人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

4月に小学生に入学した息子を持つ母です。旦那との考え方の違いについて、意見を聞きたいです。
息子は感受性が豊か(涙もろい)で、毎朝家を出る時に「淋しくて…」と涙しています。学校に行ってしまえば楽しいらしいのですが、別れがどうもダメです。保育園時代からそれは同じでした。私はもうそれは息子の朝の儀式なのだと思っていて、泣いてもいい、という考えです。しかし旦那はやはり、男が泣くなんて、と思っているようです。
そして、まず目標を持った方がいいと「今週はお友達を作る(名前を一人でもいいから聞く)」と息子と話したそうです。(私は息子から聞いた)
目標を持つのはいいことだと思います。でも、まずは学校に慣れることが先決で、友達なんてその中で知らず知らずのうちにできていくもの、と私は結構楽観的です。簡単なことではありますが、目標を決めることで息子にプレッシャーをかけているのでは?思うのですが、みなさんどう思いますか?

A 回答 (7件)

すごく素敵なお父様ですね。


そしてお母様も。
とってもいいバランス。
父親には父親の威厳としての役目があります。
世の中の厳しさを伝えていくヒントを与えてくれている。
母親は母としての役割である温もりや謙虚さを。
お子様のいないところで お互いの良い所を素直な気持ちで受け入れて
妥協しながら語り合う事が とっても大切。
それを選択するのはお子様ですもん。お二人の良い所をチョイスして
受け入れて成長されて行くでしょう。
目標を持って生きる事がプレッシャーだとは思いません。
だって出来なくて当たり前なんだもの。
挫折感を味わって出来た事は心から喜べると思います。
挫折感で落ちているのを引き上げるのが母親の務め。
ヒントを与えるのも母親しか出来ない事。
父親からの問題定義を子供がしっかり解決できるように母親が促し
背中を押してあげられたら良いですよね。
素敵な家族だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ただ甘いだけなのかな、とも思っていました。目標=プレッシャーではないですよね。その目標に向かって手助けしてあげられるようになりたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/16 14:06

意見は違って当然のことなのです。


なぜって同じ考えなら男と女が存在する必要はないでしょう。
極端に言えばカタツモリみたいに単独で子孫を増やせばいいわけですから。
男と女が別々にいるということはそれぞれに違う役目を持っているということです。
育児は特にその傾向が顕著に出ます。

何が言いたいかというと旦那さんの育児方針を尊重しましょう。
そしてご自身の育児方針も同じくらい尊重してください。
そのことを一度ちゃんと話確認しましょう。
どちらかかお互いが不満を貯めると家族不和の原因になります。
話さずにおいたほうがいいこともたくさんありますが、育児方針についてはちゃんと話し合って決めておいた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不満を溜めてはいけないですね。そして育児方針って大事ですよね。両親が正反対のこと言ってても子供は混乱するでしょうし。話し合おうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/16 14:02

子育てに正解がないのは質問者さんもご存知かと思います。

それよりは、毎日お子さんを見ている親御さんが、お子さんの様子から判断すればいいことだと思います。

例えば、今回のお父さんとの約束について、質問者さんは息子さんから聞いたとのこと。その時の息子さんはどんな様子だったのでしょう。お父さんとの約束に向けて頑張ろうとしていたのか、あるいは不安そうだったのか、不安そうだったとしたら、その度合いはどうか。

それによって、例えば、お母さんからも背中を押してあげるとか、「パパは、きっと考えがあって約束をしたのだろうが、ママは無理しないでいいと思うよ」と言ってあげるとか、そっと抱きしめてあげて、あとでご主人とゆっくり相談してみるとか。

ただ、とかく男性というものは、女性に比べて優しいものです。優しくて泣き虫だからこそ「男だろ」と敢えて発破をかけるのだとも言われています。その一方で、男性はひとつの目標に向かって猪突猛進に挑む傾向が女性よりも強いと言われています。お父さんは同じ男性として、息子さんの性格を見抜いて、約束をしたのかもしれませんよね。

私にも成人した(やさしい)息子がいますが、とりわけ思春期前の男の子は“男同士の約束”によってグッと成長したりします。また、人は未来が漠然としているほど不安になるものですが、それを例えば「未来に友達を作る/友達ができる」というふうに具体化していくことで、不安が薄らぐ場合があります。

