ある建物を取り壊す計画があり、上屋はいいのですが、基礎杭の撤去に困っています。
φ300のPC杭90本ほど、L=20m程度です。
ケーシング打ち込みによる引抜き等が一般的ですが、費用面、周囲への影響等を考慮するとどうも踏み切れません。
現場は当面は駐車場になる予定ですが、今後のことを考えて杭は全撤去したいと思っています。
何か方法はあるでしょうか。

A 回答 (2件)

今後のことを考えて杭を撤去するというのが一寸判りませんが、一応前置きとして杭は撤去しない方が、土地のためには良いのではないかという気がします。


ただ、杭の種類(支持杭か摩擦杭か等)も判らないので、一概には申せませんが、杭の撤去となると費用の方もかなりかかってきます。
一体どれくらいの予算を見ておられるのかと言うことも問題になってきます。
さて、杭の引き抜きですが、土質にもよると思いますが、1m程度の掘削を行い、足場を組んでバイブロで引き抜くのは不可能でしょうか。
打ち込みの時の工法にもよるでしょうが、頭部が破壊されていなければ、引き抜きは可能ではないかと思いますが、もしこれで抜けなければ費用の点で恐らく諦めざるを得ないのではないかと思われます。
    • good
    • 0

逆の発想で、せっかく支持杭があるのですから有効に使えるのでは?どれくらいの面積に90本なのか分りませんが、支持層まで20mの軟弱地盤。

わざわざ抜く事も無いような気がします。万が一構造物を造る場合でも掘削底面で壊せば良いのでは?勝手な意見ですみません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPHC杭(高強度プレストレストコンクリート杭)の英名

PHC杭(高強度プレストレストコンクリート杭)の英名を教えてください。
杭はPILEだと思いますが高強度とつくとお手上げです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

正式には、「プレテンション方式高強度プレストレストコンクリートくい」と言います。

それで英名ですが…、
Pretension type centrifugal High strength prestressed Concrete PILE
です。

但し、一部には
Pretension spun High strength Concrete PILE
と言うところもあります。

Qφ

この φ という記号 よく直径に使われてたりしますが、いったい φ1あたりの大きさは どれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

φ という記号は「ファイ」というギリシャ文字です。(円周率を表すパイもギリシャ文字)直径を表す略語として使われ、日本では「ファイ」「マル」「ダイア」などと会社、業界によって読み方が違うようです。

数値の前にこの記号を書くことにより、この数値は高さや半径ではなく直径を示すいうことが分かりますが、単位ではないので数値の次に単位を書くか、書類のどこかに単位を示さなければわかりません。多くの場合mmが使われます。

Q100φといったら

100φの円の100φって、円周のこと?それとも直径のこと?
誰か教えてください。

Aベストアンサー

ちとくどいようですが、100Aと表示のある鋼管は外径寸法表示です。

工事の話をすると建築・設備屋は外径重視。納まりの問題ですね。電気屋さんは内径重視。管内に何本通せるかが問題ですから。電線管なんかは内径表示しているものがあるようですが、100Aっては表示してないですよね?
設備屋は内径はそれほど重視していません。肉厚が厚くて内径が小さくなろうとも圧力上げて流量確保しますから。圧力を上げるために肉厚の配管を使いますから。どっちにしろ、内径は腐食によって日々、小さくなっていきますから内径を基準に設計などできません。外径基準でいかないとサポートや他設備との干渉、スリーブの大きさの決定でピンときませんからね。そっちの方が大切です。電気屋さんはチューブ埋めてしまうから外径はあんまし気にしないですよね。

いろいろ検索してみると、チューブやホースなどは内径基準もしくは内径表示が先に。鋼管の場合は外径基準もしくは内径表示は重視されておりません。外径は厳しく規定されてますけど、内径は肉厚が+-1%と言うような感じですね。業界の違いが感覚の違いになっている感じがします。勉強になったです。

ちとくどいようですが、100Aと表示のある鋼管は外径寸法表示です。

工事の話をすると建築・設備屋は外径重視。納まりの問題ですね。電気屋さんは内径重視。管内に何本通せるかが問題ですから。電線管なんかは内径表示しているものがあるようですが、100Aっては表示してないですよね?
設備屋は内径はそれほど重視していません。肉厚が厚くて内径が小さくなろうとも圧力上げて流量確保しますから。圧力を上げるために肉厚の配管を使いますから。どっちにしろ、内径は腐食によって日々、小さくなっていきますか...続きを読む

Q杭の支持力計算

杭の支持力計算書提示を受けたのですが、建物の重量のみで総重量を計算していると説明されました。しかし、考えてみれば基礎も相当なる重量と思われ、基礎部分の重量が加算されていないことに疑問を感じますが、実際はどうなのでしょうか?。

Aベストアンサー

杭の支持力は、地盤調査に基づいて杭の規格と材質と径によって、一本当たりの支持力を計算(KN/本)します。
(建物上家重量+基礎自重)÷杭一本当たりの支持力=必要杭本数(小数点以下切り上げ)
独立基礎の場合は、基礎一か所あたりの負担荷重を計算して必要本数を計算する事となります。
フーチング基礎も連続基礎も計算の基本は独立基礎と同じです。
柱毎に荷重負担を計算して求めればよいだけです。
ご参考まで

Q「出る杭」「出る釘」どちらも正しいの?

ことわざで「出る杭は打たれる」というのがあります。
これを間違って「出る釘は打たれる」と言った人に間違いを
指摘すると、これで正しいんだと反論されました。
インターネットで調べてみると、確かに両方OKみたいに
書かれていました。
私の認識では元々は「出る杭」で、誰かが誤って「出る釘」
と言ったのだが、杭より釘の方が身近なので「釘」の方が
結構広まってしまった。でも正しいのは「杭」。
これは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

 現在はどっちでも正しいですが、本来は「杭」です。
 フォーマルな場所だと恥かくので気をつけましょう

参考URL:http://www.cyber-nt.co.jp/07_tpcs/01bus/bwin_6.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報