痔になりやすい生活習慣とは?

考えています。日経平均一時15年ぶりに20000円達成しましたが今後どうなるかわかりませんので、

株価が下がれば信用買い、上がれば現物売りをしようと思っていますが、

皆様はどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

両建てはあまりお薦めしません。


他に利益の源泉はないわけですから、
どちらに転んでも塩漬を作るだけです。

損切の心得があるならば、最初から
順張りをすればよいと思います。

20,000をはさんでレンジとなると
よむならば、時間差で約定というのも
あるかもしれませんが、その場合は
スイング取引の方が効率がよいと
思います。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

スイング取引で時間差約定とのご意見ですね。

参考になりました。

お礼日時:2015/04/13 13:14

同時に両建てを行うというのは、あまり良い投資手法ではないと思います。



現物買いと同時に信用売りを行うということは、コストの点において割高です。

信用売りを行えば、逆日歩が発生する(可能性がある)からです。

恐らく相場は20000円を挟んで上下動するとの見立てでしょうが、であれば予想レンジの上限で信用売りを行い、下限で現物買いを行えば済む話と思います。

つまり、予想レンジでの売買(例えば、20500円の売り/19500円の買い)が上手くいったとしても、お書きになられた手法の方がコスト高になるので、一般的には行われないということです。

はっきり書いて申し訳ないですが、少しでもご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

勝手な素人考えでした。

20500円で売り19500円で買い予想のレンジで対応したほうが

いいというお考えですね。納得です。

参考になりました。

お礼日時:2015/04/13 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株の分散投資

株式投資を始めようと思う初心者です。
個別株は難しく感じるので、日経レバETF(1570)と日経ダブルインバース(1357)だけで運用しようと考えているのですが、もっと分散させたり個別株にも関心を持って投資した方がいいのでしょうか?
個別株を勉強することが、日経平均の動きを読むのにも役に立つと思うのですが、どうやって勉強していけばいいのかわかりません。
おすすめの勉強法なども教えていただけるとうれしいです。
今は主にテレビで経済ニュースをじっくり視ているだけです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銘柄コード1357も1570もレバレッジを掛けて日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の倍として計算された指数に連動する投資効果を目指すものであるので、現在株価が下落している状況では手を出さない方がいいと思いますが。また2つの銘柄とも一時的に買い付けの停止及び再開の経緯があることを踏まえると、損が拡大しているときにも思うように売買が出来ないので、なにもわざわざボラティリティが高い銘柄を選択しなくてもよいのでは。もしどうしてもというならそれはあなたの責任でおやりになればよいのでは。
②個別株の選択について、現在の最低の購入株数は100株から1000株と様々ですが、購入資金10万円台の投入資金が少ないものから始めた方がよいのでは。輸出関連株は為替の影響をもろに受けますので、内需関連株などが良いのでは。
③日経平均の動きを読むということに対しては、約6割から7割が外国人投資家なので株価の上げ下げは彼らの動向に掛かっていると言っても過言ではありません。昨今の株価下落の原因を自分なりに調べ、分からなければ店舗を有する証券会社の担当の方に資料やレポートを貰うなどして情報の収集にあたるといいと思います。店舗を持たないネットのみの証券会社では希望の資料が入手できないので、まずは店舗のある証券会社で口座を作ればよいのでは。証券会社のホームページでは最近の市況なども動画で説明しているところが多いので、そちらも見逃さず情報を得ましょう。テレビからの情報だと聞き漏れや聞き逃しなどもありますので、日本経済新聞などがお勧めです。長文失礼します。

銘柄コード1357も1570もレバレッジを掛けて日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の倍として計算された指数に連動する投資効果を目指すものであるので、現在株価が下落している状況では手を出さない方がいいと思いますが。また2つの銘柄とも一時的に買い付けの停止及び再開の経緯があることを踏まえると、損が拡大しているときにも思うように売買が出来ないので、なにもわざわざボラティリティが高い銘柄を選択しなくてもよいのでは。もしどうしてもというならそれはあなたの責任でおやりになればよいので...続きを読む


人気Q&Aランキング