こうした男女の差みたいなものは、少なくとも思春期が過ぎるまでは大いに絡みますので、これを機会にご主人の真意をしっかり聴いておくのも有効かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり同じ男として、泣いてばかりいないでもっとたくましくなってもらいたいようですね。それはよく分かります。その中での約束、息子にとってプラスになるよう信じています。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/16 14:00

考え方の違いではなくて、役割りの違いでしょう。

気持ちに寄り添ってくれる母親と、社会の中の一人として責任を感じさせる父親。とっても、いいコンビネーションですよ。これは、どちらが欠けてもいけないし、どちらがより重要かでもない。
息子さん本人にしたって、母親に求めるものと、父親に求めるものは、同じではないですからね。違うものが、揃ってないと困るんです。
私は、特に障害児童の発達の研究職に就く者なのですが、その観点から申し上げます。小学校に上がり出してからは、父親の出番が始まります。父親とは、子供にとって社会性そのものの存在です。父親の社会性が子供の社会性を後押しするんですよ。幼少期に母親との繋がりがガッチリ出来ているなら、後は本人が余程困っている時以外は、あなたの手出しは無用です。社会性については、母親が手出しすればする程損なわれると思っていて、間違いないですよ。母親を頼りにはしていても、しているなんてバレたくないのが、少年期の子供なんです。ですので、助ける時はコソッとやって下さいね。生活は、母親が支える。社会性は父親が支える。勿論、逆でも問題ないのですけれど、子供にとっては両者のポジショニングが違う事が重要なんです。価値観には選択の余地があり、立場から成るものでもある。そして、価値観そのものが重要なのではなく、選択する事が重要なのだという発見が、子供の発達の多様性に繋がるのです。堅苦しい話しですけれど、子供はこういう事を感じ取りながら、育つんですね。
やっと来た、父親の出番を暫し見届けましょうよ。父親業も転んだり滑ったりしながらのものですからね。母親業もそうだったでしょう?
お子さん大きくなりましたね。まだまだ先がありますが、一先ずは、お疲れ様です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

役割の違い、なのですね。母親としての役割をこれからは影から果たしていこうと思います。やはり自分と異なる性別の子供は分からないことだらけですね。ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/16 13:58

良いバランスだと思います。


優しく見守ろうとする母親と、もう一歩先へと導いて行こうとする父親。
プレッシャーはゼロでもいけません。程よくあるのが理想的です。
いつも優しいお母さんがいてくれると思うから、子供はもう一歩踏み出してみようという勇気が持てる。
そこに父親の「友達をつくろう」という導きがある。
とても良い状況だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね!ありがたいお言葉です。
いつも優しいわけではありませんが、見守ってあげられたら…と思います。過保護にならない程度に。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 15:15

ちょっぴり甘いお母さんかな?って気がします。


朝さみしくて泣いちゃうのは 感受性豊かとは違うと思います。(ほほえましいけど)
お母さんがいない場所へ行くのが不安なのと 保育園からで
儀式化したんでしょうね。ですから
>私はもうそれは息子の朝の儀式なのだと思っていて、泣いてもいい、という考えです。
賛成ですね~ それで納得できて後は楽しいならOKですね^^

お父さんとの約束ですが 別に罰があるわけでもなく お父さんも
お子さんを奮起させるための約束なら そのままにしておいていいと思います。
もし息子さんが 毎日お父さんにお友達の名前いえて約束を果たせたら
お子さんの自信にもつながることですし
親御さんとしてもお子さんのお友達の名前覚えられていいことですよ。
できなくても「明日でも あさってでも新しいお友達が増えればいいね」程度の
あくまでもチャレンジにしてあげればいいんです。
あなたもチャレンジと考えれば プレッシャーとか思わないでいられませんか?
乗り越える 経験する 今は全てがよい経験になると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その約束が子供にとって自信となればいいですよね。なので旦那には何も言わないでおきます。
乗り越える、経験するがよい経験に…いい言葉ですね。
気持ちが楽になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2015/04/13 15:05

男の子は子どもの頃に一生涯の涙を流すと言われた事があります


その言葉通り私の子も男の子は小さい頃はよく泣きましたよ(笑)
父親との約束が子どもにとってのプレッシャーなのでは?と質問ですよね?
父親との約束は約束でいいのでは?
もし子どもさんにとってそれがプレッシャーなら母親である貴女がフォローする
それでいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、泣き虫ではなく、いろんな涙を流してますね。
プレッシャーになるのかはわからないですが、いろんな場面で自分がフォローしてあげられるように頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 15:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング