組の語の下線部の発音が、他と異なるものを一つ選び、記号で答えなさい。
ex) ア:word イ:bird ウ:park エ:learn オ:work

こういった問題を解く際にポイントなどがあれば、教えていただきたいです…

2については、カタカナを下に書いて判断しているのですが、わかりやすい問題もあればex)のように、カタカナであらわすとすべてアーになってしまって、判断に迷ってしまいます><

Aベストアンサー

#1さんのおっしゃるような形で、復習ができれば、理想的ではありますが、現実に、そうしようがないから、こう質問しているんですよね?

2 について、カタカナでは区別のつかない「アー」をどうしたら区別できるのか、ですが、例えば、そういう音を区別するそのために「発音記号」というものがあります。

知っていれば、こういう質問にはならないと思うので、学校や塾でまったく教わってないのかもしれません。ひょっとしたら、話の中に出てきたくらいのことがあったり、辞書をひいたことがあれば、見出しの次にあるあれですが、あれは何かと思ってたら、そういうことのために使うものだったのか、と、今、思っているかもしれません。

後で書く、勉強のしかたで挙げる本にも出てきますが、これを読んでいるときは、PCの前にいるのでしょうから、検索サイトで「英語 発音」「英語 発音記号」などで検索すれば、説明があったり、音を聞けるサイトが沢山見つかるでしょう。

それを見て、え~、英語にプラスして、こんなん覚えるの~、と思うかもしれませんが、「発音記号」は、覚えるためのものではありません。結果的には、全部覚えてしまった方が、高校の勉強を考えると得ですが、最初から全部覚える必要はありません。

基本はローマ字を読むように読むもの、ローマ字とはちょっと違うところ、例えば、ヤ行はyでなくjで書いてありますが、それは、綴りからも解るので、最初から、そういうところに、こだわる必要はなく、最初、気を付けないといけないのは、質問の、同じアーでも違うところ、そこをちゃんと違うように書いてあるので、そういうところをまず気掛け、できれば、覚えるようにします。

でも、覚えないといけないんでしょ?と言われれば、その通りですが、元々、発音記号は、音の違いを表すために、作った人(人たち?)が、自分で解りやすいように、作っている、英語の字や綴りが、長い歴史の中で、たまたまこうなっている、のと比べると、自分で解りやすく覚えやすく作ったものだから、見ればどう読むかの手がかりがある。

例えば、同じ「ア」でも、口を大きく開ける「ア」は、aを縦に引き伸ばしたように、口を開けない「ア」はaを縦につぶしたように(なので、eをひっくり返した形に見える)書いてある。鋭く「アッ」という感じで発音するものは、直線的で尖ったAの横棒をとったように(それで、vをひっくり返した形に見える)書いてある、

2種類ずつある「オ」「エ」も、普通の「o」「e」に比べ、口を大きめに開けるものは、口の開け具合を横から見たような絵のように書いてある。

そういうふうに思って、この手のサイトを見れば。そういうふうに見えてくる、そうなれば、ほとんど覚えたも同然です。

で、どうやって、勉強するかですが、そういうサイトの説明や発音を見てやるのは、いい手で効果的ですが、実は、それと並行して、受験対策も忘れてはいけない、というより、受験対策用に、上手にまとめたコンパクトでどこへでも持っていける本は、電車でもトイレでも読める、全体を漏れなくすべて説明するというより、特に、気づきにくいところ、ミスしやすいところ中心に説明してあるので、基本が少し解ってきた後は、こっちの方が、勉強しやすいというメリットもあります。まずは…

(1) 大きな本屋さんの、中学学参コーナーに行って、

(a) 中1英語の参考書で、最初か最後の方に、基本の綴りや発音の関係について、かなりページを使って、説明してあるものがあるので、目を通して、解りやすい、役に立つと感じたら、買ってくる(確か、文英堂の「これでわかる」がそうだったはず、他にもいいのがありそう)。ただ、これは、サイト見てもう解っちゃった、とか、見つけたサイトのプリントアウトの方が解りやすそうなら、必ず必要という訳ではありません。

(b) 高校入試用の各科別の直前まとめの参考書(小さめ・薄めで、1冊あたりは、5百円くらいと結構安いもの)で、発音・アクセントだけまとめてあるものがあるので、よさそうなものを見つけて買ってくる。ついでに、文法などでも、よさそうなものがあれば、一緒に探して買うといい。

(c) できれば、高校用・大学入試用の学参で、(b)の仲間を探してみる、
 勿論、高校入試向きには、まだ要らないこともたくさん出てきますが、高校に入ればすぐに役立つので、無駄にはなりませんし、
 実は、こっちのグループには、(b)に書いてあることと同じことを説明している部分が(b)より解りやすい、というものが、時々、ある、うまく見つけられたら、同じ部分を並べて読むと効果が高い。
 高校入試の単語数では、似たようなグループの単語が少なく、(b)では、一つ一つ覚えなさい、と書いてあるものも、大学入試用だと、まとまりとして、こういう場合の規則として載っているときがある、全部が高校入試で役に立つ訳ではないが、規則として理解しておくと覚えやすいこともある。
 なので、よさそうなものがあれば、(b)とセットで買う。
ここまで、全部、3~4冊買ったとして、せいぜい2千円か高くて3千円くらい、お年玉でも買えるかもしれませんし、親にねだっても何とかなる率が高そうな金額ですね。

(2) そのお金もなくて、学参が買えない場合、または、買った上でも、
 図書館へ行って、適当な、学参としてはないかもしれませんが、大人の人が、一念発起して、学校で習ったことを覚えてない状態から、英会話などを勉強するときに使うような本は、何かあるはずなので、探してみる、見つけられないときは、司書さんに聞いてみる、
 こういう本には、参考書よりも、ずっと解りやすく書いてあるものもあるので、いい本に出会えたら、すごくラッキーです。ただ、英語の場合は、この人の場合はうまくいったんだろうけど、一般的にはどうよ、とか、受験勉強の最中には無理だろ、というような勉強法の本が、特にプロになった人が自分の勉強法を紹介する本では、あったりするので(高校に入ってからなら参考になることはあるでしょうが)、教え方のプロが、素人さん向けに初歩の話を丁寧にしている本を探すのがコツです。

 この方法は、数学・理科・社会などでは、英語よりも有効な勉強法で、そういう、素人の大人の人向けの本は、学生さんなら覚えている可能性が高いことも、忘れてしまっている前提で書いてあったりするので、教科書・参考書より、解りやすいことが多い、さすがに問題を解くところまで踏み込んだ本はめったにありませんが^^
 素人の大人の人向きだけじゃなく、小学生で、中学・高校で習うようなことに興味がある子のために、あらすじを紹介した本や、高校になれば、中学生のために、高校や大学でやることを、というタイプの本もあり、こういうタイプの本を読むと、勉強してきたことは、こういうことだったのかぁ、というのが解ったり納得できたりします。

#1さんのおっしゃるような形で、復習ができれば、理想的ではありますが、現実に、そうしようがないから、こう質問しているんですよね?

2 について、カタカナでは区別のつかない「アー」をどうしたら区別できるのか、ですが、例えば、そういう音を区別するそのために「発音記号」というものがあります。

知っていれば、こういう質問にはならないと思うので、学校や塾でまったく教わってないのかもしれません。ひょっとしたら、話の中に出てきたくらいのことがあったり、辞書をひいたことがあれば、見出しの次に...続きを読む

Q可愛い英単語・かっこいい英単語を教えて!

夢小説のタイトルに使えるような、可愛い英単語、かっこいい英単語を教えてください。読み方や意味も含めお願いします。

Aベストアンサー

(1)beloved(愛されている、愛しの) 例文:My beloved wife(僕の愛しの妻)
(2)fondle(~を愛撫する) 例文:I fondled her softly(僕は彼女を優しく愛撫した)
(3)adorable(とても可愛い) 例文:An adorable dog(可愛い犬)
(4)loveless(愛情のない、冷淡な)
(5)lovelock(女性の愛嬌巻き毛)
(6)lovesick(恋の病にかかった)
(7)crazy(狂った、夢中な) 例文:I'm crazy for you(私はあなたに夢中よ)
(8)engagement ring(結婚指輪)
(9)erosion(侵食)
(10)secret(秘密) 例文:A secret kiss(秘密のキス)
(11)slave(奴隷) 例文:I'm a slave for you(私はあなたの奴隷よ)
(12)love(愛、恋) 例文:I'm in love with you(私はあなたに恋してる)
(13)shooting star(流れ星)

