人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

グラフとスペクトルの意味の違いを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スペクトルはもともと分光学の言葉で


光を周波数成分に分解して調べること。
グラフとは直接は関係ありません。

周波数と成分量の関係をグラフ化したものも
スペクトルと呼ぶこともあります。

またスペクトルは情報を成分に分解して
調べること全般にも使用されます。
化学だと質量分析とかの結果をスペクトルと
呼んだりしますね。

数学だと行列から固有ベクトルを求めることを
スペクトル分解といいます。
    • good
    • 0

スペクトルという言葉は、政治学や生物学でも使用される(Wikipedia参照)ようですが、


化学カテゴリーなので化学におけるスペクトルについて説明します。

基本的に、軸の値(変数)ごとにどのような値をとるかをプロットしたものを
グラフと呼びますが、化学においてはスペクトルは一般的に
【エネルギーを変数とした分布】を表します。
エネルギーではないものをプロットしたグラフがスペクトルと呼ばれることは
ほとんどありません。(この例外は後述)

分光分析(spectroscopy)は基本的に電磁波を使用しますが、電磁波である以上、
分析する対象は特定の波長、つまり特定のエネルギーを持った光子を吸収or放出します。
短い波長はガンマ線(メスバウアー分光)から長い波長はVHF(核磁気共鳴法)まで、
さまざまな波長の光が分光分析には用いられています。
それらはどれも、吸収or放出された電磁波を調べて
『どういった波長(or周波数)』で『どれだけ吸収(or放出)』があるかをプロットしています。
この波長(or周波数)とは電磁波のエネルギーそのものを意味しています。

さて、先ほど触れました例外ですが、質量分析法では出力を慣例的にマス・スペクトルと呼び、
電磁波ではなく、検出された分子の質量と電荷の比(m/z)を横軸として表示されます。

スペクトルには該当しない(解釈によってはスペクトルに含まれるかもしれませんが)
グラフとして、例えばXRD(X線回折)やHPLCのアウトプット等が挙げられます。
これらはスペクトルとは呼ばれず、『回折パターン』や『クロマトグラム』と呼ばれます。
(ちなみに、『クロマトグラフィー』は分離手法、『クロマトグラフ』は分離装置で、
 『クロマトグラム』が時間軸に対して被検成分量をプロットしたものになります。)

基本的には、エネルギーに対してプロットされたものはスペクトル
そうでないものはグラフ(あるいは前述の回折パターンやクロマトグラムのような専用の呼称)
というように区別して呼ぶのがいいでしょう。
    • good
    • 0

ごく大雑把、かつ適当な違いですが。

「意味」ではなく「使われ方」かな。

「グラフ」は、縦軸と横軸の2つの量の関係を2次元平面上に表わしたもの。

「スペクトル」は、広い意味では「グラフ」の一部ですが、横軸のパラメータごとの「度数」や「分布量」を縦軸にとって表したもの。特定のパラメータ(横軸)に対する、着目したいパラメータ(縦軸)の分布を視覚的に表わしたグラフ。

 横軸に「時間」をとって、各時間ごと(あるいは時間幅)の出現数を縦軸にとると「時間ごとの分布」の図になります。これが「時間スペクトル」。

 横軸に「周波数」をとって、各周波数ごとの成分量を縦軸にとると「周波数ごとの分布」の図になります。これが「周波数スペクトル」。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペクトルのグラフ

FFTをしてスペクトルを求めてグラフにしたいと思います。
理論が良く分かっておらず、私が考えたことが正しいのかどうか自信がないので、教えてください。

(1) X軸を周波数とするグラフの座標の数は、スペクトルのライン数になる。
スペクトルのライン数 = FFTの件数 ÷ 2.56
これが正しいと、X軸の最大値が周波数レンジになるはずですが…。

Aベストアンサー

>X軸の最大値が周波数レンジになるはずですが…。

この質問は参考サイトの周波数レンジと、自分で造ったプログラムまたはエクセルなどによる解析結果の最大値が異なることに対する質問では似ないでしょうか?

FFTでは、ナイキストによりサンプリング周波数の半分までの周波数しか解析できません。おそらく最大値というのはその値になっていると思います。

参照サイトの例を用いると、サンプリング周波数は25.6kHzですので、FFTで解析すると、その半分の周波数の12.3kHzまで算出することができるのです。

しかし、小野測器などの専用FFTアナライザーでは、ちょっと取扱を変えています(他のメーカーでも私が使用したことがあるFFTアナライザーはみんなそうなっていました)。

本来1/2まで解析できるのですが、それを変えて1/2.56までしか表示しないようにして、それを周波数レンジとしています。
2048個のデータからは1024個の解析ライン数ができるのですが、800個のラインで打ち切っているようです。

なぜそうしているのか、その理由はよく知りませんが、801以上の解析ラインに対するデータの信頼性の問題ではないかと思っています。

この取扱の違いが、一般的なFFTプログラムを用いて出されるX軸の最大値と小野測器のいう周波数レンジの違いとなって現れます。

>X軸の最大値が周波数レンジになるはずですが…。

この質問は参考サイトの周波数レンジと、自分で造ったプログラムまたはエクセルなどによる解析結果の最大値が異なることに対する質問では似ないでしょうか?

FFTでは、ナイキストによりサンプリング周波数の半分までの周波数しか解析できません。おそらく最大値というのはその値になっていると思います。

参照サイトの例を用いると、サンプリング周波数は25.6kHzですので、FFTで解析すると、その半分の周波数の12.3kHzまで算出すること...続きを読む

Q吸収スペクトルのグラフの見方

実験で、チアミン塩化物塩酸塩の吸収スペクトルを分光光度計で測定しました。
標準品の吸収スペクトルのグラフと、自分で作った試薬のグラフを比べた結果、山の高さが標準品より低くなっていました。
それはどういう事を表しているのでしょうか?
ちなみにピーク検出の値は、横軸値:236.0 ABS(←これも何を意味してるかわかりません^^;):0.317で、標準品は横軸値:236.0 ABS:0.372でした。
自分の中では、試薬を作る際に濃度が薄くなってしまったのではないかと考えています。
どなたかわかる方いましたら、回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

236.0は波長で236.0nmを示しています。

吸光度が低いと言うことは、お考えの通り、濃度が低いことを示しています。
0.317/0.372=0.852
で標準品の85.2%の濃度と言うことになります。


人気Q&Aランキング