【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

急な円高が進んだとき日銀は円を売ってドルを買い、為替介入を幾度か実施し、アメリカから為替操作だとその都度批判を浴びました。
外貨準備高を拡大するには、貿易で輸出を増やすことが王道です。
300万円以上をシティバンクに持ち込めば米ドルに変換して定期預金が出来ます。
将来「円」が大暴落した時のヘッジ対策として、いま日本全体が力を合わせて数10兆円から数100兆円をドルに換えることは出来るのでしょうか。
アメリカのFRBが金利を円より高く利上げした時が一つのチャンスだと思うのですが、多額の円をドルに換えることは現実として可能なことでしょうか。
可能であればその方法と手順を教えて下さい。
もし不可能であればその理由と根拠を教えて下さい。
但し為替の大幅な変動により日本経済が大混乱し、世界経済にも影響を与えることは考えないものとします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

為替操作は、あまり意味がないというのが、アメリカなどの認識(アメリカは10年以上前にあきらめている)で、世界的な認識になりつつあります。

 具体的に言えば、日本が為替介入を幾度か実施しても、円高を止められませんでしたよね?

>将来「円」が大暴落した時のヘッジ対策として、いま日本全体が力を合わせて数10兆円から数100兆円をドルに換えることは出来るのでしょうか。

よって、主要各国や日本においても、そういったことはやる予定はないでしょう。しかも、昔日本が為替介入をした結果、かなりのドルがあります。そのドルを放出して行き過ぎた円安を緩和することはアリ。外国から文句を言われるだろうけど。

黒田総裁は、やる気になればいくらでも円安、円高を、金融緩和の調節によって変えることはできるのです。しかし、表向きも、内情的にも、為替操作を第一目的としてやる予定はないでしょう。
    • good
    • 0

貿易で輸出を増やしておおはばな黒字でも外貨準備高は、1ドルも増えません。

なせならば、中央銀行あるいは中央政府等の金融当局が外貨を保持すること。保持している外貨の量を外貨準備高というからです。

1日での、円対ドルの為替取引は100兆円を超えていますから、数10兆円から数100兆円をドルに変えるのは時間を掛けれは可能です。


 ちなみに、ドルから円に変えるのは容易ではない。米国債売りますといえば、相場が大暴落するから事実上出来ません。

 過去に実例が有ります

 アメリカ国債 売りたい 暴落 橋本龍太郎  検索すれば、面白い話が見れます
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング