いつでも医師に相談、gooドクター

現在の日本は英米法系の司法体系となっており、明治・大日本帝国憲法下では行政裁判所の存在する大陸法系の司法であったとある。
現在の日本の司法は権威が2倍あるということですか?
通常の裁判所で裁かれる行政事件、どうもゴッチャ混ぜで、今の政治不正と共に国民福祉停滞因子となってはいないでしょうか? 所見など?

gooドクター

A 回答 (2件)

教科書で習う通り、帝国憲法はドイツから習った大陸法(シヴィル・ロー)。


現代の日本国憲法はアメリカから指導された英米法(コモン・ロー)となっています。
権威が二倍になったのではなく、単に切り替わっただけですが、
帝国時代の法律を受け継いでいるので、確かにごちゃ混ぜの状態なのです。



ちなみに、大陸法・英米法に属さない法体系としては、
社会主義法・イスラム法などがあります。考え方の基礎として、
現代におけるそれぞれの法律そのもの権威、
言い換えれば法律判断の根拠・法源をまとめると


英米法の場合、法令・法律・判例
大陸法の場合、法令・法律。
社会主義法の場合、法令・法律
イスラム法の場合、コーランや預言者の言行録、判例
となります。


一方で、質問者さんが気にされている通常の裁判所で法律そのものや行政事件を
話あう場合は以下のようになりますね。


英米法の場合、市民の権利を保障するために、問題を話し合う裁判に付随して判断する。
大陸法の場合、憲法を守るために、裁判とは分離して憲法裁判所という別機関で判断する。
社会主義法の場合、共産党の団結のために、立法行政の食い違いは党が判断する。
イスラム法の場合、神の教えを守るために、司法行政より宗教指導者の解釈を優先する。


この点はちょっとややこしいのですが、
実は法の立場を考える上では結構重要な点なのです。
どれが優れている、というよりは、その国々の歴史に根差して、
よりふさわしい法体系が選択されています。
我々の目から見れば奇異に見えるかもしれない社会主義法やイスラム法ですら、
その国々では元々広く支持されている考え方であるのです。



では日本の場合は?
歴史的には大陸法の考え方が、戦後の大転換によって急激に英米法に切り替わりました。
ここに多くの問題の原因があります。

実は英米法は憲法より『市民の権利』への保障を重視するので、
問題解決には個別の裁判によって解釈し、結果として憲法すらどんどん改正していく
スタイルによって食い違いを解消し、バランスをとっているのです。

ところが、戦後日本の場合、英米法を採りつつも、大陸法国(つまりは大日本帝国時代)
のように憲法を保護してしまっているので、バランスが取れなくなってしまい、
食い違いによる問題が多く出てしまっているのです。


つまりは、戦後日本のスタイルを貫くのであれば、国民福祉のためには、
どんどん憲法改正をしてあげる必要があったのです。

一方で憲法を守りたいのであれば、戦前のスタイルに戻す必要があるのですが、
とてもではないですが現実的ではないので、
問題を解決できずに、引き続き付き合い続けるようになってしまうでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

昨今、世界で話題となり脚光をあびるものに、バイオテクノロジー/細胞・遺伝子研究の分野がありますが、
DNAは、たんぱく質等のひな型・設計図の集合体であり、そのDNAの一部 ‐ たんぱく質のひな型をコピーしたんぱく質を合成複製し組み付けていくことにより、生物の体の細胞は完成され分裂し新たな細胞が補充されて生命が維持されていく、そのような説明だったような。
自らの生体内だけでもかなりリサイクル出来そうな内容ではありますが、

憲法 第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

大陸法だろうと英米法だろうとその他だろうと、人間だろうと動物&植物だろうと、細胞に新たな原子的素材を投入しないことには生命の維持・そして各種ダメージからの復旧は困難である。

国会そして行政、そして世界各国、富める者は富み、疲弊するものは疲弊していますが、
大陸法だろうと英米法だろうと、人々の生体内での補給サービスそして生体外での一般インフラサービス、それらが暗鈍かつ不正なる行政等にてその不正金権にて、寸断されているようでは、如何なる法も法でなし。
立法/行政/司法、それらは不正なる慣行によりその不正なる妥協により、全社会を衰退へと向かわしめている感もある。
それらへの猛烈なる改革チャージ、要求されるところですが、
御回答いただき、ありがとうございました。

法/イデオロギー等を巡る紛争・戦争、それらも身近な報道としてありますが、生体/DNAを損傷し合っている側面、そのような法は歴史のいつぞやから存在するのやら。
暗鈍なる立法/行政/司法、 それらへの新チャージ、期待したいところです。

お礼日時:2015/04/23 13:09

優しく真面目な回答者様へ



既知外に情けをかけても、見合った結果は得られません
《質問や回答と全く無関係(しかも長文)な「お礼」がお望みなら別ですが》

回答履歴を参照する事をお勧めします。
「大陸法系 と 英米法(コモン・ロー)系」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

手の込んだ画像、ありがとうございます。
その被り物、帽子、大陸風と見えましたが、日本にも天狗伝説によるところの天狗の頭上の箱、イスラエルのトラーではないか、との記事もある。
現代法も、現代社会のマニュアルとして欠かせないものなのでしょうが、古いものは現状には値せず不適切になることも摂理、温故知新、新たなる法創造も実際のニーズと見える。
科学技術の進歩、インフラの発展により高速化する社会サービスの動向に対して、法周り・政治・行政それらだけは相変わらず鈍い。そのような感もある。
各種動的性能にしても、かつての歴史には無かったものが現代世界の主流なわけですし、法にしても人々へのサービスに迅速なるものが用意され変化されなければ、すべての道は開かれない。
今までの法が覆るほどの 新たな民主的なもの が立法されてもおかしくはない。
伝統美術をありがとうございました。

お礼日時:2015/04/24 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング