こんにちは。

会社で毎年受診している健康診断で、
LDLコレステロール値が170前後で要精密検査の結果となっています。

かかりつけの医者で相談した所、クレストール錠を60日分処方され、
飲み終わった後に検査では95になりました。
先生曰くこれは一生飲み続ける必要があるとの事です。

昨日図書館で本を読んでいたら、日本の基準が世界と比べても厳しく、
海外では190以上が薬物治療の対象となるという記事を見つけました。
ネットでもいろいろな意見があるようです。
http://d.hatena.ne.jp/hokenshi/20081128/1227801882

勝手な言い分ですが、一生薬を飲み続けるのも嫌ですが、健康で長生きもしたいです。
実際の所はどうなんでしょうか?
皆様のご意見をお願いします。

A 回答 (3件)

実際どうなのかは、医師なり、学会の研究結果でしか判断出来ないでしょう。


アメリカの基準と日本の基準が違っているのは、食生活習慣の違いなどの国民性の違いと言えると思います。
LDLコレステロールの管理基準値も違いますし、食事よりのコレステロールの摂取量の規制もアメリカでは廃止されました。(アメリカでは、コレステロール摂取量と血中コレステロール値の相関関係が明確で無いと判断されたからです)
日本の場合は、コレステロールの基準値自体が問題なのでは無く、食生活やその他の疾病を判断する為の基準値と捉えて、生活指導する為に基準値を低くしているとされています。
そういう意味では、基準値自体が問題と言うわけでは無く、治療の為の基準値と言えるわけですから、投薬の是非とは無関係です。
医師が、投薬の結果から判断して、投薬を継続すべきと判断したのなら、それは適切な治療でしょう。
医師によっては、投薬せず、生活指導で様子を見る場合もありえます。
生活指導で改善出来るのならば、その方が良いのは確かでしょう。
総コレステロール値が大きく、中性脂肪の値が大きい場合は、LDLコレステロールは算出不能となります。(中性脂肪の影響が大きくなって、検査値からLDLコレステロールの算出が出来なくなります)
投薬により、そこまでLDLコレステロール(総コレステロールや中性脂肪も下がっているはずです)が下がると言う事は、原因が肝臓などの内臓にある事を示しています。
アメリカの研究結果からは、食事によるコレステロール摂取と血中コレステロールの相関関係は明確ではないわけですから、食事指導では血中コレステロール値の減少は期待出来ないわけです。(食事指導で下がらないと言うわけではないです)
ある意味、体質が原因だとしたら、投薬で下げられるならば、それを続けるしかないと言う結論は正しいと思います。
HDLコレステロールが40未満の場合は、LDLコレステロール値が低くても、動脈硬化などのリスクは高いです。
LDLコレステロール以外の検査値も含めた、総合判断が必要だと思います。
心配ならば、医師に説明を求めるのが適切だと思いますよ。
    • good
    • 0

私は医師でも専門家でもありませんので、LDL数値基準の適否についてはコメントできませんが、高いコレステロール値を下げることについては実践していますのでご紹介します。



かつては総コレステロール値が280ほどあり(その頃のLDL、HDLの各値は失念しました)、リピトール5mgを処方されていましたが、医師とも相談の上、薬をやめて「腹八分目の食事と毎日1時間以上のウォーキング」を実施したところ、1か月後には総コレステロール値が230まで下がり、薬は完全にやめました。その後も210~230で推移しています。私は現役をリタイアしていますので、時間のある時は2時間くらいでもウォーキングをすることがあります。ジョギングでも良いのですが、膝への負担はウォーキングの方がはるかに小さくなります。膝は一度痛めると後が大変なので、ウォーキングの方をお勧めします。

なお、HDL値には触れられてないですが如何でしょうか?LDLがそこそこ高くても、HDLの方もそれなりに高ければ、服薬は必要ないらしいですが、質問者さんの場合は医師の診断なのでそれもチェック済みだと思います。(LDLが低くてもHDLも低いと良くないそうです)したがってLDL/HDLの値もチェックなさってはいかがですか。これをLH比と呼ぶそうですが、1.5以下なら問題なしだそうです。去年の検査では私はそうでした。この件については以下を参照ください。

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/colum …

尿酸値については私が高くないのであまり見識は持ちませんが、水を多めに飲むことは間違いなく良いそうです。普段食事で飲むお茶とは別に1.5リットルくらい飲む習慣をつけては如何でしょうか。水は普通の水道水で大丈夫です。
    • good
    • 1

食生活の改善が第一。

今のまま続けて薬を飲み続ける愚。長寿したければ腹八分。
「ナガイキハツルツルノマズカメヨカメカメ」って言葉知っていますか、
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLDLコレステロール

LDLコレステロール


健康診断でLDLコレステロールが基準を越えて判定Cをもらいました(T_T)

HDLコレステロールは判定Aでした。

違いがよくわかりませんので教えて下さい。

Aベストアンサー

HDLは善玉コレステロール、LDLは悪玉コレステロールとと呼ばれます。

★LDL
肝臓から組織にコレステロールを運びます。
増えすぎると血管壁に付着し、動脈硬化を促進します。

★HDLは逆に、組織からコレステロールを肝臓に戻します。
血管から余分なコレステロールを取り除き、肝臓に運ぶ血液をキレイにして動脈硬化を防ぎます。

動物性油脂(ラード・バター・牛脂・ロース肉・チーズ・卵など)はLDLを増やします。
植物性油脂(コーン油・紅花油・ごま油など)でなるべく代替するようにしましょう。

また、食物繊維もLDLや中性脂肪を減らす働きがあります。
逆に、ストレスはLDLを増加させるそうです。

http://www02.bbc.city.okinawa.okinawa.jp/hello2/check/index.html

Q先日、健康診断の血液検査で、総コレステロール286、HDL61、LDL191という結果がでました。

先日、健康診断の血液検査で、総コレステロール286、HDL61、LDL191という結果がでました。
以前からコレステロールが高いと指摘されていたのですが、今回はかなり悪い結果に…医師にすぐに病院で服薬治療を開始するよう言われました。
自分としてはあまり薬を飲みたくないため、3ヶ月ほど、食生活改善・運動を頑張り様子見をしてから病院に行こうと思うのですが、この数値の場合すぐに服薬をスタートすべきでしょうか?

ちなみに、BMIは瘦せ型で、中性脂肪61。
しかしながら総ビリルビン1.44、コリンエステラーゼ454で高めでした。

お手数ですが教えていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは

先ずはかかりつけ内科で健康診断の結果を見ていただきましょう
そして薬の服用、と言われたら
少し食生活改善しますのでそれからでもいいですか?と話してみてください
私がその方法で毎年見送って居ます

QたまごのLDLコレステロールについて教えてください

たまごには、LDLコレステロールが多く含まれるそうですが、「生卵」を食べた場合と、「卵焼き」にした場合では、LDLコレステロールの値に変化はあるのでしょうか。

たまごが好きなのですが、食べ過ぎはよくないようで、もし焼くことで多少なりともLDLコレステロールを減らせるのであれば、ぜひ詳細を知りたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 タマゴがお好きとか・・・家族性高コレステロール血症と診断を受けていなければ、一番良質なタンパク源ですしたくさん食べてください。
 生卵であれ卵焼きであれ、どちらでもお食べになられると良いですね。

 ただし、生卵であるならばプロテインインスコアーが100ですから、栄養価が高い。L玉一個で7gほどのタンパク質が含まれている。

 加熱すると白味の透明部分が白く濁り、メイラード反応により、プロテインスコアーの劣化が起こります。生卵と比べると、卵焼きではタンパク質(の働き)が半減したと解釈されます。

 ですが、卵の白味はビタミンB群中の微量栄養素である『ビオチン』の吸収阻害が起きます。卵焼きでは、ビオチンの吸収阻害は起きません。

 タマゴの吸収力を高めるためには、半熟が良いとされています。

 血液検査ではコレステロールを調べる検査はしません。つまり、卵を食べたら卵のコレステロールを測れる、と云うことはあり得ないのです。
 コレステロールの80%は肝臓で作られて、それだけでは足りないので食事でコレステロールを補わなくてはいけないのですが、それを食べすぎれば肝臓でのコレステロール生産量を下げてそれをほど良い量に調整します。

 LDLコレステロールについてですが、食事に含まれるコレステロールの中には、HDLとLDLの区別はありません。脂質としてのコレステロールとして吸収されますが、肝臓で作られる”アポタンパク”と結合して血中に放出されて”リポタンパク・コレステロール”になります。
 その時に、βリボタンパクと結合したものを「LDLコレステロールは(Low Density Lipo Protein)低比重リポ蛋白」と云い、αリボタンパクと結合すると「HDLコレステロールは(High Density Lipo Protein)高比重リポ蛋白」となります。血液検査では、このリポ蛋白の種類と量を測り、そのリポ蛋白の違いによりLDLコレステロール、HDLコレステロールの数値を示しているのです。
 
 血液の中を流れる栄養成分・薬剤等はすべて、タンパク質と結合して目的の臓器へと運ばれるものですから、この運搬タンパクを作り難くなった肝硬変の方などは、肝臓でコレステロールを作れなくなるだけではなく、どんなに卵を食べても血中コレステロールは低くなってしまいます。

 つまり、個々の体がもつ特性と誤った食事・生活習慣で高LDL・低LDL、高HDL・低HDL等々が決まります。しかし、これらは薬を使わなくても正しい食事と運動、過食を避ける等々で治るものですから、タマゴを食べてはいけない、と云うものではありません。

 ただし、タマゴを食べてコレステロールが上昇してしまう病気もあるので、脂質異常症(注:)等を理解する医師に診て貰うことは大切です。血液検査でリポ蛋白分画などを調べて異常を感じれば更に精査するはずです。

注:家族性高コレステロール血症 ・・ 500家族に1家族の割合で存在しますが、この病の方はコレステロールの多い食事を摂り続けると、10代20代の若いうちに心筋梗塞を引き起こします。

 LDLコレステロールが糖化あるいは酸化LDLに変わると悪さをする理由など、もっとお知らせしたいのですがとりあえずここまでにさせてください。

 タマゴ好きの質問者さんには下のURLを紹介しておきます。
http://www.clinic-hygeia.jp/blog/2006/07/post-57.html ← 女医さんのブログですが、タマゴを食べよう!キャンペーンは読むと面白いですよ。

 タマゴがお好きとか・・・家族性高コレステロール血症と診断を受けていなければ、一番良質なタンパク源ですしたくさん食べてください。
 生卵であれ卵焼きであれ、どちらでもお食べになられると良いですね。

 ただし、生卵であるならばプロテインインスコアーが100ですから、栄養価が高い。L玉一個で7gほどのタンパク質が含まれている。

 加熱すると白味の透明部分が白く濁り、メイラード反応により、プロテインスコアーの劣化が起こります。生卵と比べると、卵焼きではタンパク質(の働き)が半減したと解釈...続きを読む

Qコレステロール・尿酸値の低下=血管内きれい?

コレステロール・尿酸の血液検査値と、
血管内に沈着したコレステロール・尿酸の関係について教えてください。

長年にわたって高かったコレステロール値・尿酸値を食事と運動で
下げたのですが、コレステ値・尿酸値が下がるということは
これまで血管内に沈着していたコレステロール・尿酸(結晶)も
剥がれて血管内がきれいになっていることを意味するのでしょうか。

それとも、一度血管内に沈着したコレステロール・尿酸(結晶)は、
容易に剥がれないので、血液はきれになったかもしれないけれど、
血管内がきれいになったとはいえないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは、高尿酸血症を患っています。
高尿酸血症には2つのタイプがあります。
1つは尿酸の体内の産生が多くなり排泄がまにあわないタイプ
もう1つは体内の尿酸量は変わらず、排泄機能がうまくいかないタイプ
回答者様は食事と運動で尿酸値を下げられたそうなので、前者のタイプ
だと思います。

>血管内がきれいになったとはいえないのでしょうか。
尿酸の産生と排泄がバランス良くなると余剰な尿素が尿酸塩を
作らなくなりますから、痛風発作は起きなくなります。

また、高尿酸血症が動脈硬化でボロボロになると言われていますが
高尿酸値を治療や食事運動等で改善せず、長期間放置していた場合です。
殆どは、その前に痛風発作や腎機能障害が起こります。
気にする程の事ではないと思いますが。
参考になれば

QLDLコレステロール値の下げ方

LDLコレステロール値の下げ方

先日健康診断を受けた結果、LDLコレステロール値が高いと判断されました。具体的に何か下げるいい方法はありますでしょうか?食べてはいけない食べ物、控えた方がいい食べ物、下げるのに効果的な食べ物や薬があれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の場合、処方薬(クレストール)で下げていますが、他には有酸素運動(ウォーキングがいいそうです)を毎日継続することと、食べ物で注意するのは鶏卵・魚卵(いくらなど)・レバー・貝類(不思議に思いましたが身の大半が内臓だからだそうです)・鶏肉の皮・牛肉の脂身などは極力食べないようにと医者に言われました。食事を注意していても、体質で勝手に肝臓がLDLコレステロールを作って体内に分泌してしまうそうで、薬は夕食後に飲むようにしています。薬はいろいろな銘柄があるようですが、検査結果から私にはこれが一番合っているようです。

Q会社が健康診断をしない人健康診断どうしていますか?

こんにちわ、私は20代女です。
いまのところ健康に不安を感じてはいませんが、会社が健康診断をしないところなのでどうしたものかな、と考えています。

自費でするのはしょうがないとしてどの程度まですればいいのか考えてしまいます。そこで、質問なのですが、会社や学校で健康診断をしてくれない方はどうしてますか?

ちなみに少々膀胱炎系になりやすいので尿検査だけはちょくちょくしてもらってたりします。あとは一応HIVの心配はないので献血でもすれば十分かしら、と思わないこともなかったりするのですが・・・。

自分はこうしてます、とかこういった検査はうけておけば?など教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
同じく20代女性です。
私は、会社の健康診断のバリウム検査でがんが見つかりました。
幸いにも、早期発見で、かつ浸潤・リンパ節転移が少ない型だったため、手術を受けて、あとは定期検査だけですんでいますが・・・
20代なので、通常はバリウム検査はないそうですが、希望したため受けられました。

自費で高くついても、できるだけ詳しい検査を受けたほうがいいと思いますよ。
病気は、早期発見が大切です。遅れて見つかると、命に関わることもあるし、その分、余計にたくさん治療費がかかりますから・・・

私は、自分が20代でがんになるなんて想像したこともなかったです。
自覚症状も全く無く、血液検査の結果も正常でした。
それでも、知らない間に病気になっていることもあります。
気をつけて下さいね。

QLDLコレステロールが193ありました

健康診断の脂質系検査の結果で、
LDLコレステロールが193ありました。
昨年が200で、一昨年が194です。

今回、
総コレステロールが、282
中性脂肪が、122
HDLコレステロールが、51
LDLコレステロールが、193
です。

年齢は40歳で男です。
身長が、167センチ
体重が、61キロ

その他の検査項目は全て異常なしです。

LDLコレステロールが高い人は比較的早く寿命がくるんじゃないでしょうか?
これだけ見たとき、自分の寿命が後どれぐらいかわかりますか?

Aベストアンサー

それだけコレステロールが必要とする体になってるのですから、減らしたいならそれほど必要としない体にすれば良いだけです。
働き盛りで毎日忙しい日々に違いありません。忙しい体にはストレスに応じてそれなりのコレステロールが必要ですので体内で合成して血中に流し込みます。
減らすには薬を使うことではなく今のストレスを減らす生き方にかえなければなりません。生き方を変えずして薬で合成を抑制すると必要なコレステロールが確保できなくなって弊害がでてきます。体は意味もなくコレステロールを増減しません。すべてその値には理由があります。

どうしてもコレステロールを減らしたいと思われるならお分かりだと思いますが、これからできることいは働き過ぎや頑張り過ぎなど生き方を見直すことです。結果それに応じた値になっていきます。

これから先のことなど誰にもわかりません。誰だって数値がどうであろうが明日死ぬかも知れませんよ。残念ながら「これだけ見たとき」なんて都合の良い話はありません。

Q健康になればなるほど尿酸値が上がってゆく

よろしくお願いします。

尿酸値が8.2から下がらなくなってしまいました。正常値だった頃と比べて格段に健康に気をつかうようになっているので、不思議です。
医者から尿酸値を下げる生活習慣をするように、といわれても十分今、良好な生活習慣を維持している自覚があるので、正直何をしてよいかわかりません。

ひとつ疑っていること(昔と今とで変わったこと)として、動物性たんぱく質の摂取が極端に減っています。肉、牛乳、卵は現在、めったに食べません。

・以下のような体験をされた方はいらっしゃいますでしょうか。
肉、牛乳、卵をふんだんに摂取し、ビールも飲み、夜型で食生活が乱れている状態(仕事のストレスも大きい)のほうが尿酸値が低かった。野菜中心の生活に切り替え、水を飲むようにし、晩酌を控え、早寝早起きをこころがけるようにしてから徐々に尿酸値が上がってきた。

・問題は、食生活ではないところにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

尿酸値上昇の原因を食べ物にするとトラブルの本質を見誤る恐れがあります。肥満、肥満気味、過食気味の人ではなく、別にプリン体を多く含む食事をしてるわけでもない明らかに痩せ型の人で尿酸値が高い人、痛風を発症してる人も多くいます。
明らかに仕事のストレス(長時間労働、休養睡眠不足、過重労働など無理し過ぎ、頑張り過ぎ)が原因です。このストレスが顆粒球を増やし活性酸素を増やします。増えた過ぎた活性酸素は体内で組織破壊を行いますので頻繁な新しい細胞との置き換えが必要になってきます。
置き換えが頻繁になると細胞の核もどんどん壊されていきますので、核の構成材料であるプリン体(尿酸はプリン体が分解されたもの)も増えてきます。
尿酸が増えても循環がしっかりしていれば腎臓に運ばれ多過ぎる余分なものは尿へ排泄されますが、過剰なストレスは排泄を司る副交感神経を抑制しますので、循環障害でうまく排泄できず血中に溢れるようになります。さらに進むと循環障害は体温を下げてきますので尿酸の濃度が濃くなりついには結晶となります。これが痛風です。

質問者さんが一生懸命生活を見直していらっしゃることは素晴らしいことだと思います。
しかし、食事を変えるよりももともとの原因である仕事のストレスを減らす努力が一番です。現実には難しいとは思いますが、労働時間、休憩、休息、休養時間を見直し、日頃から意識的にゆっくり食事をしたり、ゆっくり風呂に浸かる、睡眠をしっかりとるなど心や体をリラックスさせる時間を増やす必要があります。体が温まることは循環障害改善の鍵になります。
実はストレスは労働の問題だけではありません。精神的なストレスもありますし、もう一つ、不適切な行き過ぎた食事制限も大変なストレスとなります。空腹とか飢餓は生物にとっては最大のストレスです。質問者さんの色々な食事制限は良かれと思って行っておられることはわかりますが逆効果になってると考えます。
食事の量だけの問題ではなく栄養が偏ることも体にとってはストレスになります。例えば動物性蛋白質も極端な制限は避けてください。

仕事のストレスを減らす努力と栄養に偏りの少ないバランスのとれた食事に心掛けるべきでしょう。

尿酸値上昇の原因を食べ物にするとトラブルの本質を見誤る恐れがあります。肥満、肥満気味、過食気味の人ではなく、別にプリン体を多く含む食事をしてるわけでもない明らかに痩せ型の人で尿酸値が高い人、痛風を発症してる人も多くいます。
明らかに仕事のストレス(長時間労働、休養睡眠不足、過重労働など無理し過ぎ、頑張り過ぎ)が原因です。このストレスが顆粒球を増やし活性酸素を増やします。増えた過ぎた活性酸素は体内で組織破壊を行いますので頻繁な新しい細胞との置き換えが必要になってきます。
置...続きを読む

Q低LDLコレステロール

低LDLコレステロール

健康診断での血液検査の結果が返ってきたのですが、異常値がありました。
総コレステロール160ほど、HDLコレステロール120、LDLコレステロール29でした。
(中性脂肪40)

LDLコレステロール値はいつも40程度なのですが、今回はかなり低くなっておりました。
健康診断書を発行した医院からは「脂質を取ること」とあるだけで
特に精密検査の指示はなかったのですが、web上で調べていたら心配になってきました。
これは再検査する必要がありますでしょうか。

Aベストアンサー

「脂質を取ること」と指導された医院以外のところで、原発性高HDL血症、二次性高HDL血症を否定できるかどうか? 精査されるようにお勧めします。HDL-choが100を超えるのは宜しくありません。
また、ビリルビン値上昇のとき、HDLも上がるものです。そのあたりは如何?

LDLが低いのも、吸収障害や栄養不良の有無、肝実質障害の有無、等々を検査していただいたほうが宜しいのではないかと思いました。

Q健康診断の総コレステロール

健康診断の結果をみたら、検査項目に
総コレステロールが無くなっていました。

昨年までは毎年検査項目にあり、毎年、総コレステロールが高く
「ドクターからこの位高いと薬飲まないとダメですね。」と言われ
3年ほど前からコレステロールの薬を処方されています。

今年の健康診断はHDLとLDLコレステロールの検査項目だけでした。
こちらは両方正常でした。

費用軽減のためうちの会社が検査項目はぶいたのかなと思いましたが
別の会社の友人も同じく総コレステロールが高く薬を飲んでいるのですが
今年の人間ドックの結果を見たら、総コレステロールの検査項目が
無かったと言っていました。

何で総コレステロールの検査項目が無くなったのか不思議です。
そうすると今回の結果で、コレステロール系は私は正常になります。

どなたか、何故なくなったのかご存知の方お聞かせ願います。

Aベストアンサー

健康診断は、発病と因果関係のある項目を選んで検査し、
将来の発病のリスクを判定するのが目的です。

コレステロールは、従来、総コレステロール値が高いほど
動脈硬化のリスクが高いとされ、検査されてきました。

しかし、総コレステロールは、俗に言うHDL(善玉)コレステロール、
LDL(悪玉)コレステロール、その他の合計であり、
HDLが多い場合はむしろリスクを下げることがわかっているので、
総量で判定するのは適切ではありません。

特に、日本人は、高総量、高HDLのタイプが多いので、
総コレステロールで判定せず、HDL、LDL、それぞれを算出し、
より詳細にリスク判定をするようになったというわけです。


人気Q&Aランキング