こんなものでしょうか。
すてきな夢小説を楽しみにしています。

(1)beloved(愛されている、愛しの) 例文:My beloved wife(僕の愛しの妻)
(2)fondle(~を愛撫する) 例文:I fondled her softly(僕は彼女を優しく愛撫した)
(3)adorable(とても可愛い) 例文:An adorable dog(可愛い犬)
(4)loveless(愛情のない、冷淡な)
(5)lovelock(女性の愛嬌巻き毛)
(6)lovesick(恋の病にかかった)
(7)crazy(狂った、夢中な) 例文:I'm crazy for you(私はあなたに夢中よ)
(8)engagement ring(結婚指輪)
(9)erosion(侵食)
(10)secret(秘密) 例文:A secret kiss(秘密のキス)
(11)slave(奴...続きを読む

Q不完全LU分解前処理つき双共役勾配法についておしえてください。

連立方程式を解くために不完全LU分解前処理つき双共役勾配法
について勉強しています。

前処理の際に、行列Aを不完全LU分解しその逆行列(LU)^(-1)というのを使用します。LU分解まではできたのですが、この逆行列は普通にLU分解+直接法という形でもとめるのでしょうか。だとしたら、直接法をつかっていてあまり高速化が期待できない様な気がしました。

不完全コレスキー分解つき共役勾配法(ICCG)のときは、不完全コレスキー分解後、間接的にAの逆行列をもとめて使用する方法がありましたのでなにかいい方法があるのかと思い質問しました。

はじめてのプログラミングで見当違いなことをいっているかもしれませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

あと、p.115の
6.2代入計算
の方が参考になるかもしれません。

Q英単語を覚える時にCDで単語の発音などをしっかり聴くのがとても重要と言われていますが それはどうして

英単語を覚える時にCDで単語の発音などをしっかり聴くのがとても重要と言われていますが
それはどうしてですか??

CDを聴くとどんなメリットがあるんでしょうか??

Aベストアンサー

日本語と英語を比べると”母音”の数が違うからです。
例えば、”あ”という音は日本語では一種類しかありませんが、英語などの外国語では数種類あるのが普通です。
ところが、日本語には”あ”という音を表す文字はひとつしかありませんので、つまり日本語を使って英語の発音
を表すことはできないのです。そのため英語の教科書では発音記号を使って日本語で表現できない音を書き表わしています。

分かりやすい例として”ら”の音があります。日本語では”ら”という音は1種類しかないので、軽いの light ,
右の right の読み方を日本語で書くと、どちらも同じ らいと になってしまいます。

日本人から言わせると R のら も Lのら も同じじゃないか思いがちですが、ネイティブはこの2つを
違う音として使い分けています。

「あい らぶ ゆう」のらはエルの”ら” ですが、ここにアールの”ら”をつかってしまうと、意味がまったく
違ってしまいます。I love you. I rub you. 「ある男性が愛を告白したのに発音が悪いために女性に殴られた」なんて冗談もあります。

はなしが長くなりましたが、日本語では英語の発音を書き表すことはできないので、英語のちゃんとした音を身に付けるには耳から聞くしか方法が無いのです。CDから英語を聴くというのは英語の自然に発音された音を聴くということです。

日本語と英語を比べると”母音”の数が違うからです。
例えば、”あ”という音は日本語では一種類しかありませんが、英語などの外国語では数種類あるのが普通です。
ところが、日本語には”あ”という音を表す文字はひとつしかありませんので、つまり日本語を使って英語の発音
を表すことはできないのです。そのため英語の教科書では発音記号を使って日本語で表現できない音を書き表わしています。

分かりやすい例として”ら”の音があります。日本語では”ら”という音は1種類しかないので、軽いの light ,
右の right ...続きを読む

QLU分解

LU分解するプログラムで求められる行列はなぜはじめの掛け算を行う前の行列に対して小さな誤差が生じるのでしょうか?(ちなみに値は整数です)
LU分解自体誤差が出るものなのでしょうか?

おしえてください

Aベストアンサー

LU分解に限らず、Javaにも限らない、
コンピュータによる数値計算の一般的な問題として、
浮動小数点演算では精度の問題があります。
数学的には「1÷3×3」は「1」ですけど、
小数点演算では「1÷3」の時点で、0.3333333となって、これを3倍にしても0.9999999であり、1にはなりません。
(実際には、PC内部では10進数ではなく2進数ですが、上記の10進数での説明と問題の本質は同じです。)

「有理数演算ライブラリ」でも作って、浮動小数点数ではなく有理数で演算を行うようにすれば、
LU分解などについてはPC上でまったくの誤差なしに演算が可能です。

Q文構造自体はある程度把握できるけど英単語が全然わからないことを前提に質問しますが、そういう人は英単語

文構造自体はある程度把握できるけど英単語が全然わからないことを前提に質問しますが、そういう人は英単語をどのように覚えた方がいいでしょうか?
私の場合、長文を見てると毎回単語帳に載ってない単語が出てくるため、少し不安になって長文で覚える方を優先しがちなのですが何かアドバイスをよろしくお願いします。(長々と申し訳ないです)

Aベストアンサー

こんにちは。

英単語を覚えるコツのようなものがあると思います。
覚え方そのものではなくて、英単語を段階的に覚えるということだと思うのです。
単語帳とおっしゃると学生さんなのでしょうか。

ある時期からは、単語帳がなくなってしまうか、極端にレベルの高いものになってしまいます。単語には、単語レベルというのが、それぞれの組織によって存在しますが、大雑把には似通ったものです。

受験レベルですと、ALCのランク9 などは出てこないはずですが、紛れ込むこともあります。
ただ、覚える時は、なるべく自分の今のレベルを越えたものが多くでるようなものは避けるようにしたほうがよいです。

段階別のレベルは、例えば、
Alc 社のSVL という名前で12段階に分かれています。
http://www.alc.co.jp/vocgram/article/svl/

こういうランクで出来たものを、一歩ずつ段階的に上がっていくと語彙力が目に見えて上がるのが分かってきます。その前に、自分が今どのぐらいかの実力か、測ってみるのも良いと思います。

http://www.alc.co.jp/tg/vocab/
https://uwl.weblio.jp/vocab-index

なお、学力試験では、学生さんたちが分からない英単語は、それほど多くないような作りになっているはずです。

こんにちは。

英単語を覚えるコツのようなものがあると思います。
覚え方そのものではなくて、英単語を段階的に覚えるということだと思うのです。
単語帳とおっしゃると学生さんなのでしょうか。

ある時期からは、単語帳がなくなってしまうか、極端にレベルの高いものになってしまいます。単語には、単語レベルというのが、それぞれの組織によって存在しますが、大雑把には似通ったものです。

受験レベルですと、ALCのランク9 などは出てこないはずですが、紛れ込むこともあります。
ただ、覚える時は、なるべ...続きを読む

QSolaris9で複数のLUを認識させる方法

現在NetraT1(solaris9)に外付けRAIDをつけようかと思っています。RAIDはADTXのArrayMaStorPシリーズです。
ADTXのサイトを見ると、Solarisでは1TB以上のLUは認識しないらしく、2つのLUを作りました。しかし、Formatコマンドでラベルをつけようとしたら、LUをひとつしか認識していませんでした。
ADTXに問い合わせたところ、OSかHBAの問題であろうという回答でした。docs.sun.comでHBAで検索したのですが、該当するものが多く、必要な情報にたどり着けません。
どなたか、Solarisで複数のLUを認識させる方法を、ご存知の方、いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

Solarisは標準でLUN0しか認識しないので、
/kernel/drv/sd.conf
を修正する必要があります。

===========================
name="sd" class="scsi"
target=X lun=Y;
===========================
X : SCSIターゲットID(今見えているディスクと同一)
Y : 認識させたいLUN ID

Q英単語を 英語日本語と繰り返して英単語を覚えているんですが 品詞はどのようにして覚えていけばいいんで

英単語を

英語日本語と繰り返して英単語を覚えているんですが
品詞はどのようにして覚えていけばいいんでしょうか??

Aベストアンサー

再度回答します。

私は品詞を覚えなくてもいいと言っていません。
名詞と動詞は日本語と全く同じなので、努力せずとも自然にわかります。
すると
SVCのCの半分は名詞で、この形をとる動詞は限られている
SV は名詞と動詞
SVCは名詞と動詞と名詞
SVOO 名詞 動詞 名詞 名詞
SVOCは名詞、動詞、名詞、大部分は名詞

文の骨は名詞と動詞でできています。

つまり、名詞(わかりやすい)と動詞をしっかり覚えれば、
単語の意味を知っていれば、品詞を気にせずとも、あとは文を読めばわかるという意味です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング