今、現場関係の仕事で、独立をするか非常に悩んでおります。


・元請け先は固定です。ですので、仕事がないときは、基本休みになります。
・溶接機、2トントラックの使用。
・仕事量の減少
・単価の低下

以上の点がココ数ヶ月、悩んでいる重要項目です。
費用はかかります。溶接機とトラックだけで120万近くに上ります。
また、当然ですが厚生年金はありません。白色で申告しますので、税理士を必要としません。
すでに独立された方に相談しましたところ、以下のような回答が得られました。
「大変とかそんな次元じゃない。1年通して平均30万ちょっと超えるくらいにしかならないから、そこから必要経費引くと、普通に作業員の方が給料が高くなる」
「おすすめしない。暇なとき、ハローワークに行って、現状の給料と同等の会社を探した方が賢い」
「元請けが無慈悲なのを痛感するぞ。あと、絶対、営業と中悪くなる。それと、同業者とも悪くなる。全部、金の問題」
「平米いくらで請求しても、請求金額が勝手に減額されてることがあるから、キツいぞ」

反対に、
「ほとんどの人が高年齢で契約切れるから、もう少し我慢すれば安泰やぞ。仕事量が増えて稼ぎがその分増える」

などの、声が聞こえてきました。
一番ビックリしたのは、現場単価で計算した請求金額が振り込まれないことが結構あるとのこと。
そういうときは、半年遅れで回収できれば万々歳らしいです……。それでも、営業と仲良くしなければいけないらしく、精神的にやられて、さらに、その姿が営業に媚びを売っているように見えるらしく、同業者に陰口をたたかれるみたいです。
また、仕事をなんとかもらうために色々やっているみたいで、それも他の同業者から反感を食らうみたいです。


ここまで書いて、独立しようかどうか実際、悩んでます。
月。20万を下回ることもあったみたいで、最近はどうかわかりません。と、言いますか、「今月いくら稼ぎましたか?」とは、きけないです……。

皆様なら、どう考えるのか是非ともお聞きしたく、長々と書かせて頂きました。
私も、もうすぐ30です。
どうぞ、よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 私も実のところそこが気になって、直接聞いたことがあります。
    しかし、返答はダメ、と、言うことでした。
    あくまで、固定の下請けでないと困るということ。
    結構、大きな会社ですので、それ以上は私も何も言いませんでしたが、心配以外の何物でもありません。

    唯一、余りにも暇な時、バイトを許可したことがあったみたいですが、それが唯一の例外です。

    すでに、胃が痛くなってきます。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/19 20:42

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

.


 独立すると溶接機・トラックなどの経費が固定費のように出ていく、厚生年金がない、以下のような回答があったという不利な条件が多い(かなり冷静に書かれています)、約束どおりの支払いがない、同業者からも足を引っ張られる…など、独立の可否は迷う余地のないことばかりじゃないですか。それなのに、なぜ独立するという発想が出てくるのか、理解を超えています。夢や願望で独立するかどうか、決めてはいけません。

 いちばん問題なのは「元請け先は固定です」。これがいけません。仕事を下請けする先(元請け)が幾つもないと、親ガメの背中に乗った孫ガメみたいなもので、親ガメが少しでも揺れると真っ先に転落します。逃げようがありません。避けようもありません。どこかでアルバイトするほうがはるかに無難です。
 仕事をもらえる元請けが3ヶ所以上あったときに、独立するかどうか悩むことですね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

おじさんです。


「今、現場関係の仕事で独立をするか非常に悩んでおります」
→独立はいろんな意味で素晴らしい目標だと思います。
ただ、素晴らしいだけに誰でも簡単に、というわけにはいかないでしょうね。
ご質問に書かれている「大変だぞ」という意見、また「うまくいくかもしれない」という意見。
両方正しいと思います。
といいますのは、独立というのは、うまくやれば大成功、うまくやれないと失敗というものだからです。
あなたの独立の目標は大切に持っていてほしいですね。
まずは、失敗しないために、いろんな世界を見て、あなたのノウハウを豊かにしましょう。
独立成功の条件は
・仕事の独自性(他人と競わない、他人が真似できない)
・仕事を獲る営業力(他人に任せず自分の力で仕事をとる)
・いい仕事をする(いい仕事が客を増やす)
というものです。
まだ、若いのですから、じっくり学んで是非成功してください。
    • good
    • 0

自分ならこんな不景気な時に独立とかしませんね。


独立して一番困る事はお金です
いつ仕事が入ってくるのかわからないとか胃が痛くなりますよ
それだったら毎日職場に行って仕事している方が気楽でいいです
社長になったら大変ですよ、どんな仕事であろうと受けなきゃいけないし
もし仕事中に事故やらケガしたらその保証もないわけでしょ
あまりにも危険すぎますね
独立するなら月に100万円以上稼げるような仕事じゃないと割に合わない
    • good
    • 0

いわゆる一人親方の形ですね。


元請としては、自分のところの人件費の大幅削減のため、正規雇用より、この形を勧めてます。
そこの仕事だけでは、収支トントンでしょう。
あっちこっちの元請にコネがあって、目いっぱい仕事を回してくれる保証がないかぎり、止めといた方が賢明です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同業で独立

以前の会社で、扱っていた商品と同様な商品で独立します。
商圏も対象のお客様も同じなので、以前勤めていた会社とのトラブルに発展しないようしたいです。事前準備と予想される問題点とその対処法などあったらお願いします。

Aベストアンサー

入社時に”競業の禁止”のような書面に判を押してませんか?

