人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

消費者金融ではなく銀行の個人融資を受けたいのですが、審査基準や銀行融資のメリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?

お金の使い道は引っ越しの資金であり、約50万円ほどの融資を希望しております。

消費者金融から融資を受けると、消費者金融業界から5年ほど自分の名前がリストアップされ、車ローンや住宅ローンが組めなくなるとお聞きしました。

やはり消費者金融ではなく、銀行での個人融資は厳しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

定期的な収入がある人で過去に借り入れに係る事故等がなければ銀行融資のほうが低金利で借り入れできます。

デメリットは消費者金融より審査が幾分厳しいでしょうが、先に記述したとおり条件に問題がなければOKです。
消費者金融から融資を受けても、約定どおり返済できていれば何ら将来の問題は発生しませんが、返済の延滞等が発生すると延滞解消から5年程度は借り入れが非常に厳しくなります。これは消費者金融からの借り入れに限りません。
    • good
    • 0

真っ当な職業に就いていれば、カードローンとかフリーローンで数十万円は問題無いんじゃない?


履歴が汚れているか汚れていないか
勤務先がまともか
年収が一定以上か

デメリットは、平日昼間に窓口で時間が取られることか
でも、最近は郵便で手続きなども出来るから問題無いか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行借入、社債発行、株式発行のメリット、デメリットについて

授業での課題として出ました。しかし専門外なため全く分かりません。
もしよければ教えて頂けませんでしょうか。
この機会に真面目に勉強します!

Aベストアンサー

銀行借入、社債発行、株式発行は、いずれも、企業が事業を拡大したり、新規分野に参入するために資金が必要なときに、その調達のための手段として用います。

銀行借り入れ 
金融機関からの借り入れは、資金調達の最も一般的な方法です。企業の業績がよければ、比較的簡単に短期間で実行できる反面、業績が悪かったり、新規事業の採算性に、不安があると銀行は貸出しに応じない。
担保や保証人が必要である。
企業の内容によって、借入金利に差がある。

社債発行。
社債は、企業が多額かつ長期の資金を必要とする時に用いられる資金調達方法です。
原則として償還期限での一括償還なので、期間中の償還負担が低い
社債の場合、固定金利のため長期的な資金計画が立てやすい。
固定金利のために、金利情勢の変化により、損得が分かれる。

株式発行(増資)
新株を発行することで、資金を調達する方法です。
増資は外部からの資金導入が可能で、返済の必要がないのが特徴です。
また、増資により資本金が増加し、自己資本を充実させ、企業の財務体質も改善され、対外的な信用力も高まります。
ただし、中小企業の場合は出資者を探すのが困難なことと、出資者の発言力が増して、経営を干渉される場合があります。

銀行借入、社債発行、株式発行は、いずれも、企業が事業を拡大したり、新規分野に参入するために資金が必要なときに、その調達のための手段として用います。

銀行借り入れ 
金融機関からの借り入れは、資金調達の最も一般的な方法です。企業の業績がよければ、比較的簡単に短期間で実行できる反面、業績が悪かったり、新規事業の採算性に、不安があると銀行は貸出しに応じない。
担保や保証人が必要である。
企業の内容によって、借入金利に差がある。

社債発行。
社債は、企業が多額かつ長期の資金を...続きを読む

Q社債発行を行う会社側のメリット

企業は設備投資や資金繰りなどで様々な資金調達の手段方法を講じてゆくのだろうと思いますが、

タイトルの通り、
社債発行を行うメリットというのは何でしょうか?

注目している銘柄がそれを行うということで、
もう一度、内容を整理しておきたいと思い調べています。

これらの内容が株価に対してどのように働くのか?
そういう事柄がまとめてあるウエブがあれば参考資料として
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公募債か私募債か気になりますが一般的には適債基準や発行ルールを満たして社債を発行できる企業ですからある程度の水準がないと発行できません

社債は通常5~15年後の償還期限に一括償還(元本の返済)を行ないます
それまでは利息だけを負担すればいいですし今後の金利が上昇しても影響されません
利息が固定しているため、調達コストが発行時点で計算できるので経営計画が立てやすく安定企業であれば堅実ですので社債発行で株価が急落というのは考えにくいです

借換発行をして償還期限を延ばすことも可能ですし資金的に余裕があれば、買入償却、抽選償還により償還期限前に償還することもできます

注意点としては特に公募債の時に発行時利率が悪ければ社債市場で募集しても買い手がつかないため、割引発行をする必要があります
この時に状況によっては株価がストンと落ちる事もままあります
それと社債の償還期限が近づく時期は財政状態と株価に注意が必要です

参考URL:http://www.imoto-office.com/c_syasai_hakko.htm


人気Q&Aランキング