P450ってどこにあるんですか?
どんなメカニズムで薬物代謝酵素として働くのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「P450」に関しては、rei00さんの回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「武庫川女子大学薬学部:生 化 学 II 講 座」
このサイトで
http://202.242.64.104/~seika2/p450/p450-2.htm
(P450とは何ですか?)
このページが参考になります。
さらに、専門サイトでは
http://drnelson.utmem.edu/CytochromeP450.html
(Cytochrome P450 Homepage)
このサイトが詳しいのではないでしょうか?

この他にも「チトクロームP450」「薬物代謝酵素」等で探せば成書もあります。

ご参考まで。

参考URL:http://202.242.64.104/~seika2/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速いってみます。

お礼日時:2001/06/16 17:48

Cytochrome P450 (CYP) は主として肝臓のミクロソ-ム中に存在しますが,その他,小腸粘膜や肺にも存在して様々な代謝を行なっています。

最近はこちらの方が注目されていたりします。

そのメカニズムは,次の様になっています。

制止状態の CYP:ヘムは2価であり,酸素結合部位が酵素タンパクのアミノ酸で塞がれています。
     ↓
薬物が結合します。すると,上のヘムの酸素結合部位の被いが取れます。
     ↓
ヘムに酸素が結合して活性化されます。ヘムは3価に変わります。
     ↓
活性化された酸素で薬物が酸化されます。
     ↓
CYP のすぐ側に存在する還元酵素で還元されて,ヘムが2価になります。と同時に酸素結合部位が被われて元の状態に戻ります。

ザットこんなところですが,いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 17:47

肝臓にある酵素で、薬物の酸化に関連する電子伝達物質(ヘム蛋白)です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcytochrome p-450について

cytochrome p-450について、どのようにしてできるのか、どのような働きをするのかなど、どんなことでもいいので知っていることをすべて教えてください。

Aベストアンサー

チトクロームP-450というのは酵素の一種です。特にNADPH-チトクロームP-450還元酵素という酵素と一緒に働くことが多いようです。それでチトクロームP-450は主に肝臓に存在し,各種臓器にも少量ながら存在します。細胞内ではどこに存在するかというと,滑面小胞体やミトコンドリアという器官に存在しています。そしてチトクロームP-450は薬物の代謝やステロイドというホルモンの産生などいろいろな体内の活動に重要な働きをしています。

QシトクロムP450のヘム鉄

シトクロムP450分子種は、活性中心にヘム鉄を含有するのは知っているのですが、1分子中に何個の鉄原子を含有するのでしょうか?

Aベストアンサー

活性部位は1つであり、また活性部位にはヘムが1つだけあるので、一個だと思われますが

Q洗剤の酵素はどこから来るの?

市販の洗剤には、プロテアーゼ、リパーゼといった酵素が含まれています。
しかしこういった酵素を化学物質のカタログで調べると、200mgで10000円といったかなり高額な値段がつけられていて、おいそれと洗剤に添加できるようなものとは思えません(1箱20μg程度でいいならともかく)。
恐らく、こういったカタログの商品は純粋な酵素で、そのために高い値段がついていて、市販の洗剤に含まれるような酵素は、それを含む天然物由来の、比較的低コストで抽出できる、完全には純粋ではないものを用いているのではないかと推測したのですが、それは正しいのでしょうか?
もしその推測が正しく市販の洗剤の酵素が純粋なものでないとしたら、酵素の値段というのはどの程度変わってくるのでしょうか?
後半ひどく抽象的ですが、感覚的にどの程度、という感じでも構わないのでご存知であれば教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

試薬は、高度に精製しているから高いのだと思います。洗剤「ごとき」なら、大して精製する必要がないでしょうから、安く作れると思いますが。たとえばパパイヤなどの熱帯果樹にはプロテアーゼを含むものが多くありますが、この果汁程度の濃度でも食べると口の中が少し溶けますが、つまり洗濯にくらいなら効果が期待できるということですよね。

Q1,4-ジフェニル-1,3-ブタジエンを主原料としてp-テルフェニルの合成

先日行った学生実験なのですが、1,4-ジフェニル-1,3-ブタジエンを主原料としてp-テルフェニルを合成しました。

まず、1,4-ジフェニル-1,3-ブタジエンに無水マレイン酸をDiels-Alder反応によって環化付加させ、これを強塩基で処理した後、フェリシアン化カリウムで酸化してp-テルフェニルを得ました。

そこで反応の機構なのですが、おそらく強塩基で処理することで無水マレイン酸に由来する環が開裂してジカルボン酸イオンの形になると思います。
ところが、ここからの酸化的脱炭酸の機構がどうしてもわかりません。

どなたか分かる方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1,4-ジフェニル-1,3-ブタジエンを主原料とするp-テルフェニルの合成はフィーザー・ウィリアムソン有機化学実験に書かれていますが、そこでは無水マレイン酸ではなく、アセチレンジカルボン酸ジメチルを用いており、操作に関してはご質問に記述されたものと同じです。

アセチレンジカルボン酸ジメチルを用いた場合には、塩基の意味としては、はじめに生じる非共役ジエン1,4-シクロヘキサジエン環を共役ジエンである1,3-シクロヘキサジエンへと異性化する役割も持っています。それに続いてエステルを加水分解する役割も持っています。

ただし、無水マレイン酸を用いた場合には、できてくるのはシクロヘキセン環ですので、二重結合を異性化する意味がありません。もしも、無水マレイン酸を用いたということで間違いないのでしたら、酸無水物の部分を加水分解したということになるでしょう。

その後の脱炭酸は明らかに酸化的に行われています。酸化剤はフェリシアン化カリウムに含まれるFe3+であり、これがFe2+へと還元される際に基質を酸化することになります。
一般にこの手の酸化は、一電子移動を伴うラジカル反応(一電子酸化)を経由して進行します。そのため、電子の移動を表現する矢印などを用いて、反応機構を明確に表示することは困難です。
第一段階としては。-COO^-からFe3+へと1電子が移動して、-COO・(ラジカル)を生成し、それから脱炭酸が起こり、シクロヘキサン環上にラジカルが残り、隣接炭素上のHがラジカルとしてとれることによって、二重結合が生成し・・・・といった感じで進むことになると思います。

1,4-ジフェニル-1,3-ブタジエンを主原料とするp-テルフェニルの合成はフィーザー・ウィリアムソン有機化学実験に書かれていますが、そこでは無水マレイン酸ではなく、アセチレンジカルボン酸ジメチルを用いており、操作に関してはご質問に記述されたものと同じです。

アセチレンジカルボン酸ジメチルを用いた場合には、塩基の意味としては、はじめに生じる非共役ジエン1,4-シクロヘキサジエン環を共役ジエンである1,3-シクロヘキサジエンへと異性化する役割も持っています。それに続いてエステルを加水分解する...続きを読む

Qギプスの相律についてです。 式としては f = c - p + 2 となっており c=成分の

ギプスの相律についてです。
式としては

f = c - p + 2

となっており

c=成分の数
p=相の数

です。

このとき、成分の数 って言うのは
何なのですか?
相の数と言うのは気相、液相
の数を数えたらいいんですが
成分の数がピンときません。

また、授業にて

系の状態を定める為に選んだ状態量を『状態変数』といい、
状態変数を用いて得られる状態量を
『状態関数』という。
示強性状態関数の最小数(自由度)fは
ギプスの相律によって決まる。
と習いました。

ここで
系の状態を定めるとはどうゆう事か
という疑問を持ちました。

あと、自由度を求めて
なにに使えるのでしょうか?

悩んでいる問題は

25℃の温度にて水とその飽和蒸気からなる系の自由度を求めよ。

です。

Aベストアンサー

懐かし過ぎて混乱しました、
成分の数は物質の数です、今回c=1、p=2だからf=1
どうやってもこの状態から逃れられません。
自由度は化学工学において非常に重要で、無意味な状態の可能性を排除してしまいます。
なお超臨界状態になると相が減るので成り立たなくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報