競業の禁止とは、その会社を辞めたときに同様の業種で仕事をしません。という証です。

前出の回答のように、確かに商品を選ぶのはお客様ですから、何ら問題も無いように思いますが、実際こういうトラブルを経験している企業は、上記の競業の禁止の書面をとっている場合があります。

競業の禁止は法的に、職業選択の自由とバッティングするので、その効力はいかほどなのか知りたい位ですが、結果的にbanjisaiさんの会社がお客様を引っこ抜いた!なんてことになると、元の会社は鼻息を荒くして競業云々を言ってくるでしょう。

トラブルを避けたいなら、会社に仁義を通しておくべきだと思います。きちんと話して、同じような商材で独立することを明確にしておくことは、後のbanjisaiさんの評価にも繋がると思います。同じ地域での営業であれば、なおさら地域の共通の方との繋がりも結構あるでしょうし。

後ろ指さされながら成功した方を、私は知りません。

まずは競業の禁止を確認しましょう。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/taisyoku/kyogyo_kinshi.htm

入社時に”競業の禁止”のような書面に判を押してませんか?

競業の禁止とは、その会社を辞めたときに同様の業種で仕事をしません。という証です。

前出の回答のように、確かに商品を選ぶのはお客様ですから、何ら問題も無いように思いますが、実際こういうトラブルを経験している企業は、上記の競業の禁止の書面をとっている場合があります。

競業の禁止は法的に、職業選択の自由とバッティングするので、その効力はいかほどなのか知りたい位ですが、結果的にbanjisaiさんの会社がお客様を引っこ抜いた!...続きを読む

Q【マナー講師】独立後の営業方法

こんにちは。
現在、某企業にて社内講師として働いている33歳既婚OLです。
今まで約7年間、主にビジネスマナー、電話マナー、保険関連の研修です。
(社内だけではなくグループ企業の研修も実施しています。)

私は現在、個人事業主として独立したいと考えております。
その際、いざ独立した時にどのように営業するのがよいかと思い投稿いたしました。

どんなところ(例えば高校?や職業訓練校など?)にどのように提案して
仕事を獲得するのがよいか、ということです。

もちろん多少コネクションで声をかけようかとは思いますが、
皆さんどのように営業して仕事をとっているのか気になりました。
(これに関しての情報はインターネットで検索してもなかなかありません。)

ご回答のほど、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 自力で展開するためには、まず自分自身を知ってもらう必要があります。
 ですからまずカンバン・連絡窓口としてのホームページを作ります。
  内容に書くべきことは、自分自身に関することですが、重要なのは実績。これまでの経過で、教育の成果や、マナーを訓練されることによるメリットなど、想定した顧客がどんなことを望んでいるのかを考えながら書きます。特に顧客像はしっかり絞り込んでいることが重要です。さらに写真を提示して、見た人に安心感を提示します。(プロに依頼したほうがいいかもしれません。)
 尚、個人の場合、時間が取りにくいのですが、登録されたプロ専用のブログなどをもてば、さらに権威のバックアップができるかと思います。(「BLOGS」「INSIGHT NOW!」など)ちなみに専門家として認められるには、本を書いたりした経験がものをいうようです。ただコンスタントに書き続けるのは大変ですが。
 同時に連絡回線をできるだけ広くとり、お客さまを逃さないようにします。(状況によりますがレンタルオフィスの秘書サービスを使えば、だいぶん安心です。)
 あとは外回りの営業活動として、役所や商工会議所へ問い合わせるのも一方です。こちらは大阪ですが区役所のチラシに、無料講師の場合安く教室を借りれるサービスがありました。これで顔を知ってもらう。またそういったセミナーなどのためにチラシを配るなどもありえるかもしれません。(新聞販売所に持ち込めば、1枚2.5円~2.8円で新聞に織り込んでもらえます。)商法会議所にも無料相談窓口以外にも、セミナー講師として登録できるシステムがあったかと思います。
 尚、企業とのコネを使う場合は、法人格を取得しているほうが動きやすいかもしれません。(これまでのコネであれば問題ないでしょうが、経過を見て考えておいたほうがいいでしょう。)
 最後にマナー教育をさらに補完するために、イメージコンサルティングや言葉(日本語)マナーなどの技術を少しずつでも勉強されておけば、さらに間口を広げられるかと思います。

 自力で展開するためには、まず自分自身を知ってもらう必要があります。
 ですからまずカンバン・連絡窓口としてのホームページを作ります。
  内容に書くべきことは、自分自身に関することですが、重要なのは実績。これまでの経過で、教育の成果や、マナーを訓練されることによるメリットなど、想定した顧客がどんなことを望んでいるのかを考えながら書きます。特に顧客像はしっかり絞り込んでいることが重要です。さらに写真を提示して、見た人に安心感を提示します。(プロに依頼したほうがいいかもしれま...続きを読む

Q電子部品の営業経験での独立の可能性

こんにちは

表題の通り、電子部品営業を会社員としてやってまいりました。この度独立を考えていますが、可能性は果たしてあるのか?と思い質問させていただきました。目的は独立開業(個人事業)することで、この業種での開業が難しいのであれば、類似業種で考えております。お忙しいところ申し訳ありませんが多数のご意見をお待ちしております。

経験概要・現状など:
1)メーカーでの半導体を中心とする電子部品営業
2)同上での海外営業で担当はアジア、北米中心。国内営業経験少々
3)英語は出張・電話での顧客との会話、メール。英語は自信なし
4)海外営業はできるが貿易実務経験なし(概要程度なら分かる)
5)開業資金は300万程度です。現在45歳です。

特技・好きなことなど:
1)調査・マーケティング・営業企画
2)プレゼンテーション
3)出張・外出などで行動すること、デスクワークは苦手

個人事業を色々考えていますが、結局何も特技がない事が分かり、会社員であろうと自分の強みを身に付けないと駄目だと思っています。これを機会に特技を磨きたいと思います。

質問:
1)電子部品販売の独立開業(個人事業)は可能でしょうか
2)個人事業なら代理店などと契約するセールスレップが妥当でしょうか
3)上記の他、類似業種で経験を活かした個人事業はありますか
4)異職種でも考えています、例えば海外営業コンサルタント、調査請負ですが無謀でしょうか

お手数ですが、よろしくお願いします。

こんにちは

表題の通り、電子部品営業を会社員としてやってまいりました。この度独立を考えていますが、可能性は果たしてあるのか?と思い質問させていただきました。目的は独立開業(個人事業)することで、この業種での開業が難しいのであれば、類似業種で考えております。お忙しいところ申し訳ありませんが多数のご意見をお待ちしております。

経験概要・現状など:
1)メーカーでの半導体を中心とする電子部品営業
2)同上での海外営業で担当はアジア、北米中心。国内営業経験少々
3)英語は出張・電話...続きを読む

Aベストアンサー

業界の事情は知らないです、また私はごく細々とした個人事業主ですから大した事は助言できませんが・・・・
   
個人事業で(企業でもですが)何より大切なのは「取引先がある」ということです。
現職の営業との事ですが、飛び込みの営業もやっていらっしゃるのでしょうか?
仮に飛び込みの営業でも、それは「会社の看板を背負っている」ということです、飛び込みで商談が成立しても「あなただから」商談が成立したのか?「あなたの会社」だから成立したのか?ですよね。
    
サラリーマンの脱サラ願望はよくあることですが、現状いかに会社の傘が大きいか冷静に判断してください。
徒手空拳では何も出来ないということを独立してから悟っては遅いです。
    
そして独立願望があるのであればまず幅広い人脈を築くこと、それもあなたの人間性まで理解してくれるようなお付き合いを幅広くすること。
そうすれば時には「あなたなら出来るから独立してごらんなさい、応援しますよ」といてくれるような人も現れるかも?

Q通関士の資格で独立事務所に就職もしくは独立事務所を

 こんにちは。僕は現在、海運業で働いています。早速ですが質問があります。
 
 通関士の資格をとり独立事務所で働いたりはできますか?
 弁護士や税理士の独立事務所があるように通関士にもそういうのはあるのでしょうか?

 いま僕は仕事との関連で通関業を目指そうと思っています。ですが、ゆくゆくは転職も考えています。
 そこで通関業を活かしたいと思っていて社員数の少ない独立事務所で働きたいと思っています。
 そこでこういう質問をさせてもらいました。
 知っている人がいたらよろしくお願いします。
 
 

Aベストアンサー

通関業の起業について調べてみましたが難しそうです。

まず、通関業は免許制で起業するには税関の審査があります。経営基盤の弱い起業したての会社に免許が下りるか疑問視されるところです。
つぎに、免許が下りたとしても取り扱える地域が指定されてしまいます。後発企業にどれだけのシェアが取れるでしょうか?
それに、輸出入には国際運送、国内運送、荷役、倉庫などその他の業務が絡んできますが、これらについてはどうしますか?先発企業はこれらも兼業しているところもありますが、通関業のみではこれらを専門業者に任すしかありません。

通関業者ではないので実際にどれだけのパイが残っているのかわかりません。可能性もゼロではないと思います。コネと営業力次第でしょう。

Qキー局と独立放送局の違いを教えてください。 例えば、キー局ではできないけど独立放送局でならできるこ

キー局と独立放送局の違いを教えてください。

例えば、キー局ではできないけど独立放送局でならできることなどを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

在日犯罪の実名報道


人気Q&Aランキング

おすすめ情報