アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

先日祖母の部屋を整理していると出てきた小判です。
裏には真ん中に何かのマークがありその右上に「保」の字が書いてあり左下には「大吉」とかいてあります。
この小判は本物なのでしょうか?

重さ以外の本物と偽物の見分け方などあれば教えて欲しいです!

よろしくお願いします!

「この小判は本物なのでしょうか?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

古銭」に関するQ&A: 古銭を送りたいんですが

A 回答 (4件)

天保小判ですね


 この小判は品質がよく、大きさも重さもかなり均等です
縦60㎜×幅32㎜ 重さ11.20g 品位 金568/銀432
 が標準です。

まずは大きさ、重さを計り
 上記のサイズかどうかしらべましょう
    • good
    • 1

2000円くらいで買えるニセモノなんじゃないかと思うのですが・・

    • good
    • 0

形がきれいなのでレプリカ品でしょう


それでも金が使われてるので、良くて98000円

本物は15万円以上
http://www.kosen-moriyuki.com/annai04_6.html
    • good
    • 1

古銭商へ持ち込んで、仮に買い取るのならいくらと質問。


本物だったら、買い叩く店だったとしても、万以下ってことはないでしょう。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽物小判

偽物の小判と本物の小判を見た目で見分けるいい方法はないですか?

Aベストアンサー

見た目で見分けられるようなら小判として使用できないでしょう。

金の純度が高いと柔らかいので噛んでみてその柔らかさで判別した話は見聞きしましたが、後世経済事情がわるくなり小判の改鋳が多く、金の純度が低下してこの方法も難しく成ったと思われます。

Q小判の価値は?

昔、貨幣として金や銀を原料とした小判を使っていましたよね。

当時の小判の価値ですが、今の円に換算すると一枚いくらくらいだったのでしょうか?

もちろん小判にも種類があると思いますが、適当に例を挙げていただければと。

また同時に、当時の金銀の価値はどの程度だったのでしょうか?

金銀の価値=小判の額面

でなければ、勝手にお金を作る、もしくは勝手に小判を溶かし金銀として売ってしまう人が続出しまうと思うのですが、当時はどうだったのでしょう?

Aベストアンサー

>当時の小判の価値ですが、今の円に換算すると一枚いくらくらいだったのでしょうか?
換算するときに何を基準にするのかで変わります。
お米の値段を使うか、他のものを使うのかで変わってきます。
時代小説ファンの方達は1両=10万円とすることが多いですが、昭和40年代ごろになんとなく流布した見方です。
お米の値段は、現在は政府の統制があり、あまり当てにならないというのが現在の考え方です。
まぁ~かけ蕎麦の値段などが、生活感としてはいいのかな、と思っています。
かけ蕎麦=16文 1両=4000文~6000文 これでいくと、1両=25万円~30万円 となりますがいかがでしょうか

>もちろん小判にも種類があると思いますが、適当に例を挙げていただければと。
小判の種類に関わらず1枚=1両です。
現在の貨幣と同じ考え方です。

>また同時に、当時の金銀の価値はどの程度だったのでしょうか?
江戸では、幕府が決めた通貨が主として使われていましたが、大阪では銀の固まりを通貨として主に使っていました。
この銀の固まりは重さで表示されていました。
大阪で「ぜに○○もん」と言ったときと江戸の人が「ぜに○○もん」と言ったときでは内容が違います。
大阪の人の「もん」は匁(もんめ)で江戸の人は「文」です。
これは歌舞伎でも起きています。元禄時代につくられたものは「匁」の方を使っていすが、江戸歌舞伎では「文」を使っています。
この銀の固まりを小判や銭に交換する相場市がありました。(現在の外国為替市場とほぼ同じです)
両替商と呼ばれる人達は、この相場の変化で利益を上げていました。
相場ですから、毎日変わっていました。
平均の例としては
1606年 1両=72匁6分~75匁
1621年 1両=57匁5分~63匁
1841年 1両=62匁5分
1863年 1両=85匁9分
御存知の通り小判の金の含有量は時代ともの減っていますので、それだけ金の地金は値上がりしていました。

ここでもっとやっかいなのが、銭と小判との両替も相場だったということです。
今で言えば、1円玉と1万円札を交換するのが、その日の相場で決められていたということです。
現在のドルと円との交換と同じように考えて下さい。
平均
1688年~1703年(元禄時代) 1両=4000文前後
1700年~1820年         1両=4500文前後
1820年~1865年         1両=6500文前後
注:1000文を1貫と呼びました。(重さの単位と同じ言葉が使われているので、ややこしいです)

庶民が小判を手にすることはまずありませんでした。
現在でも10万円札など出てきたら、日常生活には不便で使えません。
庶民は全国共通で銭(文)を使っていました。
全国を横断する大口の取引には小判を使いました。
つまり、銀は大阪(関西)の地域通貨です。人の交流に従って江戸へ流れ込みました。

参考
1両=4分……幕府が始まったときには 1両=4000文と決めました。
1分=4朱
通貨としては1文銭 4文銭 1朱、2朱 1分 1両 丁銀 小玉銀(こつぶ)です。

(天保銭などというのが出てきたのは幕末です)

>勝手にお金を作る、もしくは勝手に小判を溶かし金銀として売ってしまう人が続出しまうと思うのですが、当時はどうだったのでしょう?
いました、いました。
作っても、使っても、持っていても、捕まれば即刻首を切られました。(いまのような裁判もへちまもありません)
贋金造りは、何時の時代、何処の国でもやっていました。

とにかくややこしい通貨制度です。
江戸時代の人が算盤が上手いわけです。
読み、書き、算盤が必修だったのも良く解ります。

>当時の小判の価値ですが、今の円に換算すると一枚いくらくらいだったのでしょうか?
換算するときに何を基準にするのかで変わります。
お米の値段を使うか、他のものを使うのかで変わってきます。
時代小説ファンの方達は1両=10万円とすることが多いですが、昭和40年代ごろになんとなく流布した見方です。
お米の値段は、現在は政府の統制があり、あまり当てにならないというのが現在の考え方です。
まぁ~かけ蕎麦の値段などが、生活感としてはいいのかな、と思っています。
かけ蕎麦=16文 1両=40...続きを読む

Q昔の50円硬貨(穴あき、穴無し)の価値をおしえて

おばあちゃんが集めていた昭和30年頃の、50円玉を、
ほしい方がいたら売りたいと言っているのですが、
どのくらいの価値があるのか、また、何処へ持っていけば
良いのか、わかりません。
詳しい方がおいででしたら、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。
       (状態によって価格差有り)

 その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り)
       額面通りの価値


 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う
「エラーコイン」です。一般的なものは下記です。

・角度ズレ
 表裏の角度がずれているもの。
  通常は±10度以上ずれていないと、「角度ズレ」として評価してもらえない
 場合がある。

・穴ズレ(昭和34年~昭和41年)
  穴が中心になく、ずれているもの。
  穴の縁が切れる程ずれていれば確実。
  少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。

・穴なし(昭和34年~昭和41年)
  穴が無いもの
  前述の二つよりも評価が高い。

 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。
 (価値もピンからキリまでです。)


 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。

1.古銭屋さん
  買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。
  当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。

2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん
  古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。
  リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。
  通常は高値の期待はしない方が良い。

3.インターネットオークション
  熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。
  (出品方法に一工夫が必要)
  自分だったらこの方法を選びます。

4.フリーマーケット
  安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、
  値付けが難しい。
  手間を考えると個人的には絶対にしません。

5.銀行
  プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。


 こんな所でしょうか。
  




 

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500...続きを読む

Q小判の光次

小判の刻印にある「光次」は何て読むか分かってるのですか?ミツツグ?

Aベストアンサー

金座の責任者である後藤庄三郎光次の名と、花押ですね。
さて、読み方ですが・・・
次はおそらく「ツグ」でよいと思うのですが光のほうが問題でして「アキ」「アリ」「ミツ」「カネ」など、いろいろと考えられます。

で、辞典で調べてみると後藤庄三郎光次は「ゴトウショウザブロウミツツグ」となっていますので、ミツツグであっているものと思われます。

参考URL:http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history_11.htm

Q埋蔵金伝説、掘ったらほんとに出てきたことはあったのか

 四国の剣山にソロモンの財宝が埋まっているという話があって、何十年も掘り続けた人がいたそうです。その他、埋蔵金伝説は徳川埋蔵金などイッパイありますが、伝説に基づいて掘ったら、実際にお宝が出てきた例はあったのでしょうか。
 シュリーマンのトロイアの発掘以外に、伝説どおりに出てきた例は知りません。実際に掘り当てたという面白い話があれば教えてください。

Aベストアンサー

残念ながら…自分は近代日本(大正、昭和と)の新聞雑誌を10年近くかけて読み漁った事がありますが…埋蔵金を探していた人が見事見つけたという話は記事で読んだ事がありません。
工事現場で小判が発掘された、という話は結構あります。
でもこれは、宝探しをしていて見つけた訳じゃなくて、偶然出てきた、という話なので。
あとは埋蔵金にまつわる詐欺話は記事でよく読みました。
昭和8年には赤城山埋蔵金発掘ファンド詐欺事件があり、赤城山の財宝ってこんな昔から有名だったのか、って話ですが。
 
