血液検査の結果の内容です。
私は素人で全然わからないのですが・・・
肝臓が静かに悪くなってきて進んでると言われました。
私自信はお酒が好きなのですが・・・
これもだめと言われ、塩分取りすぎで野菜中心の生活にしてください。
と言われましたが、この時は私自身は聞いてなく娘が病院で聞きました。

検査項目
#血液科学(16)
総ビリアビン           0.6
AST(GOT)         24
ALT(GPT)            30
アリカリホスファクターゼ     323
y-GT             44 
CK(CPK)          80
尿酸               7.0 
尿酸窒素             17.5
クレアチニン           0.77
eGFRクレアチニリン      77.6
ナトリウム            142
クロール             108
カリウム             3.6
カルシウム            9.1
HDLコレストロール       43
総コレステロール         190
中性脂肪           ↑ 202
LDLコレステロール計算     107
グルコース            120
HbA1c(NGSP) 5.4

赤血球            505万
ヘモグロビン         14.6㎗
ヘマトクリット        44.5 96
血小板            20.5万
白血球            6500

検査の結果は以上なのですが、1回総合病院での診察もお願いしようかな?とも
思っていますが・・・
私の血液検査の状態はすごい悪いのでしょうか?
肝臓は相当悪化しているのでしょうか?
かかりつけの医者はおなかの周りを触って肝臓が腫れてるみたいにいつも言うのですが
薬は血圧を下げる薬と痛風の薬を毎日飲んでいます。

これからの食生活で気をつける点などご指導いただきたくよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

この検査数値からは肝臓がかなり悪くなっているとは読み取れませんが脂肪肝がどうなのかという事は分かりません。

医師が別に根拠をつかんでいるのかもしれませんが。

一方、尿酸の薬を飲んでいて尿酸値が7というのはちょっと効果が足りないような気がします。尿酸値というとすぐに飲食物のプリン体が問題にはされますが、実際は体内で生成されるプリン体の方が圧倒的に多いので飲食物からのプリン体はそれほど気にすることは無いというのが分かってきていて、それよりアルコールが尿酸値を上げるのでそちらは問題かもしれません。プリン体ゼロの発泡酒などに騙されてはいけないのです。

それとLDLコレステロールは高くは無いのですがHDLコレステロールが低く、動脈硬化指数であるLH比(LDL/HDL)が2.4なので要注意です。目標は1.5以下で2以上だと動脈硬化の可能性が大きくなり2.5以上なら治療範囲です。
    • good
    • 0

「肝臓が静かに悪くなってきて進んでる」と言う点も、「お酒類はゼッタイだめ」と言う点も、お示しされている検査の結果からは根拠としては弱いと考えます。


また、「塩分取りすぎ」の根拠も不明です。

もちろん、日頃の生活についての問診、診察、腹部エコー、CTなどその他の検査なども加味しての判断かもしれませんので、大丈夫と言えるわけでもありません。

「私自身は聞いてなく娘が病院で聞きました。」ということであれば、まずはご自分でしっかり医師に直接聞いてみられることをお勧めします。
    • good
    • 1

お酒の飲み過ぎは、身体を痛めますよ。


私の友人達の中で、大酒飲みからどんどん死んでいってます。
早い人で50代に、次が60代でどんどんダウンしています。
私はタバコを吸いますが、酒は週1回程度なので、70歳手前ですが元気です。
酒に強いというのは、肝臓にある分解酵素のおかげなのです。
しかし、肝臓や他の臓器が強いというわけではありません。
酒に強いというのを、誤解すると内臓や身体全体がぼろぼろになっていきますよ。
    • good
    • 0

肝臓は『物言わぬ臓器』と言われますね。


「絶対」を付けてまで言われたと言う事ですと、アルコールが処方されている薬の効果を妨害するからでしょう。
血圧の薬と痛風の薬が処方されているのに酒を飲むなんて「治す気があるのか!?」と言われてもしかたの無い事ですし、
塩分過多は血圧を上げるだけでは無く血管にダメージを与えます。
酒類の中で比較対象に使われるのがビールですが、ビールはプリン体を含んでいますしアルコールは脱水に繋がりますので、
プリン体が濃くなってそれが痛風に繋がるでしょう。

> これからの食生活で気をつける点などご指導いただきたくよろしくお願いします。

「酒類はなるべく控えて下さい」と医師から言われて居たならば、飲む量と三日に一日は休肝日と言う事も有るでしょうが、
「絶対」をつけて言われたのであれば、ピッタリと止めるべきです。
食べ物は塩分を控え味の濃い物から薄味にして行く。
そして言われた通りに野菜中心にして行く事ですが、生野菜を摂る際にドレッシング類やマヨネーズの様な油を使った物は
避ける様にしましょう。
魚は食べた方が良いですし、出来れば青魚が良いでしょう。
病院によっては管理栄養士が常駐していて食事指導してくれるところもありますので、食事指導を受けられるのであれば
受けた方が良いです。

血液検査の結果だけでは見えて来ない部分もありますので、問診などの結果も交えて総合的に判断しているのでしょうから、
自分の為にも『断酒』しましょう。
飲む物が無くなって寂しくなったならば、緑茶を飲みましょう。
肝臓が腫れているって悪くすれば肝硬変から肝臓癌にまで進行する事も有りますから、医師の忠告は聞き入れましょう。
    • good
    • 0

肝臓は物言わぬ臓器と言います。


症状が出たときは既に手遅れということになります。

中性脂肪を上げる要因は炭水化物と糖です。
お酒をやめると中性脂肪はてきめんに下がります。
お酒好きならば、ノンアルコール商品で糖質、プリン体も0という商品も充実していますから、そういうものに切り替えて、気分は飲酒、がストレスがたまらず良いと思いますよ。
既に高血圧と痛風があるということですから、医師の指示通りに減塩と野菜中心の粗食が基本です。
一番参考になるのが実は糖尿病の人のための食事です。
糖尿病の人の食事は病人食ではなく健康食だからです。
    • good
    • 0

お医者さんの言うことを守りしょう。

    • good
    • 1

↑は、中性脂肪だけですね。


今、飲まれてるお薬の影響を加えての判断は、担当しているお医者さんが一番でしょう。
お酒類は「絶対」→多少はよい場合でも、患者さんの拡大解釈を避けるために「絶対」と強調するお医者さんもいます。
塩分と、野菜中心は、ごく軽い食生活へのコメントですね。
焼肉屋で、ビール飲んでたのを、お医者さんが目撃したとか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日、健康診断の血液検査で、総コレステロール286、HDL61、LDL191という結果がでました。

先日、健康診断の血液検査で、総コレステロール286、HDL61、LDL191という結果がでました。
以前からコレステロールが高いと指摘されていたのですが、今回はかなり悪い結果に…医師にすぐに病院で服薬治療を開始するよう言われました。
自分としてはあまり薬を飲みたくないため、3ヶ月ほど、食生活改善・運動を頑張り様子見をしてから病院に行こうと思うのですが、この数値の場合すぐに服薬をスタートすべきでしょうか?

ちなみに、BMIは瘦せ型で、中性脂肪61。
しかしながら総ビリルビン1.44、コリンエステラーゼ454で高めでした。

お手数ですが教えていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは

先ずはかかりつけ内科で健康診断の結果を見ていただきましょう
そして薬の服用、と言われたら
少し食生活改善しますのでそれからでもいいですか?と話してみてください
私がその方法で毎年見送って居ます

Q血液検査で尿酸と尿素窒素の数値が低い

いつもお世話になります。

血液検査をして、結果が出まして
先生からは「全く問題なし 健康」との事で病院では
結果表をぜんぜん見なかったんですが
自宅に戻り、じっくり見たところ
基準値外の数値の部分に印があり、「尿酸」「尿素窒素」が基準値より
少し低いです。
調べてみたところ、数値が高いと痛風になりやすい など
書いてありましたが、低い場合の情報が得られませんでした。

医師から問題ないと言われたという事は、気になる低さでも
ないと思うのですが、どうして低いのだろうと気になる気持ちです。

痛風=ぜいたく病と昔から言いますよね?
お肉とかを食べ過ぎているなどだと思うのですが
私、お肉類が苦手でして 好んではあまり食べません。
そういう理由もありえるのでしょうか?
他に何か数値が低くなる事はありますか?
又、数値を基準値に近づけるために食生活で気をつける事など
ありましたら教えて頂きたいです。
「もっと肉を食えー!」は、きついです(笑)

ご教授願います。

Aベストアンサー

検査技師の卵です。先週尿素窒素・尿酸について学びました。

ちなみに、尿素窒素は検査をする際に、尿素中の窒素を測定するので、
尿素窒素といいます。

減少したからといって特に問題はありません。
「食事中のたんぱく質」が尿素に変えられて排泄されるだけなので、
食事量が少ないと尿素窒素の値も低値になります。
ちなみに、減少するときには妊娠・肝障害・多尿があります。
基準値:8~20mg/dl

尿酸も結局は食事によって変わってきます。
基準値は2,6~6,0mg/dl
低値ではキサンチン尿症・尿細管の再吸収低下

それに・・・
あくまでも基準値というのは一般的な数値なので、
ちょっとでも基準値外だからといって焦る必要はありません。
低値の疾患はあくまで例ですので、間には受けないで下さいね。

こんな感じでどうでしょうか?

Q血液検査結果 中性脂肪とLDLコレステロール?

教えてください、
先日受診した健康診断の「血液検査結果」に少し戸惑っています

今年こそ!これまで毎年高い数値(前年:302)の「中性脂肪」を基準内にさせる目的で、
健康診断の1ヶ月程前から、一念発起してジョギングを始めました。
(当初は3km、受診前夜は40分で5kmくらい。※受診時は太ももは相当な筋肉痛状態)
体重も2キロ程減り、前日の夜は、糖分を翌日の血液検査の「糖分」に影響を与えない為、
早めの夕食&たんぱく質戦略で「納豆」「ゆで卵4つ」「肉少し」の夕食で、翌朝健康診断に
のぞみました。

健康診断の血液検査結果は、
思惑どおり「中性脂肪」が「92」と激減し基準値内になりました、、、、やった!

ところが、これまでひっかかったことのない「LDLコレステロール」が「209」(これまでは115くらい)
激増しました。「LDLコレステロール」は悪玉と聞いてます。
さらに「総コレステロール」も「205」から「277」と基準値をはじめて超えました。
またさらに「クレアチニン」という数値も「0.9」から「1.02」と基準値をはじめて超えました。
おまけに「血糖」がこれまで「88」だったのが「69」と基準値を下回るLOWになってました。

これらの結果は何が原因と考えられるのでしょうか?
「中性脂肪」を激減させた代償なのでしょうか?

ちなみに、先月はじめたジョギング、今では(2ヶ月程になりますが)とても楽しくなって、
もやられなくなり、ほぼ毎日夜帰宅してから、1時間20分程(約11km)走っています。
休日は午前午後とあわせて22kmくらい走っています。今後も続けていくつもりです。

【参考までに】
 年齢:44歳、身長:170cm、体重:74kg
 他の健康診断項目は「血圧」は高めですがギリギリ基準値内
 ※7年程以前に通風発作経験があり、それ以降、尿酸値を下げる薬を飲んでおり、
  数値は「4.0」と基準値内です。
 ※4年程前から「中性脂肪」と「血圧」が高かったので、それらの数値を下げる薬を
  (たまに)飲んでいます。

よろしくお願いします。

教えてください、
先日受診した健康診断の「血液検査結果」に少し戸惑っています

今年こそ!これまで毎年高い数値(前年:302)の「中性脂肪」を基準内にさせる目的で、
健康診断の1ヶ月程前から、一念発起してジョギングを始めました。
(当初は3km、受診前夜は40分で5kmくらい。※受診時は太ももは相当な筋肉痛状態)
体重も2キロ程減り、前日の夜は、糖分を翌日の血液検査の「糖分」に影響を与えない為、
早めの夕食&たんぱく質戦略で「納豆」「ゆで卵4つ」「肉少し」の夕食で、翌朝健康診断に
のぞみました...続きを読む

Aベストアンサー

過度の運動は肝機能に影響を与えます。
翌日以降、弱った機能などを回復しようと、より活発に活動するようです。
活発になったことで、もともと悪玉を出しやすい体質だったため、コレステ
ロール値の上昇とともに増えたのでしょう。

健康診断前日は、少なくとも疲労の残らない運動に留めておきましょうよ。
健康診断の日には疲れを残してはいけません。
寝起きから時間が経っていない場合も、悪い結果が出やすいです。
朝ストレッチぐらいでいいと思います。

食事のとり方によって血糖値にも影響がありますが、一回では判断でき
ません。
ですが夕食の栄養、偏りすぎです。一日に最高でも卵2つまででしょう!
糖分を恐れず控えめに決まった時間に毎食、負担が少ない栄養になる
野菜を中心に食べていきましょう。
水分の摂り過ぎはだめです、血流や肝臓に良くないです。
普段と違う食事、またはその量を変えることも、肝臓の負担になります。

