出産前後の痔にはご注意!

知人にいただいた鉄道模型車両(スチロール樹脂とホワイトメタルパーツの混合素材)をレストアしようと塗装剥離処理にてグンゼMr.カラーの薄め液のプールへ漬け込んだのですが下地塗装(灰)が見事に残って仕舞いました。
知人へ尋ねてみたところ「いさみやのカラープライマー」で下地塗装したとの事でした。
そこで質問なんですが
この下地塗装を比較的簡単(○○液にドブ浸け等)に剥離処理できる方法はないでしょうか?
(紙ヤスリでは気が遠くなりますもんで・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうですね。


判りやすいたとえで言うと、水性塗料塗るときは水で薄められますが、乾いたら水では落とせない。
少し仕組みは異なりますが、そんな感じになります。
コツコツ削り取るか、そのまま上塗りをするかでしょう。
プライマーですから、本来はそのまま上に塗るのが良いかと・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

OKURA1951様
再度ご回答くださいまして有り難うご御座います。
取り換えたいパーツやニューパーツの設置も考えておりますので
そこいらは地道に剥離するとしまして
イジくらない部分はあえて剥離せずに現在の下地を使って行こうと考え直した次第です。
手間暇を掛けた分だけ可愛い存在に成りそうな・・・そんな予感のレストア作に成りそうです。。。
有り難う御座いました。
by q-wakaranchin

お礼日時:2015/04/23 14:59

>スチロール樹脂


 ポリスチレン、PS樹脂は有機溶剤に溶けやすい。プラモデル用の塗料はそれが溶けない、解け難い溶剤を使用している。
「いさみやのカラープライマー」は合成樹脂エナメルですから、溶剤が揮発後に硬化するタイプの塗料ですね。いわゆる油性塗料--と同じです。
 塗料は本来は油絵の具のように乾性油に顔料を溶かしたものです。乾性油とは二重結合を多く含み空気中の酸素でそれが切れて重合して固まる油です。
 ⇒乾性油( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7 … )

 一方簡便な塗料として、樹脂を大量の溶剤で溶かしたものがあります。代表的なものはアクリルラッカー。溶剤が揮発するだけで硬くなりますが厚い皮膜は得られない。

 エナメルは前者ですから、溶剤が揮発した後に硬化して皮膜になりますから、皮膜になった物はもう溶剤でも溶けません。少ない量で熱くて丈夫な塗膜を作ることができます。ウレタン塗料とかウルシとか・・いわゆる高級な塗料ですが、反応のために時間を要します。

 それを溶かそうとすると、当然ですが強力な溶媒を使用しなければなりませんが、先に言ったようにすちルール樹脂が溶けてしまいます。

>この下地塗装を比較的簡単(○○液にドブ浸け等)に剥離処理できる方法はないでしょうか?
 トルエンとか、アセトン、酢酸エチル、ジクロールメタン(超強力--皮膚につけないように)の順番で試してみるしかない。
 ただし、ほぼ100%スチロールは溶けてしまいます。それでよければ・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ORUKA1951様。ご回答を下さいまして有難う御座います。
私の知人はとても高級な下地塗装を選択し使用していたんですね。
そして溶かすのであれば劇薬のニトロセルロース(金属塗料)用の溶剤系でないと・・・とは。。。
まぁ。考え方を逆にすればとっても素晴らしい下地材なんですね。

っで。今回の剥離については「溶かし落とす@どぶ漬け」という考えは捨てなけてばならない事が解って参りました。有難う御座います。
①、ダメ元で「剥がし落とす@IPAどぶ漬け」。
②、やさしく地道に溶剤で拭き(ぬぐい)取る(見えない所でテスト後)。
③、やさしく地道に削り取る(紙やすり)。
こんな順番で試行錯誤してみようと無い知恵を絞り出しておりまして・・・。

また。「こんな方法も・・・」なんてアドバイスが御座いましたら
お教え下させれば幸いに存じます。

今後とも どうぞ宜しくお願い申し上げます。
「素晴らしい下地材の発見」。質問して良かったです。。。

by q-wakanchin

お礼日時:2015/04/21 19:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外壁のサイディングに付いた塗料は、洗浄で落ちる?

新興住宅地に家を建て、住み始めて3ヶ月程度が過ぎた頃、隣家の新築工事が始まりました。
隣家の外壁の塗装工事中、風に乗った塗料が自宅のサイディングに付いてしまうという被害にあいました。

飛ばないようなシートをしてくれていたのですが、どうも風向きが悪かったのか、隣である自宅に飛んでしまったようです。
新築の隣家はモルタルの壁で、に黄色い塗料を塗る工事をしていました。

自宅の外壁はベージュ色のサイディングなので、表面に黄色い塗料が付いたのかどうか見た目には困難ですが、隣家に面した窓ガラスやフェンス(黒い)、とい(茶色)には、隣の外壁と同じ黄色っぽい塗料が点々と付いているのがわかりますので、外壁にも付いていることと思います。

新築間もないので気分が悪いから塗装工事をしてくれと頼みましたが、先方の返答は「外壁の洗浄で十分」とのことでした。
聞けば高圧洗浄というやりかたで、外壁を洗えば塗料が落ちるとのことでしたが、そのような方法で大丈夫なのでしょうか?
水?でも高圧で外壁に当てられれば、何かしらの障害が出たり、将来的に何か良くないのではないかと不安です。

みなさんのご意見をお聞かせ頂きたく思います。

新興住宅地に家を建て、住み始めて3ヶ月程度が過ぎた頃、隣家の新築工事が始まりました。
隣家の外壁の塗装工事中、風に乗った塗料が自宅のサイディングに付いてしまうという被害にあいました。

飛ばないようなシートをしてくれていたのですが、どうも風向きが悪かったのか、隣である自宅に飛んでしまったようです。
新築の隣家はモルタルの壁で、に黄色い塗料を塗る工事をしていました。

自宅の外壁はベージュ色のサイディングなので、表面に黄色い塗料が付いたのかどうか見た目には困難ですが、隣家に...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

高圧ということですが
圧力でサイディングが傷んだりはしませんが

サイディングの継ぎ目(サネの部分)には
シーリング剤が入っていて水が入らないようになっているのですが
サイディングの下地(間柱)の状態や
金物が入っている部分は(土台と柱の継ぎ目、柱と桁の継ぎ目)若干、サイディングの継ぎ目が浮き上がったりしている部分がある場合があります。
圧力をかけるとココから水が入ることもあります。

サイディングのしたには タイベックシートやフェルトを張っているので少量の水なら大丈夫ですが
タイベックシートの縦方向の継ぎ目からタイベックシートのしたに水が入ることも考えられます。
(100mmほどしか被さっていません)

タイベックの外側の水は サイディングの一番下から逃げますが タイベックの下に入り込んだ水は
壁の中に入ります。

それから サイディング表面の塗装が
付着した隣家の塗料と一緒に剥げ落ちることもあるかもしれません。

サイディングの化粧版でしたらタッチアップで
目立つ所だけを補修することも可能ですが・・・・。


参考までに。
 

こんにちは

高圧ということですが
圧力でサイディングが傷んだりはしませんが

サイディングの継ぎ目(サネの部分)には
シーリング剤が入っていて水が入らないようになっているのですが
サイディングの下地(間柱)の状態や
金物が入っている部分は(土台と柱の継ぎ目、柱と桁の継ぎ目)若干、サイディングの継ぎ目が浮き上がったりしている部分がある場合があります。
圧力をかけるとココから水が入ることもあります。

サイディングのしたには タイベックシートやフェルトを張っているので少量の...続きを読む

Q水性アクリジョンの上からスミ入れするには?

プラモデルの塗装での質問です。
水性アクリジョンで全塗装に挑戦しています。ただ塗装後のスミ入れのことをまったく考えていませんでした。ラッカー系や水性ホビーカラーならエナメル塗料でスミ入れするそうですが、アクリジョンはエナメル溶剤で溶けるそうで、では何でスミ入れするのか調べてもわかりません。アクリジョンは一度乾けば同じアクリジョンを重ねても溶けないらしく、それならスミ入れもアクリジョンでできるのかな?とも思うのですが……

実際にアクリジョンを使っている方、どうしていますか?教えてください。

Aベストアンサー

私はクレオス・アクリジョンは常用はしていませんが。。。質問者さんが調べた情報は混濁していて、正確性に欠けていたり、誤った情報が入っていますね。

アクリジョンは、エナメルでスミ入れしてエナメル溶剤で拭いても基本的には溶けない。
乾燥後は、ラッカー系、エナメル系共に、重ね塗りしてもアクリジョン塗膜は溶けないから。
溶けるとしたら、乾燥が不十分な場合です。

元々、クレオス水性アクリジョンは乾燥が早い塗料ですが隠ぺい性が低い。
模型制作や塗装に慣れていなかったり、アクリジョンの特性を把握していないと厚塗りしがちになると思います。
アクリジョンは、塗装に厚みがあると表面だけ乾燥が進んで内部が完全乾燥しない。
簡単に言うと、内部がふやけた中途半端な塗膜。
本来の塗膜性能が発揮出来ていない塗膜状態だから、エナメルでスミ入れしてエナメル溶剤で拭くと、完全乾燥していない塗膜が軟化するために皮がめくれる様に、溶けたり剥げたりするわけ。
これを防ぐには、アクリジョンを普通に塗って(下地が多少透けて見えていても)完全乾燥させ、発色状態を見ながら数回に分けて重ね塗りすること。
*指触乾燥はかなり早いけど、完全乾燥は少し時間掛かりますから注意。
塗装終了後、確実に乾燥させるのに1日放置してからスミ入れすれば問題は起きないはず。
希釈する際は、専用薄め液を基本にした方が良いですね。水だとどうしても不純物が微量混入しているから。
専用薄め液は、乾燥を遅らせるリターダ溶剤の性格持ってるから、入れすぎると乾燥が極端に遅くなるので注意。

アクリジョンでスミ入れは、乾燥前に綺麗に拭き取ることが出来れば可能。
スミ入れ部の乾燥が極端に遅くなっても良いなら、専用薄め液で希釈したもの使えば良いかと思います。

全塗装に挑戦でスミ入れと言うことは、ガンプラですか?
拭き取りで塗膜が溶けるのが不安なら、クレオスから”ガンダムマーカースミ入れ” 筆ペン式拭き取りタイプと極細ペンタイプと言うのが出てますから、それを使う方が楽じゃないですかね。

私はクレオス・アクリジョンは常用はしていませんが。。。質問者さんが調べた情報は混濁していて、正確性に欠けていたり、誤った情報が入っていますね。

アクリジョンは、エナメルでスミ入れしてエナメル溶剤で拭いても基本的には溶けない。
乾燥後は、ラッカー系、エナメル系共に、重ね塗りしてもアクリジョン塗膜は溶けないから。
溶けるとしたら、乾燥が不十分な場合です。

元々、クレオス水性アクリジョンは乾燥が早い塗料ですが隠ぺい性が低い。
模型制作や塗装に慣れていなかったり、アクリジョンの特性を...続きを読む


人気Q&Aランキング