そうそう、出典は忘れたのですが…愛知の知多の方だったと思います。昭和40年代だったか50年代だったか、埋蔵金伝説のある海辺の町で、定期的に江戸時代の金貨を少額ずつ換金に来る老人がいて、「きっと埋蔵金をひそかに掘り当てたに違いない」と噂になった事がある、という本を20年以上昔に読んだ事があります。
よく考えれば、財宝を1人で発見したら、マスコミに公表する訳もなく、黙っていて少額ずつ掘り出して目立たないように換金するよなあ、とその話がやけにリアルに思えて、いまだに覚えています。

残念ながら…自分は近代日本(大正、昭和と)の新聞雑誌を10年近くかけて読み漁った事がありますが…埋蔵金を探していた人が見事見つけたという話は記事で読んだ事がありません。
工事現場で小判が発掘された、という話は結構あります。
でもこれは、宝探しをしていて見つけた訳じゃなくて、偶然出てきた、という話なので。
あとは埋蔵金にまつわる詐欺話は記事でよく読みました。
昭和8年には赤城山埋蔵金発掘ファンド詐欺事件があり、赤城山の財宝ってこんな昔から有名だったのか、って話ですが。
 
そう...続きを読む

Q庭から出た寛永通宝をきれいにする方法。

庭から寛永通宝が二枚出てきました。二枚ともひどい汚れなのできれいにしたいのですが、どうすればきれいになりますか?
表面の土は水で流しましたが、カビやさびなど沢山付いているようです。
10円玉はサイダーできれいになるといいますがこれは寛永通宝にも有効でしょうか?

カテゴリーがちょっとずれているように思えますがこのカテゴリーなら寛永通宝に詳しい方がいるかと思いましたのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分、硫黄剤できれいになります。
硫黄分の強い温泉。そうでなければ、皮膚病の「いんきん」の治療に使う薬剤が薬局にあると思います。
それか、タバスコですね。硫黄剤は銀を変色させますが、タバスコは何でもオッケイです。もちろん、寛永通宝が銀であるはずもありませんがね。

Q古い硬貨の汚れをとる方法を教えてください。

古い100円硬貨や50円硬貨など昔の硬貨の汚れをとる方法を教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じような質問がありましたのでじっくりご覧ください。

古い硬貨の手入れについて、教えて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1242042.html

硬貨を光らせたい
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa413601.html

古い100円硬貨の磨き方
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1383575.html

小銭の洗浄方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1762544.html

古銭・硬貨のクリーニング
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa291882.html

硬貨を磨く方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa77208.html

Q天保小判

小判で比較的重さの軽い天保小判などは他の重い小判と比較すると厚さは薄いのでしょうか?まあ大きさが違うと言うのもあるのですがあまり小判を比較検討したことがないものでご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

小判の厚さには興味がありますが、不勉強のせいか書かれたものは、見当たりません。     やむをえずデータで見ると、天保小判と宝永小判がほぼ同じ大きさで、分析金位がそれぞれ、56.8と83.4なのですが、重さはそれぞれ11.3グラムと9.4グラムです。    金の純含量を宝永小判に近付けるため、天保小判は総重量を増やしたわけです。       No.1さんの書かれたように軽い銀の含量を上げ、総重量も増したので天保小判はかなり厚みを増したといえます。        現物でお確かめ下さい。

追記    先日のゴザ目の件、V字たがねと、U字たがね両方が使われるとの確かな記載が見つかりました。  

Q小判の時代判別

小判で裏に「文」とあると文政か元文、ではそれをどちらかと決める大きなポイントは何ですか?裏の銀座、吹き上げ棟梁の刻印ですか?

Aベストアンサー

小判の種類は裏面の極印でわかります。
元文と文政では字体が異なります。
元文のほうは文の字がはっきりしており、文政はくずした文の字です。

Q昔の硬貨やお札(500円札)はどうしたら、換金できるのでしょうか?また

昔の硬貨やお札(500円札)はどうしたら、換金できるのでしょうか?また、記念硬貨はどうしたらいいのでしょうか?銀行のATMでは、オリンピック記念500円硬貨ははじかれてしまいます。また金貨もどうしたら換金できるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

旧紙幣は、換金しなくても額面の価値で流通させる事が出来ます。
小売り業者の全てが、この事を知ってるかは疑問ですが、500円札なら500円の買い物が出来ます。
記念硬貨も同じように額面の価値で買い物が出来ます。
銀行窓口に換金の手続きをすれば、現行紙幣(貨幣)と交換してもらえますが、記念硬貨等は古銭業者に買い取ってもらった方が額面より高値になる事が多いです。
記念金貨も額面通りで流通出来ますが、金貨で買い物をする人は聞いた事がないです。
もし、10万円金貨を額面で良いなら、お店は大喜びですが、逆に偽金貨と警戒されると思いますので、10万円金貨なら絶対に古銭屋で換金した方が得です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報