今、現場関係の仕事で、独立をするか非常に悩んでおります。


・元請け先は固定です。ですので、仕事がないときは、基本休みになります。
・溶接機、2トントラックの使用。
・仕事量の減少
・単価の低下

以上の点がココ数ヶ月、悩んでいる重要項目です。
費用はかかります。溶接機とトラックだけで120万近くに上ります。
また、当然ですが厚生年金はありません。白色で申告しますので、税理士を必要としません。
すでに独立された方に相談しましたところ、以下のような回答が得られました。
「大変とかそんな次元じゃない。1年通して平均30万ちょっと超えるくらいにしかならないから、そこから必要経費引くと、普通に作業員の方が給料が高くなる」
「おすすめしない。暇なとき、ハローワークに行って、現状の給料と同等の会社を探した方が賢い」
「元請けが無慈悲なのを痛感するぞ。あと、絶対、営業と中悪くなる。それと、同業者とも悪くなる。全部、金の問題」
「平米いくらで請求しても、請求金額が勝手に減額されてることがあるから、キツいぞ」

反対に、
「ほとんどの人が高年齢で契約切れるから、もう少し我慢すれば安泰やぞ。仕事量が増えて稼ぎがその分増える」

などの、声が聞こえてきました。
一番ビックリしたのは、現場単価で計算した請求金額が振り込まれないことが結構あるとのこと。
そういうときは、半年遅れで回収できれば万々歳らしいです……。それでも、営業と仲良くしなければいけないらしく、精神的にやられて、さらに、その姿が営業に媚びを売っているように見えるらしく、同業者に陰口をたたかれるみたいです。
また、仕事をなんとかもらうために色々やっているみたいで、それも他の同業者から反感を食らうみたいです。


ここまで書いて、独立しようかどうか実際、悩んでます。
月。20万を下回ることもあったみたいで、最近はどうかわかりません。と、言いますか、「今月いくら稼ぎましたか?」とは、きけないです……。

皆様なら、どう考えるのか是非ともお聞きしたく、長々と書かせて頂きました。
私も、もうすぐ30です。
どうぞ、よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 私も実のところそこが気になって、直接聞いたことがあります。
    しかし、返答はダメ、と、言うことでした。
    あくまで、固定の下請けでないと困るということ。
    結構、大きな会社ですので、それ以上は私も何も言いませんでしたが、心配以外の何物でもありません。

    唯一、余りにも暇な時、バイトを許可したことがあったみたいですが、それが唯一の例外です。

    すでに、胃が痛くなってきます。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/04/19 20:42

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

.


 独立すると溶接機・トラックなどの経費が固定費のように出ていく、厚生年金がない、以下のような回答があったという不利な条件が多い(かなり冷静に書かれています)、約束どおりの支払いがない、同業者からも足を引っ張られる…など、独立の可否は迷う余地のないことばかりじゃないですか。それなのに、なぜ独立するという発想が出てくるのか、理解を超えています。夢や願望で独立するかどうか、決めてはいけません。

 いちばん問題なのは「元請け先は固定です」。これがいけません。仕事を下請けする先(元請け)が幾つもないと、親ガメの背中に乗った孫ガメみたいなもので、親ガメが少しでも揺れると真っ先に転落します。逃げようがありません。避けようもありません。どこかでアルバイトするほうがはるかに無難です。
 仕事をもらえる元請けが3ヶ所以上あったときに、独立するかどうか悩むことですね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

おじさんです。


「今、現場関係の仕事で独立をするか非常に悩んでおります」
→独立はいろんな意味で素晴らしい目標だと思います。
ただ、素晴らしいだけに誰でも簡単に、というわけにはいかないでしょうね。
ご質問に書かれている「大変だぞ」という意見、また「うまくいくかもしれない」という意見。
両方正しいと思います。
といいますのは、独立というのは、うまくやれば大成功、うまくやれないと失敗というものだからです。
あなたの独立の目標は大切に持っていてほしいですね。
まずは、失敗しないために、いろんな世界を見て、あなたのノウハウを豊かにしましょう。
独立成功の条件は
・仕事の独自性(他人と競わない、他人が真似できない)
・仕事を獲る営業力(他人に任せず自分の力で仕事をとる)
・いい仕事をする(いい仕事が客を増やす)
というものです。
まだ、若いのですから、じっくり学んで是非成功してください。
    • good
    • 1

自分ならこんな不景気な時に独立とかしませんね。


独立して一番困る事はお金です
いつ仕事が入ってくるのかわからないとか胃が痛くなりますよ
それだったら毎日職場に行って仕事している方が気楽でいいです
社長になったら大変ですよ、どんな仕事であろうと受けなきゃいけないし
もし仕事中に事故やらケガしたらその保証もないわけでしょ
あまりにも危険すぎますね
独立するなら月に100万円以上稼げるような仕事じゃないと割に合わない
    • good
    • 0

いわゆる一人親方の形ですね。


元請としては、自分のところの人件費の大幅削減のため、正規雇用より、この形を勧めてます。
そこの仕事だけでは、収支トントンでしょう。
あっちこっちの元請にコネがあって、目いっぱい仕事を回してくれる保証がないかぎり、止めといた方が賢明です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMAG、MIG、TIG溶接

現在は手溶接のアーク溶接機を使用しているのですが型も古く大きいので買い替えを
検討しています。

そこで工具メーカーのカタログやインターネットで検索してみると種類が
MAG(マグ)溶接、MIG(ミグ溶接)、TIG(ティグ)溶接とあり
どうもMAG溶接は炭酸ガスを使い鉄、ステンレスが溶接可能、
MIG溶接はアルゴンガスを使いアルミ溶接が可能、TIG溶接はチタンの溶接が可能、
そしてMAG→MIG→TIGの順で高品質な溶接が可能だと分かりましたが、
高品質な溶接とは具体的にどういう事なのでしょうか?(薄板が可能?ビードがキレイ?)

それと、これらの機種はワイヤーとガスが違うだけで溶接方法
(トリガーを引くと溶接ワイヤーが出てアースのクランプにつながっている母材にアークさせる)
は同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、使用しているのは被服棒アーク溶接機でしょうか?
通称、手棒と呼ばれるタイプです

質問内容だとガスシールドアーク溶接機ですね
使い方が全く変わりますので注意して下さい

タイプ別に使用方法・特徴を記載します
カタログを見ていると言う事なのである程度、専門的な書き方をする場合があります

MAG・MIG
350以上であれば、ほとんどの機種にMAG・MIGの機能が付いています

使用方法については、質問の後の方に記載されている通りです(TIGを除く)

MAGの場合、初めて使用するならCO2を使わずTACガスを使用して下さい
ガスの値段はCO2に比べると高価ですがアークが安定する、ビードが綺麗に出ます

特徴
長所
少し練習すれば素人でも扱える
薄板でも容易に溶接が出来る
肉盛が簡単に行える

短所
電圧・電流の調整が難しい
アーク幅が狭いので隅肉溶接の場合、接合不良(欠陥)を起こし易い
ブローを起こし易い
ノズルが変形・スパッタが多量に付着したら欠陥が出やすい
手の振れがそのままビードに現れる

TIG
水冷式と空冷式があります
板厚の大きい物やTIGを多用する場合は水冷が普通です

使用方法
この溶接は両手を使います
トーチからはアークのみです
片手でとーちを握り、指先でスイッチを押してアークさせます
母材が溶け始めたらもう片手でフィーラーを送り込みます

相当、熟練を要します
質問内容にチタンと書いていますが理論的真空溶接を行いますので色々な冶具が必要になります
ハッキリ言いますが素人では不可能です

特徴
長所
容易に裏波溶接が出来る
共付けが可能

短所
素人では使いこなせない
狭い所での溶接作業に不向き

こんな感じです

現在、使用しているのは被服棒アーク溶接機でしょうか?
通称、手棒と呼ばれるタイプです

質問内容だとガスシールドアーク溶接機ですね
使い方が全く変わりますので注意して下さい

タイプ別に使用方法・特徴を記載します
カタログを見ていると言う事なのである程度、専門的な書き方をする場合があります

MAG・MIG
350以上であれば、ほとんどの機種にMAG・MIGの機能が付いています

使用方法については、質問の後の方に記載されている通りです(TIGを除く)

MAGの場合、初めて使用するならCO2...続きを読む

Q建設業(エクステリア)をしています。元請けが先に金額提示をしてきて図面

建設業(エクステリア)をしています。元請けが先に金額提示をしてきて図面が手元に届いたのが着工1日前でした。その日のうちに担当者に連絡し単価が合わないから出来ないことを伝えたが引き受けてくれずとりあえず金額の話は後からしましょう。っと言われたので着工したところ507万円の赤字になりました。

このままでは職人に支払いもできません。

自己破産し倒産しか道はないのでしょうか?

どなたか力を貸して下さい。


ちなみに、現場は分譲で17棟ありそのうちの13棟を手掛けました。

元請けからの注文書の単価は1棟当たり36万円で図面通りに行うと75万円かかってしまいます。
もう最悪です。

Aベストアンサー

建設工事の下請けでは下請け法は適用されないと
記憶しています。ですが、明確な下請け苛めと思われるので
公正取引委員会に相談してみればどうでしょうか?

場合によっては金額の正式な話をさせずに
工事を着工させているので、下請法以外にも
違反しているとも考えられます。

>>金額の話は後からにしましょう

この辺りの下りは、下請け法の違反事例と類似しています。


ですが、支払いの期限までに不足分を納めてくれるかは
わかりません。倒産も起こりえるのは否定できません。

Qアルミの溶接

アルミの溶接で分らない事が有りますので、宜しくお願いします。
アルミ版の溶接はアーク溶接では出来ないようですが
TIG溶接・MIG溶接 等はどの様な工法ですか?
実際には、アーク溶接の機器は有りますのでアーク溶接用ステンレス棒をアルミの溶接には使えないでしょか?
以上が駄目な場合はアルミ溶接を頼める所は有りますか?(埼玉県東部に住んでます)
わかる方が居りましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>「アルミ」は溶ける温度が高く電気アーク溶接では無理という事ですね。

アルミの融点は鉄やステンレスの半分位低い温度で溶けます。

>アーク溶接用のステンレス溶接棒で溶接出来ますか?

溶接の場合アルミはアルミとしか付きません。
他の金属も同じで溶接は冶金的接合の為、同じ金属でなければ混ざらないと言う事です。

鉄とステンレスが溶接できるのは元が同じ鉄で錆びにくく合金にした物がステンレスだからです。

t3.0x30x30の角パイプを使うなら
t3.2程度の鉄のL型ピースをネジ止めで大丈夫ではないでしょうか。
組み方にもよりますが10キロ程度なら溶接はいりません。

Q通関士の資格で独立事務所に就職もしくは独立事務所を

 こんにちは。僕は現在、海運業で働いています。早速ですが質問があります。
 
 通関士の資格をとり独立事務所で働いたりはできますか?
 弁護士や税理士の独立事務所があるように通関士にもそういうのはあるのでしょうか?

 いま僕は仕事との関連で通関業を目指そうと思っています。ですが、ゆくゆくは転職も考えています。
 そこで通関業を活かしたいと思っていて社員数の少ない独立事務所で働きたいと思っています。
 そこでこういう質問をさせてもらいました。
 知っている人がいたらよろしくお願いします。
 
 

Aベストアンサー

通関業の起業について調べてみましたが難しそうです。

まず、通関業は免許制で起業するには税関の審査があります。経営基盤の弱い起業したての会社に免許が下りるか疑問視されるところです。
つぎに、免許が下りたとしても取り扱える地域が指定されてしまいます。後発企業にどれだけのシェアが取れるでしょうか?
それに、輸出入には国際運送、国内運送、荷役、倉庫などその他の業務が絡んできますが、これらについてはどうしますか?先発企業はこれらも兼業しているところもありますが、通関業のみではこれらを専門業者に任すしかありません。

通関業者ではないので実際にどれだけのパイが残っているのかわかりません。可能性もゼロではないと思います。コネと営業力次第でしょう。

Qアルミの溶接

アーク溶接機で鉄ものを溶接するには鉄の溶接棒が在りますが、アーク溶接でアルミの溶接棒は在るのでしょうか。それとも何か特殊な機器が必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

アルミの溶接は鉄のアーク溶接のようなわけにはいきません。確かに鉄材のアーク溶接のような溶接棒を使う方法もありますが、これはTIG溶接という方法で鉄材を溶接する一般のアーク溶接機ではできません。アルミの溶接にはアルゴンガスを使用した溶接機(溶接部分で溶けたアルミの部分をアルゴンガスで包んで、アルミの変質を避ける)が必要です。

TIG溶接またはMIG溶接で検索してみると、詳しい説明が見られるはすですので、お試しあれ。

Q今の会社から独立するには・・・

現在、15人ほどの製造会社の役員をしています。独立を考えているのですが、社長からはのれん分けと言うか、グループ化をすすめられました。私が抜けると営業1本でやってきた社長にとって、技術職の私が抜けると仕事が回らないことと、取引先への技術的な信頼がなくなり、倒産は免れないと思われます。社長からの条件は、お互いを役員におくこと、自分への役員報酬はいらないので自分の会社の経理を通すこと(私への報酬はあり)です。社長の状況も理解できるのですが、この条件だと自分の会社という気にはなれません。社長への義理を欠くことなく独立する良い方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

moemofightさんはやりたいことがあるから独立したいのだと思いますが、義理立てをするためにはある程度今いる会社の仕事にコミットしなければならないと思います。独立する会社が今の会社のグループになるのが嫌なのであれば、独立した会社と今の会社が業務and/or資本提携をしているということにすればよいのではないでしょうか?(確か20%以上の資本でグループ会社だったような・・・)提携の内容は通常やっている業務の請負と技術指導ということにして、今の仕事も委託で受けつつ、後任の技術者を育成する、ということにしてはいかがでしょうか?具体的にどんな技術なのかはわかりませんが、そういった指導も実績として積めば、今後同じような形でコンサルを請け負える可能性がある気がします。

Qステンレスの溶接

ステンレス寸胴にステンレスのフックを取り付けたいのですが
アーク溶接で溶接は出来るでしょうか?
先日、ホームセンターでステンレス用溶接棒が売っていたのですが
100Vのアーク溶接機で溶接は可能でしょうか?
鉄の溶接はちょくちょくしますが、
技術的には日曜大工程度です。

Aベストアンサー

理論的には可能ですが、失礼ながら日曜大工程度の技と100Vの溶接機では無理のような気がします。
練習して挑戦するのも面白いとは思いますが、ダメにする覚悟が必要かと思います。
アークのステンレス溶接は慣れていないと難しいですし(鉄とは要領が違います)、お互いの材料の厚みが最低でも2ミリ程度はないと難しいです。
ステンレスの溶接はほとんどの場合TIG溶接という方法で行います、物や状況に応じてステンレスワイヤーでの半自動溶接もできます、ステンレスのアーク溶接は通常は工場などで行うことは少なく(仕上がりが悪い、難しい)、主に現場用が多いです。
ステンレスは溶接した部分が黒く変色しますので気になるなら磨く必要があります(ヤスリ紙、コンパウンド、電解研磨など)
お近くにステンレス溶接をやっている工場などを見つけて依頼するのが1番確実ですし、ボルト留めで取り付けることを考えるのも手です。
溶接をやっている工場でも、持ち込み単品の仕事をしない、いやがる所も多いので注意が必要です。

Qキー局と独立放送局の違いを教えてください。 例えば、キー局ではできないけど独立放送局でならできるこ

キー局と独立放送局の違いを教えてください。

例えば、キー局ではできないけど独立放送局でならできることなどを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

在日犯罪の実名報道

Q溶接工の仕事で。

溶接工の仕事をしようと思っています。
そこで、アルミ・ステンレスのMIG・TIG溶接をするみたいなのですがMIG溶接は、(ワイヤーを使う半自動溶接で)TIG溶接は、手で溶接するアルゴン溶接の事なのでしょうか?教えて下さい、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その通りです。

MIGは『Metal Inert Gas』の略です。芯線(溶接棒)が電極を兼ねています。芯線はドラムに巻かれた状態でセットされており溶接をはじめると自動的に供給されるので半自動という名がつけられていますが、イメージとしては勝手に溶接作業ができるというものではありませんのでお間違えのないように。片手で作業可能。

TIGは『Tungsten Inert Gas』の略で電極にタングステンを使い、溶接棒は手で持ち供給します。両手を使い作業します。

TIG溶接はMIGに比べると数段難しいです。
一般人として回答していますがどちらも一応の経験はあります。
 

Q起業(独立)について悩んでます

現在、私(34才)は某大手のゴルフショップに店長として6年程勤続しております。 勤めた当初より「いつかは自分の城を持ちたい」という夢を胸に秘め頑張ってまいりました。不況の今こそチャンスではないかと思い真剣に独立を考えております。

自分がやりたいと思っているのは準FCの中古ショップ。ネット販売やリペアなども行い、大きく利益は出せなくとも十分な勝算は見込めています。 しかし一番頭を悩ませているのは資金の問題。 開業費用は約2.500万程です。

現況を述べますと、現在年収430万、専業主婦の妻と3歳になる息子を養っています。現在の会社では店舗運営の大部分を任されており、会社の利益には貢献しております。 しかしながらここ数年は給料も上がらず貯金も殆どありません。 

そこで人生の先輩方からの貴重なご意見いただきたいと思います。
(1)貯金も無い私が起業するというのは身分不相応なのでしょうか?
(2)もしやってみてはという意見がおありならば、国金などから2,000万円を超える融資を受けられる事は可能なのでしょうか?

宜しくお願いします。

現在、私(34才)は某大手のゴルフショップに店長として6年程勤続しております。 勤めた当初より「いつかは自分の城を持ちたい」という夢を胸に秘め頑張ってまいりました。不況の今こそチャンスではないかと思い真剣に独立を考えております。

自分がやりたいと思っているのは準FCの中古ショップ。ネット販売やリペアなども行い、大きく利益は出せなくとも十分な勝算は見込めています。 しかし一番頭を悩ませているのは資金の問題。 開業費用は約2.500万程です。

現況を述べますと、現在年収430万、専...続きを読む

Aベストアンサー

まずは生活費の手当てを考えた上で自己資本で何とかやっていくことを考える方が良いと思います。
借入金は返さなくてはならないわけですから「だめでした,ごめんなさい」では済みません.現状年収が430万円ということですが,独立したらそれがゼロになるのですし.
最低でも1年くらいは売り上げが立たなくてもとりあえず生活していけるだけの資金は必要だと思います.

どうしても開業されるならまずは開業費用や経費を最小限に絞り込んでいく「ケチケチ大作戦」でしょう.どこまで圧縮できるかというのが腕の見せ所ですね.
たとえば,店舗にしても,こういうご時世なのでシャッター通り商店街の空き店舗を利用した開業サポートのようなもので無料同然で借りられたり,経営指導してもらえたりということもあるようです.そうしたところに応募してみるのも一手でしょう.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報