まだ初めて1ヶ月ですよね?
運動が体重や健康に影響が出だすのには、半年くらいかかります。
体重がある程度以上になると、水分を減らしたり、食事制限や排泄で短い
期間で2キロは余裕で減ります、すぐ戻りますが。
一時の体重の変化に一喜一憂しないで長期的に考えてください。
次回の検診を見て判断してください。

過度の運動は肝機能に影響を与えます。
翌日以降、弱った機能などを回復しようと、より活発に活動するようです。
活発になったことで、もともと悪玉を出しやすい体質だったため、コレステ
ロール値の上昇とともに増えたのでしょう。

健康診断前日は、少なくとも疲労の残らない運動に留めておきましょうよ。
健康診断の日には疲れを残してはいけません。
寝起きから時間が経っていない場合も、悪い結果が出やすいです。
朝ストレッチぐらいでいいと思います。

食事のとり方によって血糖値にも影響がありますが、...続きを読む

Q血液検査でいつも白血球、好中球が低いと指摘されます。それらを改善する方

血液検査でいつも白血球、好中球が低いと指摘されます。それらを改善する方法、たとえば食事療法等
を教えて下さい。70歳台の男性。

Aベストアンサー

栄養士です。

医学的知識を持った「管理栄養士」では有りません。
ですので軽く読み飛ばしてください。


一般的には食事療法で、白血球、好中球を増やす、あるいは元気にする
ということはできないと思います。

ただ、
体の活力を増す食事や運動で ->
体の活力が増加し ->  
免疫力が高くなる ->
白血球、好中球を増やす、あるいは元気にする
というのは可能だと思います。

そのためには、やはり栄養バランスの良い食事を食べることです。
そして、年齢や体力に合った運動を、定期的に、継続して行うことです。

年齢が70歳代ですので、精進料理はいかがですか?
カロリーも高くなく、栄養バランスの優れた食事といえば、やはり精進料理になると思います。
ただし、和食は比較的に塩分が多いので、減塩味付けにすると高血圧の予防ができます。


また、海産物(貝類、海魚、イカ、タコなど)には亜鉛が多く含まれていて、
この亜鉛が細胞の新陳代謝を活発にさせる効果が有ります。
当然、白血球、好中球を増やす、あるいは元気にする 効果も期待できます。

ただし、海藻には亜鉛も多いのですが、
塩分やヨウ素(ヨード)が多く含まれているので食べ過ぎには注意が必要です。
海藻を使った料理は、1週間に3回(3食)程度が良いかもしれません。


それと、生活に「笑い」を増やしてください。
2~3年程前のアメリカの医学論文で  (掲載紙は「ネイチャー」だったでしょうか?)
http://www.natureasia.com/japan/
「笑うことで免疫力が(30%~2倍程度に)増す」 と発表されました。
そして、多くの医師や病院で医学的に検証、実証され、今では最新医学の常識となっています。
日本でもガン病棟などで「笑い」を取り入れた免疫増強療法が数多く行われています。
http://www.kingyoen.jp/immunity/13.html

http://www.geocities.jp/endoy3/laugh.html 

http://www.seijinkai.net/eiyou/essay/e0607/e0607.html

栄養士です。

医学的知識を持った「管理栄養士」では有りません。
ですので軽く読み飛ばしてください。


一般的には食事療法で、白血球、好中球を増やす、あるいは元気にする
ということはできないと思います。

ただ、
体の活力を増す食事や運動で ->
体の活力が増加し ->  
免疫力が高くなる ->
白血球、好中球を増やす、あるいは元気にする
というのは可能だと思います。

そのためには、やはり栄養バランスの良い食事を食べることです。
そして、年齢や体力に合った運動を、定期的に、継続して行う...続きを読む

Qコレストロール、中性脂肪の検査値

オーストラリア在住、50歳男性です。最近健康チェックのため血液検査をしました。先日その結果をもらったのですが日本と単位が違うようでよく分かりません。たとえば

総合コレストロール 私 6.6 mmol/L   理想値 5.5以下
中性脂肪      私 3.4 mmol/L   理想値 1.8以下
肝機能 GGT   私 85 U/L    理想値 5-50  

などが異常を示す数値でしたがこれは日本で使われている数値にするとどれくらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の単位は慣用単位
多くの国は国債単位系(SI単位)を用いています

日本では開業医の方が慣用単位の方に慣れているので国債単位系は普及していません。

おもな検査の慣用単位とSI単位

参考URL:http://www.pluswellness.com/checkup/ippan/0080010000/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報