痔になりやすい生活習慣とは?

8年前に買ったテーブルの色艶が褪せてきたので、メンテナンスをしようと思っています。
テーブルはペンキでの着色は無く、艶消しのウレタンニス塗装のものです。
先日、ホームセンターで、同じくウレタンニスの艶消しクリヤーというタイプを買ってきました。
油性しか売ってなかったので、それを買いました。

使い方についですが、説明書を読むと、《未塗装の木地に直接塗ると、樹脂分だけが染み込み、白い微粉末の艶消し剤が表面に残ってカビのように白く残る事があります。あらかじめ透明クリヤーを塗ってからご使用ください》と書いてあります。

テーブルは8年前ではありますがウレタンニス仕上げなので、未塗装ではなく、そのままこの油性ニスを塗っていいと考えていいのでしょうか?
その際は、薄め液を使用せずウエスなどで塗ろうと思っているのですが、その方法でいいのでしょうか?

「テーブルのメンテナンス、油性ニスの使い方」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ウレタン塗料は、速乾ニスやアクリルラッカーとは異なり、塗っている間に溶剤が揮発して塗りにくくなると言う事は余りありません。


 ウレタン塗料は溶剤が揮発後に空気中の酸素で架橋されて硬化する塗料です。
 一方、ラッカーなどは硬い樹脂を多量の高揮発性の溶剤で薄めた物ですから、時間経過と共に塗り難くなるし、刷毛跡も残りやすいです。ウレタンは二段階で硬化しますから、硬化までに時間は要しますが、塗料量に比較して厚い皮膜が出来ますから刷毛跡は残りにくい。

>8年前に買ったテーブルの色艶が褪せてきたので、
 このときは自分で塗装したのではなく、塗装した物を購入したのですか?
 木製品は素材以上に塗装が重要なのてすが、こればっかりは、低級品と高級品で雲泥の差かあります。
 写真で拝見する限りでは、相等な粗悪品だと思われます。使用環境が劣悪でも、10年以内でここまで傷む事はありえません。

>未塗装の木地に直接塗ると、樹脂分だけが染み込み、白い微粉末の艶消し剤が表面に残ってカビのように白く残る事があります。
 フラットベース(つや消し材)を含むトップコートのようですね。--半ツヤとか--
 フラットベースを含むトップコートは基本的にプライマーなり、シーラーなどの下地がきちんと出来ている物に塗る塗料です。既存の塗料が塗られている、いないに関わらず下地にフラットベースを含まない塗料を塗る必要があります。

 状況を見る限りは、塗装の痛みが激しいので、既存の塗料はサンディングで落としてからアンダーコート、サンディングシーラー、トップコートと塗り重ねるほうが良いでしょう。既存の塗料の残り具合が色むらの原因になりますから、下地のうちに顔料の多い--暗い色調の塗料で色むらを隠してから、最後に透明なトップコートを塗りましょう。
    • good
    • 0

下の塗装が残ってあるとまたは均等にはげ落ちていないと微妙に仕上がりが違います。



油性の場合、同じようでも膜厚の不均等、溶剤の希釈割合などで下の塗装が施工後に浮くことが
あります。必ず目立たないところでテスト塗りを行ってください。
また、ウエスではなく柔らかい広幅の刷毛くらい買ってください。

ニス塗りの方法の基本は、ほんとの端からではなく、少し入ったところから戻り折り返して、
反対側も同様の手の運びを行います。
一度に塗りすぎても、途中でかすれてもうまくいきません。
直後を除いて半乾き2度塗りのようなこともいけません。(色の濃さの変化が出ます)

開栓後作業中に粘度が変わってきて仕事がしにくくなります。 薄め液はあった方がよいです。
    • good
    • 0

そのままではだめですよ、少なくとも汚れなどを落とすサンデイングは必要です。


油気があったら油性でもはじきます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Q油性ニスをぬった後の仕上げ

小さいですが木製のテ-ブルをつくりました。
ウレタン系の油性ニスを塗ったのですが
(表面を240番研磨後ニス1度塗り。ニスが乾いた後表面を400番研磨後2度塗り)
ツルツル感とツヤは出ましたが表面に気泡等気になるところがあります。
デコボコは消したいですがこのツヤはいかしたい。どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
気泡が出たのは、ニスが乾ききる前に重ね塗りをしたか、刷毛を十分にニスになじませなかたったからでしょう。
さて、でこぼこの解消ですが、800番程度の紙やすりを2つに切り研磨面どおしを合わせてこすります。ある程度すると手に引っかからないくらいになりますのでそれで、テーブル面を研磨してみてください。ざらざら感も解消してしっとりするはずです。どうぞお試しあれ。

Q水性アクリルニスの上に油性ウレタンニスを塗ると

ほんとにしつこくてすいません・・・

経緯を簡単に申しますと、
DIYの木製の棚に水性アクリルニスを塗ったところ耐久性に問題があったので、油性ウレタンニスに塗り替えようと思っています。
そこで、元の水性アクリルをペーパーである程度剥がしましたが、先の質問では、そのまま上に塗っても問題ないとの回答をいただきました。

そこで、明日にでも塗装にかかろうと思いましたが、たまたま塗装会社のサイトを見つけ、そこでQ&Aを受け付けていたので念のためこちらにもこの重ね塗りが大丈夫かをメールで聞いてみました。
すると、水性アクリルの上に油性ウレタンは、密着性がよくなく剥がれ落ちやすいので、あまりよくないとの回答をいただきました。

というわけで悩んでいます。
先日の回答者様のアドバイスを信用しないわけではないのですが、塗装会社からこのように言われると、ちょっと躊躇してしまいます。
もう少し削ったほうがよいのでしょうか・・・。
すみませんが再度アドバイスをいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

 水性アクリルは、アクリル樹脂塗料・・いわゆるラッカーと同系統・・を界面活性剤---いわゆる洗剤--で水に分散してあるものです。水が蒸発すると、その後シンナーが蒸発して塗膜を形成します。
 なので、性質としてはラッカーや速乾ニスと同じと考えてよいです。そのうえにウレタンを塗るとガラスの上に塗ったようなもので密着性が悪いので、ペーパーで表面を研削する必要があるのです。(前回の説明で省略しました)
 ウレタンはとても乾きが遅いですが、そのぶん丈夫です。硬度はラッカー系に比べて劣りますが、耐熱性、耐薬品性、耐衝撃性は高い。
 高温のものを置かなければ、ラッカー系は完全に取り除く必要はありません。

Q机天板に塗るニスはどれがいいでしょうか?

机を作ろうと思うのですが、天板の塗装をどうすればいいのか質問させて頂きます。
天板の材料はパイン集成材で厚さは2.5cmです。
面積は50cm×450cmです。
表面をニス仕上げにしたいのですが、様々な種類があるうちで机の天板に最も適しているのはどのタイプなのでしょうか?

塗装はスプレーガンで吹こうと思います。

Aベストアンサー

今のところ素人が塗れる物で最も硬いのは2液ウレタンだと思います。
他にはメラミン板を貼り付ける方法もあります。
http://www.hirokata.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
家具製品の多くは工場で熱硬化型の塗料を塗っていますが。素人で熱硬化型は難しいし少量での入手はできません。

2液型は溶剤型と違って乾燥後の肉痩せが少ないので刷毛目が出にくいです。
作業場があって、慣れた人だったら刷毛の後始末もガンの後始末も似たような物かもしれないですね。

2液型は指触乾燥後も硬化は続くので、スチールウールで表面を粗面にするのでしたら頃合いを見ないと完全に硬化してからでは傷つけにくくなるかもしれないです。

いくら熱に強い塗膜でもヤカンのじか置きは避けた方が良いと思います。(メラミン板でも推奨外)
そのような使い方をするのなら金属板を巻いたりした方が良いように思います。

仮に塗装面を傷めてしまったとしても、自分が習熟している技術であれば元通りに直すのはそれほど苦ではないので、自分に見合った材料で塗っておくのが合理的だと思います。

今のところ素人が塗れる物で最も硬いのは2液ウレタンだと思います。
他にはメラミン板を貼り付ける方法もあります。
http://www.hirokata.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
家具製品の多くは工場で熱硬化型の塗料を塗っていますが。素人で熱硬化型は難しいし少量での入手はできません。

2液型は溶剤型と違って乾燥後の肉痩せが少ないので刷毛目が出にくいです。
作業場があって、慣れた人だったら刷毛の後始末もガンの後始末も似たような物かもしれないですね。

2液型は指触乾燥後も硬化は続くので、スチール...続きを読む

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

Q水性ニスのべたつき

 パソコンデスクを自作しました。
天板を合板にし、水性ニスを塗ったのですがモニターやキーボードをおくとべたつきます。
検索したところ、水性ニスが原因のようですが、べたつきをなくす方法がありますか。
 また、油性ニスだとべたつかないとありましたので、この上に油性ニスを塗ることは
可能でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
今の上に油性も濡れると思います。表面に幕を張るだけですから。(でも不安なら目立たない所で試されると良いでしょう。)
本当は面倒でも細かいサンドペーパーで落として(電動サンダーがあると良いのですが)から塗り直した方が木地に僅かでも沁み込みも考えられますので、良いかも知れませんね。

○油性ニスを塗る時はお天気で湿度の少ない+気温の高い風通しの良い日に。
○薄め液を多い目に使い最低でも三回は。四回五回と回数が多いほど、塗面が均一になり良い物になります。

頑張って良い物に仕上げてください。

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
...続きを読む

Qオイルステインと着色ニスの違い

今度、新しく購入した家具を自分で塗装してみようと思いたちました。
着色されていないパイン材なので、木目を生かせる塗装にしたいです。
ただ塗装等について全くの素人のため、塗料について教えて頂きたいことがあります。

自分でざっと調べたところでは、「オイルステイン」が一番目的に
合っているように思います。
が、後から「着色ニス」というものの存在も知りました。

私としては『オイルステインで着色→ニスで仕上げ』と考えていたのですが、
この「着色ニス」の場合だと、これ一つで着色から仕上げまでが可能なのでしょうか?
仕上がり具合などもそれぞれ違ってくるのでしょうか?

塗りやすさ、仕上がり具合なども含め、それぞれの違いについて
教えて頂けると助かります。
また塗り方のアドバイスなども併せて頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
素地のままの材料と思って回答していました。
ウレタン塗装されているのなら、そのままではオイルステンはのりません。
組み立ててから塗装したい面を400~600#くらいのサンドペーパーで研磨してください。最初は400#くらいで全面的に研磨して塗装膜を落とします。次に600#くらいで表面を滑らかにします。
この作業は埃だらけになりますから防塵マスクをお勧めします。
全体が整ったら、オイルステンを一回すり込みます。布でこすり込む感じです。1日以上おいて600#くらいのペーパーで研磨します。ここで手触りを確認して、概ね満足できる程度まで研磨します。
続いてオイルステンを重ね塗りします。以後、乾燥してから研磨して、お気に入りの色合いになったら、仕上げのラッカーを塗ります。
クリアラッカーも乾燥させてペーパーをかける重ね塗りを3度以上したらきれいに仕上がります。
クリアラッカーの研磨はもっと細かい800#以上のペーパーの方がきれいになります

Qつや出しニスとつや消しニスの違い。

つや出しニスとつや消しニスの違い。

現在日曜大工にて、ラワン材を利用し箱型の楽器を作成中です。
最終の塗装の段階に来ているのですが、そこで困っています。

墨汁で塗装した上からニスを塗る面と柿渋を塗った上から塗装する面があり
どちらも、テカテカ、ピッカピカに光るようにはしたくありません。
かといって、保護膜を作るわけにもいかず…。
このような場合、つや消しニスを塗ればよいのでしょうか。

つや消しニスを1回塗った場合、重ね塗りした場合等の効果、状態を
ご教示いただけますでしょうか。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

艶消しは表面のテカリを出したくない場合に使用します。
また、ニス一回仕上げは普通ないです、最低でも3回はほしいです。
ニスは保護膜になりますので、重ね塗りをすれば保護効果が上がりますが、手塗りの場合は塗膜が厚くなります。
薄く均等に塗るには吹き付けが一番です。

また、ニスを重ね塗りする場合は、目の細かいペーパーで研ぐ方がよいです。

Q水性ニスの仕上げ方

自分で作った集成材のテーブルに水性ニスを塗りたいのですがどうしてもざらついた凸凹の感じになります。
どうしたら既製品みたいに傷の無いツルツルの塗装仕上げが出来るのでしょうか?。

Aベストアンサー

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もきれいにこすり落とすこと。

第四の工程はニス塗ですが、前回も書いたように、二度、三度?塗るわけですから、塗り残し、刷毛のかすれは気にしないこと。
返し刷毛もしないこと。

第五の工程は、完全に乾いたら、300番台のペーパーでこすります。
力加減は、塗ったニスの60%ぐらいを落とすという気持ちでいいでしょう。
「毛」が張り付いているかもしれません。それも落としましょう。

第六の工程は、再度のニス塗です。

ふつうはこれで終わりですが、塗り方が気に入らなければ、第五、第四を繰り返してもいいでしょう。

当たり前ですが、最終のニス塗の後は「ペーパー掛け」はしないこと。!(^^)!

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もき...続きを読む


人気Q&Aランキング